小笠原昭治のマーケティング&ストローク

  • ¥0

    無料

著者サイト

3冊のマーケティング書と、1冊の自己啓発書を上梓した、マーケティングの現場たたき上げの著者が、経営戦略と、ストロークをテーマに贈るメールマガジン。売り上げて、経済的な満足を得るためのマーケティング編と、人間関係の仕組みを知って、精神的な満足を得るためのストローク編の二部構成。相互紹介・相互広告も募集中

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏     小笠原昭治の マーケティング&ストローク
───────────────────────────────────
┏┏             【 経営戦略編 】
───────────────────────────────────
┏      No.537 経営者の判断によりマーケティングは動き出す
───────────────────────────────────
発行総数 2880部
まぐまぐ 2413部 http://www.mag2.com/m/0000111010.html
Melma!  0467部 http://www.melma.com/backnumber_96400/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【CONTENTS】DATE:2017.05.22(月)


    1 CONTENTS & introduction 
    2 【本編】No.537 経営者の判断によりマーケティングは動き出す
    3 マーケティング&ストローク/付記
    4 マーケティング&ストローク/提携誌
    5 メールマガジン相互紹介
    6 メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト
    7 メッセージ紹介 or クッキングマーケティング or ストローク編
    8 編集後記


introduction─────────────────────────────




今回は、前号の続き。バックナンバーは(期間限定公開)
http://www.melma.com/backnumber_96400/

前号を読んでいなくても、わかるようになっています。





───────────────────────────────────
ここから本編が始まります。福ねこ弁当の用意はお済みですか?
https://news.walkerplus.com/article/108860/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       No.537 経営者の判断によりマーケティングは動き出す




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■ どのような事業を興すか決めるのは経営者 ■



───────────────────────────────────



前号までに、


・マーケティング(marketing)の和単語は、事業


・経営戦略(ヒト・モノ・カネ)のモノも、事業


とすると、マーケティング戦略も、モノ戦略も、事業戦略の四文字に集約でき、


【図解】

人事(ヒト)戦略 - 事業(モノ=マーケティング)戦略 - 財務(カネ)戦略
          ───────────────
                |
                ↓
 ──────────────────────────────
|                              |

 STP(誰に) - ベネフィット(何を) - 4P's(どうやって売る?)

|                              |
 ──────────────────────────────


上下左右わずか6つのセルに収まることがお分かりになるでしょう。


(罫線が乱れる場合は、まぐまぐが推奨している-MSゴシック等の-等幅フォント
で御覧ください)


上の三つは、経営戦略。経営者が立てる戦略です。

下の三つは、事業戦略。マーケティングの基本が三つ並びます。


どうして、事業(モノ=マーケティング)戦略のみ、経営者および社員の両方が
関与するか?というと、


どのような事業を興すか決めるのは経営者であり、その決定に従って組織は動く
からです。


わかりやすいのがマーケティング戦略で、通常、一年先まで計画して、新商品
や新事業を開発します。




───────────────────────────────────



■ 経営者の決定によりマーケティングは動き出す ■



───────────────────────────────────



たとえば、ひとくちに、電機メーカーといっても、白物家電を作って売るのと、
パソコンを作って売るのとでは、まったく、事業が異なりますよね?


なぜなら、マーケティング(STP、4P's、ベネフィット)が異なるからです。


ある一社の電機メーカーの中で、事業が異なるということは、マーケティング
も異なります。


そりゃ~そうですよね?パソコンと、冷蔵庫のマーケティングが、同じナはず
ありません。


このように、事業(=マーケティング)は、一社に一つとは限りません。複数
ある企業もあります。



電機メーカーといえば、大手の電機メーカー各社が、介護事業を始めると発表
しました。


電機メーカーなのに、介護とは、かけ離れ過ぎている感も否めませんが、その
参入を決められるのは、経営者のみ。

その判断にかかわる、


人事戦略(ヒト)と、

財務戦略(カネ)が、

事業戦略(マーケティング/モノ)

へ投じられます。


そうして、介護に参入すると決断した経営者の判断によって、新規の事業部なり、
子会社なり、事業戦略(モノ/マーケティング)が動き出します。


1)誰に(STP)

2)何を(ベネフィット)

3)どうやって売る(4P's)

です。もちろん、


1)ヒト(人事戦略)

2)モノ(事業戦略)

3)カネ(財務戦略)


のモノ(事業戦略=マーケティング戦略)で、経営戦略と繋がっていますので、

マーケティングを展開するといっても、湯水のようにジャブジャブお金を使う
わけにはいきませんし(笑)


「あの人が欲しい」「この人はいらん」とダダをこねるわけにもいきません。


人事と財務は、経営戦略だからです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■マーケティング&ストローク■No.537 経営者の判断によりマーケティングは動き出す


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)interActive co.,ltd. & OgasawaraShoji.AllRights Reserved.
> このメルマガは無料で読めます(が 著作権フリーではありません)
> 無断転載や二次利用を禁じます。流用する際は御相談ください


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 付 記 ■このメルマガを初めて御覧になる読者の皆さんへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガを「もっと読みたい」と思ったら、バックナンバーか、あるいは
http://archive.mag2.com/0000111010/index.html

こちらの書籍をご覧下さい。

中小企業基盤整備機構/中小企業庁他協力「あの会社が元気なのには理由がある」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no3.html

1テーマ見開き2ページでテーマごとに読める「売りこむな!期待をくすぐれ!!」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no2.html

マーケティングが推理小説になった「あなたが会社の利益を殺す犯人だ!?」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no1.html

幸せを数えよう「こんなに頑張ってるのにうまくいかない!!と思ったら読む本」
http://stroke-c.blogspot.jp/2015/03/blog-post_21.html

※このメルマガ『マーケティング&ストローク』の発行者が執筆した書籍です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ■□■ 提 携 誌 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ『マーケティング&ストローク』は

■ 売れたマーケティング、バカ売れの法則(売れたま!)
http://www.mpara.com/mag.htm

と提携しています。売れたま!は何冊もの本になっています。登録は今すぐ!


アマゾンが本を売り始めて以来十数年の歴史の中でビジネス書ベスト100」
を選んだ「オールタイムベスト ビジネス書100」
ow.ly/Cd7Hc

経営のすべてを顧客視点で貫く<社長の最強武器>戦略BASiCS
http://tinyurl.com/m6t2lsu


───────────────────────────────────
メルマガ『マーケティング&ストローク』では、提携誌を募集しています。
※高品質のマーケティングorストローク系メルマガと提携しています。提携の
目的や提携後の展望など審査は厳格ですので、予め御了承の上お申込み下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ メールマガジン相互紹介 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ『マーケティング&ストローク』では、相互紹介メルマガを募集して
います。ご希望の方は
https://0gasawara.blogspot.jp/1999/01/mailmagsogo.html
をご覧ください。(ご覧になっていないお申込みには返信できかねます)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■  メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト  ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターアクティブ・マーケティング
http://www.interactive-marketing.co.jp/
マーケティング・ストラテジスト小笠原昭治オフィシャルサイト
https://0gasawara.blogspot.jp/
ストローク・コミュニケーション
https://stroke-c.blogspot.jp/
このメルマガへ対するお問い合せ・質問・読後感想は
http://www.interactive-marketing.co.jp/cp-bin/phpformmail/
こちら↑の問合せフォームからメッセージをお寄せ下さい。メールアドレスは
interactive7marketing@gmail.com
※寄せられた応援メールやメッセージは↓このメルマガにてご紹介しています
(多い姓の上位1,000[人口の50%]のみ苗字を載せています)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ ス ト ロ ー ク 編 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



58回目のストローク編。否定的ストロークと、ディスカウントの違い。


否定的ストロークとは「犯罪?悪いものは悪い」と否定するストロークのこと。


叱り(と怒りの違い)ですね。


一方のディスカウントは、自分を含めた誰か(何か)の価値や、存在を認めない
こと。


認めないことにより、その価値を値引きし(ディスカウント)、過小評価する
ことによって、心理的な均衡を図る(自己防衛する)言動です。



たとえば、過小評価されまいと(存在を認めてもらおうと)頑張っているのが、


暴走族です(笑)


「憎んでも、覚えてて」ってコトですな。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ■□■ 編 集 後 記 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




近ごろ、メルマガが遅筆になりがちな原因の仮説を、ひとつ見つけました。


それは(おそらく)老眼。


ピントが合いにくくなっているのでしょう、すぐに目が疲れて、以前のように、
何時間も集中して、モニターの前に座っていられなくなりました。


出張時に使っているノートですと、肩にも、腰にも、きます。


目 肩 腰に…のアリナ〇ンが、何十年も売れ続けるわけです。


この世の中から、40~50代のみスッポリ消え去りませんからね。


ある年代のみ狙った、年代マーケティングって、アリかも。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      メールマガジン ■ マーケティング&ストローク ■ 終

───────────────────────────────────


筆者:小笠原昭治(インターアクティブ有限会社/経営者連邦)
https://0gasawara.blogspot.jp/2001/12/blog-post.html


小笠原昭治の電子書籍を立ち読み(インプレス QuickBooks)
http://quickbooks.impress.jp/?p=878


小笠原昭治のコンサルティング メニュー
http://www.interactive-marketing.co.jp/pro/product.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「今日のメルマガは、あの人が気にしている内容だったっけ。そうだ!お役に
立つかもしれない。転送してあげよう!」

と、当マガジンを、知人や顧客へ転送すれば、貴重な接触機会が一回増えます
ね?

しかも、作る手間いらずでタダ。送信メールのサンプルは、

----------------------------

○○○○様

お世話になっております。△△△△です。

さて、早速ですが、○○○○様が、以前、このメルマガに書かれてある内容を、
http://archive.mag2.com/0000111010/index.html

お気になさっていたような記憶がありましたので、お役に立つかも知れないと
思い、メールを差し上げました。

ご休憩のひとときにでも、お楽しみ頂ければ幸いです。

△△△△拝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
小笠原昭治のマーケティング&ストローク
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年05月22日
 
発行部数
2,411部
メルマガID
0000111010
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ