プロジェクトマネージャー養成マガジン

  • ¥0

    無料

プロジェクトマネジャーが必要とするプロジェクトマネジメントの手法、戦略を解説するメールマガジンです。読んでいるうちに自然にプロジェクトマネジメントのスキルが身につきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
プロジェクトマネージャー養成マガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2017年07月27日
 
発行部数
1,950部
メルマガID
0000092718
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■プロジェクトマネージャー養成マガジン■        2017/07/27(PR号)
   プロジェクトマネージャーに役立つ情報がぎっしり!【殿堂入りメルマガ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆編集長好川哲人の新作書籍出版「コンセプチュアル思考」 *⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
 ─────────────────────────────────────
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532320623/opc-22/ref=nosim *⌒*
━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者コミュニティ│「プロジェクト&イノベーション」http://bit.ly/18PIyFf
━━━━━━━━┷━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンセプチュアルスキル診断│http://pmstyle.biz/cncpt/conceptual_shindan.htm
━━━━━━━━━━━┯━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
@名古屋セミナーReborn│http://pmstyle.biz/smn/list.htm#nagoya
━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┘┘┘┘┘┘

______________________________________
─────────────────────────────────────┬
┏┏┏┏ ☆プロジェクトマネジメント技術講座★個人受講割引にて50%オフ☆
┏┏┏   PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える
┏┏       【東京】8月21日(月)   【大阪】9月08日(金)
┏       http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm
─────────────────────────────────────┴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

PMstyleプランナーの鈴木道代です。

PMBOK(R)第6版では、統合知識エリア、実行プロセス群に「プロジェクト・
ナレッジ・マネジメント」プロセスが追加されました。
  
本号外では、

『PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える』セミナー

  東京開催 8月21日(月)
  大阪開催 9月08日(金)

について、

1.リフレクションというスタイル(PMstyleコラム)
2.受講者の声       http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm#comment
3.セミナー概要とお申込み http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm

をご案内します。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



┌─┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│1│リフレクションというスタイル(PMstyleコラム)
└─┘……………………………………………………………………………………………


◆自分の失敗は

プロジェクトマネジャーがプロジェクトの進め方について考えるときに、自分の失敗
行動についてあまり考えようとしない(計算に入れようとしない)傾向があります。
リーダーたるもの、正しい行動をし、メンバーを導いていくものであって、リーダー
が失敗を認めると、メンバーに対して示しがつかないと思っている人は、意外と多い
ようです。

もっとも、この傾向はプロジェクトマネジャーに限らず、リーダー一般にあるようで
す。興味のある人は、この本を読んでみてください。
多くの事例が紹介されています。

リチャード・テドロー(土方 奈美訳)
「なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓」
日本経済新聞出版社(2011)

  https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532316790/opc-22/ref=nosim


◆あるITプロジェクトの事例

あるITプロジェクトXの事例について考えてみましょう。プロジェクトXでは要求
仕様についてプロジェクトと顧客が共同で確定していく方針でしたが、顧客の社内調
整が不十分で未確定な部分が相当あります。何度か、スケジュール通りの進行を申し
入れしてはいますが、積極的に取り組んでいる様子もなく、迷走気味でスケジュール
が遅れてきました。

そこで、プロジェクトマネジャーのAさんはプロジェクト側で仕様を仮決めして、決
めたものを顧客側で調整してもらうという方針を打ち出し、顧客に通告し、メンバー
にも指示をしました。

この方針での作業が軌道に乗り始めたころ、顧客側から、仕様の取り纏め体制を整え
たので従来通りの方法で進めていきたいという申し出がありました。ここで、Aさん
は、もともと、初期の計画では顧客側の体制は決まっていた。今回の申し出も実現性
が低いと判断し、顧客の方針を受け入れませんでした。

あなたはAさんの決定についてどう思いますか?支持しますか?しませんか?

結果として、プロジェクト側から提案を断られた顧客側は単独で公言したことをきち
んと実施し、少し、遅れたものの、仕様をまとめてきました。プロジェクト側で独自
でまとめたものとの調整がつかず、結局、プロジェクトは顧客側の仕様を丸のみする
ことになり、構築に難しい部分が出てきて、プロジェクトは大幅な納期遅れ、赤字を
出して終わりました。


◆自分の行動の適切さを客観的に判断する

この問題はかなり難しい問題です。顧客側からの申し入れがあった際に乗っていれば
よかったのかというとそれも疑問が残ります。一方で、Aさんの判断に感情的なバイ
アスがあったことは明らかですし、プロジェクト終了後に本人もそれを認めています


ここで重要なことは、顧客に何度も催促をし、プロジェクト側でやるという宣言をし
てから、顧客側からの申し入れがあるまでの間、自分の行動が適切であったかどうか
を客観的に判断をすることです。

行動を振り返るときに、よく、良かった、悪かったという評価をします。たとえば、
顧客に催促をしたのはよかった、顧客が動かないので別の形の作業方法を提案したの
はよかったといった感じです。ところが、この評価が曲者で、流れにそって断片的に
評価をすると大抵は妥当だったという評価になります。

そこで、良い/悪いではなく、行動を客観的に書き並べてみて、その局面で何ができ
たかを考えてみることが効果的です。

たとえば、顧客に再三、スピードアップを催促したわけですが、この局面で何ができ
たかを考えてみます。この段階で、最初の分担にこだわらず、プロジェクトを前に進
めるという視点で話し合いをすることができたのではないか、といったことです。

結局、顧客側は最終的には動いているわけですので、この局面でそのような話し合い
をしていれば、状況が変わった可能性は大です。

仮にできなかったとすると、では、プロジェクト側で引き取るという判断をした局面
では、他にどのようなことができたかと考えてみます。スケジュールの組み替え、体
制の組み替えなどができたかもしれません。


◆リフレクション

このような振り返りを当時の状況をできるだけ詳細に思い浮かべながら行います。そ
して、過去の経験に照らし合わせてみます。すると、いま、置かれている状況が明確
になってきます。たとえば、催促の代わりに話し合いをしていたら、状況が変わった
と思われるのであれば、今の状況は適切な状況だとは言えません。そのときに、話し
合いをしたとして、今、至っていることが想定される状況に近い状況を作ることが是
正行動だということになります。また、ここで是正行動を取るということが新しい知
恵になります。

ITの専門の人であれば、リフレクションという技術をご存じだと思います。プログ
ラムの実行過程でプログラム自身の構造を読み取ったり書き換えたりする技術のこと
です。マネジメントでも、最近、リフレクションという概念が注目されています。い
ろいろな定義がありますが、プログラムの実行過程においてプログラムが自身を変え
ていくのと同じように、不安定で不確実な現場に身を置く実務者が、働きながら刻一
刻と変わる状況を振り返り、その中で自分はどうあるべきかを瞬時に読み解いていく
ことをリフレクションといいます。

この概念に最初に気づいたのは、マサチューセッツ工科大学で組織学習の研究に取り
組んでいたドナルド・ショーンです。彼は、一般企業のマネジャーから医師、科学者
、建築デザイナーといった専門職までさまざまな仕事の現場を観察し、その特徴に内
省があることを気づき、こうした仕事のあり方を、「行為の中の内省(reflection i
n action)」と名付けました。


◆リフレクションを前提にしたプロジェクトマネジャー像

リフレクションを前提に考えていくと、プロジェクトマネジャー像はまったく変わっ
てきます。計画を示して計画通りにプロジェクトを動かすのではなく、計画を振り返
りながら、プロジェクトがどうあるかを考え、計画を変えていくことがプロジェクト
マネジャーの役割だと言えます。

さらに、その場合、プロジェクトマネジャーだけで取り組むより、チーム全体で取り
組む方が質が高まりますので、そのようにチームを動かしていくことも役割となるわ
けです。

不確実性の大きいプロジェクトを動かしていくには、リフレクションが鍵になります
。チームによる振り返りも含めて、自分なりのリフレクティブなプロジェクトマネジ
メントの方法を模索してはどうでしょうか?



詳細は下記のコラムをご覧ください。

 PMstyle考

  第38話:リフレクションというスタイル

     http://pmstyle.biz/column/pmstyle/pmstyle38.htm



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




┌─┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│2│受講者の声 http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm#comment
└─┘……………………………………………………………………………………………

このセミナーを、ご受講いただきました(掲載をご許可いただいた)方からは、

・振返りの手法等、いろいろな角度から学べました。また、PMナレッジは、形式的
 なものだけではなく、持論も必要と再認識しました。

・演習はとても勉強になりました。現場に持ち帰って、メンバと共有し、今後に活か
 したいと思います。

・レゴを使用したエクスサイズが、PM作業も含まれており、とても、面白かった。


などとのお声をいただき、大変ご好評をいただきました。

詳細は、こちらをご覧ください。

     http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm#comment



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




┌─┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│3│セミナーの概要  http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm
└─┘……………………………………………………………………………………………

PMBOK(R)第6版では、統合知識エリア、実行プロセス群に「プロジェクト・
ナレッジ・マネジメント」プロセスが追加されました。

新規性が高く、短納期のプロジェクトが増え、プロジェクト活動をうまく進め、さら
にプロジェクト活動の経験を活かしていくことがますます重要性を帯びてきました。
そのためには、「質の高い」振返りが不可欠になってきています。

この講座は、「振返り」だけに焦点を当てて、
振返りの質を向上させ、組織で行うプロジェクト活動を効果的なものにしていくため
の講座です。

プロジェクト活動に関連する振り返りには3つのレベルがあります。
一番目は、組織レベルの振り返りで、プロジェクトで得た知見を組織として知識にし
ていくことを目的として行います。ポストプロジェクトレビューと呼ばれるもので、
もっとも一般的な振返りです。

二番目は、プロジェクトのレベルで、プロジェクトのワークプロセスや、チーム行動
、成果物に関する振返りです。計画主導型のプロジェクトでは、この目的では計画に
対する進捗会議を行います。これに対して、アジャイルプロジェクトのような計画よ
り、チームを重視するプロジェクト運用ではこのレベルの振返りがプロジェクトの成
否を決めることになります。このレベルの振返りはプロジェクトマネジメントの中で
定期的に行ったり、プロジェクトの節目で行ったりします。

三番目は、プロジェクトマネジャーやメンバーが自身の成長を目的に行う個人レベル
の振り返りです。このレベルの振返りは日々、内省(リフレクション)により行うの
が一般的ですが、場合によってはプロジェクトの節目で、グループ全体で振返りを行
うことによって、個々人の振返りに反映していくこともあります。


プロジェクト活動を成功させ、かつ、活動を通じて個人も組織も成長するには、この
3つのレベルの振返りのそれぞれを「高い質」で行い、統合することが求められます
。そして、この統合はプロジェクトの上位管理者はPMOがリードすることが求めら
れます。

この講座は、プロジェクトの上位管理者やPMOスタッフなどがプロジェクトレベル
、個人レベルの振返りを推進するとともに、そこで得られた知見を組織のナレッジと
して活用することを想定した内容になっています。

しかし、個人レベル、プロジェクトレベルの振返りの方法をプロジェクトマネジャー
が直接学び、自ら振返りを実践するとともに、組織レベルで何をすべきかを考えると
いう目的でも受講戴ける講座になっています。


お申込をお待ちしております。


━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年 08月 21日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 09月 06日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
   1.振返りとマネジメント
   2.プロジェクト・業務レベルの振り返りの方法
   3.組織レベルの振り返り方法
   4.個人レベルの振り返り
   5.3つのレベルの振返りを統合し、ナレッジとする
   6.プロジェクトのタイプと振り返りの目的と方法
    ・ルーティン
    ・クリエイティブルーティン(アジャイル)
    ・イノベーション
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


☆本セミナーは受講料を個人で負担される場合には、50%オフになる個人受講割引
 の対象講座です。


★・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  ※ご受講・内容についてのお問い合わせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……☆
お問い合わせ先:PMstyle事務局
営業時間:月~金 10:00~18:00(年末年始、土日祝日を除く)
電話:0774-28-2087
Eメール info@pmstyle.biz
ホームページ http://pmstyle.biz/index.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏ 【8月~10月のPMstyleセミナー予定】
┏┏    早割期間:1ヶ月前までのお申込にて受講料を20%オフ
┏     開催地の記載がない場合は、東京開催です。☆個人受講割引50%オフ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆コンセプチュアルスキル講座◆http://pmstyle.biz/smn/list.htm#concep───◆
┌─────────────────────────────────────
│[OSC-1]コンセプチュアル思考~見えないものに挑む思考法 【東京開催決定】
│      http://pmstyle.biz/smn/conceptual_thinking.htm  8月01日(火)
├─────────────────────────────────────
│[OSC-5]コンセプチュアルなチームを創る
│      http://pmstyle.biz/smn/conceptual_term.htm【東京】8月22日(火)
├─────────────────────────────────────
│   ↓↓↓↓↓◆早期割引(20%オフ)対象◆↓↓↓↓↓
├─────────────────────────────────────
│[OSC-6]クリティカルシンキング~考え抜く技術    【東京】9月12日(火)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/critical.htm   【大阪】12月18日(月)
├─────────────────────────────────────
│[OSC-3]コンセプチュアルスキルの基本    【東京】9月21日(木)-22日(金)
│      http://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
├─────────────────────────────────────
│[OSC-10]コンセプチュアルプロジェクトマネジメント講座
│      http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm 【東京】9月26日(火)
└────────────────────────────────────◆



●プロジェクトマネジメント技術講座●http://pmstyle.biz/smn/list.htm#tech─●
┌─────────────────────────────────────
│   ↓↓↓↓↓●早期割引(20%オフ)対象●↓↓↓↓↓
├─────────────────────────────────────
│[OST-40]第2期PM養成講座(全5回)13:00-18:00   【東京】
│       8月9日(水),30日(水),9月13日(水)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/pmlist40.htm
├─────────────────────────────────────
│[OST-4]PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える
│                           【東京】8月21日(月)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm   【大阪】9月08日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-22]ベンダーマネジメント(13:30-17:00) 【東京開催決定】8月24日(木)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/vendor30.htm 
├─────────────────────────────────────
│[OST-10]プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方【東京】10月17日(火
│     ☆ http://pmstyle.biz/smn/plan20.htm    【大阪】8月28日(月)
├─────────────────────────────────────
│[OST-21]プロジェクトマネジメント手法の確立と標準化(13:30-17:00)
│                       【東京開催決定】8月29日(火)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/establish30.htm  【大阪】9月15日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-23]リカバリーマネジメント(13:30-17:00)    【東京】9月14日(木)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/recovery30.htm
├─────────────────────────────────────
│[OST-20]事例に学ぶPMOの立上げと運営(13:30-17:00)【東京】9月20日(水)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm  【名古屋】8月31日(木)
│                          【大阪】12月19日(火)
├─────────────────────────────────────
│[OST-12]マネジャーのためのプロジェクト管理講座
│      ~プロジェクトを通じて部門の将来を創る 【東京】10月16日(月)
│      http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm  【大阪】11月16日(木)
└────────────────────────────────────●


◎PMO向け講座◎http://pmstyle.biz/smn/list.htm#pmo──────────◎
┌─────────────────────────────────────
│   ↓↓↓↓↓◎早期割引(20%オフ)対象◎↓↓↓↓↓
├─────────────────────────────────────
│[OST-4]PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える
│                           【東京】8月21日(月)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm   【大阪】9月08日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-22]ベンダーマネジメント(13:30-17:00) 【東京開催決定】8月24日(木)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/vendor30.htm
├─────────────────────────────────────
│[OST-21]プロジェクトマネジメント手法の確立と標準化(13:30-17:00)
│                       【東京開催決定】8月29日(火)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/establish30.htm  【大阪】9月15日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-23]リカバリーマネジメント(13:30-17:00)    【東京】9月14日(木)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/recovery30.htm
├─────────────────────────────────────
│[OST-20]事例に学ぶPMOの立上げと運営(13:30-17:00)【東京】9月20日(水)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm  【名古屋】8月31日(木)
│                          【大阪】12月19日(火)
└────────────────────────────────────◎



■関西セミナー■http://pmstyle.biz/smn/list.htm#kansai──────────■
┌─────────────────────────────────────
│   ↓↓↓↓↓■早期割引(20%オフ)対象■↓↓↓↓↓
├─────────────────────────────────────
│[OST-10]プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方
│     ☆ http://pmstyle.biz/smn/plan20.htm    【大阪】8月28日(月)
├─────────────────────────────────────
│[OST-4]PMナレッジマネジメント~質の高い振返りでプロジェクトを変える
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/lesson20.htm   【大阪】9月08日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-21]プロジェクトマネジメント手法の確立と標準化(13:30-17:00)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/establish30.htm  【大阪】9月15日(金)
├─────────────────────────────────────
│[OST-12]マネジャーのためのプロジェクト管理講座
│      ~プロジェクトを通じて部門の将来を創る
│      http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm  【大阪】11月16日(木)
├─────────────────────────────────────
│[OSC-6]クリティカルシンキング~考え抜く技術    【大阪】12月18日(月)
├─────────────────────────────────────
│[OST-20]事例に学ぶPMOの立上げと運営(13:30-17:00)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm  【大阪】12月19日(火)
└────────────────────────────────────■


○名古屋セミナー○http://pmstyle.biz/smn/list.htm#nagoya─────────○
┌─────────────────────────────────────
│   ↓↓↓↓↓○早期割引(20%オフ)対象○↓↓↓↓↓
├─────────────────────────────────────
│[OST-20]事例に学ぶPMOの立上げと運営(13:30-17:00)
│     ☆http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm  【名古屋】8月31日(木)
└────────────────────────────────────○


※セミナーご受講・内容についてのお問い合わせ───────────────※
┌─────────────────────────────────────
│お問い合わせ先:PMstyle事務局
│営業時間   :月~金 10:00~18:00(年末年始、土日祝日を除く)
│電話    :0774-28-2087
│Eメール   :info@pmstyle.biz
│ホームページ :http://pmstyle.biz/index.htm
│お問い合わせ先:info@pmstyle.biz
│ http://pmstyle.biz/contact.htm
└─────────────────────────────────────

☆研修についてのお問い合わせ───────────────────────☆
┌─────────────────────────────────────
│PMstyle企業研修についてのお問合せは、担当:鈴木までご連絡ください。
│迅速に対応いたします。

│『PM養成講座』http://pmstyle.biz/ken2/list.htm
│や公開セミナー、過去開催分のセミナーなどのカスタマイズも可能です。
│詳細はこちらをご覧ください。 http://pmstyle.biz/ken2/kenshu.pdf

│また、ワークショップのデザインと開催、ワールドカフェのテーマ設定や開催など
│ぜひ、お問い合わせください。

│お問い合わせ先:info@pmstyle.biz
│        http://pmstyle.biz/contact.htm
└─────────────────────────────────────


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
                                (鈴木道代)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プロジェクトマネージャー養成マガジン】
配信数 16,000部
発行責任者:株式会社プロジェクトマネジメントオフィス   好川哲人
編集:PM養成マガジン編集部
www.pmstyle.jp
mailto:info@pmstyle.jp
登録・解除は以下のURLで行うことができます。
{独自配信,まぐまぐ}
  www.pmstyle.jp/honpo/magazine-free.htm
{E-Magazine、Melma}
  www.pmstyle.jp/honpo/kap-regi.htm
当サイトへのリンクは自由です.また、本マガジンの転送も自由です.引用・
転用について御希望の方は、エム・アンド・ティ・コンサルティングまでお問
い合せ下さい.
Copyright(C), エム・アンド・ティ・コンサルティング, 2000~2017
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ