学習塾ニュース

  • ¥0

    無料

実際に学習塾経営をしながら、作り上げている実践的学習塾経営論。学習塾の経営成功についてトコトン考えます。生徒獲得ノウハウや地域No1の塾になるマーケティング手法、塾長の経営理念、合格させるための学習法など内容が盛り沢山です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学習塾ニュース
発行周期
月2回
最終発行日
2017年06月07日
 
発行部数
861部
メルマガID
0000082675
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 学習塾・家庭教師 > 塾

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 学習塾ニュース( Cram school NEWS ) 特別号(2017/06/07)
  地域No.1学習塾へ   http://j-keiei.com 発行 学習塾経営研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Contents━
◆ PEN OSAKA主催:「2020年英語教育、塾の対応」セミナーに参加します。◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回、珍しく(5年ぶり?)にセミナー講師として参加致します。


2020年問題が、色々と取り沙汰されています。


一方、多くの塾長先生は、保護者への説明や、今後の塾の対応に色々と悩むこと
が多く、先日の教室長セミナーでは、私が保護者説明会用に作成した資料も皆様
にお持ち帰り頂きました。


ただし先日の資料は、3月31日付の発表内容をもとに作成しており、5月中旬に、
新しく発表され、今月にも新な発表がされる予定です。


そのため、大阪セミナーでは、最新案をベースに作成し直したもので講演します。
(ただし既存路線は変わりませんので、前回と内容が大きくは変わりません。)


今回は、主催のPEN OSAKA楢原先生より、以下の要望を頂いておりますので、
それに沿った内容となります。


◎資料は先に配布して欲しい

 →現在、FBにて参加者を募集されていますが、参加前日に参加希望者全員に
  メール、もしくはFBにてお渡しします。

  FBでのイベント

 「PEN Osaka主催 大学入試2020年問題に対応する英語教育を考える勉強会」
  を検索して頂ければ出てくると思います。


◎2020年に向けた英語教育変更のそもそもの狙いと対応について話して欲しい。


 →そもそも何故、英語教育を変えるのか?何をどこまで変えるのか?という
  ことは、確かにあまり話されていません。当然、業界内では、ビジネスチ
  ャンスと捉える方が多いのですが、反面、学校の教師は、どう教えていい
  のか悩んでいる方が多いようです。


  しかし、ざっくり言うと95%の塾長先生は、それほど悩む必要はありませ
  ん。変に高い英語の教材やFCに入る必要も皆無です。ムダな固定費を英語
  にかけるよりは、全体を考え、塾の仕組みや環境に投資する方が得策です。


 →受験者を3段階に分けた上で、それぞれの対策を簡単にお話しします。
  また4技能においても、今の既存のプログラムがうまくいかない理由と、
  そもそも既にあるもので、きちんと行うことで、実際に結果が出ている事
  例をお話しします。


◎今後の塾の運営形態や、その他、個人的な質問に答えて欲しい


 →今後の塾の形態を考える際には、以下の要素を考えておく必要があります。

  1)指導効率
  2)学習効率
  3)取り巻く経済環境

  多くの形態は、塾側の「指導効率」を追及するものですが、2020年以降は
  多少、受験のルールが変わることと、バイトを含め、経済環境が厳しくなる
  ことから、「自律(立)型」への移行を余儀なくされる可能性があります。

  すると講師の役割が、今の「teacher」から変わります。また「coach」だけ
  だと学習効率が高くないことはアメリカの最新の論文に発表されています。
  つまり、「学ぶ者」の学習効率を最大にするための仕組みと役割が今後の塾
  講師に求められるものになります。

  今回のセミナーでは、これまた簡単ですが、その辺りもお話しさせて頂きま
  す。


◎そもそも塾の役割がどう変わっていくのか、教えて欲しい


 →一言で言えば、今回の大きな変革は、受験を世界基準に合わせたいというこ
  とです。世界トップ100の大学に日本の大学を30入れたいということは、大学
  の善し悪しを判断する「判断基準」そのものが変わるということです。

  日本と世界の教育の大きな違いは、「スキル」なのか「教養」なのか?という
  ことです。今回は、スキル型から、どう脱却するか、そのヒントもお話ししま
  す。

  一方で、英語はスキル型とグローバル型に分かれていきます。また塾の役割は
  大学子合格の「先」へと移ることが予想されます。

  それらは、世界の教育の実例をあげ、かつ実際に他国で教育を受けている日本
  人の具体例をもとにお話しします。



以上、先に今回のセミナー概要をお伝え致しました。その上で、ご興味がありまし
たら、遠慮なくメール、もしくはFBにてご連絡下さい。ただし平日となりますので
その点は、ご了承下さい。

==========================================================================
日時:6月26日(月)11:00~13:00
場所:飛翔学舎

   〒595-0037
   大阪府泉大津市虫取町1丁目1‐11 クレッセ泉大津B棟 3F
   TEL 0725-22-0355

会費:無料
==========================================================================

なお、私の飛行機の関係で、懇親会はありません。前日に大阪に入る予定ですが、
その辺りは不明です。

以上、皆さま、特に大阪近郊の塾長先生方々、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
Copyright(C), 2017 Gakushujuku Keiei Kenkyukai
営利目的で掲載された記事全文、または一部を転載することを禁じます。
非営利であれば転載元を明記の上で許可します。その際は必ずご一報下さい。
------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ