軍事情報

  • ¥0

    無料

国際社会は力の均衡(バランス・オブ・パワー)の原理で動いています。その冷厳な事実を戦後日本で育った人の多くは理解していません。世界の中でわが国が、自立した国として生き抜いてゆくには、「力」への免疫をつけておくことが必要不可欠です。イデオロギーで動いていない国際社会を理解できるツール「軍事」の世界へようこそ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
軍事情報
発行周期
不定期
最終発行日
2018年06月22日
 
発行部数
9,670部
メルマガID
0000049253
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---------------------
<丸谷 元人の講演録&電子書籍>
謀略・洗脳・支配 世界的企業のテロ対策のプロが明かす…
知ってはいけない「世界の裏側」
世界の裏側を見る http://okigunnji.com/url/315/
---------------------

────────────────────
ライターの平藤清刀です。陸自を満期除隊した即応予備自衛官
でもあります。
お仕事の依頼など、問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ

E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://wos.cool.coocan.jp
────────────────────
こんにちは。エンリケです。

加藤さんが翻訳した武器本シリーズ最新刊が出ました。
今回はAK-47です。

『AK-47ライフル』
G.ロットマン (著), 床井 雅美 (監修),
加藤 喬 (翻訳)
http://amzn.to/2FVniAr
※大好評発売中


きょうも面白いですよ。

軍隊式英会話、
さっそくどうぞ。


エンリケ


追伸
ご意見ご質問はこちらから
http://okigunnji.com/url/169/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
加藤大尉の軍隊式英会話     Takashi Kato

◆「米軍最強兵器編(2)─最新最強の駆逐艦ズムウェルト」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□今週の「トランプ・ツイッター」

 わたしは20代半ばでアメリカに移民しましたから、人生の半分
以上をこちらで過ごした勘定です。陸軍士官兼日本語教官として
過ごした20年はあっと言う間で、数年前からメキシコ国境に近い
田舎町で暮らしています。遙かな地平線を眺めて半生を思いやる
とき、国に尽くす機会を与えてくれたアメリカと、その移民政策
には感謝の念を禁じ得ません。

 マスコミはトランプ大統領を「反移民」と批判しますが誤りで
す。国が国境を守り不法移民を取り締まるのは責務であり常識だ
からです。また、くじ引きで永住権を与える現行制度に代わるメ
リット・システムは、将来アメリカの国益に貢献する人々を選抜
して受け入れる制度で、氏のモットー「アメリカ第一主義」を反
映しています。 

 トランプ大統領の移民政策は、「国家がなにをしてくれるかを
問うなかれ。アメリカのためになにができるかを問いたまえ」に
重なります。ケネディ大統領の就任演説にあるこの名文句、トラ
ンプ流に言い換えるならさしずめ、「アメリカの福祉制度目当て
の人々や、言論の自由を逆手にとってアメリカと米国伝統を貶め
る者たち、そして、遵法精神のかけらもない犯罪者は要らない」
というところでしょう。

 今回のツイッター、キーワードは turn against。「背を向ける」
とか「刃向かう」「反対の立場をとる」などの意味です。

The people of Germany are turning against their leadership
as migration is rocking the already tenuous Berlin coalition.
Crime in Germany is way up. Big mistake made all over Europe
in allowing millions of people in who have so strongly and
violently changed their culture!
(移民問題がそれでなくても不安定な連立政権を揺さぶるなか、
ドイツの人々は指導者らに背を向け始めている。同国の犯罪率は
増加の一途。ヨーロッパ全域で数百万人もの難民を受け入れた結
果、欧州文化は根底から変質してしまった。大きな過ちだ!)


 それでは本編に入りましょう。

 いちど潜航したら何か月も水中で隠密行動をとる原子力潜水艦
(nuclear submarine)は、現在もっともステルス性に優れた兵器
です。ミサイルの進化にともない、航空機にもステルス性が求め
られるようになりました。空自も導入したF-35戦闘機などはレー
ダー反射断面積(radar cross section: RCS)が鳥と同等で、き
わめて発見しにくいそうです。

 ステルス性を重視する傾向は、なんと水上艦(surface ship)
にも波及しています。嚆矢となったのが米海軍のミサイル駆逐艦
ズムウェルト(USS Zumwalt)。排水量1万4千トン超と言います
から巡洋艦をしのぐ大きさです。にもかかわらず、レーダー反射
断面積は従来艦の50分の1で小型漁船なみだとされています。

 ステルス性向上のため、ズムウェルトは回転式レーダーやマス
トを持たず、船体も鋭角に切れ込んだ特異な形状をしています。
砲身を収納したり、甲板や艦橋の手すり、階段まで廃止したりす
る徹底ぶりです。

 いまひとつ特筆すべきは、本艦に将来装備される先進兵器「レ
ールガン」(rail gun)でしょう。これは電磁気を使って弾体を
超高速で撃ち出すもので、電磁加速砲と訳されます。被弾すると
誘爆を起こす発射薬が不要なうえ、従来の艦砲に比べ発射速度が
格段に高いという利点があります。

 好むと好まざるとにかかわらず、兵器の進化は続いています。

教材ビデオ:
https://www.youtube.com/watch?v=TjkNUlOaBdM&index=14&list=WL

(ズムウェルトの航海シーンは2:02から始まります)

基本語彙(カタカナ発音表示はおおざっぱなものです)
Destroyer(デストロイヤー)駆逐艦
Railgun(レールガン)電磁気を使って砲弾を撃ちだす装置
Array of(アレイ オブ)一連の 数々の
Lethal(リーサル)致死の 致命的な

シナリオ(カウンターを 2:34に合わせてください)

The destroyer will be equipped with science fiction type
railgun and laser weapons. (駆逐艦ズムウェルトはSFに出て
くるようなレールガンとレーザー兵器を装備することになってい
る)

These arrays of advanced weaponry and stealth make this
ship one of the most lethal destroyers in the world.
(一連の高性能兵器とステルス性を備えた本艦は、世界でももっ
とも破壊力を持つ駆逐艦のひとつだ)

英語一言アドバイス:
1980〜90年代、メル・ギブソン主演の警察モノ映画『リーサル・
ウェッポン』が好評でした。lethal weaponとは「致死」+「武
器」。自然な日本語にすれば「凶器」とか「殺傷兵器」でしょ
う。催涙ガスやペッパー・スプレーのように、相手を殺傷せずに
無力化する武器は non-lethal weapon「非致死性兵器」と言いま
す。

発音サイト:
lethal weaponの発音
https://www.howtopronounce.com/lethal-weapon/

non-lethal weaponの発音
https://www.howtopronounce.com/non-lethal-weapon/

参考サイト:

ミサイル駆逐艦ズムウェルト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E7%B4%9A%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6

(船体の項を参照)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)

レールガン https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3

米海軍のレールガン実験ビデオ https://www.youtube.com/watch?v=9PItPL7EZEc



加藤喬(たかし)


●著者略歴

加藤喬(かとう・たかし)
元米陸軍大尉。都立新宿高校卒業後、1979年に渡米。アラスカ
州立大学フェアバンクス校他で学ぶ。88年空挺学校を卒業。
91年湾岸戦争「砂漠の嵐」作戦に参加。米国防総省外国語学校
日本語学部准教授(2014年7月退官)。
著訳書に第3回開高健賞奨励賞受賞作の『LT―ある“日本
製”米軍将校の青春』(TBSブリタニカ)、『名誉除隊』
『加藤大尉の英語ブートキャンプ』『レックス 戦場をかける
犬』『チューズデーに逢うまで』『ガントリビア99─知られざ
る銃器と弾薬』(いずれも並木書房)がある。現在メルマガ
「加藤大尉の軍隊式英会話術」を配信中。



追記
『AK-47ライフル』
http://amzn.to/2FVniAr
※大好評発売中

『M16ライフル』発売中♪
http://amzn.to/2yrzEfW

『ガントリビア99』発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633456/

『アメリカンポリス400の真実!』発売中
https://www.amazon.co.jp/dp/4890633405

『チューズデーに逢うまで』発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/489063326X

『チューズデーに逢うまで』関係の夕刊フジ
電子版記事(桜林美佐氏):
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150617/plt1506170830002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150624/plt1506240830003-n1.htm

『レックス 戦場をかける犬』発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/489063309X 

『レックス 戦場をかける犬』の書評です
http://honz.jp/33320

オランダの「介護犬」を扱ったテレビコマーシャル。
チューズデー同様、戦場で心の傷を負った兵士を助ける様子が
見事に描かれています。
ナレーションは「介護犬は目が見えない人々だけではなく、
見すぎてしまった兵士たちも助けているのです」
http://www.youtube.com/watch?v=cziqmGdN4n8&feature=share

加藤さんが監訳され、大反響を巻き起こしている
『チューズデーに逢うまで─介助犬と帰還兵の深い絆』
の映画化が決まりました!!

http://okigunnji.com/url/j06kg2eq/


監訳者の加藤喬さんが全4回にわたり
『チューズデーに逢うまで─介助犬と帰還兵の深い絆』
の魅力をお伝えするメルマガはこちらです
 ⇒ http://okigunnji.com/url/ljhct2ax/
※無料です



きょうの記事への感想はこちらから
 ⇒ http://okigunnji.com/url/169/


---------------------------------------

日本語でも英語でも、日常使う言葉の他に様々な専門用語があ
ります。
軍事用語もそのひとつ。例えば、軍事知識のない日本人が自衛
隊のブリーフィングに出たとしましょう。「我が部隊は1300時
に米軍と超越交代 (passage of lines) を行う」とか「我が
ほう戦車部隊は射撃後、超信地旋回 (pivot turn) を行って離
脱する」と言われても意味が判然としないでしょう。

 同様に軍隊英語では「もう一度言ってください」は
 "Repeat" ではなく "Say again" です。なぜなら前者は
砲兵隊に「再砲撃」を要請するときに使う言葉だからです。

 兵科によっても言葉が変ってきます。陸軍や空軍では建物の
「階」は日常会話と同じく "floor"ですが、海軍では船にちな
んで "deck"と呼びます。 また軍隊で 「食堂」は "mess
hall"、「トイレ」は "latrine"、「野営・キャンプする」は
"to bivouac" と表現します。

 『軍隊式英会話』ではこのような単語や表現を取りあげ、
軍事用語理解の一助になることを目指しています。

加藤 喬
----------------------------------------


PS
弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏
せたうえで、メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が
主催運営するインターネット上のサービス(携帯サイトを含む)
で紹介させて頂くことがございます。あらかじめご了承くださ
い。
-----------------------------------------
メールマガジン「軍事情報」
発行:おきらく軍事研究会
(代表・エンリケ航海王子)

メインサイト:
http://okigunnji.com/

問い合わせはこちら:
http://okigunnji.com/url/169/

メールアドレス:
okirakumagmag■■gmail.com(■■を@に置
き換えてください)
------------------------------------------

配信停止はコチラから
http://www.mag2.com/m/0000049253.html





投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。
その他すべての文章・記事の著作権は
メールマガジン「軍事情報」発行人に帰
属します。

Copyright(c) 2000-2018 Gunjijouhou.All rights reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ