毎日読める★恋と仕事の心理学

  • ¥0

    無料

毎日、恋と仕事に役立つ心理学を配信します。 月曜は職場の対人関係、火曜は婚活、水曜はキャリアアップ 、木曜はもっとラブラブに、金用は不倫・失恋、土曜はイキイキハッピーライフ、日曜は読者からの相談に答えるコーナーと曜日ごとにテーマを変えてお送りします。お楽しみください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日読める★恋と仕事の心理学
発行周期
日刊
最終発行日
2018年06月24日
 
発行部数
3,063部
メルマガID
0000090110
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



───────────────────────────────────
..。oо○**:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。

毎日読める「恋と仕事の心理学」 ★2018/6/24号★

                 http://www.counselingservice.jp/

:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:*:.。..。.:**○оo。.....
───────────────────────────────────

 経験豊富なプロカウンセラーが「恋と仕事に役立つ心理学」を
 毎日あなたのもとへお届けします。  

●バックナンバーはこちら↓をどうぞ
   < http://ameblo.jp/official-counseling/> 


……………………………………………………………………………………………
・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

今日のタイトル
  「こころのセルフケア」
                       Written by 真鍋純子

・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・
……………………………………………………………………………………………

みなさま、こんにちは
カウンセリングサービスの真鍋純子です。

毎週日曜『自分プロデュース』を、大みぞなおみカウンセラー、はたのえりカウンセラー、高塚早苗カウンセラーと一緒にお届けしています。

++

関西方面での地震から約1週間が経ちます。
まだ、お家やライフラインの復旧半ばの方もいらっしゃるかと思いますので、一日も早い復旧をお祈りしております。

私の地域では、特に被害がなかったこともあっって、急速に日常がもどりつつあります。

こんな風に段々日常が戻ってきて
少し気持ちがゆるんでくると、
身体にもこころにも疲れが出てきます。
どうぞご自愛なさってくださいね。

今回は、問題を乗り越えたあとのこころのケアについてお話しさせていただきたいと思います。

++

私たちは緊急事態だ!と判断すると、
その事態を乗り越えるために
いったん自分の感情を切り離します。

「どうしよう・・・」「不安だな・・・」という感情にのみこまれてしまうと、身動きが取れなくなってしまうからです。


そして、
「どう対応しよう?」「どう行動しよう?」
自分がとるべき行動を考えます。

自分自身を守るためであったり、
誰か大切な人を守るためであったり、
そうせざるを得なかったとはいえ、
大切なものを守るためのすばらしい「強さ」です。


そして、その状況がおさまってきて、
もう大丈夫かなと思ったころになって、
ようやく、「しんどかった」「こわかった」など、
感情を感じるゆとりができます。

でも、状況が落ち着いてくると、
もう一度その感情に目を向ける、ということが難しくなってしまいます。


元々、「不安」や「こわい」といったネガティブな感情は
できれば、感じたくない感情です。
だから、そのまま蓋をしておけるなら、そのままにしておきたくなるものです。

また、状況が落ち着いてくると、
周りの人も関心がなくなったように思えて、
自分が感じていることを言いづらくなってしまうこともあるでしょう。

そうすると、ますます、自分の中で「もう、いいんじゃない」「なかったことにしよう」となってしまうんですね。

もちろん、「まあ、いいか」で済んでしまえばそれで構いません。

でも、なんだかもやもやする、調子が悪いというときは、
抑圧してしまった感情にもう一度目を向けることが必要です。

「こわかったな」
「不安だったな」
「しんどかったな」
「疲れたな」

こんな風に自分でつぶやいてみるだけでもかまいません。

自分の中にこんな感情があったんだと気づいて、受け容れるだけでも、感情というのは解放されます。

この「気づいて、受け容れる」というプロセスは大事です。

先程も言ったように、
わたしたちは、どうしてもポジティブな感情に「いい感情」、ネガティブな感情に「悪い感情」というレッテルを貼りがちです。

そうすると、「不安だな」と感じていたとしても、
ネガティブな感情=よくない感情
になるので、
「ダメダメ、いつまでもそんなこと気にしてたら」とか、「早く元気にならなくちゃ」
と、「不安」を切り離したままになってしまうんですね。

そうすると、この「不安」がいつまでもあなたの中に残ってしまって、何だかもやもやしたり、漠然とした不安を感じてしまうわけです。

これを、いったん自分が不安を感じていることに気づいて受け容れる
「そうだよね、不安だよね。」のワンクッション入れるだけで、
不安は少しずつ解放されていきます。

誰か信頼できる人に聴いてもらうなど、誰かとのつながりがある中で受け容れられたら一番いいのですが、なかなか周りにそういう人がいないという場合もあると思います。

そういう時は、ちょっとご自身のこころの声に耳を傾けて、ご自身をねぎらい、いたわりの言葉をかけてあげてくださいね。

もちろん、わたしたちカウンセラーも喜んでサポートさせていただきます。


来週は高塚早苗カウンセラーがお届けします。どうぞ、お楽しみに♪





**..。oо○*:   ★ 執筆カウンセラーの紹介 ★   :*○оo。..**
:                                 :
:☆真鍋 純子(まなべ・じゅんこ)☆                  :
:カウンセリングサービス所属カウンセラー。大阪地区担当。      :
:明快な心理分析とその人の本質を取り戻す心理セラピーに定評がある。
 パートナーシップ全般・対人関係の問題、魅力UPを得意とする。

:                                 :
:◎真鍋純子のブログ&プロフィールはこちら             :
:           <http://blog.livedoor.jp/cs_manabe/>     :
:                                 :
:★初回無料!真鍋純子の電話・面談カウンセリングのご予約は      :
: カウンセリング予約センター 06-6190-5131まで    :
:  (受付時間 12:00-20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)    :
:                                 :
**.。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。..。.**

☆。.: Infomation :.。☆


◎皆様からの感想をお待ちしてます。お気づきの点など教えてください!

https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

 ※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて
 メルマガ「恋と仕事の心理学」へのご意見・ご感想」をご選択頂いた上で、
お読み頂きました記事のタイトル、またはカウンセラー名をご記入下さい。

◎このメルマガで扱って欲しいテーマを募集しています。
 読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら、↓から投稿して下さい。

 https://www.healing.ac/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=cs_formmail

※お手数ではございますが、「お問い合わせジャンル」にて「心理学講座
 のリクエスト」をご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますので、ご了承下さい。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリングサービスより、予約メール登録のご案内です。
http://www.counselingservice.jp/cs-mailcampaign.html
どうぞ、お申込みいただきますようご協力お願いいたします。

●カウンセリングをご利用の皆さまへ
カウンセリング予約センターのTwitterを開設しました。
予約センターのお休みや、予約開始日のご案内、満席情報などをつぶやいて
おります。
https://twitter.com/cs_yoyaku
よろしければフォローお願いします。


●このメールマガジンは、『まぐまぐ』< http://www.mag2.com/ >を利用して
 発行しています。
解除はこちら< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >から。

●メールアドレスが変更になった場合は、一旦解除し、新しいメールアドレス
 を再度ご登録ください。< http://www.mag2.com/m/0000090110.htm >

……………………………………………………………………………………………
.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。.:*.:*゜
      
        ☆カウンセリングサービス Counseling Service☆
         URL:< http://www.counselingservice.jp/ >
         E-mail:< info@counselingservice.jp >

カウンセリング予約センター:06-6190-5131

         〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602
         〒141-0001 東京都目黒区駒場4-6-8
     お問合せ:06-6190-5611(神戸メンタルサービス)
        FAX:06-6190-5612
         メール・ファックス:24時間受付

     電話受付時間:12:00~20:30(月曜日定休日、月曜祝は翌日)
       予約センター:06-6190-5131 
       個人カウンセリングは年中無休。土日祝も営業中!

        Copyright (C), 2001 カウンセリングサービス
       掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。


.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜:.*.:*゜.:*゜
……………………………………………………………………………………………

☆毎日読める「恋と仕事の心理学」のバックナンバー・配信停止はこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html


◎毎日読める★恋と仕事の心理学
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000090110/index.html

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ