教育記事から教育を考える

  • ¥0

    無料

教育記事の中から月に1回、厳選した気になるニュースをピックアップ。現在の日本の教育事情を詳しく解説していきます。お子さんをお持ちの方、教育関係者の方、参考にしてください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
教育記事から教育を考える
発行周期
月2回
最終発行日
2018年02月09日
 
発行部数
2,742部
メルマガID
0000102026
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 学習塾・家庭教師 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■
【教育記事から教育を考える】      2018年2月9日(金)
作者:中土井鉄信                   VOL.625
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表)
■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

『今日のテーマ』

「人生の不条理をどう受け止めるか!」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

京大の入試出題ミス、17人追加合格に 学科移籍容認も
(朝日新聞2月1日)


〇京都大学は1日、昨年2月の一般入試(物理)に出題ミスがあり、受験生
17人を新たに追加合格にしたと発表した。このミスで志望の学科は不合格
となり、第1志望以外の学科に合格した11人についても転学科を認める措
置を取る。他大学の授業料や予備校の費用などの補償について検討する。外
部から1月に指摘を受け、問題を検証したところ、ミスが発覚したという。

〇ミスがあったのは、音波について問う選択式の問題。条件設定が不十分だっ
たため、二つの解答から正答が選べなくなっていた。京大によると、作成段
階で出題を担当する14人の委員が11回のチェックを行い、試験当日にも
作成に関わっていない教員が点検するなどしていたが、誤りに気づかなかっ
たという。
 
〇物理は工学部など7学部で計4429人が受験。京大は出題ミスの問題を
全員を正解として扱い、採点をやり直した。その結果、工学部10人、理学
部4人、農学部3人が追加合格となった。

内訳は男性15人、女性2人で、現役生は12人だった。約半数が関西の受
験生だった。京大は1日午後から電話や文書で連絡を取り始め、希望すれば
入学を認める。
 
〇また、第1志望以外の学科に合格した在学生は工学部7人、農学部4人。
今後、志望順位の高い学科に移ることができる。
 
〇ミスがあった問題では、音源から出た音波と、壁に反射した音波が弱め合
う条件について尋ねていた。だが、京大によると、音波の性質について問題
文中で明記しなかったため、受験生の選んだ考え方によっては、両方の解答
が正解となってしまうという。
 
〇国立大学協会会長も務める山極寿一(やまぎわじゅいち)・京大総長は、
「多大な迷惑をかけおわびする。影響を受けた受験生の立場で対応する。入
試の時期にこのような事態が判明し、受験生に動揺を与えたことも反省する」
などとするコメントを文書で発表。京大は月給の10%を山極総長が3カ月
分、理事7人が1カ月分それぞれ返納することを明らかにした。
 
〇大学入試をめぐっては、1月に大阪大の物理の問題で同様に音波に関する
設問でミスが発覚。このため複数の予備校講師が京大の問題も検討し、京大
や文部科学省に「解答不能な設問がある」と指摘していた。同省は「検証し
て報告を求める」と京大に指示していた。



-------------------
私のコメント
-------------------

◇阪大、京大と出題ミスによる不合格者が追加合格になる事態が続いた。そ
れも、今頃になって出題ミスが発覚し、この約1年間、不幸にも不合格だと
思っていた生徒が、実は合格だったという事態になった。

浪人生になっていた生徒もいるだろうし、他大学で勉学をしていた生徒もい
るだろう。不合格になったショックを乗り越え、または、糧にして、1年前
の結果に整理をつけて、頑張っていたことだろう。それが、今頃、合格だっ
たんですよ!と言われた生徒は、どういう気持ちだろうか。

◇まず、大学側に言いたいのは、この出題ミスの根本原因をしっかり追究し、
二度とこのようなことが起きないように、対策を立ててほしいということだ。

学長や理事が給与を10%3か月減給したところで、それは、何の意味もな
い。それよりは、しっかりとした入試問題を作れるようなマンパワーと時間
の保証をどうするかを具体的に考え、公表してほしい。

◇次に当事者である去年の受験生に言いたいのは、この事態をどう受け止め
るか、しっかり考えてほしい。人生は不条理なことだらけだ。その不条理な
事態をどう受け止めれば、自分の人生にとってプラスになるのか、この事態
から考えてほしい。

阪大や京大に進学するのもよいだろうし、今の大学に残って勉学を続けても
良いだろう。しかし、この事態から何を学ぶか、ぜひ、自分自身の人生で起
きた不条理なこととして考えてほしい。

◇最後に、この事態を知った今年の受験生に言いたいのは、このようなこと
は起こり得ることだから、自分がこの事態の当事者になった時に、自分だっ
たら、どうするか、考えてほしい。

例えば、浪人生だったら、どうするか。他大学に進学していたらどうするか。
自分事として考えてほしい。人生は、不条理なことで満ちている。その不条
理な事態に自分が遭遇したらどう受け止めるか、考えてほしい。



+──────────────────────────――――───+
      ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
+────────────────────────────―――──+
+─────────────────────────────―――─+
【教育記事から教育を考える】
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:中土井鉄信(MBA代表)
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL: http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想:mailadm@management-brain.co.jp
+──────────────────────────────―――+
■ 巻末の言霊:中土井の著書から ■

「自分自身で意味を見出し実感することが、非常に重要なことなのです。」

本の紹介はこちら⇒http://www.meijitosho.co.jp/
+───────────────────────────―――───+
■最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
もし、よろしければ、知人の方にこのマガジンをおすすめください。
■転送はご自由になさってください。転載の際はご一報ください。
また、このマガジンの解除は以下のサイトからお願いします。
■いただいたご意見等は、許可なく掲載させていただくことがあります。
掲載を望まない方は、お手数ですが、その旨お書きください。
+────────────────────────────―――──+
【解除はコチラから/配信会社をご確認ください。】
まぐまぐ:http://www.mag2.com/(ID 0000102026)
Melma:http://www.melma.com/(ID 00078104)
旧ミニまぐ:http://www.mag2.com/(ID M0039652)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ