リヴァプール・ニュース News of the Liverpool World

  • ¥0

    無料

音楽とスポーツとエンタテイメントの街、英国リヴァプールに関する最新ニュースをお届けします。ビートルズやフットボールの話題も多いです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
リヴァプール・ニュース News of the Liverpool World
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月18日
 
発行部数
199部
メルマガID
0000065878
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

July 18 2017, No.672
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リヴァプール・ニュース / News of the Liverpool World
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ NLW ■
     *** http://scousehouse.net/ ***


□■ INDEX ■□

 ▽フロム・エディター
 ▼連載:「おぼえがき:ビートルウィーク2016」(6)
 ▽スカウスハウス・ニュース
 ▼今週のフォト


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▽フロム・エディター
――――――――――――――――――――――――――――――――─ NLW □

NLW No.672です。
このところなんやかんやあれやこれやそれやで余裕のない毎日でPCの前に座る
のも久しぶりだった今日、NLWの発行日であることはちゃんとおぼえていたので、
ババババっと一筆書きのように連載原稿を書きました。「おぼえがき:ビートル
ウィーク2016」です。

第6回となる今回は、去年のビートルウィークが佳境に入る8月27日土曜日の
エピソードを。
といっても長い長い1日の始まり部分で、あまりカラフルなストーリーにはなっ
てません。まあ、あったことを(できるだけ)あったままに書いているので、予
想外の展開、とか、華麗などんでん返し、とか、怒涛のクライマックス、なんて
ものは作ろうと思っても作れるわけではなく、かと言って面白くない話をグイグ
イ読ませるだけの文章力もなく、もしかしたらあんまり面白くない、「だからど
うした」と言われれば「はい、すみましぇん」とスゴスゴと巣穴に引き返すしか
ないような退屈な原稿になっているかもなのですが――思いっきりイイワケをし
てるな――、まあ、「ナメクジとレタス」とかのローカル・ネタも入っているこ
ともあるし、あまり期待せずに牛乳でも片手に(なんだそりゃ)気軽に読んでい
ただけるといいかな、と思います。

● ● ●

今年のビートルウィークの日本代表4バンドのギグは、もうちょっとで確定です。
これから数日のうちにはリリースできるはずなので、気になる方はスカウスハウ
スのウェブサイトをこまめにチェックしてくださいね。
あ、出場バンドのみなさんはチェックする必要はありません。直接リストを送り
ます。楽しみに待っていてくださいね。

ビートルウィーク観賞パッケージ「スカウスハウス・ツアー2017」は、締め切り
は過ぎていますが、しばらくは対応可能です。
参加ご希望のかたがおられましたら、お気軽にご連絡ください。
 http://scousehouse.net/beatleweek/scousetour2017.html 

● ● ●

International Beatleweekオフィシャル・ウェブサイトの、日本代表バンド紹
介ページを、もういちどあらためて紹介しておきます。
NLW前号発行時に未掲載だった「クォリービート」も無事アップされています。
紹介文はぜんぶ僕が書きました。ぜひご覧ください。

The Clover;
https://www.internationalbeatleweek.com/bands/the-clover/

The Reunions;
https://www.internationalbeatleweek.com/bands/the-reunions/

The Belittles;
https://www.internationalbeatleweek.com/bands/the-belittles/

THE QuarryBEAT
https://www.internationalbeatleweek.com/bands/the-quarrybeat/

● ● ●

来週の初めから月末まで、僕はリヴァプールです。
東京の書道教室「KEIBOKU」の書道展、プラス、北海道の歌姫「グレース」のリ
ヴァプール公演のためです。
このNLWの次号・No.673は、3週間後の8月8日の発行・配信とさせていただき
ます。
みなさんどうぞお元気で!

                         ― Kaz(18/07/2017)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼連載:「おぼえがき:ビートルウィーク2016」(6)
――――――――――――――――――――――――――――――――― NLW □

「おぼえがき:ビートルウィーク2016」 / Kaz

≪ http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo672.html ≫

<8月27日(土)>

土曜日。今日から月曜日までの3日間がビートルウィークの本番というかキモと
いうか、こってりしたメインディッシュの部分である。とすると初日の水曜日は
ドリンク&おつまみ、木金はスターター、最終日の火曜日はデザート&コーヒー
ということになる、かな。まあともかく、バンドにとっては真剣勝負の3デイズ
のスタートである。

今日の僕の予定はかなりたくさん。午後1時から4時までの3時間のあいだに日
本バンドのギグが4本、そのあとは愛しのパティ・ボイドのサイン会もあるし、
セント・ジョージズ・ホールでの「コンサート・フォー・ジョージ」にも行かな
くちゃいけないし、夜にはジャカランダで日本のバンド総出演のライヴ・イヴェ
ントを主催するし、それが終わるのは夜11時ごろなんだけど、もう1本、アデル
フィでリヴァプール・ガイズのギグがある。たいへんだにゃ~。

● ● ●

寝たのは3時を回っていたが、7時には目が覚めた。朝ごはんを食べてメール仕
事をしていると、ファブリックのカンナウチさんから電話が入った。
「おはようございます。リヴァプール・ガイズさんに楽器を返しにホテルに来
たんですけど、そういう人は泊まっとられん言われまして・・・」
「ん? ホテルってアイヴィスですよね?」
「ええ、そうです」
「……あ!?」

ここで僕は気がついた。
リヴァプールにはアイヴィスは2つあって、昔からある「アイヴィス」と、わり
に最近できた「アイヴィス・スタイルズ」。リヴァプール・ガイズが泊まってい
るのはマシュー・ストリートから近い「スタイルズ」のほうだけど、昨晩、楽器
を受け渡す際には「アイヴィス」としか言ってなかったような・・・

「カンナウチさん、そこにはどうやって行ったんですか? タクシー?」
「いいや歩いてきました。地図みながら」
「結構遠かったでしょ? 港のあたりでしょ?」
「ええとよくはわからんのですが、そんな感じです」
「横にテスコはないですよね?」
「ないです」
「ああ、アイヴィス違いです。もうひとつアイヴィス・スタイルズっていうホテ
ルがあって、リヴァプール・ガイズはそっちなんですよ」
「・・・・・・」

僕もうっかりしていた。昨日のうちにちゃんと確認しておけば……。

● ● ●

10時半。
少し時間があるので、昨日ちょろっとのぞいたブルーコートのレコード・フェア
へダッシュ。
今日も30分くらいだったけど、なかなかの掘り出し物に出会えてポジポジ気分
でホテルに戻った。

11時30分。
さおりちゃんとランチ。今年のビートルウィークは、僕とさおりちゃんで日本代
表バンドのサポートをするのだ。
あまり時間がないので、マシュー・ストリートの近くにあるレストラン「スラッ
グ&レタス」に入った。「ナメクジとレタス」とは面白いネーミングである。こ
こはいつもお客さんでいっぱい。ちょっとおしゃれなファミレス、といったとこ
ろか。料金もリーズナブルだ。
僕もさおりちゃんも魚料理を注文。予想以上に美味しかった。ちなみにナメクジ
料理はメニューにはない。カタツムリも。

● ● ●

12時15分。
1時にギグのあるファブリックとハード・デイズ・ナイト・ホテルで待ち合わせ。
しかしメンバー5人のうち2人しかいない。
ほかの3人は朝マンチェスター空港に楽器と荷物を受け取りに行って、そのまま
まだ帰っていないとのこと。
「え? 楽器はまだ行方不明ですか?」
「ギターとベースは出て来たみたいです。あとはキーボード待ちで…」
「キーボードは会場にあるのを使えばいいでしょ。ギターとベースがあるなら
待ってないで戻って来るべきでしょうが」
「そうかもしれんですけど、リーダーが『どうしてもキーボードが要るから』
と…」
「・・・・・・」

とにかく、12時30分にキャヴァーン・パブへ。
ここのボス・エンジニアのアンディに事情を話す。渋い顔。とにかくミラクルが
起きて間に合うと信じるしかない。
その間に、「全部そろって今タクシーで向かっている」との一報。よっしゃ~!
しかしマンチェスターとリヴァプールは、普通に走って1時間近くかかる。はた
して間に合うか…。

12時50分。残りメンバーのうち2人が到着。急いでサウンドチェック。
そして最後の1人、ポール役のヒロさんが飛び込んで来たのは、なんと開演時
刻の1時ぴったり。わお、間に合った! とんでもミラクル!?

ファブリックのステージは、昨日とうってかわって、アーリー・ビートルズ1本
勝負のセットリストだった。

<It Won't Be Long><Hold Me Tight><Do You Want To Know A Secret?><P.S. I
Love You><Ask Me Why><You Really Got A Hold On Me><The Night Before><No
Reply><Boys><If I Fell><Till There Was You><Devil In Her Heart><Mr.
Moonlight><Tell Me Why><Kansas City - Hey, Hey, Hey, Hey>

これはかなりシブい選曲である。ノリノリのナンバーは最初の2曲と最後の2曲
のみ。しかもそれほどメジャーなナンバーではない。そしてよく見てほしいのだ
が、なんと、英国でのシングルヒット曲がひとつも入ってないのである。『ビー
トルズ1』はおろか、赤盤、青盤といった定番中の定番のベスト・アルバムから
外されたナンバーだけで構成されているのである。
狙ってのことか、単なる偶然かはわからないけど、ビートルウィークの新人バン
ドがこんなセットリストで2本目のギグに臨むなんて、ちょっと考えられない。

きっと相当な自信があるのだろう。実際、あれだけのドタバタを乗り越えた直後
とは思えないような落ち着いた演奏だったし、クォリティも申し分ない。まった
くなんちゅうバンドだ。
なにしろ昼間の1時だから満員とはいかなかったが、少なくないオーディエンス
はじっくりとライヴを味わっていた。

…といいながら、30分経ったところで僕はキャヴァーン・フロントへ移動。
2時からリヴァプール・ガイズのギグなのだ。
さおりちゃん、あとはよろしく。

(つづく)

≪ http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo672.html ≫


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▽スカウスハウス・ニュース
――――――――――――――――――――――――――――――――─ NLW □

*** ビートルズ&リヴァプール講座 ******

神戸元町・南京町の「よみうり文化センター」で、スカウスハウス代表・山本和
雄が講師を務める『THE BEATLESと英国リヴァプールを愉しむ』講座が開講中で
す。
毎月第1・第3水曜日の午後7時からの90分。本やインターネットでは知るこ
とのできないディープな内容ばかりですが、なぜかマニアにも初心者にも好評な
んですよね(自分で言うな)。蔵出し映像や貴重レコード音源も楽しめるのもお
トクです(プレイヤーとアンプ、新調しました)。講座のあとには二次会あり。

入会は随時受付中ですので、ご興味のあるかたはぜひお気軽にご参加ください。
お近くのかたも、お近くでないかたも、ぜひ!
 http://www.oybc.co.jp/event_kobe/detail_11519 

よみうり神戸文化センター作成のリーフレット画像はこちらから。
 http://scousehouse.net/ycc/2016autumn.html 


*** 大好評! 現地ビートルズ・ツアー ******

スカウス・ハウスでは、ビートルズ・ファンの「聖地巡礼」の旅をサポートして
います。リヴァプールでは、16年目となった「リヴァプール・ビートルズ・ツ
アー」、名所観光とランチがプラスされたお得な「ビートルズツアー+ランチ&
名所観光」、「伝説のカスバクラブ・ツアー」をご用意。「現地英語ツアー
(Magical Mystery Tour, Mendips & 20 Forthlin Road Tour)」の代行予約も承
ります。
ロンドンのビートルズ名所を訪ねる「ロンドン・ビートルズ・ツアー」も大好評。
イギリス旅行の際にはぜひご利用ください。
 http://scousehouse.net/beatles/beatlestour_liverpool01.html
 http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm 


*** スカウスハウス通販 ******

ビートルズをはじめとする「英国盤レコード」の通販です。
リヴァプールで仕入れたレコードばかり。レア盤けっこうあります。
オーダーをいただけるとうれしいです!
 http://scousehouse.net/shop/records2016.html 


***  PLAY AT THE CAVERN! ******

スカウス・ハウスでは、リヴァプールのキャヴァーン・クラブでのライヴをアレ
ンジしています。もちろん現地コーディネートつきです。
ウェブサイトの「for ビートルズ・バンド - PLAY AT THE CAVERN!」ページをご
覧ください。
ビートルズ・バンドのみなさん、「リヴァプールのキャヴァーン・クラブで演奏
する」という夢をぜひかなえてください!
 http://scousehouse.net/beatles/playatthecavern.html


*** ビートルズ・ガイドツアー ******

リヴァプール&ロンドンのビートルズゆかりの地を訪ねるガイドツアーをアレン
ジしています。ロンドンには「ポールゆかりのレストランでランチ」という新企
画も登場。ツアーの詳細は、ウェブサイトの「ガイドツアー」ページをご覧くだ
さい。
 http://scousehouse.net/beatles/beatlestour_liverpool01.html
 http://scousehouse.net/beatles/guide_london.htm


*** 原稿募集中 ******

NLWでは、読者のみなさんからの投稿を募集しています。
旅行記、レポート、研究、エッセイ、写真などなど、リヴァプール、あるいは英
国に関するものなら何でも歓迎です。
お気軽にお寄せください。楽しい作品をお待ちしています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼今週のフォト
――――――――――――――――――――――――――――――――─ NLW □

*** 今週のフォト・アルバム ******

「今週のフォト・アルバム」では、連載「おぼえがき:ビートルウィーク2016」
の写真を紹介しています。
 http://scousehouse.net/magazine/nlw_photo672.html 


■ NLW ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リヴァプール・ニュース / News of the Liverpool World
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       *** 隔週火曜日発行 ***


□■ 第672号 ■□

◆発行 SCOUSE HOUSE (スカウス・ハウス)
◇編集 山本 和雄
◆Eメール info@scousehouse.net
◇ウェブサイト http://scousehouse.net/
◆Facebook http://www.facebook.com/scousehouse.net
◇お問い合わせフォーム http://scousehouse.net/liverpool/form.html

ご意見・ご感想・ご質問など、お気軽にお聞かせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、以下の配信サーヴィスを利用して発行しています。配信
の解除やメールアドレスの変更は、それぞれのウェブサイトからどうぞ。

◆まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0000065878.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無断での転載を禁じます。 Copyright(C) 2001-2017 Scouse House
 
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ