ID: 0001679615

長尾和宏の「痛くない死に方」

¥648(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001679615

長尾和宏の「痛くない死に方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本邦初!100パーセント「死」のことについて語るメルマガ。2000人以上を看取った医師であり、日本尊厳死協会副理事として、日々「死」と向き合う医師と一緒に、死に方について考えませんか? 家族の死と向き合わなければならない人、大切な人が死んで、喪失感から抜け出せない人、今、どうしようもなく「死にたい」人も……あなたのこころに届くメッセージが満載です。

サンプル号
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本邦初の100%「死」の情報のメルマガです。
病院で1000人、在宅で1000人、これまで計2000人以上の看とりに関わった医師であり尊厳死協会副理事として、日々「死」と向き合う医師と一緒に、死に方について、考えてみませんか? 家族の死と向き合わなければならない人、大切な人が死んで、その喪失感から抜け出せない人、今、どうしようもなく死にたい人……医師・長尾和宏が、講演やブログでは言えないここだけの話をお届けします。
医療の情報から、死にまつわる不思議な話まで……あなたの心に届く情報とメッセージが満載です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
━・━・━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・
長尾和宏の「痛くない死に方」
サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/ 2017年5月 /

◆目次◆
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇                            
… 1. 最新ニュースから死を考える
… 2. 日本の終末期医療、ここがおかしい!
… 3. みんなで考える、死のQ&A
… 4. 今週の「最期の言葉」
… 5. 近況報告、お知らせ~町医者だから言いたい!
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇                            


【1】 最新ニュースから死を考える

////////////////////////////////////////

90代・70代姉妹が駅で飛び込み自殺。「そろそろ本気で尊厳死の議論を」という声が高まる
////////////////////////////////////////


GW直前の4月24日、神奈川県川崎市麻生区にある
小田急線柿生駅ホームから、
手をつないで老姉妹は線路上に飛び込んだ。
柿生駅を通過する快速急行にはねられ、救急車で運ばれたが1時間後に死亡が確認された。麻生消防署によれば、「二人は意識はありませんでしたが、搬送するという判断になった。一人は見た目では推定60代。もう一人は年齢や性別も判断できない状況」だったという―――なんとも痛ましいニュースです。70代、90代になってから自殺を考えないといけないとは。防犯カメラには、飛び込む前、ホームのベンチに20分ほど座っている姉妹の姿が映っていたとのこと。そして手をつないで飛び込んだとは、さらに胸が痛みます。
ネットではこのニュースを受けて、「日本でも早く尊厳死を認めるべき」「安楽死できる国に」等の意見が飛び交っていて、今、若者さえもが、「尊厳死」「安楽死」という言葉に非常に敏感になっているのだと感じます。

しかし、こうした事件をすぐに「尊厳死」「安楽死」議論につなげるのはかなり危険です。一部報道によると、90代のお姉さんのほうが重度の認知症で、70代の妹さんが介護をしていたとか。超高齢化社会の今、老々介護、認々介護(要介護者も介護者も認知症という状態)は、もはや珍しいことでもなんでもありません。
厚生労働省の「国民生活基礎調査(平成25年)」によれば、自宅で暮らす要介護者を主に介護している人が65歳以上という世帯が、全体の51.2%にも上ります。また、老々介護の内、10%以上が認々介護であるというデータもあります。今現在はもっと増えていることでしょう。

老々介護、認々介護の人達を見て、「早く楽に死なせてやればいいのに…」という感想を若者がTwitterで上げてしまうということ自体が、絶望大国日本を象徴しているようにも思えます。
そうではなくて、いくらボケようが、いくら年をとろうが、安心して暮らせる社会をこれからどう構築していくのか? 今の介護制度に欠けているものは何か? を考えていくことがまず必要です。



【 2】 日本の終末期医療、ここがおかしい!

////////////////////////////////////////
リビングウィルの推進? 否定? 自己矛盾する日本政府
////////////////////////////////////////

ようやく、終末期医療の啓発に国が動きつつあります。というか、重い腰をあげました。
厚生労働省が、この5月に延命治療の種類や療養場所の情報を盛り込んだ市民向けの啓発パンフレットのひな形を作成すると発表したのです。早ければ今夏に有識者検討会が立ち上がり、来年春には完成を目指すとのこと。これがうまくいけば、尊厳死を希望する人がぐんと増えるはず。

一方で、こうしたリビングウィル啓発を何年も前から行っている日本尊厳死協会に対して、内閣府は公益財団法人の認定を二度も却下しているのです。却下の理由には、「リビングウィルがあると、医師のリスクが増大して、立場が不安定になる」と書かれていました。
なんで? この回答を見た時、かなり呆然としました。……これって完全に、政府のダブルスタンダード、自己矛盾じゃないか!? 


【 3】みんなで考える、死のQ&A
////////////////////////////////////////
スイスの<安楽死施設>に行って死にたいのですが…?
////////////////////////////////////////

Q:橋田壽賀子さんが、週刊誌で「私は安楽死をしたい」と書いているのを見て大変共感をしました。スイスには、<安楽死施設>があるのですよね? 私もそこに行って死にたいのですが、どうすればいいですか?

A: 数年前に、スイスの安楽死団体<ディグニタス>の
チューリッヒ郊外にある施設を視察に訪れました。スイスでは、自殺ほう助に関して具体的な法律が存在しないのです。よって、こういう施設が認められています。<ディグニタス>の施設は、安楽死を希望する人が、スイスの裁判所が認めた場合に入れる施設で、医師と看護師が自殺ほう助をするのです。訪れた日は、死を目の前にしたクライアントさんが、庭で華やかなお別れパーティーを行っていました。自殺ほう助の具体的な方法ですが、ネンブタールという毒薬を、オレンジジュースなどに混ぜて与えます。

もちろん、「薬を飲む」とクライアントが決断するまで、何度も医師やカウンセラーによる面談が行われ、途中で撤回することも可能です。外国人も受け入れており、ドイツ人とイギリス人が多いそうです。しかし、前項で書いた通り、日本はリビングウィルさえも今現在、法的担保されていない超珍しい国のため、<ディグニタス>は日本人を受け入れていません。つまり、あなたの希望はかないません。
  
あなたがどんな理由で安楽死を望んでいるのかわかりませんが、日本とは言葉も文化も死生観もまったく違う異国で、わざわざお金を払って外国の医師と看護師に自殺ほう助をしてもらう意味がどこまであるか、もう一度考えてみてください。もしも不治かつ末期の状態であっても、在宅医療やリビングウィルについての知識を深めれば、<痛くない死に方>は日本でだっていくらでも可能ですよ。




【4】今週の最期の言葉

////////////////////////////////////////  
もう私に構わないで。そっとしておいて。……キューリー夫人
////////////////////////////////////////

1934年7月4日没。世界中誰もが知っている物理学者。ラジウム研究に人生を捧げたキューリー夫人は、白血病で倒れる。放射能の健康被害は、当時はまだ知られていなかったのだ。
死の床で、注射をしようとした医師にこう叫び、キューリー夫人は永遠の眠りについた。



【5】近況報告、お知らせ~町医者だから言いたい!

昨年年末に出版した『痛くない死に方』『薬のやめどき』の2冊が、おかげさまで売れ行き好調、9刷を突破しました。大変反響があったため、このメルマガのタイトルも<痛くない死に方>にしてみました。
*このメルマガ読者の皆さんからもQ&Aコーナーの質問は受け付けます。
あくまでも、「死」に関する質問のみです。ただし個人的な健康、医療相談はお受けできないのでご了承ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
転載、引用は固くお断りします。

メールマガジン  ●長尾和宏の「痛くない死に方」●
☆発行責任者:長尾和宏 (ながおかずひろ)
☆長尾和宏オフィシャルサイト:http://www.drnagao.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001679615.html


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです


ID: 0001679615

長尾和宏の「痛くない死に方」

¥648(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(年末年始を除く) 今月2/4回(最終 2017/10/13)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/09/29 <痛くない死に方>第18号 ある女性との対話~やらなきゃよかった在宅看取り&救急車を呼ぶ意味とは?
2017/09/22 <痛くない死に方>第17 号 男の孤独死を考える& ある娘の告白。
2017/09/15 <痛くない死に方>第16号  「認知症で死ぬ」って、どういう意味ですか?
2017/09/08 <痛くない死に方>第15号 小林麻央さんと黒木奈々さん不思議な共通点&「死の壁」って何ですか?
2017/09/01 <痛くない死に方>第14 号 老衰死が一番痛くない死に方 & オウム返しと傾聴の違いを考える
さらに以前のバックナンバー一覧