学習塾ニュース

  • ¥0

    無料

実際に学習塾経営をしながら、作り上げている実践的学習塾経営論。学習塾の経営成功についてトコトン考えます。生徒獲得ノウハウや地域No1の塾になるマーケティング手法、塾長の経営理念、合格させるための学習法など内容が盛り沢山です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学習塾ニュース
発行周期
月2回
最終発行日
2017年07月31日
 
発行部数
856部
メルマガID
0000082675
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 学習塾・家庭教師 > 塾

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 学習塾ニュース( Cram school NEWS ) 320号 (2017/07/31)
  地域No.1学習塾へ   http://j-keiei.com 発行 学習塾経営研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ごあいさつ

7月も最終日。夏期講習も、本格的に忙しくなっている頃ではないでしょうか?
今回の夏期講習の募集を聞くと、個人塾では「あまり集まっていない」という声
が多いようです。一方、組織塾では、かなりいいという声が多く聞こえます。


店舗数が多くなれば、生徒数も増えやすいのですが、それ以上にこの夏の集客に
関係しているのは、


〇広告の数と費用


です。細かいデータは、省きますが、一般的に店舗数が少ない場合、折込・ポス
ティングが主流となりますが、広範囲ですと、上記の他にテレビ・新聞・ラジオ
と使えます。規模が大きくなれば、対費用効果が下がる傾向にあります。


ネットでの集客も、今では予算をかけているところが強いようです。
一方、個人塾の中でも一部、ネット集客をして成功しているところもあります。
これらの塾は、普段から情報発信をしています。ブログなどを継続的にしている
塾です。SEOはともかく、アドワーズなどもかけていないようです。


個人塾の戦い方は、地域での信用・信頼をどう普段から構築していくかという
好例ですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Contents━
◆ 2017年7月の記事一覧 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガも、便利ではあるのですが、記事の度に発行するわけにもいかず、最近
では、研究会のブログを書き溜めています。ブログですと、参照先や、画像など
も使えるので便利だったりしますし・・(^-^;;


以下は、今月の記事一覧です。

〇1--------------------------------------------------------------------

PEN大阪でのセミナーが終了しました。(2017年7月4日)

[最初の部分]

PEN大阪での講演会が終了しました。
月曜の11時~という時間設定にも関わらず30名を超える先生方々がお集まり
くださいました。ありがとうございました。
内容は、2020年高大接続問題と英語教育。私がセミナー講師をするのは5年ぶり
ということもあり、レジュメも全て書き下ろし?ました。(^-^;;


記事のURL: http://j-keiei.com/hint/20170707/

〇2--------------------------------------------------------------------

学習塾と英会話教室(2017年7月12日)

[最初の部分]

先日、名古屋で開催された「塾と教育社」セミナーに参加しました。
今回は、売り子という立場での参加でしたので、20数社の業者の方々と共に
多くの塾長先生とお話しさせて頂きました。実は、今回、名古屋に向かった
もう1つの理由は、佐藤先生とお会いすること。
10数年来の知り合いでありながら、タイミングが合わず、お会いすることが
出来なかったのですが、地元ということもあり、今回、会場に足を運んで
くださいました。


記事のURL: http://j-keiei.com/hint/20170712/

〇3--------------------------------------------------------------------

高大接続問題の本質(2017年7月19日)

[最初の部分]

最近は、高大接続問題への問い合わせが多くなっています。
セミナーなども5年ぶりにやらされる始末。
私のセミナーでは、なるべく本質に迫りたいので、表面的な「形式」や「内容」
よりも過去の議論の履歴から、これから日本の教育の進む方向性を見極めていく
という話をしてます。


記事のURL: https://goo.gl/thJG8i

〇4--------------------------------------------------------------------

英会話教室とのコラボで思うこと(2017年7月19日)

[最初の部分]

来る9月18日(月・祝)に先日のコラムでお話しした佐藤先生をお招きして
「新しい教育の形」である英会話教室とのコラボについてのセミナーを実施する
ことになりました。今回は、(株)インパクトの井形社長も駆けつけてくれて、
同時にチラシ・Webなど集客を行う際のポイント、特にお母さん目線からの
お話しも聞かせて頂けることになりました。


記事のURL: http://j-keiei.com/hint/0719/

〇5--------------------------------------------------------------------

信用と看板(2017年7月22日)

[最初の部分]

英会話教室と学習塾のコラボで地域の子供たちを育てませんか?という
セミナー準備をしています。会場は、108名入るところですが、今の段階で
30名を突破!!かなり期待して頂いてるのが分かります。みなさんが来て
良かった!というセミナーになるよう、佐藤先生も、井形社長も頑張ってくれる
かと・・・(^-^;;


記事のURL: https://goo.gl/GuuAqZ

-----------------------------------------------------------------------
■ お知らせ


さていよいよ新しい民間教育の形ということで、英会話教室と学習塾のコラボ
を促すセミナーを開催します。ただ勘違いして欲しくないのは、塾の中に英会
話教室を入れましょうという話ではないということ。


多くの塾が英会話教室を塾に入れて失敗しています。
しかも某大手英会話教室が生徒獲得のために塾にDMを送り、英会話教室をしま
せんか?とやってます。


これに乗ると痛い目をします。


英会話教室と塾とは似て非なるものです。お金と時間の無駄になるばかりか、
教室の回転率が下がり、しかも単価平均も下がり、場合によっては、職員の
モチベーションも下がり、儲かるのは英会話のFC本部だけという例が、本当に
多いのです。


そうではなく、地域の英会話教室と連携して地域の子供たちを育てるという
新しい形の提案です。


今回は、個人塾だけでなく大手塾、大手英会話教室、学校関係者にもセミナーを
開放しています。今までの方法ではなく、新しい地域教育を考えている方なら
是非とも参加して頂きたい内容です。

日時:9月18日 13:30~
場所:大阪府堺市

詳しくは、

https://goo.gl/ghaRN6

からご覧ください。
==========================================================================
編集後記

夏期講習と言いながらも、銀行・学校・社会福祉協議会・教育委員会など色々な所
からお声をかけられ、ブンブンで動いてます。生徒を育てるということから、地域
の教育へと塾も民間ではありますが、色々とお手伝いしている感じです。

地域の教育という際、多くの塾は、無料塾(形は貧困層ということになってますが)
をどうするということだと思うのですが、これは地方では、退職教員の受け皿として
動いてます。今後、この流れは大きくなりますので、今、請け負っている塾も、早々
に手を打った方がいいでしょう。来年から一気に仕事がなくなる可能性が0ではあり
ません。

もう1つは、外国の生徒。正確には、お父さん、お母さんが外国の方という例。
これは本当に増えています。日本語だけでなく、進学先も日本人と違うこともあり、
私どもへの問い合わせが県内からは、本当に増えています。

今後、日本の生徒でも海外への進学は増えていきます。そこで、民間教育の先生方々
を連れて海外教育の視察を考えております。(10月以降、マレーシア、費用15万
程度)ご興味ある方は、私のメールアドレスにメールを頂ければと存じます。

あまり人数は募集してませんので、それである程度集まれば、特に告知せず行きたい
と思います。


------------------------------------------------------------------------
Copyright(C), 2017 Gakushujuku Keiei Kenkyukai
営利目的で掲載された記事全文、または一部を転載することを禁じます。
非営利であれば転載元を明記の上で許可します。その際は必ずご一報下さい。
------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ