親力で決まる子供の将来

  • ¥0

    無料

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
親力で決まる子供の将来
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月14日
 
発行部数
45,154部
メルマガID
0000119482
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●親野智可等が講演します!
http://www.kaichigakuen.ed.jp/nozomi/index.html
↑↑↑↑↑の「第1回学校説明会」をクリックすれば詳細が出ます

●親野智可等のインスタグラム。「お笑い! 教科書クイズ」毎日更新中
https://www.instagram.com/oyanochikara/
●子どものプリントが多すぎてぐちゃぐちゃです
http://benesse.jp/blog/20120131/p1.html
●「いい子」「悪い子」すべては"親の決めつけ"だ
http://toyokeizai.net/articles/-/185082
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              2018/02/14
親力で決まる子供の将来 No2127
                 発行者:親野智可等  http://www.oyaryoku.jp
              ブログ親力講座:毎日更新 http://oyaryoku.blog.jp
       インスタグラム:毎日更新 https://www.instagram.com/oyanochikara/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

算数・数学が苦手な子に親ができること
https://kids.gakken.co.jp/parents/learning/oyano_23/
                                学研キッズネット
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


●算数・数学が苦手な子はつらい



算数・数学ができない子は、授業中つらい思いをしていることが少なくないです 。
特に高学年や中学生はそうです。

国語や社会などなら、苦手な子でも部分的にわかるということもあります。
でも、算数・数学はそうはいきません。



なぜなら、算数・数学は積み上げ教科だからです。
つまり、既に学んだ内容の上に新しい内容を積み上げていく教科だということです。

ですから、躓いてよくわからないままになってしまうと、その後はますますわからなくな
ってしまうのです。

算数・数学が苦手な子の多くは、わけがわからないまま教室に座っているという状態が続
きます。



●日本の学校では、わからない子への個別指導ができない



本来は学校でそういうところまで個別指導して、一人一人の躓きに対応してくれるといい
のですが、実際にはそれができません。

なぜなら、日本は小学1年生は35人学級ですが、それ以外は基本的に40人学級、つまり
大人数教育だからです。



日本の先生が授業中に個別指導をしていれば、他の子はほったらかしになります。

そもそも授業を進めることができませんので、その学年で教えるべき内容を教え切ること
ができなくなります。



休み時間に個別指導をすれば、次の受業の準備もできませんし、保護者からの連絡帳に目
をとおして返事を書くこともできません。

子どもたちとおしゃべりしたり触れ合ったりなどのコミュニケーションもできません。



●欧米の学校では、わからない子への個別指導ができる



欧米は教育予算を増やして先生の数を増やし、少人数教育を実施していますから、個別指
導が可能です。

例えば、フィンランドは1学級20人の少人数教育です。
同時に、複数担任制でもあり、アシスタントティーチャーがつきます。



その上、授業に付いていけない子に個別指導をするスペシャルティーチャーもつきます。
つまり、3人体制の授業なのです。

彼我の違いを嘆かざるを得ません。



資源のない日本ですから、教育にお金を向けて人づくりをすることが大切なはずです。

ところが、日本の教育機関に対する公的支出は、国内総生産(GDP)の約3.5%で、加盟34
カ国の中で最下位です。



日本の最下位は6年連続です。
(以上は「図表でみる教育2015年版」より)

子育て世代の人たちと、そのよき理解者たちは、政治や行政に働きかけて教育の予算を獲
得する必要があるのです。


つづく
https://kids.gakken.co.jp/parents/learning/oyano_23/


────────────────────────────────────────

●特別付録の『模擬時計シート』がついて、今すぐ始められます
http://amzn.to/2Gpvie9

●給食が食べきれず登校拒否するわが子への正しい対処法
http://mama.bibeaute.com/article/70335/

●入学準備で一番大切なことは?
http://benesse.jp/kosodate/201801/20180123-1.html

●親から人格を否定する言葉をぶつけられると、子どもは自己否定感と人間不信にとらわ
れる
https://www.tomas.co.jp/schola/list/1661/

●子どもの左利きは矯正しない方がいい!?【育児の新常識】
http://iko-yo.net/articles/1482

●事件にならないまでも、密かに進行する中学受験の弊害
https://kids.gakken.co.jp/parents/learning/20160915oyano07/

●小学校低学年の子どもと親のコミュニケーション術(連載バックナンバー)
http://dual.nikkei.co.jp/list.aspx?rid=9659

●歴史人物ゲームカード
http://www.rakuben.com/歴史人物ゲームカード-歴史/

●同音異義ゲームカード
http://www.rakuben.com/同音異義ゲームカード-国語/

●百までトレンプ
http://www.rakuben.com/百までトレンプ-算数トレンプ/


大好評をいただいているシリーズの7冊目です
↓↓↓↓↓
●小学生ことばパズル クロスワード にたことば・はんたいのことば 1・2年生

語彙を増やすのに効果的なのが似た言葉と反対の言葉を覚える方法です。
本書は小学1・2年生の教科書に出る言葉から、「同義語」「対義語」を中心にパズルを作
成。
http://amzn.to/1PanwmK


●親が子どもに教える「算数力」

算数の「本当に大切なポイント」と「解き方のコツ」を知っているといないとでは、本当
に大きな差が出ます。

「本当に大切なポイント」と「解き方のコツ」が満載。
http://tinyurl.com/jv5b9mk


●星座カルタSP

星座のことは何一つ知らない段階から始めて、いつのまにか夜空の星々の中からどんどん
星座を見つけ出せるようになります。
http://www.rakuben.com/onlineshop/seiza/index.html

────────────────────────────────────────

「バックナンバーの見やすいインデックス」があります
http://www.higeusagi.com/oya/o-index.htm
                     作:ひげうさぎさん @「親力」私設応援団
                            http://www.higeusagi.com/
子どもと本をつなぐ Facebookページ「おふぃす ひげうさぎ」
            ひげうさぎさん管理 ⇒ http://www.facebook.com/o.higeusagi
────────────────────────────────────────
Copyright(C)2003-2018  Oyaryoku All Rights Reserved
『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています

メルマガの登録と解除はご自身でお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

親力講座
http://oyaryoku.blog.jp/

親野智可等のHP
http://www.oyaryoku.jp

講演についてのお問い合わせとご依頼
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html

親野智可等の講演実績
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html#kouen-jisseki

取材、執筆、その他、お仕事のご依頼
http://www.oyaryoku.jp/contact.html

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

◎慢性的にメールの返信が追いつかない状態です。いろいろなお申し込みに返信し切れま
せんことを、心よりお詫び申し上げます

◎メルマガやHP等の内容及び紹介している物等に関するトラブル等につきましては、一
切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断ください
────────────────────────────────────────
◎ご感想や激励のメールをいつもありがたく読ませていただいております。いつも本当に
励まされ心が温かくなり、私の最大のエネルギー源になっております。個別でお返事を差
し上げられなくて、申し訳ありません

◎読者の皆さんからのメールは、事前の告知なくメルマガやHP等に匿名で掲載させてい
ただくことがあります。また、その際、文意を損なわない程度の編集をさせていただくこ
ともあります。掲載をお望みでない場合は、その旨ご明記ください

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ