成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」

  • ¥0

    無料

学校でも、塾でも教えてくれない「勉強の常識」があります。できる子の親だけが知っている「常識」とは?ストロング宮迫が、大きな声でこっそりあなただけに“16文キック”。中学受験・高校受験の親必見!PHP研究所よりメルマガが本になって絶賛発売中!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月16日
 
発行部数
7,105部
メルマガID
0000118946
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 幼稚園・小学校・中学校

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今回のテーマは「テストの反省会」。反省をするタイミングと方法とは?

15年目の週刊親技No.1360です。本日7/16の配信では28,733人の読者の方にこの週刊親技を配信しています。

___________
★今回の週刊親技
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、タイガー山中です。
 
猛暑日が続き、夏休み前にバテテしまいそう。

そんな中、行列をなして進学塾に通う子どもたちの姿を見る機会がありました。

これから授業があるのでしょう。勝負に向かう良い顔をしていましたよ。

家を出るときはヘラヘラ顔だったとしても、塾に到着する頃には表情が変わるわけですね。

さて、7月に入り中学生でいえば期末テスト、中学受験でいえば夏休み前のテストがある時期です。

夏休み「before」「after」を比べるときの「before」にあたるテストです。

夏休みの後半にあるテストが「after」で、この2つのテストを比較して、夏休みの成果がどうだったかを判定することになります。

できれば「before」のテスト、キッチリと点数をとっておきたいです。


「before」が良かったら
「after」が大変にならないかって!?


はい、大変にはなりますが、しっかり点を取っておくほうがいいです。

「before」のテストが良い結果の方が、夏休みも張り切って頑張れますから。

反省会というよりも次回のテストに向けた決起会となりますが、今回良かった点を存分に話し合い、さらにパワーアップして臨むにはどうしたらいいかを親子で話合うといいでしょう。

一方、今回のテストが残念な結果だったらどうすべきか?

結果について、嫌味を言って終わるのは最悪の反省会です。

点数が良い悪いにかかわらず、今回の反省を次回のテストにどう活かすかが一番大切なところです。

親技では、反省の「タイミング」と「方法」で次のテストの結果に違いがでることがわかっています。

まず、反省するタイミングはいつがいいのか?

いつも言っていますが「できるだけ早い方がいい」です。

ほとんどの方にとっては「テストの返却時」のタイミングだと思います。

ここで注意すべきは、テストの結果を見て、「今こそ言ってやる!」とガミガミ嫌味を言うのは効果ありません。

嫌味を言われたら頑張る、なんて子どもいませんから。

反省会の目的は何か?


「次のテストへの希望」


を親子で共有することに他なりません。

次のテスト、こうやったら今回より良くなりそうだ!

と思えるために反省するのです。

次に反省する「方法」ですが、テスト分析することをお勧めします。

ひとことで言えば、


「どれなら次はとれる?」


が基本です。

親技では、問題をABCに分けて分析する方法を実践してもらっていますが、大雑把にいえば「どれなら次はとれる?」を探すことですから。

今回のテストで、この問題は取れないといけなかったよ、という問題を選ばせて、本当に解けるかをやってみる。

本当に解けて正解であれば、「今回は残念だったけど、次は取ろうぜ!」でOKです。

一通り取れる問題がわかれば、「次のテストへの希望」が見えてきます。どうです、簡単ですよね?


ですが、ここで終わりではありません。

ここで終わると次回も同じ結果です。

同じやり方だと、次も取れないよ!

親技では、↑これ↑常識です(^_^)

次にこのレベルの問題を正解するために、何を変える?を決めること。

ここでも「タイミング」と「方法」です。

テスト直前に解けることを確認するためには、2週間前に一度確認テストをすることにしよう。といった具合に確認するタイミングと方法を決めるのです。

問題選びは親の役目、としておくとうまくいく確率はさらに上がります。普段は嫌がる子でも、テスト返却のタイミングなら渋々でも受け入れることがありますから。

今の話を聞いて、親子で行う反省会というよりも、親子の作戦会議みたいと思えた方は正解です!

嫌味を言ってる暇があれば、次回に向けた作戦を!


_______________
★週刊親技からのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

夏休みから入試演習をはじめる塾があります。

そこで、ぶつかるのが「入試問題の壁」。

今までやってきた勉強では通用しない問題、これまで取ったことのない点数にガッカリして自信を失くす。

親技では、そんな入試演習をお勧めしません。

入試問題に取り掛かる前に、武器を準備しましょう!!

先輩親カツ生から夏休み後に届いた報告を紹介!

小6 ピヨピヨさん
------------------------------
入試実践テクニック、やってますよ!

DVDは親子で一緒に2回見ました。でも、難しいですねえ。最初の予定通りになかなかできません。

特にできそうな問題とできそうにない問題の区別がねえ。

子供ができそうと感じたときについ予定時間をオーバーして取り組んでしまい、できそうにない問題にも熱心に取り組んでしまう。熱心はいいのですが。

ストロングさんに10分を越えて取り組んでいい入試問題なんてそうないですよ!と言われた意味がようやくわかりました。

それでも夏休みは入試演習にも積極的に取り組み、以前よりはだいぶんよくなりましたから。
------------------------------

入試演習の前に、公開テスト対策を何とかしたい!という人もまだまだ多いでしょう。

そのような方に、今から8/8日(月)までの期間限定で「公開テスト対策講座」を親カツ講座のメンバー専用ページにて無料で公開します。

夏休み中に公開テスト対策をマスターしてから、入試演習といきましょう!


◆まもなく開講!親カツ後期講座「入試実践コース」
http://www.oyawaza.com/oyakatu2.php

※希望者には公立高校入試対策問題集「マッハ50」を無料で公開
※親カツ前期からの継続の方は特典があります。お申し込みは継続生専用ページから。

◆成績がイイ子の親だけが知っている『10の鉄則』
http://www.oyawaza.com/10-2.php

◆日々の勉強をノリノリでするやり方を伝授【算数・数学】【英語】
http://www.oyawaza.com/7-2.php

★親技の教材の選び方
http://www.oyawaza.com/master.php

親技や教材に関する質問・相談は support@oyawaza.com まで連絡ください。サポートチームが対応します!

★親技公式サイト
http://www.oyawaza.com/


_______________
★今回の相談
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今回の相談は、受験生のお母さんからの相談です。

・過去問はいつからはじめるべきか?
・塾では過去問はお盆前まで禁止と言われている
・合格体験記では早い方がいいと書いてある

いろいろな意見がある中で、過去問をどう扱うべきかについてストロング宮迫が詳しく解説してくれます!

続きはこちらからどうぞ↓↓↓
http://www.oyawaza.com/backnumber/post-426.php


以上、今回はここまでです。

★親技公式サイト
http://www.oyawaza.com/

◆会員ログインのことで迷ったら
http://www.oyawaza.com/login_forget.php


この配信はメールアドレスをご自身で登録された方にお送りしています。

メルマガ配信の中止を希望の方は【まぐまぐ】からご自身で解除してください。
http://www.mag2.com/m/0000118946.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊親技案内人:ストロング宮迫@親技.com
住所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル923-521
e-mail:study@oyawaza.com
TEL:050-5539-6360
※各種お問い合わせはメールでお願いいたします
☆掲載記事を許可なく転載することを禁じます
☆当メールにより生じる損害等についての責任は負いません
Copyright(c) 2003-2018 UP2 all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ