親力で決まる子供の将来

  • ¥0

    無料

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
親力で決まる子供の将来
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月21日
 
発行部数
44,712部
メルマガID
0000119482
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●なぜ「木」の2画目をはねるとバツなのか?
http://toyokeizai.net/articles/-/188728
●靴の整頓ができないとサッカーもうまくならない?
http://benesse.jp/kyouiku/201511/20151124-1.html
●一人っ子あるある、正しいものは?
http://mama.bibeaute.com/article/15473/
●子どもを人前で叱るのは逆効果!恨みだけが残る場合も
http://mamanote.jp/news/7331
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              2017/09/21
親力で決まる子供の将来 No2080
                 発行者:親野智可等  http://www.oyaryoku.jp
                 親力講座:毎日更新 http://oyaryoku.blog.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

夏休みの宿題をメルカリで買う、代行業者に委託。それで子どもはどうなる?
http://mamanote.jp/news/7538
   ママノート
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


●子どもの心の傷になり、親に不信感を抱くようにも



今回の夏休みも次のようなニュースを何度も耳にしました。

◎メルカリで買った宿題を自分がやったと偽って学校に提出する。
◎宿題代行業者に書いてもらった読書感想文を自分が書いたと偽って学校に提出する。



親が子どもにこういうことをさせているとどうなるでしょう?

子どもの頃にした「ずる」「不正」は、一生忘れられない心の傷になる可能性があります。
親は平気でも、子どもの心はそうはいかないのです。



また、こういう不正を親がやらせることには、大きな弊害があります。

それは、子どもは親の人間性に対する不信感を持つようになるということです。
そして、これが後々響いてきます。



●子どもが親の人間性に対する不信感を持ってしまう



こういうことをさせる親が、その後いくら立派なことを言っても、子どもは信じなくなる
可能性が高いと言えます。

そういう親に、「ずるはいけない。正しいことをしなさい」「やっていいことと悪いこと
の区別をつけなさい」などと言われて、子どもが「本当にそうだ。気をつけよう」と素直
に思えるでしょうか?



ゴミをポイ捨てする姿を見せている親が、「ゴミをポイ捨てしてはいけない。持ち帰って
捨てなさい」と言っても、子どもは「本当にそうだ。気をつけよう」と思わないのと同じ
です。

生きていく上での芯となる基本的な倫理観は、親の生き方を見て身につける部分が多いの
です。



●目的のためなら手段を選ばないという生き方が身についてしまう



うちの子は塾での受験勉強に集中させたいので、学校の宿題をやる時間など無いと言う親
がけっこういるようです。

受験競争を勝ち抜くという目的のために、こういう不正行為を正当化してしまっていると
いうことですね。



でも、これは「目的のためなら手段を選ばなくてよい。どんなことをしてもよい。不正を
してもよい」 と教えているようなものです。


つづく
http://mamanote.jp/news/7538


────────────────────────────────────────

●しずくちゃんを救う会
http://bit.ly/2hSHYSu
http://www.save-shizuku.com/
小さなことでもできることを1つずつ。塵も積もれば山となる


●パパママ必見! ちょっとの工夫で子どもの忘れ物を減らす方法
http://iko-yo.net/articles/2282

●メンタルにも頭脳にも重要! 読み聞かせをしよう
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8078

●親から人格を否定する言葉をぶつけられると、子どもは自己否定感と人間不信にとらわれる
https://www.tomas.co.jp/schola/list/1661/

●直接子どもを変えることはできない。親が変われば子どもも変わる
https://kids.gakken.co.jp/parents/learning/oyano08/


●Best Othello ベストオセロ
オセロは誰でも始められて誰とでも遊べるゲームです。
それでいて奥が深いので頭を鍛え集中力を磨くことができます。
小さな子からお年寄りまで、家族や友達とのコミュニケーションもばっちり。
http://tinyurl.com/3dav3ew


●歴史人物ゲームカード
http://www.rakuben.com/歴史人物ゲームカード-歴史/

●日本地理カルタ
http://www.rakuben.com/日本地理カルタ-地理/

●星座カルタSP
http://www.rakuben.com/星座カルタsp-星座-理科/


●子どもの将来は「作文力」で決まる!

私は教師として子どもたちを教える中で、作文が書けない子に抽象的なアドバイスをして
もムダだということがよくわかりました。「もっと具体的で、どんな子でも書けるようにな
る方法はないものか?」と考え、たどり着いた結論の一つが「フォーマット作文」です。

この本には、誰でも書ける作文のフォーマットをたくさん載せました。
http://amzn.to/1RAYMnL


●ノートの書き方&デコマスター─ミラクルわかる!
親野智可等の楽しいノウハウが満載。女の子に大好評

小2の娘にせがまれて購入。イラストを入れたり自分の感想を入れたり後で見てもわかり
やすくまとめていて、担任の先生にとても感心されていました。(レビュー)
http://tinyurl.com/8mv6bgr


●「同音異義ゲームカード」

カルタで遊びながら、自然に漢字の使い分けができるようになります
・宇宙探検隊いがいは宇宙船に乗れない (以外)
・宇宙探検で友達のいがいな一面を見た  (意外)
http://www.rakuben.com/onlineshop/douon/index.html

────────────────────────────────────────

「バックナンバーの見やすいインデックス」があります
http://www.higeusagi.com/oya/o-index.htm
                     作:ひげうさぎさん @「親力」私設応援団
                            http://www.higeusagi.com/
子どもと本をつなぐ Facebookページ「おふぃす ひげうさぎ」
            ひげうさぎさん管理 ⇒ http://www.facebook.com/o.higeusagi
────────────────────────────────────────
Copyright(C)2003-2017  Oyaryoku All Rights Reserved
『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています

メルマガの登録と解除はご自身でお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

親力講座
http://oyaryoku.blog.jp/

親野智可等のHP
http://www.oyaryoku.jp

講演についてのお問い合わせとご依頼
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html

親野智可等の講演実績
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html#kouen-jisseki

取材、執筆、その他、お仕事のご依頼
http://www.oyaryoku.jp/contact.html

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

◎慢性的にメールの返信が追いつかない状態です。いろいろなお申し込みに返信し切れま
せんことを、心よりお詫び申し上げます

◎メルマガやHP等の内容及び紹介している物等に関するトラブル等につきましては、一
切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断ください
────────────────────────────────────────
◎ご感想や激励のメールをいつもありがたく読ませていただいております。いつも本当に
励まされ心が温かくなり、私の最大のエネルギー源になっております。個別でお返事を差
し上げられなくて、申し訳ありません

◎読者の皆さんからのメールは、事前の告知なくメルマガやHP等に匿名で掲載させてい
ただくことがあります。また、その際、文意を損なわない程度の編集をさせていただくこ
ともあります。掲載をお望みでない場合は、その旨ご明記ください

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ