毎日読める★恋と仕事の心理学

  • ¥0

    無料

毎日、恋と仕事に役立つ心理学を配信します。 月曜は職場の対人関係、火曜は婚活、水曜はキャリアアップ 、木曜はもっとラブラブに、金用は不倫・失恋、土曜はイキイキハッピーライフ、日曜は読者からの相談に答えるコーナーと曜日ごとにテーマを変えてお送りします。お楽しみください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日読める★恋と仕事の心理学
発行周期
日刊
最終発行日
2017年07月27日
 
発行部数
3,274部
メルマガID
0000090110
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

───────────────────────────────────
..。oо○**:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。

毎日読める「恋と仕事の心理学」 ★2017/7/27号★

                 http://www.counselingservice.jp/

:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:**○оo。.....
───────────────────────────────────

 経験豊富なプロカウンセラーが「恋と仕事に役立つ心理学」を
 毎日あなたのもとへお届けします。  

●バックナンバーはこちら↓をどうぞ
   < http://ameblo.jp/official-counseling/> 


……………………………………………………………………………………………
・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

今日のタイトル
  「好きにならない努力」
                       Written by やなぎあこ

・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・
……………………………………………………………………………………………

私たちのこころは、ちょっとあまのじゃくなところがあります。

たとえば、欲しいと思っているのにこころでは要らない、と思って
いることはとてもよくあります。

特に、自覚しにくい潜在意識や無意識の領域で、要らないと思って
いると、こころの割合では9割くらいは、要らないと、思っている
ことになりますから、口ではどんなに欲しい、と、言っていても、
なぜかいつも手に入らない、という現実が作られます。

彼氏や彼女が欲しいとか、あるいは、結婚したいと思っていても、
なぜかその現実があらわれないなら、こころの奥では、要らないと
思っている可能性はかなり高いです。

そして「要らない」を現実化させる理由はいろいろとありますが、
案外多そうなのが「もう二度と傷つきたくない」という、こころの
痛みが隠れている場合です。

この、こころの痛みが、恋をするこころを閉ざしてしまうことが、
結構あるんですね。

すると、どういう形で問題が立ち現れてくるかというと、そもそも
素敵と感じられる人が見えて来なかったり、恋愛関係になっても、
どこかブレーキのかかる瞬間が出てくるのです。

「二度と傷つきなくない」と思っている理由は様々です。
過去に、忘れられないような恋をしたけど成就しなかった、とか、
恋愛や結婚はもうこりごり、と感じてしまう体験をしたとか。
あるいは、こんなのもあります。

まだ一度も真剣な恋をしたことがない。

これ、案外多いんですよ。
誰かとお付き合いした経験のあるなしは関係ありません。
また、既婚か未婚かも関係ありません。
恋をしていないのに結婚に至っている場合もありますし、恋愛経験
豊富なのに、恋するハートが閉じている場合だってあるんです。

これは「二度と傷つきたくない」の亜種、ともいえるでしょうが、
「傷つくのが怖くて恋ができない」という状態ですね。

そうすると、いいな、と思っていても、いつの間にか好きじゃなく
なっていて、むしろなんか嫌な部分ばかりが気になってしまうとか
相手は一生懸命アプローチしてくれているのに、逆に冷めてしまう
とか。

まるで好きという気持ちにならないよう、一生懸命自分に冷や水を
ぶっかけている状態、ということもできます。

ちょっとわかりにくいですが、つまり「好きにならない努力」を、
していることにもなるのです。

なぜでしょう?

相手の魅力を感じてしまったら、相手の愛を受け取ってしまったら
自分も好きになってしまうかも知れないと感じるために、こころが
「傷つきたくないでしょう?」と警報を鳴らしている状態です。

私たちのこころは現状維持を最優先します。
伸るか反るかわからないような挑戦は、おいそれとはさせません。

ですから、こころの防御として「恋愛(結婚)なんてやめときな」
「傷つくだけだよ」という思いが、相手の魅力や愛をわざと曇らす
ような見方、つまり「好きにならない努力」をするのです。
傷つきが大きい分だけ、自分自身が作るこころの罠にいとも簡単に
ひっかかってしまいますす。

恋愛関係、結婚関係に限らず、人間関係は、真剣になればなるほど
傷つく「リスク」は出てきます。
セロリが好きかどうかという歌もありましたが、他人と関係を結ぶ
以上、違いは必ずあるし、受け入れてもらえなかったらどうしよう
と、感じられることはいくらでもあるからです。

恋愛や結婚は、この違いをどう受け入れ合い愛し合うかに醍醐味が
ありますが、そこには傷つくリスクも含まれているのです。
もちろん傷つかない選択もできますし、傷つかないような愛し方も
ありますが、それはどちらかというと関係性が出来ていくと同時に
学んだり、課題にしたり、深まったりしていく類のものなのです。

恋をする、人を好きになる、夫婦関係を深める、いずれもこころが
開かれていないと、感情が動かないので、起こりません。

ですから、こころを開いていく必要があるのですが、そのためには
「傷つく怖れ」を手放す必要があるでしょうね。

つまり、やってみてみる。
好きになってもいい、と、思ってみてみる。
実際に、好きな気持ちを止めないでいてみる。

極論に聞こえるかもしれませんが、深い関係になるような相手とは
まったく傷つかないということは、ないと言ってもいいです。

傷つくことを恐れてなにもしないより、たとえ傷ついたとしても、
挑戦できた方が、実は後悔はしにくいのです。

そもそも、深まっていくほどの関係性を結ぶなら、傷ついた体験は
相手をより深く愛する自分に変わるための「伸びしろ」を指しても
いるのです。

「伸びしろ」を何度も超えていくことで愛が深まり、それはいつか
「絆」と呼ばれるものになるのです。

恋や、人を愛する体験は仮に傷つくことがあっても、魂に刻まれる
よろこびの印のようなものです。

そう、とても素敵なものなんです。

「好きにならない努力」をするとき、実はこう感じてもいます。

この一線を越えたら、もう、後には戻れない。
好きな気持ちが、止まらなくなってしまう。

でも後には戻れないポイントを超えてしまうと、めくるめくような
ロマンスがやってくる場合も、実はとても多いのです。

ほんとうは、このロマンスの流れに押し流されるのが怖くて防御を
しているともいえるのです。

でも、もうつまらない人生が飽き飽きだ、と感じられたら、むしろ
ここは流されてみちゃってください。

幸運を祈っています。



**..。oо○*:   ★ 執筆カウンセラーの紹介 ★   :*○оo。..**
:                                 :
:☆やなぎあこ(やなぎ・あこ)☆                  :
:カウンセリングサービス所属カウンセラー。             :
:東京、前橋での面談カウンセリングや、ワークショップを行う。    :
:人間関係全般およびパートナーシップ(夫婦関係、恋愛問題)、    :
:自己肯定感、人生の意味や生死などの理解を得意とする。       :
:言葉になりづらい、気づかれにくい個的な感情・感覚に焦点をあてつつ、:
:社会的、大局的な視野からの理解を合わせてお客様をサポートしている。:
:涙も笑いも受け止めるカウンセリングスタイルを大切にし、      :
:母性を生かし、地に足をつけてどう現実を変えるかにこだわる。    :
:微細な感覚を読み取る才能と、ユーモアのセンスには定評がある。   :
:                                 :
:◎やなぎあこのブログ&プロフィールはこちら            :
:           <http://blog.livedoor.jp/cs_yanagiaco/>   :
:                                 :
:★初回無料! やなぎあこの電話・面談カウンセリングのご予約は   :
: カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで    :
:  (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)    :
:                                 :
**.。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。.**

☆。.: Infomation :.。☆


◎皆様からの感想をお待ちしてます。お気づきの点など教えてください!

https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

 ※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて
 メルマガ「恋と仕事の心理学」へのご意見・ご感想」をご選択頂いた上で、
お読み頂きました記事のタイトル、またはカウンセラー名をご記入下さい。

◎このメルマガで扱って欲しいテーマを募集しています。
 読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら、↓から投稿して下さい。

 https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて「心理学講座
 のリクエスト」をご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますので、ご了承下さい。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などをつぶやいて
おります。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●このメールマガジンは、『まぐまぐ』< http://www.mag2.com/ >を利用して
 発行しています。
解除はこちら< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >から。

●メールアドレスが変更になった場合は、一旦解除し、新しいメールアドレス
 を再度ご登録ください。< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >

……………………………………………………………………………………………
.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*゜
      
        ☆カウンセリングサービス Counseling Service☆
         URL:< http://www.counselingservice.jp/ >
         E-mail:< info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131

         〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602
         〒141-0001 東京都目黒区駒場4-6-8
     お問合せ:06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
        FAX:06-6190-5612
         メール・ファックス:24時間受付

     電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
       予約センター:06-6190-5131 
       個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

        Copyright (C), 2001 カウンセリングサービス
       掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。


.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜:.*.:*゜.:*゜
……………………………………………………………………………………………

☆毎日読める「恋と仕事の心理学」のバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html


◎毎日読める★恋と仕事の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ