放課後~小泉周二の詩と散文~

  • ¥0

    無料

JRのポスターにもなった「水平線」の詩人小泉周二さん自身による詩と散文を隔週で読みませんか。小泉さんは目が不自由なため、このMMは小泉さんから原稿を受け取りこもりうたの会が発行しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
放課後~小泉周二の詩と散文~
発行周期
週刊
最終発行日
2017年11月17日
 
発行部数
172部
メルマガID
0000075543
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 詩

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

誕生日    


誕生日が晴れだったら 空を見上げて
深呼吸して 生きてることを確かめる
ここにこうして 僕がいるのは
とても不思議なことだって
誕生日には感じたい

誕生日が雨だったら 耳をすまして
目を閉じて 草や木の声を聴いてみる
ここにこうして 僕がいるのは
とても素敵なことだって
誕生日には感じたい

誕生日が曇りだったら ずっと遠くの
誰かのために 心を込めて歌を歌おう
ここにこうして 僕がいるのは
とても不思議なことだって
ここにこうして 僕がいるのは
とても素敵なことだって
誕生日には感じたい



周ちゃんどえーす!
 10月21日(土)、福島県立視覚支援学校での文化祭「しゃくなげ祭」にお招きを受け、ライブをしてきました

日帰りもできないことはなかったのですが、余裕をもって行こうということで、飯坂温泉に一泊する予定で20日
に家族三人で出かけました。
常磐線の特急で上野まで出て、東北新幹線に乗り換えて、最寄りの勝田駅から約三時間で福島駅に着きました。
 美空は、前日、学校の校外学習でバスで1時間半ぐらいのところにある茨城県自然博物館に行った疲れが残っ
ていたのか、あまり元気がありませんでした。
福島駅で小さな電車に乗り換えて、約20分、飯坂温泉駅に着きました。
 泊まったホテルは、数十年前、テレビのコマーシャルで見たことがある「聚楽」でした。
コマーシャルは、ホテルのロビーで流されていました。
マリリンモンローのそっくりさんが、「聚楽よ」と言う、あれです。。
 少し部屋で休んでから、温泉に入りました。
例によって美空はほとんどの浴槽を征服して満足していました。
 夕食はバイキング。
食べたいものを先にママに取ってもらって食べ始めた美空が、「わあ、ほっぺたにじんましんが出た!」えーっ
!?。
パパとママはごちそうとおいしい地酒もそこそこにお部屋に帰りました。
じんましんは首から脚のほうにも広がって・・・。
フロントで、一応、救急病院を聞いて、とりあえず冷却材で冷やしながら寝かせました。
 ママは心配で、パパは心配とライブの中身を考えるのとで、なかなか眠れませんでした。
美空はよく寝てくれて、朝にはじんましんはほとんど引いていました。
 ライブは約50分。
お客様は小学生から大人まで100人ぐらいだったでしょうか。
 先生方は小学生が聞いていられるか心配だったようですが、最初の「いもむし」で笑いが起こり、つかみはO
K。
その後も飽きずに聴いてくれていいライブになりました。
いつもの、「きょう、誕生日の人はいますか?」をして、その人のために誕生日の歌を歌おうと思いました。
すると、前の方に座っていた小学生の男の子が「いませーん!」
「じゃあ、きのうの人」「いませーん!」「じゃあ、あしたの人」「いませーん!」
ありゃりゃ、じゃあ、あなたの誕生日はいつ?」「二月八日」
「そうか、じゃ、あなたのために歌うね」と、その男の子のために歌いました。
ライブが終わってから、妻に「きょう誕生日で手を挙げていた先生がいたんだよ」と聞かされ、ありゃりゃ。
その先生に悪いことしたなあ。
でも、その男の子が喜んでくれたみたいだから、ま、いいか。
カントリーロードを歌ったら、皆さん、いっしょにノッて歌ってくれて、ライブは温かい雰囲気の中で終わりま
した。
校長先生はもちろん、呼んでくださったメル友のW先生や、いろいろと便宜を図ってくださった教頭先生はじめ
先生方や生徒さんたちに家族三人優しく接していただき、ありがたく思いました。



********

●新刊情報
2017年 2月
岩崎書店から、絵本「朝の歌」が出版されました。
詩と文 小泉周二 、イラスト 市居みか
教科書に出てくる詩シリーズの中の一冊です。
定価 1800円+税



たんぽぽ出版から「子どもといっしょに読みたいいのちをみつめる詩」(水内喜久生編)
というアンソロジーが出版されています。





●ライブ情報


小泉周二は出前ライブをいたします
ご希望があれば全国どこへでも出かけて行きます。お客さんはお一人様から何人
でも。
できれば気楽な雰囲気のところがいいですね。メールで連絡してください。

●メールマガジン放課後2

2005年3月24日から 2009年4月2日までをまとめた「手をつないでメールマガジン
放課後2」が
日本出版制作センターから
出版されました。(定価1500円)
お問い合わせは日本出版制作センター(電話 03-3234-6901)か直接小泉までお
願いします。



●07年4月に刊行された『一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある』に
小泉さんの詩が収録されています。
詩人やミュージシャンによる詩のアンソロジーです。
そうそうたる顔ぶれの中に、なぜか小泉さんの詩も・・・
PHP研究所発行 定価1200円


●既刊の詩集

『小さな人よ』
四季の森社 本体1200円+税。
2010年に出版されました。小泉さんが50歳から60歳までの間に書いた詩を集めています。奥さまとの出会いや、美空くん誕生など色々なことがあった怒濤の10年間の作品です。
『メールマガジン放課後』
このメールマガジンをまとめた本「メールマガジン放課後」が日本出版
制作センターから出版されました。定価1200円です。
書店の注文でお求めいただけます。
ISBN4-902769-05-0
現代児童文学少年詩文庫9『小泉周二詩集』(株式会社いしずえ)1200円
小泉周二の全貌が分かる一冊です。
詩人の津坂治夫氏、菊永謙氏、児童文学者の藤田のぼる氏による小泉周二詩論も
収載されています。

『海』(杉山信子・絵 かど創房 1200円)『こもりうた』(深沢省三・絵
銀の鈴社 1000円)『誕生日の朝』(西真里子・絵 銀の鈴社 1200円)
『太陽へ』(佐藤平八・絵 銀の鈴社 1200円)『放課後』(株式会社
いしずえ 1300円)
書店でお問い合わせください。

『誕生日・おめでとう~BIRTHDAY~』
辻友紀子さんのイラストつき。(銀の鈴社 定価1000円)
http://www.yuchan.net/yuchan/milk/hanataba_vol2/tanjyoubi.html

セカンドアルバム『おめでとうのうた』
収録曲:あいうえおの歌 たんぽぽのように どうして 湊中フォーエバー か
なしい歌
笑顔 旅の歌 星の歌 おめでとうの歌 春はウキウキ
定価1200円
お申し込みは、直接小泉さんまでメールください。

##### ただいまの読者数194人! #####
ご要望・手続きに関するメールはこちらへ
pipitokosa@yahoo.co.jp(発行責任者 濱)


ファンレターはこちらへ(小泉さん直通)
shu-izmi@theia.ocn.ne.jp

************************************** houkago 713
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ