学習塾ニュース

  • ¥0

    無料

実際に学習塾経営をしながら、作り上げている実践的学習塾経営論。学習塾の経営成功についてトコトン考えます。生徒獲得ノウハウや地域No1の塾になるマーケティング手法、塾長の経営理念、合格させるための学習法など内容が盛り沢山です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学習塾ニュース
発行周期
月2回
最終発行日
2017年09月19日
 
発行部数
848部
メルマガID
0000082675
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 学習塾・家庭教師 > 塾

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 学習塾ニュース( Cram school NEWS ) Vol.322(2017/09/19)
  地域No.1学習塾へ   http://j-keiei.com 発行 学習塾経営研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この台風の中、関西3連泊の出張の旅から本日帰ってきました。さすがに3日も
家を空けてること、しかも台風が直撃だったことで、何度も家にLINEをしました。

今のところ問題は、なかったようですが、ある生徒の家の前の道路は、冠水。
昨日は朝6時から周りの人たち総出で掃除をしたそうです。

私の自宅でも2時間ほどは、強烈な雨だったようで。ただ、目の前が海ですので
道路は、冠水はしないんですが、海は、泥が流れて茶色に染まってただろうなぁ。

    --------------------------------------------------

今回は、PEN大阪主催セミナー及び某塾での講演の内容??をお送りします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Contents━
タイトル         ◆ 塾内保護者説明会 ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人であるT先生にスケジュールを押さえられ、(^-^;;彼の塾で保護者に対し、
色々お話ししてきました。(ちなみに、24日も同会場で、千樹会)

今回は、英語教育やグローバル教育について話をしてくれということでしたので、
それら共に塾の役割がどう変わり、保護者の方々は、どう塾と接して(うまく利
用して)行くといいのか?という内容をお話しさせて頂きました。(パワーポイ
ントでの説明を簡単にして書いております。)


★1.英語4技能について


基本的に学習塾は、知識の伝達が中心で、スキルの伝達を行うことがないため、
話す・聞くに関しては、CDやシャドゥイング以上のものは、塾では望めない。

また生徒の立場からすると、同じお金を払うなら、きちんと出来るところの方
がよいはずなので、そこは、英語教室などを利用するのも手。

ただし、英語教室によっては、小・中レベルの英語で終わっている所も多く
英検準1級程度の英語力が要求されるので、英会話教室では、「音」になれる
だけと割り切ってもよい。単語や文法など「読む・書く」は、今まで通り、塾で
特訓してもらうのが良いかも。


★2.学習塾の役割の変化


今後、海外進学が増えてくる。そうなると生徒・保護者の選択肢が増えることに
なる。海外の進学先も含めて進路指導が出来るかどうか。

大学合格だけでなく、子どものキャリア開発の過程としての大学進学と捉える事
が大事。知らないことは、当然、選択肢に上がらない。情報を知らないことが、
それだけで不利になってしまうことがある。塾と保護者で常に最新の情報を共有
しておく必要がある。

また保護者の方も、今までの基準で大学や学部を選ばないよう。また子供のこと
は子供に任せるという考え方は、理解出来るが、これから大きく世の中が動くた
め、子どもだけの判断がいいかどうか。(未来が今の延長上という世界にならな
い。)

偏差値も大きく変わる可能性がある。所詮人気度。その人気度を決める要素から
イメージや場所などの学力に直接関係ない部分を除いた「もの」で大学を判断し
ているのが、世界ランキング。実際、世界では、これで人・物・金が動く。


塾は、学歴よりも職歴。知識だけでなくスキルと情報も保護者と共有することが
大切。



★3.人事担当者の意向


留学そのものに意味があるわけではない。海外に行かずとも、評価される生徒が
いる一方、留学しても、まったく評価されない生徒もいる。

企業としてどのような力が欲しいのか?という学力以外の力に関しても関心を持
って欲しい。

しかし、これらの力を身に付けるには、留学は確かに有効な手段ではある。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Contents━
タイトル       ◆ PEN大阪主催セミナー ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日の名古屋セミナーで話をして、「これは、オレが聞きたい!」と思った話を
スクールコンサルタントの佐藤先生と、教室ビジネス集客のプロ、井形社長に、
お願いして登壇して頂きました。この2つは、セミナー内容に関しては、勝手に
お伝えすることが出来ませんので、割愛しますが、セミナー後の様子や感想、及
びセミナー時の様子をお伝えしますので、読者の皆さんで、色々想像してみて下
さい。



佐藤先生の話は、英会話教室と学習塾のコラボについて。


まだ今の時代で実験しているところは、私の塾くらいかと思っていますが、確か
にコラボは、爆発力を秘めています。(昔なら、相乗りとかフュージョンとか言
っていた方法ですね。)塾と英会話は、水と油の関係なので、まだまだこれから
という時期ですが、さぁ~、どのくらいの人が理解してくれるか楽しみです。



井形社長は、このセミナーでないと(なかなか)出来ないテーマである。「お金」
に焦点を当てた内容。広告屋から見たお金流れ。お金(利益や売上)をどういう
風に捉えているか、かなり攻め込んだ話です。



★1.競争から共存へ(佐藤 仁 先生)

--さわり---

幼児・小学生獲得手段として、塾が英会話教室をすることが多くなってきたが、
成功した例を聞かない。一方、英会話教室が塾化する場合もあるが、これは、
そこそこ生徒が残る。なので、英会話教室が塾化すると既存の塾は脅威と感じる
はず。

--様子---

学習塾側からめちゃくちゃ質問が出ました。ま、そうだろうなとは思っていまし
たが。一方、英会話教室の皆さんは、非常に納得した様子でした。

この差がどこから来るのか?ということを、塾の先生方々も必死でつかもうとし
ていました。またコラボする!ということに対して、塾側は、何をどうしたらい
いのか?非常に戸惑っていました。佐藤先生からも、英会話教室からの「派遣」
などという形は、うまく行かないとくぎを刺されてましたし。

私の分析では、塾と英会話教室、それぞれが実は、まったく違うビジネスモデル
であり、儲けの源泉も違うという水と油の関係なのですが、そこを理解してない
ので、相手側が何を求めているのか?ということが見えないということです。


実際、考え方もまったく異なります。もっと言うと、うまくいっている英会話教
室になればなるほど、学習塾と真逆の発想をします。

塾と英会話教室、互いの言葉が理解し合えると、後は早い。一気に地域を独占に
もっていくところがあっても驚きません。


★2.学習塾の宣伝・広告戦略(井形 兼通 社長)

--さわり---

広告は、投資。経費ではない。細かくデータを追いかける。表現が男視線の説明
的にならないようにする。お母さんの聞きたいところにフォーカスする。全部説
明したらダメ。問い合わせまでのフォーメーションを各メディアで組み、最後、
問い合わせさせるエースストライカーを育てること。


--様子---

質問よりも、個別相談が多かった気がします。特にチラシを持ってくればチェッ
クしてくれるというサービスも含んでいたため、多くの英会話教室の先生が、井
形社長と話をしてました。


私が見ても、塾のWebは、それなりに形になっているところが多くなりました。
個人塾でもしっかりしたページは、結構あるものですが、英会話教室においては
まだまだという状態。

塾の先生は、話すことが好きな人が多いので、ガンガン書けるのでしょうが、英
会話教室の先生は、職人肌の方か、まったくもって経営者タイプの方なので、
Webを自分で触ることはあまりないようでした。


懇親会が私が一番気にしていたところですが、これが大成功。ここで互いの違い
に多くの人が気づきました。

また井形社長が話をしたLTV(Life Time Value)ですが、実際に計算してビッ
クリしてましたが、実は、塾より英会話教室の方がはるかに高い。

ビジネスモデルが違うから、こうなるのですが、実は、英会話教室の方々は、ま
さに宝の山の上で寝ている状態です。

計算を終えた井形社長とS先生が、かなり衝撃を受けてました。

普通にやると、塾の単価が下がり、しかもそのまま継続する率も5割を切ります。

しかしこれから狙うのは、単価も下がらず、継続率はかなり上昇というまったく新
しい観点でのコラボです。


※佐藤 仁 先生

 Web :http://www.no-border.com/
 メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000191621.html


※井形社長 (株)インパクト

 Web :http://impact777.jp/

      -----------------------------------------


 ★ご質問、取り上げて欲しいテーマは、以下にお願いします。
  直通メール< magazine@j-keiei.com >まで。

  本誌への取材は、< info@j-keiei.com >まで。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

怒涛の出張月間です。第一弾が終わりましたが、24日に再度、小野市へ。
10月からは、短期海外研修の無料説明会で全国を飛び回ります。

https://peraichi.com/landing_pages/view/seminor1014


松山

10月14日13:30~(EPIC第4会議室)

福山

10月14日19:00~(かんなべ市民交流センター第二学習室)

大分

11月 5日13:30~(JR大分City会議室)

以下、予定

11月17日(金)岡山、11月18日(土)大阪、東京、11月19日(日)福島


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
* 塾ビジネスプロデューサー
* 発行人  :学習塾経営研究会 代表 河野 優

* 本会HP :< http://www.j-keiei.com/ >
* 入会手続き:< http://www.j-keiei.com/ >
このメールマガジンは「まぐまぐ」さんの協力で発行されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■メルマガの登録・解除はこちらから出来ます。http://j-keiei.com/


本記事からの他メディアへの無断転載・転用は禁止しております。
必ず作者にご一報下さい。(このメルマガに返信することで連絡が取れます)

本誌への取材は、< info@j-keiei.com >までお願いします。

なお、友人等にメルマガをそのまま転送することは、OKです。(^-^)/

------------------------------------------------------------------------
Copyright(C), 2017 Gakushujuku Keiei Kenkyukai
営利目的で掲載された記事全文、または一部を転載することを禁じます。
非営利であれば転載元を明記の上で許可します。その際は必ずご一報下さい。
------------------------------------------------------------------------
裏編集後記

いやぁ~11月は、まずい・・・体がもつかな?
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ