往来堂ももんが通信

  • ¥0

    無料

往来堂ではWEBページとリンクし、地域内外のお客様に『往来堂ももんが通信』を配信。往来堂の仕入れ情報や売れ筋情報などをコンパクトにまとめて毎週お届します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
往来堂ももんが通信
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月16日
 
発行部数
1,815部
メルマガID
0000024648
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

     ◇◆◇ 往来堂ももんが通信 375号 ◇◆◇

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■デイリー往来堂(お得な図書カード、帽子屋さん)

■往来堂書店の店内イベント第2弾!!

■フェアがいっぱい(新しいフェアも盛りだくさん)

■往来っ子のおすすめたち

■第17回目【南陀楼綾繁の本のメド ももんが版】

■お得なポイントサービス(ポイントとグッズ交換のお知らせ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆デイリー往来堂 ◆◆◆
─────────────────────
●年末のお楽しみ、「謝恩図書カード」只今品切れですが、入荷予定ですのでぜひ、ご予約ください。
 5000円の図書カードに、250円のおまけがついたものです。とってもお得。
 数に限りがありますので、おはやめにどうぞ。

●柴犬図書カードも大人気です。1000円で柄はA,Bのふたつ。ちゃぶ台の柴犬と、本を読むカップルワンちゃん。 http://www.ohraido.com/archives/5448

●ラッピング無料で承ります!
クリスマスプレゼント、ちょっとした贈り物へのラッピング、ぜひご利用ください。
シンプルなデザインのものから、人気キャラクターのものまで
(だるまちゃん、おしりたんてい、ヨシタケシンスケさんの「りんごかもしれない」、だるまさんがね、わたしのワンピース
ねずみくんのチョッキ、などなど)
お好きなものをお選びいただけます。
仕上げは往来堂書店オリジナルのミロコマチコさんの絵のシールとリボン。是非是非!

●【めぐちゃんの帽子展at往来堂書店 冬】
手作り作家のめぐちゃんの作品の展示即売会、開催中です。
店内の天井近くにたくさんの帽子やスヌード、バッグが吊るされていて、お客様もびっくり。
もこもこであったかい帽子やスヌードが大人気。
お耳がついたお子様用や、シックな大人用まで盛りだくさんです。
12月23日(日)までの開催です。

●【D坂文庫2017】小さくなって継続中。実は、まだまだ人気です。売れてます。
オリジナルセレクトギフトとしても展開いたしておりますのでよろしくお願いいたします。

●あの人に本を贈ろう!【往来堂書店の本のギフト D坂文庫2017】
カタログに収録された64冊の中から3冊と往来堂書店のオリジナルグッズをセットにしたお得なギフトです。
◆Aセット 3000円+税(本3冊(ブックカバー付き)とエコバッグ)
◆Bセット 5000円+税(本3冊(ブックカバー付き)とオリジナルTシャツ)
詳しくはこちらを御覧ください →Aセット http://www.ohraido.com/archives/5487
                Bセット http://www.ohraido.com/archives/5498

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ 店内イベントのお知らせ ◆◆◆
─────────────────────
往来堂書店・店内イベントvol.2
『編む人』(ビレッジプレス)・『パリのすてきなおじさん』(柏書房)刊行記念
【南陀楼綾繁さん × 金井真紀さん トークショー「人の話を聞くしごと」】

『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)と『パリのすてきなおじさん』(柏書房)がそれぞれ発売となった
南陀楼綾繁さんと金井真紀さんにご登場いただき、
「人の話を聞くしごと」をテーマに語り合っていただきます。

人の話をうまく引き出すコツってあるのでしょうか?
それをまとめる時に大事なことは何なのでしょうか?
色んな人とうまくお話ができて、お互い理解が深まれば、こんなにいいことはないですよね!

書くことをお仕事にされている方も、そうでない方も、きっと面白いお話が聞けると思います。ぜひお越しください!

●日時:2018年1月12日(金)19時30分~21時
●参加費:1500円(税込み・ワンドリンク付き)
●会場:千駄木・往来堂書店店内
(当日、19時から21時の間は通常営業を休止させていただきます。21時再オープン、22時まで営業いたします)

メール、またはお電話にて受付中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ フェアがいっぱい ◆◆◆
────────────────────────
NEW●【社会を照らす本 フェア】
朝日出版社さんのロングセラーを集めたフェア。
往来堂でも人気の本ばかりです。
フェアならでは!POPカードに記された著者の方々が寄せた自選コメントがおすすめです。リーフレットもお配りしています。
http://www.ohraido.com/archives/6298

【熊谷守一フェア】
はじまりましたね。「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」。
東京国立近代美術館で2017.12.01 ー 2018.03.21まで。近美は常設もいいですよね。
往来堂も、熊谷守一コーナーを作りました。
新刊『もっと知りたい熊谷守一』、『仙人と呼ばれた男 画家・熊谷守一の生涯』などなど。
近くの豊島区千早の熊谷守一美術館にも足をのばしませんか?ほっこりしに。(川本)
ピックアップした本などさらに詳しくはこちら → http://www.ohraido.com/archives/6239

●【朗読フェア】「朗読しましょう。群読しましょう。」
NHKで放送していた朗読ドラマにハマった方も、朗読未体験の方も、朗読してみませんか?
往来堂での朗読イベントも大好評でした!
朗読にオススメな本を集めました。様々な種類の朗読をお楽しみください。http://www.ohraido.com/archives/6050

●【クリスマス フェア】
美術棚、児童書コーナーにて、いっぱい広がりました。
大人にも、子供にもおすすすめの本をたっぷりご紹介しています。
とっても美しいしかけ絵本、とびだす絵本など贈り物にオススメのものばかりです。http://www.ohraido.com/archives/6207

★『ピーターラビットの絵本・ミニチュアコレクション』(福音館書店)
手のひらサイズの小箱の引き出しに、12冊の豆本が入ったかわいいもの!
小さいけれど、お話も絵もそのままです。かわいい!

●【手帖・カレンダーフェア】
『味の手帖の味のカレンダー』などオススメの日めくりカレンダーの在庫、まだあります。

★イラストレーター・モリナオミさんのカレンダー入荷しました!
 おしゃれなイラストが毎年大人気。小さいスタンドタイプで、インテリアにおすすめです。

●矢島商会(@kintaro_yajima )xコミック部のコーナー棚「くまちゃん、マンガを読む。」
第4回の棚替え。今回は五十嵐大介『リトル・フォレスト』。

●【WECKフェア】
ドイツ製の丈夫でお手頃価格なガラス容器「WECK」。
さりげないいちご模様、可愛らしいフォルムで食器や小物入れにも使えて便利、大人気です。
これからの季節、プレゼントにもどうぞ!
http://www.ohraido.com/archives/4904

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ 往来っ子のおすすめ ◆◆◆
────────────────────────
●フリーブックレット『BOOKMARK』10号
入荷しました。特集は「わたしはわたし ぼくはぼく」。巻頭特集は松田青子さんです。
だれもが自分らしく生きられる社会とは?
本の紹介をたっぷりと。http://www.ohraido.com/archives/6302

●『BRUTUS』2018年1月1日/15日合併号(マガジンハウス)
特集は「危険な読書」。こちらは噂にもなっていると思いますが、かなり良いです。
色々な危険がふりまかれていて、さらっと読むことができません。
刺激的な読書案内。

●『10年メモ』(nu)
2018年度版が入荷しました。
日記とまではいかない程度に、一言ずつでも。しっかり書きたかったら空欄も使って。
10年の時間が比べられます。
色の種類が5種類、今年は明るい青が加わりました。
レッド、プレーン(生成り)、グリーン、ブルー(2018年新色)、ネイビー
お取り置きの際は、色をご指定下さい。
配送も承ります(送料500円)お届け先・ご連絡先をお知らせ下さい。
色の見本はこちら → http://www.ohraido.com/archives/6297

●『小林秀雄 美しい花』若松英輔:著(文藝春秋)
若松英輔さんが、小林秀雄の著作を蘇らすように紹介する長編評伝。
若松英輔さんの言葉への寄り添い方が深く深く広がります。

●『原民喜童話集』(イニュニック / 未明編集室)
広島で被爆し、その体験をもとした「夏の花」が代表作の原民喜。
彼のはじめての童話集です。
童話が1冊、
もう1冊は、蜂飼耳さん、竹原陽子さん、須藤岳史さん、「蟲文庫」の田中美穂さんらによるエッセイや、
編集を手掛けた外間隆史さんが、原民喜の甥で著作権継承者の原時彦さんへの取材も収録。

「澄みきった童話」とあります。
とてもゆったりと流れる時間の中で、丁寧に切り取られた日常。
美しい情景がいつまでも心に残る作品です。宝箱のよう!
追われる日々に、ぜひ手にとって、時間を取り戻してみてください。http://www.ohraido.com/archives/6314

●『ふたりっ子バンザイ』石亀 泰郎:写真(夏葉社)
一貫して子どもを撮り続けてきた写真家の石亀泰郎さん。
彼のデビュー作が約50年ぶりに復刊です。
石亀さんの2人の年子のお子さん。
自分が一人っ子育ちだったから、2人の絡みが楽しそうで「僕も入れて!」という気持ちで取り続けたとか!
もう、本当に愛おしいです。
石亀さんの写真絵本『イエペはぼうしがだいすき』(文化出版局)もそうですが、
落ち着きがなくて、何をしだすかわからない子どもが、そのまま閉じ込められた写真ばかりで、
ハラハラドキドキ。ほんとかわいいなあ。

●『帽子から電話です』 長田弘:著、長新太:イラスト(偕成社)
43年前、1974年に出版された幼年童話絵本の新装版!
ちょっぴり不思議で楽しい物語。
長新太さんの、スタイリッシュなイラストが新鮮です。

●『有罪者 : 無神学大全』ジョルジュ・バタイユ:著、江澤健一郎:訳 (河出文庫)
「夜の思想家」バタイユの代表作が50年ぶりに新訳が登場!最新研究による膨大な訳注で、バタイユを体感。

●『無銭横丁』西村賢太:著(文春文庫)
文庫化。文庫版は、芥川賞選考会を前にして藤澤清造のお墓にいった時の「一日」を新たに収録。

●『Didion 01』(エランド・プレス)
九龍ジョーさんが編集長を務める新雑誌の創刊号。
特集は日本で誕生70周年を迎えた「ストリップ」(そうなんだ!)。
前野健太さんや、銀杏BOYZのPV「恋は永遠」に出演したストリッパー矢沢ようこさんののフォトエッセイなどなど。

●『房総コーヒー』(暮ラシカルデザイン編集室)
明るい日差しと、静かな室内とコーヒー。
房総の暖かさと穏やかさに誘われます。
房総だけではなく、千葉の広いエリアからピックアップされた
コーヒーと人をめぐる物語がいっぱいつまっています。
とても丁寧に取材された、写真も美しい1冊です。

往来堂書店の文庫フェア「D坂文庫」のブックレットを置いてくださっている
浦安の「猫実珈琲店」もありました。
猫実珈琲店さんと自転車で浦安散歩!
これはなかなか他では見れない素敵なお散歩でしたよ~。http://www.ohraido.com/archives/6317

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ 南陀楼綾繁の本のメド ももんが版 第17回 ◆◆◆
──────────────────────────────────────
 ~創業時からの往来堂ユーザーのナンダロウさんのコーナー~

今回はショートバージョンです。
【書いた記事】
★『フリースタイル』37号
恒例の年間マンガベスト特集。私もアンケートに答えてますが、今回も見事なくらいランキングに絡んでません(笑)。コラムではRYUTist『柳都芸妓』、『埴原一亟 古本小説集』、「猪熊弦一郎展 戦時下の画業」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)を取り上げました。

★ふげん社サイト連載「全国区じゃない本」第5回
今回は高知市の「日曜市」に関する本を紹介しました。毎週日曜の朝早くから夕方まで開かれる、おそらく日本最大規模の市です。
http://fugensha.jp/

【南陀楼綾繁の12月と1月のイベント】
★【長岡】トーク「本を書いて、編集して、売ったり、買ったり、旅して、町を歩いて」
12/22(金)19:00~20:30
会場 コモンリビング(長岡市大手通1丁目3-8)
参加費 1000円
長岡の〈ブックスはせがわ〉さんが企画してくれました。
https://www.facebook.com/events/192034781362842/

★【東京】『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)刊行記念トークイベント《無茶するふたり》
出演:南陀楼綾繁 ライター・編集者
小西昌幸  『ハードスタッフ』編集発行人、先鋭疾風社代表

情報誌、地域雑誌、ミニコミ、冊子などをつくり続けた9人のインタビュー集『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)の刊行を記念して、同書にも登場する『ハードスタッフ』編集発行人の小西昌幸さんを徳島よりお迎えしてトークイベントを行います。
ライター・編集者稼業のかたわら全国各地で開催されるブックイベントに駆け回り、本を通じて地域と人とつながり、その果てに雑誌『ヒトハコ』を昨年創刊した南陀楼綾繁さん。
昨年定年を迎えるも、現在も徳島・北島町〈創世ホール〉での講演会やコンサートの企画・広報・運営に関わりながら『ハードスタッフ』13号の制作に加え、著書の企画も目論む小西昌幸さん。
やりたいことをやりつづけるおふたりに、その秘訣や苦労、これからのことなどを語り合っていただきます。

日時:2018年1月7日(日)19:00~(18:30開場)
会場:Readin' Writin' BOOK STORE
 台東区寿2-4-7(03-6321-7798)
 http://readinwritin.net/
参加費:1,500円
ご予約:〈Readin' Writin' BOOK STORE〉店頭、またはメールで。
メールはinfo@readinwritin.net(件名「1/7イベント」)までお願いします。

★【松本】「books 電線の鳥」開店感謝企画
 南陀楼綾繁トークライブ「やりたいことをやるんだよ!」
松本市で11月に開店した「books 電線の鳥」は、玄関土間と八畳間だけの小さな古本屋です。そのオープンを記念して、小さくとも独特果敢な出版の系譜とこれからの可能性などをお話しします。また、昨年、谷中から移住した「やまべボッサ」ご夫妻に加わって頂き、松本との比較などを話していただきます。ZINEをつくっている人たちの紹介タイムもあり。

日時:2018年1月28日(日)14:00開場、15:00開始
料金:1,500円(1ドリンク付)
定員:30名(ご予約優先)
予約:メールか電話にて承ります 
mail : birdonawire0307@icloud.com  件名に「トークライブ予約」とご記載下さい
電話 : 070-5581-4726(原山)
場所:「恋する虜(こいする とりこ)」 松本市城東1-5-18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ お得なポイントサービス ◆◆◆
────────────────────────────
●ポイントの商品引換のご案内
  600P → ミロコマチコさんのイラストのオリジナルエコバッグ
  3000p → 今回出来上がったミロコマチコさんのイラストのTシャツ

たくさんたまっているかたはぜひこちらもご利用ください。

●おとくな割引サービス【とくとく7】は往来堂のポイントカードで、 通常600ポイント使うとお買い上げが5%オフのところ、 【【7%オフ】】です!(現金のみ)
【とくとく7】は毎月第4金曜、土曜が【とくとく7】となります。
12月は12月22日(金)と23日(土)です。

●ポイントカードは入会金・年会費無料、 有効期限もありませんので、ご登録がオススメです。
・200円(税込)ごとに5ポイント
・入会時に300ポイントをプラス
・毎週月曜と水曜はポイントが2倍
・カバー&レジ袋が不要の場合はエコポイントとしてプラス10ポイント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■往来堂ももんが通信 375号
■発行日:2017年12月16日
■担当/ムラタタカコ
■発行人/編集長:笈入建志
■編集・発行:往来堂書店
■<maido@ohraido.com>(本のご注文、メルマガ・サイトへのご意見・ご投稿)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ