企業の成長を加速するチーム作りと「社内ネット回線」の3条件。テレワーク・クラウド時代の新常識とは?

2020.11.16
3
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1697168977
 

リモートワークの弱点はコミュニケーション不足“だけ”ではない

新型コロナウイルス感染拡大の影響で私たちの働き方は一変。リモートワークが定着し、オフィスの中で顔を突き合わせながら仕事をすることが絶対ではなくなりました。

そこで問題視されているのが、コミュニケーション不足。上司や同僚との直接的な会話が減ることで、業務中の意思疎通がスムーズに進まなくなることが懸念されています。

いっぽうで、あらためて注目されているのが「リアルなコミュニケーション」は本質的にどこまで必要なのか、ということ。毎日オフラインで顔を合わせていた従来も、会社は社員のすべてを把握できていたわけではありません。

それよりも大切なのは、必要な情報をどう「見える化」するか。社内の情報を可視化することで迅速かつスムーズに全社で目標を共有し、人事面でも適正な評価を行っていく――コロナ禍において実際にこうした取り組みを適切に行い、急成長を遂げている企業も出てきました。

リアルで顔を合わせるか合わせないかに関係なく、リモートワークでも社員たちが目標達成に向けて仕事を進めることができる環境作りが大切。このような考え方がトレンドになってきました。

しかし、ここで盲点となりやすいのが社内ネットワーク環境の整備です。テレワークは、単純に家で社員にパソコンを開かせればよいというものではなく、ワークフローやセキュリティ面への配慮が欠かせません。ネット回線のパフォーマンス(速度・安定性)が、これまで以上に企業の成長を左右する時代になったのです。

テレワーク環境構築に最適!法人向け接続サービス「NUROアクセス」

【条件1】社内ネットワークが堅牢で大量アクセスに耐えられること

自社にテレワークを導入する場合、まずは環境を整えることが大事。社外から自社ネットワークにアクセスすることになるため、セキュリティの確保を第一に考えなければなりません。

そのため、テレワークではVPNを導入することがほとんど。VPNとは「Virtual Private Network」の略で、ネットワーク上に仮想の専用線を作るしくみ。簡単にいうと、本来オフィスにいなければアクセスできない社内LANに、自宅からでもセキュアにアクセスできるようにするためのシステムです。

ただ、ここで注意しなければならないのが、受ける側のネットワークの堅牢性。自社のネット環境が弱いままでは、外部からの大量アクセスに耐えられないということです。

始業時間になれば、従業員がそれぞれの自宅からVPN経由で一斉に社内のシステムにアクセスします。一度に大量のトラフィックが集中することで、通信が遅くなったり、ダウンしてしまったりしてはテレワークの意味がありません。作業効率が悪化し、従業員の満足度が低下する…そのような環境では、企業の成長は望むべくもありません。

だからこそ、これからの自社回線やネットワーク機器には、高い品質と安定性が求められるのです。

テレワーク環境構築に最適!法人向け接続サービス「NUROアクセス」

【条件2】遅すぎる回線速度が社員たちの仕事を“邪魔”しないこと

Google Workspace(G Suite)をはじめとするクラウドサービスは、今や多くの企業で日常業務に欠かせないものとなりました。それにともない社内トラフィックも増加し続けているのが現状です。

オフィスに出社する社員はもちろん、自宅勤務の社員も、これらのクラウドサービスを利用するには、VPNを介してまず自社ネットワークにアクセスすることが前提となりますが、アクセススピードが遅く、ファイル1つ開くのにも時間がかかってイライラ…これは、ネットワーク環境が悪い会社でよくある話です。

せっかく便利になるようにとクラウドサービスを利用しているはずが、「繋がらない」「開けない」では全くの無意味。現在では多くの企業が、自社の生産性を向上させるためにネットワーク増強を行うようになりました。

これは業務量の増加に伴って人員を増やしたり、オフィスを増床するのと全く同じ。コロナ禍においては、むしろオフィスの広さよりもネットワーク環境の重要度が上がっています。

テレワーク環境構築に最適!法人向け接続サービス「NUROアクセス」

shutterstock_1674148081

image by : shutterstock

【条件3】長期で安定運用でき、サポート体制が充実していること

とはいえ、快適なリモートワークライフを送るための環境作りには費用がかかります。さまざまなインターネット接続サービスがある中で、比較対象をしていくと、どうしても安いものに目が行きがち。

もちろん、費用も大切ですが、それよりも重要なのは「安定性」です。

コストだけではなく、高いパフォーマンス力を得られること。テレワークの環境作りでは最も重要視しなければなりません。

法人向け次世代ICTソリューション「NURO Biz」がお届けするインターネット接続サービス「NUROアクセス」なら、下り最大2Gbps(※1)の高速回線を実現。アクセス開通時の速度は下りで平均816.8Mbps、上りで平均777.0Mbpsという速さ。

また、最低10Mbps以上の帯域確保に加え、固定IPと稼働率99.9%のSLA(サービスレベル保証)、24時間365日のオンサイト保守を標準装備しています。

テレワーク環境構築に最適!法人向け接続サービス「NUROアクセス」

抜群のコストパフォーマンス誇る「NUROアクセス」(元キャッチ:いますぐお申込み)

NUROアクセスは月額18,850円からという圧倒的なコストパフォーマンスを実現。高スペック、高品質なサービスを低価格で手に入れることができます。また、2年間の利用で初期費用は実質無料。導入コストを下げることができます。

下り最大2Gbpsを実現した超高速通信と上り下り最低10Mbps以上の帯域を確保した安定通信、さらに充実した安心サポートでお客様を徹底的にバックアップ。多くの企業がNUROアクセスを導入しています。

時代の波に乗って、会社を急成長させたいならNUROアクセスがおすすめ。超高速かつ抜群の安定性を誇るNUROアクセスでテレワーク環境を整えてみてはいかがでしょうか。

shutterstock_1798767094

image by : shutterstock

テレワーク環境構築に最適!法人向け接続サービス「NUROアクセス」

※1 「2Gbps」という通信速度はNURO Bizネットワークからお客様ご利用場所に設置する回線終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客様が使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。インターネットご利用時の実効速度は、お客様のご利用環境(端末機器の仕様等)や回線の混雑状況などにより、低下する場合があります。

PR : NURO Biz

・「NURO Biz」はソニービズネットワークス株式会社が運営する法人向けICTサービスの総称です。
・「NURO」はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
・「ソニー」および「SONY」はソニー株式会社の登録商標です。

image by : Girts Ragelis / shutterstock

print

  • 企業の成長を加速するチーム作りと「社内ネット回線」の3条件。テレワーク・クラウド時代の新常識とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け