田中宇の国際ニュース解説

  • ¥0

    無料

国際情勢解説者の田中宇(たなか・さかい)が、独自の視点で世界を斬る時事問題の解説記事。新聞やテレビを見ても分からないニュースの背景を説明します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
田中宇の国際ニュース解説
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月20日
 
発行部数
10,075部
メルマガID
0000023713
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

―――――――――――――――――
★真の囚人:負けないチェチェン人
―――――――――――――――――

 ロシアの作家、ソルジェニーツィンの有名な著作「収容所群島」は、ロシア
革命(1917年)からスターリン批判(1956年)までの、ソ連の強制収容所での
人々の様子を、自らの収監体験と他の人々からの聞き取りなどによってまとめ
た、ノンフィクションの大作である。

 その本の日本語版(新潮社)で全6巻のうちの最後の巻に「諸民族の強制移
住」という章がある。ロシアでは1937年以降、ソ連国家に反感を持ちそうな民
族を丸ごと、中央アジアのカザフスタンなど遠隔地に強制移住させる政策がス
ターリンによって行われた。本国が日本の植民地なので、日本の味方をしそう
だ、と疑われた極東・沿海州の朝鮮人や、ナチスのスパイになる懸念を持たれ
たボルガ川流域のドイツ人などの移民が、強制移住させられた。この章では、
その人々のことを描いている。

 この時代、強制移住地に送られた人々の多くは、服従の中で生きる心理が身
につき、移住当初の最も厳しい状況がその後わずかに改善されると、服従する
状態に慣れる傾向が強まった。そうした状態は、強制収容所に送られた人々や、
その他一般の、ソ連で抑圧された人々に共通しており、ソルジェニーツィンは
「またしても同じことの繰り返しではないか?」と、従順になってしまう人々
の姿に対する苛立ちを書き連ねている。

(「服従」どころか、ことさら一生懸命に働いたのは、朝鮮人やドイツ人、そ
れから敗戦とともに満州からシベリアに抑留された日本兵の集団など、その後、
高度成長を遂げた国を故郷とする人々だった)

 とはいえ、そんな服従の精神をまったく受け入れなかった民族が、一つだけ
あった。それは、チェチェン人であった。彼らは個人としてではなく、民族全
体として、「当局に取り入るとか、気に入るようなことはいっさいやらず、い
つも胸を張って歩き、その敵意をかくそうともしなかった」。「あえて言えば、
特別移住者の中で、チェチェン人たちだけが精神的に正真正銘の囚人だったの
だ」と、ソルジェニーツィンは書いている。

 このチェチェン人こそが、ロシア軍をてこずらせ、世界の注目を集めている、
あのチェチェン人である。

▼非服従の背景にイスラム神秘主義

 チェチェン人の特異性は、彼らが住んでいる地域の地理的な状況に由来する
部分が大きい。チェチェン共和国は、モスクワから1500キロほど南に行った、
黒海とカスピ海の間、コーカサス(カフカス)山脈の北側にある。

 この地域は北にロシア、南西にトルコ、南東にペルシャ(イラン)という、
昔から強大だった3つの帝国の境界にあたり、いくつもの勢力が、この地を支
配しようと攻めてきては去る歴史が繰り返された。5000メートル級の高峰が連
なる険しい山脈があり、古代からここに住む人々は、強国が攻めてくると山に
篭もり、難を逃れて抵抗運動を展開した。

 チェチェンの人々は、イスラム教徒である。この地域にイスラム教が入って
きたのは18世紀ごろだったが、入ってきたのは、それまでの地元の宗教儀式と
混じり合うことを容認する「イスラム神秘主義(スーフィズム)」だった。

 イスラム教では本来、生きている人を崇拝の対象にすることを禁止している
が、スーフィズムでは修行を続ける聖者たちを崇拝する。聖者は「奇跡」を起
こすとされ、厳格なイスラムでは禁止されている宗教儀式の踊りや音楽なども
あり、人々を恍惚とさせることで宗教意識を高める。

 スーフィズムは8世紀ごろから存在し、現在までイスラム世界の周辺部を中
心に広く信仰されているが、旅をする行者たちによってチェチェンにもたらさ
れたスーフィズムは、14世紀に中央アジアに起こった流れを組んでいた。

 チェチェンでは、シャイフ(shaykh)と呼ばれる聖人を中心に、その弟子た
ちが各地の村々の指導者となり、宗教的な強いつながりが、チェチェンの氏族
社会を覆うようになった。この同族的なつながりに加え、山の民としての自尊
心の強さが、非服従の姿勢のベースとなった。

▼200年前に始まった「聖戦」

 18世紀、チェチェンの南のオスマントルコ帝国が衰退し始めると、北方のロ
シア帝国が南下政策を展開した。ロシアの軍隊は、チェチェンなどカフカス地
方の無数の小さな民族を征服していったが、その際に大きな抵抗をしたのがチ
ェチェン人だった。

 チェチェンでは、シャイフ・マンスールという聖人指導者がロシアに対する
「聖戦」を宣言し、周辺の北カフカス地方の人々全体を束ね、抵抗戦争を始め
た。1785年にはロシア軍を打ち破ったが、その6年後には逆にロシア軍に捕ら
えられて殺された。

 その後もチェチェン人はロシア軍に抵抗したが、1859年、ついにロシアの支
配下となった。この抵抗戦争によってチェチェン人の3分の2が死んだといわれ
るが、その武勇は有名になり、マンスールは今も英雄である。

 ロシアの支配下となった後、チェチェン人はオスマン帝国のスパイという疑
いをかけられ、モスクの破壊などの宗教弾圧が行われた。だが、チェチェンの
スーフィズム信仰は、モスクが礼拝に不可欠な中東のイスラムと異なり、モス
クが破壊されても、村の家々で礼拝や儀式が続けることができた。信仰には差
し支えなく、支配者の目の届きにくいところで、信仰と同族の団結が維持され
た。

 この時期、ロシアの圧政を逃れ、南のオスマントルコ領内に移住したチェチ
ェン人も多かった。当時のオスマン帝は現在のシリア、ヨルダン、レバノンな
どを含んでおり、これらの国々には今も多くのチェチェン人がいる。

 ロシアのエリツィン大統領が99年大晦日に辞任し、代わりにチェチェン弾圧
推進派のプチン首相が大統領に昇格した直後、レバノンの首都ベイルートでロ
シア大使館が攻撃された。レバノンはロシアからずいぶん遠いが、歴史を振り
返ると、ロシアとレバノンとの間のチェチェン・コネクションが見えてくる。

▼人口の半分が強制移住

 チェチェンがロシア領となってから60年後の1917年に、ロシア革命が起きた。
この機に乗じて、チェチェンとその周辺のイスラム教徒たちは「北カフカス首
長国」の建国を目指し、ロシア皇帝の軍隊や共産軍などと戦った。

 その最中にやってきたロシア共産党の代表は、大幅な自治権を認めてやるか
ら、自分たちに味方するよう求めた。当時ロシアでは、皇帝の勢力と共産勢力
との間で全面的な内戦になる可能性があり、共産党はイスラム教徒を味方につ
けておきたかったのだった。

 結局、北カフカスはソ連邦の中に組み込まれることになり、約束は守られて
1922年にチェチェンは自治州となった。だが、それは形だけのことだった。ソ
連の統治が始まると、スーフィズム信仰は「迷信」から「反革命」となり、そ
れに反発する多くの宗教者たちは、犯罪人として逮捕、処刑された。

 チェチェン人の結束の固さが、村々をつなぐ宗教のネットワークにあると知
ったソ連当局は、村を解体して集団農場にすることで、結束を崩そうとした。
だが、どこに連れて行かれても、氏族とスーフィズム、血縁と信仰が絡み合っ
たチェチェン人どうしの強いきずなは保たれ、ロシアに対する組織的な憎悪も
止まなかった。

 ソ連の他のイスラム地域でも、信仰は事実上禁止され、ほとんどの人は非宗
教化されてしまったが、広いソ連の中でほとんど唯一、イスラム信仰が生き残
ったのがチェチェンであった。それは内々の信仰で、外から察知されにくい地
下組織的なものだったが、ソ連の公安警察は状況を細かく把握していた。

 チェチェン人が崩れないのをみて、警戒したスターリンがとった次の手が、
この文章の冒頭で紹介した、民族ぐるみのカザフスタンへの強制移住だった。
1994年2月、当時のチェチェンでは人口の半分近くを占める25万人、北カフカ
ス全体では100万人が、突然の命令で、家族ごと強制移住させられた。

▼恐怖政治の共産主義者も怖じ気づいた「血の復讐」

 ところが、この民族の苦難もまた、チェチェン社会を解体することはできな
かった。強制移住先のキャンプでの生活が始まると、間もなく氏族とスーフィ
ズムのネットワークが復活した。受難はむしろ、信仰心を強化することにつな
がった。

 チェチェン人が、強制移住先でも伝統を維持していたことは、「収容所群島」
にも描かれている。ソルジェニーツィンが教師をしていたコク=テレクの村で、
ある時、酔っ払って喧嘩をしていたチェチェン青年が、喧嘩を止めようとした
チェチェン人の老婆を、刺し殺してしまった。イスラム法を維持していたチェ
チェン社会では、殺された老婆の一家は、殺した青年一家の誰かを殺し、あだ
討ちを果たさねばならなかった。

 青年自身は、殺されたくないので警察(内務省)に逃げ込んで自首し、監獄
に入った。知らせを聞いた青年の一家は、食料をかき集め、窓とドアをくぎ付
けして閉じこもったが、間もなく老婆の一族が、武器を持って青年の家を取り
囲んだ。

 この事態に対し、人々に恐れられていた共産党地区委員会や内務省は、怖じ
気づいて何の介入もしなかった。「野蛮な古い掟が息づくと、コク=テレクの
ソビエト政権は一ぺんにふっとんでしまったのである」。結局、チェチェン人
の尊敬を集めている長老たちがやってきて、殺人者の青年に呪いをかけること
で、復讐の行為をしないよう命じることで、事件は解決した。

 ソルジェニーツィンは、「血の復讐というこの風習は、それほど多くの犠牲
者を出さないが、周囲の人々にはたいへんな恐怖感をいだかせる。風習をわき
まえている山岳民族の人びとは、私たち(ヨーロッパ人)のように、酒酔いや
放蕩のため、何の理由もなく他人を侮辱するような真似はしないだろう」と、
このイスラム法を評価して書いている。

 そして彼は、チェチェン人がこの風習によって、他の民族から復讐を恐れて
敬遠される状態を作り出し、自分たちの立場を強化している、と書いている。
「他人を恐れさせるために、仲間を殺せ! これが、山岳民族の祖先が大昔に
見つけた、民族を結束させる最良の方法なのである」

▼今のロシアは「最も弱い敵」でしかない

 強制移住が終わり、人々がチェチェンに戻る許可をもらったのは、1957年の
ことだった。だが人々が10数年前に自宅だった場所に帰ってみると、そこには
見知らぬロシア人たちが住んでいた。チェチェン人が去った後、彼らの土地は、
当局によって所有者不在とされ、政策によって移民してきたロシア人に割り当
てられてしまっていた。

 今もチェチェンの人口の2割を占めるロシア人の多くはこの末裔で、1994年
と99年にロシア軍がチェチェンに侵攻した際は、彼らロシア人を守るという名
目もあった。

 ここまでされたチェチェン人が、ソ連崩壊の後もロシア人の支配下にとどま
り続けようと思うはずがないだろう。ソ連が崩壊した1991年、チェチェンは独
立を宣言し、翌92年には、新しいロシア連邦を結成する条約への調印を拒否し
た。調印しなかったのは、ロシア内の21の共和国(少数民族地域)のうち、チ
ェチェンとタタルスタンだけである。(タタルスタンはロシア憲法裁判所で係
争中)

 この反抗に対して、ロシア政府は2年間、チェチェン人代表と交渉したが、
チェチェンの独立意思は固いため、1994年9月、手段を再び暴力に切り替えて、
ロシア軍がチェチェンに侵攻した。ロシア軍の戦車部隊は、やすやすと首都グ
ロズヌイに進軍し、勝利したかのように見えたのだが、その直後、市内各所で
のゲリラ軍の待ち伏せ攻撃が始まり、ロシア軍は壊滅した。

 チェチェン共和国の公式サイトとおぼしき「Chechen Republic Online」
( http://www.amina.com/ )に「The Religious Roots of Conflict」という
記事があるが、その文の締めくくりには「ロシアとチェチェンのイスラム教徒
との、長い戦いの歴史の中では、エリツィンのロシア連邦など、敵として最も
弱い相手なのである」と書いてある。
http://www.amina.com/article/relig_root.html

 ロシア軍はこの年、3回にわたってグロズヌイを攻めたが、いずれも似たよ
うなやられ方をしてしまい、勝てなかった。1996年にロシア軍は撤退し、チェ
チェン共和国は事実上の独立を勝ち取ったが、1999年8月、今度はチェチェン
人の軍隊が西隣のダゲスタン共和国に侵入したことをきっかけに、ロシア軍が
再び侵攻した。

 99年の侵攻にいたった経緯については、ソ連崩壊後、チェチェンの宗教界に、
伝統的なスーフィズムとは別の、原理主義的な「ワッハビズム」が、サウジア
ラビア方面から入ってきたことが、ロシア側の事情としてある。そのあたりの
ことは、改めて解説する。




●参考になった英文記事

★チェチェンと北カフカスの地図
http://www.unhcr.ch/refworld/maps/europe/caucasus.htm

The Religious Roots of Conflict: Russia and Chechnya
http://www.amina.com/article/relig_root.html

Demystifying The Role of Islam in The Former Soviet South
http://www.cdi.org/weekly/1999/issue33.html#1

Comparing Soviet and Russian Decision-Making in Afghanistan and Chechnya
http://socrates.berkeley.edu/~bsp/caucnews/fa98.html

Chechen vs. Chechen, the sequel
http://www.csmonitor.com/durable/1999/12/30/text/p6s1.html



●関連する日本語サイト

エリツィン大統領の辞任を読み解く
http://tanakanews.com/991231Yeltsin.htm
ロシアのエリツィン大統領が12月31日、突然辞任したが、その背景には、12月
19日のロシア議会下院選挙で、エリツィン氏とプチン首相が支持する政権与党
「統一」が大躍進したことがありそうだ。

解けないスターリンの呪い:ナゴルノカラバフ紛争
http://tanakanews.com/980207armenia.htm
ソ連崩壊後、旧ソ連各国で民族紛争が絶えない原因の一つに、スターリンが
1920-30年代にソ連内の民族配置をかき混ぜたことがある。アルメニアとアゼ
ルバイジャンの戦いであるナゴルノカラバフ紛争の遠因もそこにある。その後
遺症は、アゼルバイジャンの石油を狙うアメリカの札束和平戦略をあっけなく
失敗に追い込むほど、根の深いものだった。

ロシアとアメリカ:「冷戦後」の終わり
http://tanakanews.com/990908russia.htm
ロシアでは共産党独裁が終わっても、政治家や主要財界人の多くは、かつての
共産党幹部だった。ロシアは社会主義時代から、ボスになる人が絶対的な権力
を持つ家父長型の社会で、上に立つ人の政治思想が共産主義であろうが、資本
主義であろうが、大した違いはなかった。ロシア社会の仕組みは、冷戦後も欧
米と大きく違うままだったが、そこに資金を投入すれば欧米型社会になると思
ったところから、冷戦後の米ロの茶番劇が始まった。


●参考にした書籍

「中央アジアと湾岸諸国」 山内昌之編著、朝日選書



●お知らせ
「田中宇の国際ニュース解説」には、「まぐまぐ版」と「クリックインカム版」
があります。(この配信はまぐまぐ版です)両方とも、配信される内容は同じ
です。読者募集を多角化するため、このたび、まぐまぐ版を開始いたしました。



メール配信の中止やアドレスの変更は、
http://mail.tanakanews.com/
からお願いします。
アドレスを変更する場合は、古いアドレスを解除した後、
新しいアドレスで登録し直してください。
メールでの解除は、原則として受け付けておりません。

筆者への連絡は
sakai@tanakanews.com までお願いします。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ