jp-Swiss-journal

  • ¥0

    無料

スイスの最新「国民投票」について発信。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
jp-Swiss-journal
発行周期
不定期
最終発行日
2018年04月26日
 
発行部数
147部
メルマガID
0000044048
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
┃ Multi Lingual Internet Mail Magazine

★ jp-Swiss-journal - Vol. 177 - April 25, 2018 (Swiss Time)

☆ http://www.swissjapanwatcher.ch/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


  【 目次 / INDEX / INHALTSVERZEICHNIS 】


【J】 2018年3月4日国民投票の結果
   1 2021年新財政制度に関する連邦令
   2 国民発議「テレビとラジオの受信料廃止に賛成 (No-Billag)」

                    明子 ヒューリマン

【E】 The Results of the Popular Vote on March 4, 2018
   1 Federal Decree on the 2021 New Financial Regime
   2 Popular Initiative "Say Yes to abolishing Radio and
    Television fees (Abolition of Billag fees)"

                    Akiko Huerlimann



□━━━━━━━━━━━━【 日本語 】━━━━━━━━━━━━━━□


  2018年3月4日国民投票の結果
  1 2021年新財政制度に関する連邦令
  2 国民発議「テレビとラジオの受信料廃止に賛成 (No-Billag)」

                     明子 ヒューリマン


1. 2021年度新財政制度に関する連邦令の結果:*2)
賛成84.1%と全てのカントンでも賛成多数で、圧倒的な賛成を得た。投票率
は52%。今後15年間の連邦税をスイス国民は引き続き承認した。議案が承認
されないという事は、2021年度からの連邦政府の税収が3分の2失う事を意味
する。前回以上の賛成となった。「No-Billag」の議案の陰になった感はあ
るが、異論の余地の無いこの種の議案は恒久法とすべきで、国民投票で問う
性質のものではないと評された。

2. 国民発議「テレビとラジオの受信料廃止に賛成 (No-Billag)」結果:
*3) 反対71.6%、全てのカントンでも反対多数で、受信料の強制徴収は
継続と決定された。投票率は54.4%。2018年3月6日付TA紙の読者投稿欄の見
出しは、「有権者の多くは反対だったが、賛成票を投じた」と書いた。同じ
くオンライン調査の結果は、「SRGの現状維持」が41%、「ラジオとTVチャン
ネルの数を減らすべき」が26%、「娯楽番組を減らすべき」が23%、「スポー
ツ番組は有料放送TVに明け渡すべき」が10%と、頷ける結果だった。

発議者は「この結果を敗北とは思わない。大きな議論を喚起した。闘いは続
ける」と述べた。一方反対派は予想を超える大勝と声高な勝利宣言をした。
SRGは半年間に放送で反対キャンペーンを行い自己宣伝をしてきたことは、
不公平で、同じ土俵上の戦いでは無かったと評された。貧困家庭にとって年
間CHF 300.-- の強制徴収は重い負担だ。いずれにしても、人口は増加傾向
にあるので受信料収入は安定していると言われている。

少数言語圏の放送局には死活問題ではあった。受信料継続決定後、SRGは包
括的な改革を宣言した。収入制限が実現すれば、「デジタル化で効率化を図
り、番組と人員は維持する」と。受信料徴収継続に不本意ながら賛成した国
民が、この方針に同意するのか大いに疑問の余地がある。政府が決定した
2019年度からの受信料徴収上限 CHF 1,200 Mio. でSRGが運営されることに
なれば、CHF 50 Mio. 節約しなければならないと言われている。

SRGの番組統廃合を検証するに当たって、2018年3月8日号「Die Weltwoche」
誌の詳しい論評は参考になった。

廃止する番組の候補は、数年来視聴者が激減している不人気な番組の代表格
として、トーク番組「Schawinski」があげられた。

視聴者数が2015年から256,000人も減少している健康・医療番組「Puls」は、
週一回から月2回に減らすよう提案されている。

主要報道番組にも重複が見られるので、メインの「Tagesschau」に続く製作
費CHF 12.5 Mio. の「10 vor 10」は不要なので、夜の「Tagesschau」に置
き換える。ニュース情報やドキュメンタリー番組の視聴者数は全般的に増加
しており、スイス人が報道番組を熱心に視聴する傾向は変わっていない。

スポーツ番組は、年間製作費 CHF 520万の「Sportaktuell」や年間製作費
CHF 310万の「Sportpanorama」、サッカー放送等複数の番組を統廃合して、
民法に参入させる。サッカー、スキー世界選手権、F1だけでSRG は年間 CHF
51.2 Mio.も費やしている。

浅薄な娯楽番組として挙げられた、有名人を登場させる「Glanz &Gloria」
や、製作費が CHF 10 Mio. 近い史上最高額となったソング・コンテスト
「The Voice of Switzerland」は、SRGが予防的に廃止した。

「Die groessten Schweizer Talente」も純粋に民法的性格の番組であり、
年間製作費CHF 2.4 Mio. は高額過ぎる。同じく民法向けと称される「Happy
Day」に至っては、番組の終わりにスポンサーの宝くじ会社が視聴者を億万
長者にするという仕掛けで、公共放送の範囲を逸脱していると評された。

犯罪ドラマ・シリーズ「Der Bestatter」の年間製作費は CHF 4.2 Mio.。
ARD(ドイツ)とオーストリアとの共同制作作品「Tatort」も、スイスの年
間制作費 CHF 4.2 Mio. の作品がドイツ作品 CHF 1.7 Mio. よりも劣ってい
ると評され、これらの番組に未来は無いと判断された。

増え過ぎたラジオ局も整理縮小が問われている。個人的には、日中台所兼食
堂で過ごす時間は殆ど「DAB+」のデジタル・ラジオを聴いている。*4) 標準
ドイツ語で語られるニュースのみの「Radio SRF4 News」をメインに、ニュ
ース/ドキュメンタリー/討論番組/クラジック音楽の「SRF2 Kultur」、クラ
シック音楽だけの「Radio Swiss Classic」、ジャズやボサノバ等の「Radio
Swiss Jazz」のチャンネルを聴いている。個人的にはこれで充分で満足して
いる。テレビは手を取られるので見ない。

連邦政府のオンラインサイトに2018年4月18日付で、2019年から2022年末迄
の「SRG/SSR免許草案」*5) が掲載された。草案の要点は、SRGは新しい認可
によって、公共サーヴィスの要件が高められ明確化される。情報サーヴィス
に収入の少なくとも50%割く事が定められている。コンテンツの質の高い基
準を定めている。特に娯楽番組については商業放送との明確な区別が求めら
れている。この草案に対する各政党の反応は、保守系のBDP、FDP、SVPが先
ず議会で審議をすべきと一斉に声を上げたが、中道保守CVPと左派のSPは支
持する姿勢を示したと2018年4月12日付TA紙は報じた。折しもデンマークは
2018年3月17日受信料廃止を決め注目を集めた。*6) 強制的受信料の徴収で
賄われる公共サーヴィスの在り方が改めて問われている。更に、BAZのニッ
クネームで親しまれてきた「Basler Zeitung」 *7) をクリストフ・ブロッ
ハー氏 *8) が「Tamedia」 *9) に売却すると2018年4月18日発表した。スイ
スの報道出版界の寡占体制が更に進みそうだ。


【 参照 】

*1) 2018年3月4日国民投票の結果:
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/index.html
*2) 2021年新財政制度に関する連邦令:
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/det616.html
*3) 国民発議「テレビとラジオの受信料廃止に賛成 (No-Billag)」
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/index.html
*4) SRFラジオプログラム: https://www.srf.ch/programm/radio
*5) 「SRG/SSR免許草案」:
https://www.bakom.admin.ch/bakom/de/home/das-bakom/organisation/rechtliche-grundlagen/vernehmlassungen/vernehmlassung-srg-konzession.html
*6) デンマークが2018年3月17日受信料廃止を決めた。
https://www.blick.ch/incoming/nobillag-wird-jetzt-im-norden-europas-umgesetzt-daenemark-schafft-rundfunkgebuehren-ab-id8128407.html
*7) バーゼル新聞: https://de.wikipedia.org/wiki/Basler_Zeitung
*8) クリストフ・ブロッハー:
https://en.wikipedia.org/wiki/Christoph_Blocher
*9) タメディア・グループ: https://www.tamedia.ch/en/


【 編集後記 】

前号は投票日まで1週間を残して発行した。国民発議「No-Billag」の行方
が最後まで不透明と言われていたが、結果は反対派のキャンペーンに押し切
られる形で否決された。「SRG/SSR認可法」の行方を見守りたい。



□━━━━━━━━━━━━【 English 】━━━━━━━━━━━━━□



 The Results of the Popular Vote on March 4, 2018 *1)
 1 Federal Decree on the 2021 New Financial Regime
2 Popular Initiative "Say Yes to abolishing Radio and Television
  fees (Abolition of Billag fees)"

                    Akiko Huerlimann


1 The result of the Federal Decree on the 2021 New Financial Regime:
*2)

The bill gained an overwhelming approval by 84.1% "Yes-Votes" and it
received a majority of "Yes" in all Cantons. The turnout of voters
was at 52%. Swiss Citizens continue to approve the Federal Tax for
the next 15 years. In case of not approving the bill, it had meant
that the Federal Government would have lost two thirds of its tax
revenue from 2021. This time, the vote received more approval than
last time. Although, the bill was behind the popular initiative of
"No-Billag", it is said that this kind of agenda, which cannot be
disputed, should be a permanent law and not a property asked by
popular vote.

2 The results of the Popular Initiative "Say Yes to abolishing Radio
and Television fees (Abolition of Billag fees)": *3)

The compulsory collection of the reception fees was approved and the
Initiative was rejected by 71.6% "No-Votes", as well as a majority
of "No" in all Swiss Cantons. The turnout of voters was at 54.4%.
The headlines of reader's comments in the newspaper "Tages-Anzeiger"
on March 6, 2018 wrote that "many voters opposed the current system,
but still voted in favor of the status quo". The results of the
online survey of the same paper was agreeable with statements such
as "SRG (Swiss Radio- and TV-Society) should continue as before" by
41%, "number of Radio- and TV channels should be reduced" by 26%,
"Entertainment Programs should be lowered" by 23%, and "Sports
Programs should be handed over to the Pay TV-companies" by 10%.

The proponents said, "We don't think this result is a defeat, we
have raised a big discussion, and we will continue the fight." On
the other hand, opponents declared loudly an overwhelming victory
more than expected. It was reported that the "SRG" had carried out
a counter-campaign for half a year by broadcasting self-propaganda
that was not fighting on the same ring. Compulsory collection of
Swiss Franc 300 per year is a heavy burden for small income
households. In any case, it was said that the reception fee
earnings are stable as the population is on an increasing trend so
far.

It was the issue with vital importance for broadcasting stations in
minority linguistic regions. "SRG" declared a comprehensive reform
after the approval vote to the collection of the reception fee. If a
earnings restriction is realized, the goal is "to improve efficiency
by digitalization, but maintain the programs and staff". People who
not willingly approved a continued compulsory collection of fees, it
is quite questionable whether they agree to this policy. If the
"SRG" is to be operated at the upper limit of a budget of CHF 1,200
Mio. by collection fees, decided by the Government from 2019, it was
said that "SRG" will have to save CHF 50 Mio.

By reviewing the drafted consolidation of the SRG-programs, the
detailed analysis by the magazine "Die Weltwoche" issued on March
8, 2018 was helpful.

One of the candidate's program to be discontinued is the talk
program "Schawinski" as a representative of unpopular programs,
whose viewers are drastically decreasing for several years.

The health and medical program "Puls" was proposed to be reduced
from once a week to twice a month, whose number of viewers has
decreased by 256,000 since 2015.

Because a certain duplication is seen in major News programs, "10
vor 10", whose product cost is CHF 12.5 Mio. per year, which follows
the main News "Tagesschau", is unnecessary, so replace it with a
program "Tagesschau" at night. The number of viewers of News
information and Documentary has increased in general, and the
tendency of Swiss people to listen and watch to press programs
enthusiastically has not changed.

As for Sports programs, with an annual production costs of CHF 5.2
Mio. for "Sport aktuell" or CHF 3.1 Mio. for "Sport-Panorama",
Soccer broadcasts and other programs should be consolidated, and let
Private broadcast firms enter into the business. "SRG" spends CHF
51.2 Mio. alone for Soccer, Ski-World Championship, and motor race
F1.

"SRG" should abolish precautionary ally programs such as "Glanz &
Gloria", which is considered a shallow entertainment program, where
celebrities appear, and the song contest "The Voice of Switzerland",
which production cost was the highest ever with nearly CHF 10. Mio.

"Die groessten Schweizer Talente" is also a program for pure Private
Broadcasters with an annual production cost of CHF 2.4 Mio., which
is too expensive. "Happy Day" is also considered to be a topic for
a Private Broadcast channel. The system of a sponsored lottery
company, making lucky viewers millionaires at the end of the
program, is deviated from the scope of Public Broadcasting.

Annual production cost of the Crime Drama series "Der Bestatter" is
at CHF 4.2 Mio. The program "Tatort", a collaborative work with ARD
(Germany) and Austria; Switzerland's part of work is listed up with
annual production cost of CHF 4.2 Mio. and is said to be inferior to
the German work, which costs CHF 1.7 Mio. These programs were judged
to have no future.

A reduction of the number of Radio stations (channels), having
increased too much, is however being questioned. Personally, when I
am in the Dining Kitchen, I spend most of my time listening to Swiss
digital radio "DAB+" *4). I mainly listen to channels such as,
"Radio SRF4 News", which is a News only program, spoken only in
Standard German, "SRF2 Kultur", which contents is filled with News /
Documentary / Discussion and Classic Music, "Radio Swiss Classic"
sends only Classic Music, and "Radio Swiss Jazz" plays Jazz and
"Bossa nova". Personally I am quite satisfied with these Radio
channels. I don't watch TV because I cannot use my hands then.

"The SRG/SSR License Draft" *5) from the Year 2019 to the end of
2022 was published on the Swiss Federal Administration online site
on April 18, 2018. The key point of the draft is that public service
requirements of SRG will be enhanced and clarified by the new
authorization. It is stipulated that at least 50% of the earnings
will be allocated to Information services. It sets high standard due
to content quality. Particularly for Entertainment programs, a clear
distinction from Commercial broadcast is required. Tages-Anzeiger
dated April 12, 2018 reported responses of political parties against
the draft, the conservative BDP, FDP, and SVP-parties raised the
voice at once, telling that the Swiss parliament should deliver
first, and Center-right CVP and left-wing SP-parties showed
supportive posture. In the meantime, Denmark decided to abolish the
public broadcast fee on March 17, 2018, that information attracted
attention. *6) Positions of public services, which are covered by a
compulsory reception fee is questioned again. In the meantime, Mr.
Christoph Blocher *7) announced that he has decided to sell the
newspaper "Basler Zeitung" *8), popularly known with the nickname of
BAZ, to the Zurich based major "Tamedia-Group" *9) on April 18, 2018.
It seems that the oligopolization of the publishing and press circle
in Switzerland will advance.


[Reference]

*1) Volksabstimmung vom 4. Maerz 2018:
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/index.html
*2) Bundesbeschluss vom 16.06.2017 ueber die neue Finanzordnung 2021:
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/det616.html
*3) Volksinitiative vom 11.12.2015 «Ja zur Abschaffung der Radio-
und Fernsehgebuehren (Abschaffung der Billag-Gebuehren)»:
https://www.bk.admin.ch/ch/d/pore/va/20180304/index.html
*4) SRF Radio-programm: https://www.srf.ch/programm/radio
*5) Vernehmlassung zur Konzession für die SRG SSR - Stellungnahmen:
https://www.bakom.admin.ch/bakom/de/home/das-bakom/organisation/rechtliche-grundlagen/vernehmlassungen/vernehmlassung-srg-konzession.html
*6) Denmark decided to abolish reception fee on March 17, 2018:
https://www.blick.ch/incoming/nobillag-wird-jetzt-im-norden-europas-umgesetzt-daenemark-schafft-rundfunkgebuehren-ab-id8128407.html
*7) Basler Zeitung: https://de.wikipedia.org/wiki/Basler_Zeitung
*8) Christoph Blocher: https://en.wikipedia.org/wiki/Christoph_Blocher
*9) Tamedia: https://www.tamedia.ch/en/


【Editor's Comment】

The previous version of "jp-swiss-journal" was issued a week before
polling day. The outcome of the popular initiative "No-Billag" was
said to be uncertain till the last day; however, based on the major
campaign by the opponents, the Initiative was rejected massively,
pushing away the campaign of the proponents of the Initiative. I'd
like to watch over the new "SRG/SSR Authorization.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【 jp-Swiss-journal 】 Number of readers: 299
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_41022/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM49D642ECE442D
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000044048.htm & etc.
(プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められていま
 す。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
☆ Issuer/発行元: Akiko Huerlimann & the editors' Group
jp-swiss-journal@bluewin.ch
Copyright (C) 1998-2018 Akiko Huerlimann

☆ If you wish to refer our text, please send your mail to the
issuer for permission.
無断転載・転送は固くご遠慮下さい。掲載のお問い合わせは発行元まで
メールでお問い合わせください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ Sister Mail Magazine:
┃【Distribution system/発行システム】Number of readers: 1,308
┃ Subscribe & Unsubscribe / 登録・解除・アドレス変更
★ Melma: http://www.melma.com/backnumber_40438/
★ Mailux: http://www.mailux.com/mm_dsp.php?mm_id=MM49D0B8FB9C4B4
★ Mag2: http://www.mag2.com/m/0000025024.htm (J) & etc.
(プロバイダーが<Bluewin>の場合は、Mag2からの配信が止められていま
 す。gmailとYahoo!メールは配信される事を確認しています。)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ