毎日読める★恋と仕事の心理学

  • ¥0

    無料

毎日、恋と仕事に役立つ心理学を配信します。 月曜は職場の対人関係、火曜は婚活、水曜はキャリアアップ 、木曜はもっとラブラブに、金用は不倫・失恋、土曜はイキイキハッピーライフ、日曜は読者からの相談に答えるコーナーと曜日ごとにテーマを変えてお送りします。お楽しみください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日読める★恋と仕事の心理学
発行周期
日刊
最終発行日
2018年04月20日
 
発行部数
3,096部
メルマガID
0000090110
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

───────────────────────────────────
..。oо○**:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。

毎日読める「恋と仕事の心理学」 ★2018/4/20号★

                 http://www.counselingservice.jp/

:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:**○оo。.....
───────────────────────────────────

 経験豊富なプロカウンセラーが「恋と仕事に役立つ心理学」を
 毎日あなたのもとへお届けします。  

●バックナンバーはこちら↓をどうぞ
   < http://ameblo.jp/official-counseling/> 


……………………………………………………………………………………………
・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

今日のタイトル
~あなたの感情はあなたのもの“人の感情に振り回されないで”~
                       Written by 佐藤まゆみ

・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・
……………………………………………………………………………………………

4月も半ばを過ぎて、この春から新生活を始められた人も、少しは落ち着いて
来た頃でしょうか?
新しい環境では、「これは、こういうもんだ。」と今まで思ってきたことが通用
しなくて、戸惑っている人もいるかもしれませんね。

そんな時、人から言われた言葉に一喜一憂していると、とても疲れてしまうもの
です。
相手の言葉に振り回されて、感情的になるとつい余計なことまで言ったり
やってしまって、後でクヨクヨ思い悩むことのないようにしたいものです。

恋愛でも仕事でも、同じようなパターンを持っているとしたら、なぜそんなに
人の言葉や態度に振り回されてしまうのかを、考えてみたいですね。

まず最初に、“人の言葉に一喜一憂する”ということは、どうやら主体は自分
ではなくて、相手になってしまっているからだと言えそうです。

相手の態度や言うことによって、自分の行動を決めていることが多いのでは
ないでしょうか?

相手の意図を汲むのは、決して悪いことではありません。
けれども、自分の考えなしに『どう思われるだろうか?』とか、『叱責されたく
ない。』そんな気持ちだけでやっていると、相手の気分次第で言うことが変わる
時もありますから、非常に混乱してしまいます。
これは大きなストレスですね。

「私は、このことについてはこう思う。」
そういうものがあると、あまり気持ちがブレずに済みます。
もちろん、人によって考え方が違うのは、ある意味当たり前のことです。
でも、それはどちらが正しくてどちらが間違っていると言うようなものでも
ないんですよね。

ですから、意見の違う人の話は「ああ、そういう考え方もあるのだなぁ。」
という風にとらえられると、ずいぶん気持ちが楽になれます。

逆に、あなたが違う意見を言った時に、「そんなの間違ってる!おかしい!
何考えてるの!」と、激しく攻撃されたとしたらどうしましょうか?
相手のネガティブな感情に振り回されていると、ひどく落ち込んでしまいそう
ですね。

でも相手がそんなに激昂して怒っているのは、あなたのせいではありません。
心優しい人は往々にして、『私が怒らせてしまった。』と思いがちですが、そんな
ことはないんです。
向こうの都合なんです。

これは、大きなポイントですね。

むやみやたらに落ち込む必要もなければ、負けずに言い返す必要もないんです。
言い返したところで、売り言葉に買い言葉になってしまって、余計に収拾が
つかなくなってしまいます。

そんな時も、物ごとを客観的に見て
『なぜ、この人はこのことに、こんなにこだわるのだろう?』と、相手の状況や
価値観を知ろうとしてみてくださいね。

それが、洞察力を高めることにもつながります。
洞察力とは、その場の目に見える部分だけではなく、そこから推測されるものご
との本質を見抜く力のことです。

人がやることには、必ずその人なりの理由があります。
一見、受け入れがたいものであっても、冷静になってその理由に気付けば、
相手に振り回されることは少なくなります。

私にも、昔勤めていた職場で、そんなことがありました。
新しい仕事を任されて、間もない頃のことです。

かなり完璧主義を貫くタイプの先輩の下で、どうにか仕事をこなしていたん
です。
ある時、私に小さなミスが重なりました。
多分、それまでもその先輩は私にイラッとしたことが何回かあったのでしょう。

自分なりに『ああ、ここはもう少しこうしておけば良かったな。』と思い、
「申し訳ありませんでした。」と言ったその時、「私は完璧にやってきたんです
からね!〇×△+*※・・・!!」と、言われてしまいました。

正直なところ、「私は完璧にやってる!」以下の言葉は、あまりまともに聞き取
れなかったのですが、かなりの剣幕だったことだけは覚えています(^-^;

確かに、私にも反省するところはありましたから、そこは素直に認めます。
でも、何もそこまで言わなくても、とも思いました。

それで少し頭を冷やして、客観的にその先輩を見てみることにしたんです。
「自分を“完璧”だと言い切れるくらいだから、仕事に対するこだわりは強い
んだな。」
「でも、人は完璧になかなかなれないものだから、あまりにもそこにこだわり
すぎると返って何も出来なくなってしまうかも。」
「ずっと、このやり方でやってきたのだとしたら、人と衝突することも多かった
んだろうな。」

ただ、仕事に対する熱意は相当なもので、尊敬できる部分もあったんですよね。
あれやこれやと、考えをめぐらせているうちに、何だか気持が落ち着いて来ま
した。

不思議なものでそれ以来、その先輩の態度が少し変わってきたような気が
します。
先方も、ちょっと言い過ぎた感があったのかもしれません。
でも、何よりも相手の感情に振り回されず、むやみに自分を責めたり、憤ったり
せずに済んだのが功を奏したように思います。

日々の暮しの中で、人はさまざまな価値観を持って行動しています。
どうぞ、誰かの言葉や感情に振り回されることなく、“私”の感情を大切にして、
できることをやってみてくださいね。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

佐藤まゆみ

゚*☆*☆*゚

★大阪感謝祭は、明日開催です!!
いつも支えてくださっている皆さまへの感謝の気持ちを込めて、出入り自由
(フリーパス)な1日イベントを開催します。
3,240円で、いつ来て、いつ帰ってもOKです!!再入場もWelcomeです。

◆◇◆【カウンセリングサービス大阪感謝祭2018】◆◇◆
・日時:2018/4/21(土)10:00~19:40(出入り自由のフリーパスです)
※受付は9:30より行います
・会場:江坂サニーストンホテル北館4F/5F(御堂筋線「江坂駅」7番出口すぐ)
※まずは4Fの「総合受付」にお越しください
・料金:\3,240.-(当日支払・現金のみ)
※終了後の懇親会(打ち上げ)に参加される場合は別途、ご用意ください
・参加条件:18歳以上の方
※ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人様まで無料でご参加いただけます。

◆大阪感謝祭2018の詳しい内容はこちら
https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/

◆ご参加のお申し込みはこちら
https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_koza_entry_k

◆Facebook大阪感謝祭特設ページはこちら
https://www.facebook.com/events/417198182087029/

**..。oо○*:   ★ 執筆カウンセラーの紹介 ★   :*○оo。..**
:                                 :
:☆佐藤まゆみ(さとう・まゆみ)☆                 :
:カウンセリングサービス所属カウンセラー。大阪地区担当。      :
:1957年生まれ。「いくつからでも、何かを始めるのに遅すぎると言うこと :
:はない。」をモットーに、お客様の新しい可能性を見出し育むカウンセリ :
:グを目指している。                         : 
:仕事・恋愛・親子関係など、自らの体験に基づいて学び得たことには、大:
:きな説得力があり、幅広い年代の方から、ご好評をいただいている。  :
:                                 :
:◎佐藤まゆみのブログ&プロフィールはこちら            :
:          <http://blog.livedoor.jp/cs_s_mayumi/>     :
:                                 :
:★初回無料!佐藤まゆみの電話・面談カウンセリングのご予約は     :
: カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで    :
:  (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)    :
:                                 :
**.。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。.**


☆。.: Infomation :.。☆


◎皆様からの感想をお待ちしてます。お気づきの点など教えてください!

https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

 ※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて
 メルマガ「恋と仕事の心理学」へのご意見・ご感想」をご選択頂いた上で、
お読み頂きました記事のタイトル、またはカウンセラー名をご記入下さい。

◎このメルマガで扱って欲しいテーマを募集しています。
 読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら、↓から投稿して下さい。

 https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて「心理学講座
 のリクエスト」をご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますので、ご了承下さい。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などをつぶやいて
おります。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●このメールマガジンは、『まぐまぐ』< http://www.mag2.com/ >を利用して
 発行しています。
解除はこちら< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >から。

●メールアドレスが変更になった場合は、一旦解除し、新しいメールアドレス
 を再度ご登録ください。< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >

……………………………………………………………………………………………
.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*゜
      
        ☆カウンセリングサービス Counseling Service☆
         URL:< http://www.counselingservice.jp/ >
         E-mail:< info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131

         〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602
         〒141-0001 東京都目黒区駒場4-6-8
     お問合せ:06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
        FAX:06-6190-5612
         メール・ファックス:24時間受付

     電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
       予約センター:06-6190-5131 
       個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

        Copyright (C), 2001 カウンセリングサービス
       掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。


.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜:.*.:*゜.:*゜
……………………………………………………………………………………………

☆毎日読める「恋と仕事の心理学」のバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html


◎毎日読める★恋と仕事の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ