AFRICA ON LINE

  • ¥0

    無料

アフリカ関連イベント情報やアフリカ現地レポート、アフリカ音楽紹介などとにかくアフリカに関する様々な情報がぎっしりつまったマガジンです!読めばあなたもアフリカワールドにはまる?!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
AFRICA ON LINE
発行周期
週刊(毎週月曜日発行)
最終発行日
2017年08月21日
 
発行部数
2,125部
メルマガID
0000013255
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=====================================================
■■■■■■■ AFRICA ON LINE
■■■■■ アフリカ情報インターネットマガジン
■■■■ 第909号 2017年8月21日発行
■■■ (2,126部発行)
=====================================================
今回の目次
■アフリカを知る
 ○「AFRICA ON LINE」バックナンバーから
 ○アフリカ関連報道から
■アフリカ関連イベント
●全国●
 1)ムセキワ・チンゴーザ日本ツアー2017
New! 2)アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー
●関東●
 3)マリ共和国帰国報告会「苗木配布から村を見る」 (9/9)
 4)グローバルフェスタ2017 (9/30・10/1)
●関西●
 5)アフリカンダンス&ジェンベレッスン@マクロビオティックsalon PINO(大阪府吹田市) (7/17-)
 6)西アフリカ・セネガルのドラム&ダンスレッスン&イベント情報
●ツアー●
 7)カンガ研究家・織本知英子さんと行く
    タンザニア・カンガの魅力にふれる8日間
 8)2017年・スタディツアーのご案内(西アフリカ)
 9)エチオピア・コーヒー 原木の森を訪ねる 8日間
-----------------------------------------------------------
★★★「AFRICA ON LINE」編集メンバー募集!!★★★
メルマガに、こんな記事が載っていたらいいな、あの人に書いてもらうと
おもしろそう。
もっとたくさんの人に紹介したい、きちんと毎週出てるといいな...
と思っている人、一緒にメルマガを作りましょう!!
編集メンバーを募集しています。
3~4週に一度、投稿をもとに紙面を編集して発行するメンバーです。
インターネットにアクセスできれば、どこででも作業ができます。
興味を持った人、やってみようという人は、africa_on_line@ajf.gr.jpへ
メールを下さい。

-----------------------------------------------------------
■Meet Africa アフリカを知る
-----------------------------------------------------------
○「AFRICA ON LINE」バックナンバーから

● ブルキナ巷話

ワガドゥグでこんな話を聞きました。とのメールが届きました。

(その一)ワイグヤのレストラン・バー「カイマン」にて

飲み物給仕係の女性と話しました。(ブルキナの現地レストランでは
飲み物の係りと食べ物の係りがあって、それぞれに注文、支払いをします。)
「名前は?」
「フローランス」
フローランスは西アフリカのトーゴ生まれで、越境してガーナの学校に通って
いたので英語も話せるそうです。このカイマンには3日前に来たばかりだとか。
その前はやはりブルキナファソの地方都市、ボボ=ディウラッソというところの
バーで働いていたそうです。
「どうしてボボの仕事を辞めたんだ?」
「あそこは物騒なのよ。お金を払わないとか言ってナイフを出してくるんだから。
だから辞めたの」
「ボボの前はどこにいたんだい?」
「ザイールにいたわ。弟がいたから呼んでくれたの」
彼女はリンガラで歌を一曲披露してくれました。
いつしか話が給料の話になりました。
「1日ここで働くといくらもらえるの?」
「500FCFA(セーファーフラン)よ」
「500セーファー!!そりゃ大変だろう。住むところなんかどうしているんだい?」
「ワイグヤに住んでいるけど」
「家賃はいくら?」
「3000セーファーよ。」
「......。」
彼女が給仕しているビールは大瓶一本375セーファーでした。
(100セーファーは、1フランスフランと等価で、日本円に換算する時には
6か7で割ってください。つまり、ビール一本60円くらいになります)

(その二)ワガドゥグのパン屋・喫茶店「クルバ」にて(車には詳しくないので
会話に出てくる数字はうろ覚えです。すいません。)
隣のブルキナ男性たちが車について話していました。
「知ってるかい新しいメルセデス?(フランス語圏ではベンツではなくメルセデス
と呼びます)」
「あぁ、あの385ってやつか。」
「あのスポーツタイプの車欲しくて、いろいろ探したんだ。」
「1100万セーファーするって話を聞いたぞ。」
「それより650はどうだ?」
「あれなら数百万セーファーだよな」

話していた3人は、一杯850セーファーの生オレンジジュースを飲みながら、
パンをほおばってました。ポケットから5000セーファーを出して支払って
いました。私は1950セーファー朝食代を払って店を出ました。
(第76号 2000年11月27日発行掲載
 http://archives.mag2.com/0000013255/20001127071000000.html )

○アフリカ関連報道
アフリカ関連情報データベース更新
http://www.arsvi.com/i/2-2017.htm

2017/08/18
 ぴあニュース 日本公演10周年!体感型エンターテインメント『ドラムストラック』開幕
 http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpia201708170002.html

2017/08/17
 nikkei.com ケニア投資協定、9月14日に発効
 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20057400W7A810C1PP8000/

 毎日新聞 隣人が見た熊本の夏/2 先生の休み返上に驚き レセホ・レレフォロさんさん 熊本市ALT=南アフリカ /熊本
 https://mainichi.jp/articles/20170817/ddl/k43/070/272000c

 travelvision 南ア、5月の日本人旅行者は0.4%増、累計は3.3%増
 http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=78818

 cnn.co.jp ジンバブエ大統領夫人に暴行容疑、外交特権で免罪要求
 https://www.cnn.co.jp/world/35105931.html

2017/08/16
 NHK シエラレオネで地滑りと洪水 300人以上死亡 数百人行方不明
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101471000.html

 cnn.co.jp 土砂崩れの死者245人に、600人行方不明 シエラレオネ
 https://www.cnn.co.jp/world/35105842.html

 外務省 日・ケニア投資協定の効力発生のための通告
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004912.html

 毎日新聞 キーパーソンインタビュー:アフリカで少数民族を撮る意味 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん
 https://mainichi.jp/articles/20170816/mog/00m/040/007000c

 cnn.co.jp ナイジェリアで自爆テロ、30人死亡 女性の実行犯が増加
 https://www.cnn.co.jp/world/35105848.html

2017/08/15
 NHK シエラレオネで地滑りと洪水 300人以上死亡か
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170814/k10011099861000.html

 外務省 シエラレオネにおける地滑り及び洪水被害について(外務報道官談話)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003198.html

 外務省 ブルキナファソ・ワガドゥグ市におけるテロ事件について(外務報道官談話)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003196.html

 cnn.co.jp カフェ襲撃で18人死亡、フランス人ら犠牲 ブルキナファソ
 https://www.cnn.co.jp/world/35105780.html

 cnn.co.jp PKO部隊に襲撃相次ぐ、計9人死亡 マリ
 https://www.cnn.co.jp/world/35105802.html

 unicef 中央アフリカ共和国 子どもたちにとって世界最悪の国:市民が標的の紛争 国民の5人に1人が家を追われ
 http://www.unicef.or.jp/news/2017/0166.html" target="_blank">る</a><br>

2017/08/12
 ダイヤモンド・フォー・ピース(DFP) カメルーン経由で国際市場に流入する中央アフリカ共和国の紛争ダイヤモンド
 http://diamondsforpeace.org/blood-diamond-cameroon/

-----------------------------------------------------------
■Event Guide アフリカ関連イベント
-----------------------------------------------------------
●●全国●●

1)
■■■ ムセキワ・チンゴーザ日本ツアー2017(8月11日~10月29日) ■■■

●ムビラのマエストロ、ムセキワ・チンゴーザ初来日ライブ●
~絡み合うリズムとメロディ、ショナ族の伝統音楽~

ムビラ(mbira)は、ショナ族の伝統楽器である。
ショナの人々は神と人間の中間的存在として祖先を崇拝する。

ムビラは娯楽のためだけでなく、
精霊や祖先に祈る儀式でも演奏される神聖な楽器である。

【ムセキワ・チンゴーザ(Musekiwa Chingodza)】

ムビラを先祖代々演奏してきた“チンゴーザ一族”の末裔、
“5歳にしてムビラの演奏をはじめた”と言われるムビラの名手。

幼いころからショナ族の儀式でムビラを演奏し、
青年期にはジンバブエの名門・プリンスエドワード校で
ムビラを教える。

その類まれなる才能が海外のアーティストたちの注目を集め、
世界で有名なムビラ奏者となる。

彼が欧米でのツアーを成功させてきた理由には、
その才能だけでなく、
子どもから大人にまで愛される気さくな人柄がある。

オルゴールのような美しいムビラの音色、
突き抜けるように澄んだムセキワの歌声、
はじける笑顔が人々の心をいやす。

今回、
11月にフランスツアーをひかえる多忙なスケジュールの中、
初来日する!

ツアー詳細、スケジュールはこちらから!

https://mbiratour.wixsite.com/2017

スケジュールを文字で一気に確認するにはこちらから!

http://www.mbira.jeez.jp/musekiwatourpic/musekiwatour.html

お問い合わせはスミ宛てにご連絡ください
070-5469-6409
playmbirahosho@gmail.com


2)
♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪
 アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー
     powered by NGOモザンビークのいのちをつなぐ会
♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ 

モザンビークからマコンデ族の人気ミュージシャン・ナジャが来日。
2017年11月末まで、東京、神奈川、宮城、福島、愛知、大阪、京都、
福岡、大分、長崎で公演いたします。

詳しくは、2017アフリカ・マコンデ族の音楽と文化交流ツアー
イベントページをチェックしてください。
http://www.tsunagukai.com/information/makonde

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
NGOモザンビークのいのちをつなぐ会
モザンビーク事務局>>>rua sem saida, bairro de Natite, Pemba, Mozambique
日本事務局>>>福岡県北九州市小倉南区朽網西3-12-6
お問い合わ>>>e-mail: enomegu@gmail.com (代表/榎本恵)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●●関東●●

3)
★★★マリ共和国帰国報告会「苗木配布から村を見る」★★★
坂場代表が見たマリの今とは?!

★内容★
2017年5月末より約2ヶ月の日程で、
マリの現場で活動している坂場代表の帰国報告会を開催します。
サヘルの森が活動を始めて10年のファナ地域では、
地域住民の手によって様々な木が大きく生長し、
強い日差しから身を守る日陰になったり、
美味しい食事の材料になったりもしています。
今回は首都バマコ周辺地域で行っている里山再生の活動と、
マリ共和国の現在の状況を報告します。
今年の苗木配布の状況や、活動をする中で見えてきた新たな課題とは?

★開催概要★
【日時】2017年9月9日(土)14:00~16:00(開場 13:30)   
【参加費】500円(資料代として) 
【定員】35名(予約優先)
【会場】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース 
※国連大学ビル1F
【最寄駅】
■表参道駅(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)
B2出口を出て、そのまま青山通りを直進してください。
右側に国連大学が見えてきます。その右ウィングがGEOC(徒歩約5分)

■渋谷駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)
宮益坂方面に出て、宮益坂を登ります。
金王坂上交差点を直進、こどもの城のとなりが国連大学です。
その右ウィングがGEOC(徒歩約10分)

【お問い合わせ・申し込み】
特定非営利活動法人 サヘルの森
電話:042-721-1601
※留守番電話に折り返しの連絡先を入れてください
メール:sahel-no-mori@jca.apc.org
ホームページ:http://www.jca.apc.org/sahel-no-mori/
所在地:東京都町田市原町田1-2-3-403
★facebookは「サヘルの森」で検索!


4)
■■■ グローバルフェスタ2017 ■■■
AJFも出展します。例年通りアフリカンヘアケア体験もありますよ!
日時:9/30~10/1(土日)10:00~17:00
場所:お台場センタープロムナード(シンボルプロムナード公園内)
〒135-0064 東京都江東区青海1丁目2
費用:入場無料
主催:グローバルフェスタJAPAN2017実行委員会
問い合わせ:グローバルフェスタJAPAN2017実行委員会
TEL:03-3505-2235 FAX:03-3585-6671
(電話でのお問合せ 平日10:00~17:00)
Email:info@gfjapan2017.jp
http://gfjapan2017.jp/


●●関西●●

5)
■■■ アフリカンダンス&ジェンベレッスン@マクロビオティックsalon PINO(大阪府吹田市) ■■■

1ヶ月に1度、吹田にあるおうちカフェの2階にてダンスと太鼓のレッスンをしています。
幅広い年齢層で和気あいあいとした雰囲気です
ダンスは太鼓の伴奏でしっかり汗をかきます。
初めての方も、お子様とご一緒の参加も大歓迎!

◆スケジュール◆
9/18(月・祝)

◎11:00~12:30 アフリカンダンス(参加費2,500円)
講師 MAKO
◎12:30~ PINOマクロビランチ(1,500円)ドリンク・スイーツ付♪
◎14:00~15:30 ジェンベ (2,000円)
講師 YOH

※事前のご予約をお願いします。
★お問い合わせ・お申込み★  
 PINO 06-6384-8020 http://salon-pino.com/
 MAKO  mako520926@hotmail.com

*************

◇子ども創作音楽劇団「わお!」
夏のスペシャル講座◇

大阪箕面市に拠点を置く子ども音楽劇団のメンバーと一緒に、アフリカの楽器を
演奏したり太鼓のリズムで踊ったりしましょう!
親子でご参加頂けます。

●ライブイベント
2017年8月26日Sat
@京都UrBanguild
http://www.urbanguild.net
18:00 open 18:45 start
前売り 3,000yen
当日 3,500yen
中、高校生 1,500yen
(共に別途1ドリンク注文お願いします)
☆出演
MakanKone(MALI),DramaneDiabate(MALI),BenoitMillogo(BurkinaFaso),
DriDjeli(BurkinaFaso),bolokuru(東京),Takao(福岡),ジェット☆ファイヤー(関西)


6)
■■■ 西アフリカ・セネガルのドラム&ダンスレッスン&イベント情報 ■■■
◎大阪中津マルコノスタルジクラス

平日夜のクラス
水曜日夜(月3回)19:30-22:30
19:30-サバールドラム中級
20:30-サバールドラム初級
21:30-サバールダンス初級ー中級
ダンスドラム両方2500円
ダンスドラムどちらか1500円
1ドリンクオーダー要
レンタルドラム要予約500円
予約制

日曜日お昼のクラス(大阪中津マルコノスタルジ)
毎月第3日曜開催 
8/20 12:30-15:00
12:30-13:40 サバールドラム
13:50-15:00 サバールダンス
各クラス2000円連続受講3500円
レンタルドラム500円
※参加者10名以上の場合
1800円(連続受講3200円)
1ドリンクオーダー要
要予約

◎京都クラス
◯サバールドラム
8/31( 木 thu )
Drum 19:00~20:15 *Dance solo 20:25~20:55
@市バス「千本北大路」近く:ご予約後 詳細お伝えします。
1 class ¥2,500
(初回\500割引)
ドラムレンタル ¥500
進行役:シェハタイル・ンバイ Cheikh Tahirou Mbaye
*ジャンベ等他の太鼓代用可
Dance solo with Sabar \500
(ダンスリズムを1人で踊る練習)

◯サバールダンス
8/29( 火 tue )
Dance 19~20:00
@スペースALS-D
〒603-8225京都市北区紫野南舟岡町38-23

◎滋賀クラス お問い合わせください。

◎ライブ&合宿情報

◎9/30-10/1合宿@篠山。参加者募集中!(初心者歓迎)
大自然の中で太鼓を叩いてみんなで踊りましょう。
秋の味覚いっぱいの篠山はとても魅力的なところですよ!
アフリカンダンス&ドラム合宿in篠山
最少催行人員8名
定員 15名

9/30(土)

10:30~11:30 サバールダンスMeissa
11:45~12:45 サバールドラム(初級ー中級)Cheikh
13:00~14:00 LUNCH
14:00~15:00 mbalaxダンスPape gueye
15:15~16:15 サバールドラム(中級)Cheikh
16:30~17:00 復習会
18:30~BBQ&希望者は温泉
夜は自由行動、歌の練習など

10/1(日)

8:00~9:30 朝食&自由時間、篠山散策
9:30~10:00 ストレッチ&ウォームアップ
10:00~11:00 mbalaxダンス&撮影Pape Gueye
11:15~12:15 サバールドラム(初級ー中級)Cheikh
12:30~13:30 LUNCH
13:30~14:30 サバールダンスMeissa
14:45~15:15 サバールドラム(中級)Cheikh
15:30~17:00 復習会&撮影

お疲れ様でした!!

講師:Papa Gueye,Cheikh Tahirou Mbaye,Meissa Boye
基礎、ウォームアップ指導nini,haruki,aya from WalabooK?!

宿泊先 鈴木亭(篠山口から25分)
参加費 25000円、早割23000円(8/15までに申し込み)
含まれるもの
ダンスレッスン&ドラムレッスン受け放題、宿泊(食事4回付き)、篠山口からの往復送迎
※ドラムまたはダンスどちらか参加は20000円となります。
日帰り参加ご希望の方はご相談ください。

企画 tRibES、企画協力ヨーコダンスビレッジ

予約問い合わせ先
ayarican.tribes@gmail.com
07014042122
アフリカンダンス&ドラムトライブス www.studiotribes.com


●●ツアー●●

7)
■カンガ研究家・織本知英子さんと行く
    タンザニア・カンガの魅力にふれる8日間 

カンガとは、ケニアやタンザニアなどで女性たちが愛用する布のこと。鮮や
かな色合いのプリントが特徴で、最近、日本でも注目され始めました。カン
ガのもう一つの特徴は、カンガ・セイイングと呼ばれる、スワヒリのことわ
ざがプリントされていること。東アフリカの女性たちは、伝えたいメッセー
ジを書いたカンガを身に着けたり贈ったりすることから、主張する布ともい
われています。このカンガを日本にいち早く紹介された織本知英子さんにツ
アーへ同行していただき、カンガの歴史や東アフリカの女性たちの生活に息
づくカンガの使われ方などを学び、カンガ専門店の並ぶカンガ・ストリート
や工場を訪ねます。お気に入りのカンガで洋服を仕立てるのも楽しみの一つ
です!

☆出発日と旅行代金:
2017年9月10日(日) 398,000円
☆最少催行人数:6人(最大8名様まで)
☆お問い合わせ:(株)道祖神 
TEL: 0120-184-922(フリーダイヤル) 03-6431-8322
E-mail:info@dososhin.com

ツアー詳細は道祖神ホームページからご覧頂けます↓
http://www.dososhin.com/


8)
■2017年・スタディツアーのご案内(西アフリカ)

「将来は国際協力にかかわる仕事をしたい」、「アフリカには行っ
てみたいけれど一人でいきなり行くのはちょっと…」、そんな方に
ぴったりのプログラムをJBFAではご用意しています。
世界一と言っても過言ではない、安全な国「ブルキナファソ」、ぜ
ひ、あなたも「アフリカ」を体感・体験してみませんか?
村泊でのホームスティ(希望者のみ)は、あなたの人生を変えるか
もしれません。

●募集人数:1~2名/月(先着順になります)
●募集期間:2017年12月31日まで(いつでもお申し込みできます)
●参加費 :130,000円より(2週間の場合)

詳しくはホームページ(http://jbfa.org)をご覧ください。

●主催:認定NPO法人 日本ブルキナファソ友好協会(JBFA)

●連絡先:
・PHONE:047-498-0302
・FAX:047-498-0304
・e-MAIL:info@jbfa.org
・担当:まつやま
・URL:http://jbfa.org


9)
■エチオピア・コーヒー 原木の森を訪ねる 8日間
エチオピアのコーヒーにまつわる物語。ヤギ飼いの少年カルディが見つけた
赤い実がコーヒーのはじまり、という古い言い伝え。そんな物語が生まれた
カッファ地方に滞在します。ハイライトは原木の森を訪問し、「マザーツリ
ー」と呼ばれる御神木を目指してのトレッキング。ツアーでは、コーヒー農
園訪問やコーヒーセレモニー体験なども予定しています。

美味しいコーヒーの物語を自分の目で見て、体験しにいきませんか?

最少催行人数:6名様(添乗員同行)
ご出発日:2016年10月29日(日)、11月19日(日)
ご旅行代金:298,000円
旅行企画・実施:株式会社 道祖神
お問合せ連絡先:
0120-184-922(フリーコール)
info@dososhin.com(Eメール)
↓ツアーの詳細はこちら
https://www.dososhin.com/tour/00373_ethiopian_coffee/
担当:伊藤

ひとこと----------------------------------------------------
次号は新しく編集を担当するメンバーが発行します。
950号に向けた打ち合わせの際に、バックナンバーに掲載した滞在記、本の紹介
などなどを振り返りました。(Ryo)
----------------[情報募集]--------------------------------
あなたの身近なアフリカイベント情報募集しています!
掲載に必要な項目は、
イベント名称、日時、場所(住所よければ電話・FAX最寄駅等
も)、参加費、主催、問合せ連絡先(Tel、Fax、あればe-mail)
(紹介される方へのお願い)
*イベント主催者への情報確認、あるいは問い合わせの際に、紹介され
た方のお名前が必要です。お名前・連絡先をお忘れなく。
*情報を送って下さる際には、全角34文字で改行を入れていただ
けると、編集がすごく楽になります。よろしくお願いします。
*メール本文に掲載事項を記入の上、投稿してください(スパム対策のため、
添付ファイルを受け付けていません)。
○投稿先: africa_on_line@ajf.gr.jp
=======================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ