毎日読める★恋と仕事の心理学

  • ¥0

    無料

毎日、恋と仕事に役立つ心理学を配信します。 月曜は職場の対人関係、火曜は婚活、水曜はキャリアアップ 、木曜はもっとラブラブに、金用は不倫・失恋、土曜はイキイキハッピーライフ、日曜は読者からの相談に答えるコーナーと曜日ごとにテーマを変えてお送りします。お楽しみください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日読める★恋と仕事の心理学
発行周期
日刊
最終発行日
2017年11月24日
 
発行部数
3,175部
メルマガID
0000090110
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

───────────────────────────────────
..。oо○**:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。

毎日読める「恋と仕事の心理学」 ★2017/11/24号★

                 http://www.counselingservice.jp/

:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:**○оo。.....
───────────────────────────────────

 経験豊富なプロカウンセラーが「恋と仕事に役立つ心理学」を
 毎日あなたのもとへお届けします。

●バックナンバーはこちら↓をどうぞ
   < http://ameblo.jp/official-counseling/ > 


……………………………………………………………………………………………
・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

今日のタイトル
  「セックスレスの痛みとセクシャリティ」
                       Written by 吉田 ちか

・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・
……………………………………………………………………………………………


セックスレスで悩む男女がとても多いといわれ始めて

随分と時間がたっていますね。


カウンセリングの現場では

パートナーシップの悩み(不倫・離婚・別れ)を持つクライアントさんは

たいてい「もう何年もセックスレスです」

とおっしゃいます。



セックスレス自体で悩んでいなくても

もともとの悩みの根源になっている場合があるので

そこにフォーカスすることもあるんですね。


そこで今回は

どうしてセックスレスになるのかについて

深層心理の動きを探っていきましょう。



◎セックスレスのきっかけ


多くのクライアントさんにお話を聴いてきて

セックスレスのきっかけはたくさんあるんだなぁというのが判ります。


・妊娠出産を機になんとなくなくなった

・喧嘩してセックスを拒否(拒否されて)以来なくなった

・男性機能の低下がみられて

・仕事や育児で疲れて寝ていたらなくなっていた

・パートナーとのセックス自体が気持ち悪くなった


このように多種多様なきっかけがあり

その状態が続いてしまいセックスレスになっているようです。



きっかけとしては小さな問題かもしれませんが

それが積み重なっていき慢性化するのがこの問題の核かもしれませんね。



◎なぜ慢性化するのか


私たちは自分にとって不快なことを感じたくないがために行動します。

例えば、歯が痛いときは痛み止めを飲んだり歯科で治療したりしますね

身体に関しての不快さは、皆さん行動されるのですが

心に関しての不快さは無意識に避ける人が多いのです



ある感情を感じるのを無意識に避けてしまうため、

セックス自体を避けてしまう人もいれば

パートナーとの話し合いを避ける人もいます



避けている自分を正当化する術も持っています

“仕事とセックスは家には持ち込まない”

なんて豪語する人も出てくるのです



心の不快さを避けるので“事なかれ主義”になってしまい

セックスレスが慢性化してしまう原因になっています



◎心の不快感ってなに?


さて

その心の不快さ(いやな感情や感覚)ってなんでしょう?

これは本当に個人差があるので一概には言えませんが

多くの人に共通する不快さがあります

それは


『異性としてもう見てもらえない』

というセクシャリティの痛みです。

それが発展して

『求めてもらえない=必要とされない』

という不快感につながっています。



「性」は生まれてから人生を全うするまで

人間のアイデンティティとして常にあります。


性を一番感じるのが

パートナーシップであったりセックスであったりします

そこが満たされないと

アイデンティティが崩れてしまうのです。


「もう私の人生は終わったのね」

「俺の人生もう終わったんだ」


この孤独感や絶望感は相当なダメージなんですね。



その孤独感や絶望感を感じたくないために

セックスを避けて他事を一生懸命やることで

アイデンティティを取り戻す作戦を考える人も出てきます


・母親として子育てに没頭する

・仕事を頑張って成功する

・資格を取ったり人の役に立つことをする

・他に恋人を作って満たす


それらが上手くいっているときはいいのですが

上手くいかなくなると

「自分はなにもない」「何もできない」

とうつ状態になってしまったりもします。



◎セクシャリティの誤解を解いてみる


日本では

セクシャリティという言葉が誤解されやすいようです

「性=セックス」という連想をしてしまい

タブー視されやすいんですね


また、

“年齢を重ねたら父として母として生きるべきだ”

という観念も深い国なので

「性的魅力=はしたない」

と誤解されてしまうのです


本当の意味でのセクシャリティとは

もっと幅広い意味で使われます。


男性である 女性である

そのものをセクシャリティというのです。


あなたは自身の性を楽しんでいますか?

タブー視していませんか?

自身の性を嫌っていませんか?



セックスレスで悩んでいる人たちは

セクシャリティの誤解をしている人も多いのです


セクシャリティの誤解をしているので

「もうこんな年だし」と諦めたり、

異性として見てくれる人と不倫をしたり

さまざまな解決策を見出しますが


一度、ご自身の「性」と真剣に向き合ってみるのも

一つの解決策になりますよ^^



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


いかがでしたか?

セックスレスの問題はとても奥が深くて

その一つとして紹介させていただきました


どんなきっかけにせよ

自身のセクシャリティが関係している問題です


もしも

深く悩んでいる人がいるならば

ぜひご相談くださいね^^



それではまた(・∀・)つ



**..。oо○*:   ★ 執筆カウンセラーの紹介 ★   :*○оo。..**
:                                 :
:☆吉田ちか(よしだ・ちか)☆                   :
:カウンセリングサービス所属カウンセラー。名古屋地区担当。     :
:パートナーシップ・キャリア・ビジネスに関する問題をはじめ、生き辛さ:
:セクシャリティの悩みなどを得意とする。悩みの本質を見極め、そこから:
:クライアント本来の魅力や才能を引き出していくカウンセリングに定評が:
:ある。自由で幸せに生きるための提案を得意としている。       :
:                                 :
:                                 :
:◎吉田ちかのブログ&プロフィールはこちら             :
:           <http://blog.livedoor.jp/cs_chika/>     :
:                                 :
:★初回無料!吉田ちかの電話・面談カウンセリングのご予約は      :
: カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで    :
:  (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)    :
:                                 :
**.。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。.**


☆。.: Infomation :.。☆


◎皆様からの感想をお待ちしてます。お気づきの点など教えてください!

https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

 ※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて
 メルマガ「恋と仕事の心理学」へのご意見・ご感想」をご選択頂いた上で、
お読み頂きました記事のタイトル、またはカウンセラー名をご記入下さい。

◎このメルマガで扱って欲しいテーマを募集しています。
 読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら、↓から投稿して下さい。

 https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて「心理学講座
 のリクエスト」をご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますので、ご了承下さい。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などをつぶやいて
おります。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●このメールマガジンは、『まぐまぐ』< http://www.mag2.com/ >を利用して
 発行しています。
解除はこちら< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >から。

●メールアドレスが変更になった場合は、一旦解除し、新しいメールアドレス
 を再度ご登録ください。< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >

……………………………………………………………………………………………
.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*゜
      
        ☆カウンセリングサービス Counseling Service☆
         URL:< http://www.counselingservice.jp/ >
         E-mail:< info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131

         〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602
         〒141-0001 東京都目黒区駒場4-6-8
     お問合せ:06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
        FAX:06-6190-5612
         メール・ファックス:24時間受付

     電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
       予約センター:06-6190-5131 
       個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

        Copyright (C), 2001 カウンセリングサービス
       掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。


.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜:.*.:*゜.:*゜
……………………………………………………………………………………………

☆毎日読める「恋と仕事の心理学」のバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html


◎毎日読める★恋と仕事の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ