親力で決まる子供の将来

  • ¥0

    無料

著者サイト

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

●まさか自分が…多くの親に潜む「毒親」の兆候
http://toyokeizai.net/articles/-/172443
●担任は若い新任の先生。相談できるのか不安
http://benesse.jp/blog/20060509/p3.html
●親力講座 ぞくぞく更新中
http://oyaryoku.blog.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              2017/05/23
「親力で決まる子供の将来 」・・No2031
                             発行者・・・親野智可等
                             http://www.oyaryoku.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「兄弟の中で誰が一番好き?」と聞いてくる子
http://benesse.jp/kosodate/201705/20170523-1.html
                               教えて! 親野先生
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


【質問】



男の子が3人います。
平等に育てているつもりなのですが、小学2年生の次男が「兄弟の中で誰が一番好き?」
とか「ぼくと弟のどっちが好き?」などと聞いてきます。

こういうとき、何と答えればいいでしょうか?「あなたが一番好き」と答えていいもので
しょうか?

相談者・竹の子ママ さん(小2 男子)



【親野先生のアドバイス】



竹の子ママさん、拝読しました。
子どもがこういう質問をしてくると、親は困りますよね。

そして、その子を安心させるために、つい「あなたが一番好き」とか「あなたの方が好き」
などと言いそうになるかも知れません。



でも、私はそういう答え方はしない方がいいと思います。

というのも、その子が後で他の子に「ママはぼくのことが一番好きって言ってた」などと
言う可能性もあるからです。



もう一つの理由は、そういう答え方は「親の愛情は平等ではない」と言っているのと同じ
だからです。

それは子どもにとって不安なことです。
もしかしたら、他の子にも同じように言っているかも知れません。
それに、今は自分のことが一番好きでも、いつかその順番が変わるかも知れません。



親の言うことを聞かなかったり、テストの点数が悪かったりすると、その順番が変わるか
も知れません。

そういう不安を抱えながら、常に親の愛情の量について自分と他の兄弟を比べながら生活
しなければなりません。



そういうことにならないためには、親の愛情は無条件に平等であるということを伝える必
要があります。

ですから、「3人ともみんな大好きだよ」「みんな一番好きだよ」「あなたも弟もどっちも
大好きだよ」と答えてあげて欲しいと思います。



そうすれば、子どもは親の愛情は平等だとわかりますし、兄弟で奪い合う必要もありませ
ん。


つづく
http://benesse.jp/kosodate/201705/20170523-1.html


────────────────────────────────────────

これは画期的です!
↓↓↓↓↓
●さわって学べる算数図鑑
http://amzn.to/2ghX8L9

足し算、掛け算、分数から、図形や立体まで、算数に関する様々なことを、しかけを通し
て体感できる図鑑。説明を読んだり、計算したりするだけではわからなかったことも、い
ろいろな種類のしかけを使って直感的に理解できる。算数が大好きになる体感型算数本!


●同音異義ゲームカード
http://www.rakuben.com/同音異義ゲームカード-国語/

●ことわざかるた
http://www.rakuben.com/ことわざカルタ-国語/


●「百玉そろばん」

「わが子を算数で苦労させたくない!算数を得意にしてやりたい!」
という方に、親野智可等の百玉そろばんを心からおすすめします。

算数の地頭を鍛えるのに、打って付けの最強楽勉グッズ!!
小学校入学前の子と低学年の子には、本当に役立ちます。
親野智可等が全力で執筆した、親用のテキストが付いています。
http://www.rakuben.com/楽勉グッズ/百玉そろばん-算数-計算/


●はじめての小学生ことばパズル クロスワード 1・2年生(学研)
http://amzn.to/1oa8Sv8

我が子は男の子が得意な算数や理科や社会は喜んで取り組むのに、国語のやる気はイマイ
チ・・ですが、これは面白かったのか勝手に何ページも進めていました。(レビュー)


●小学生ことばパズル クロスワード 3・4年生(学研)
http://amzn.to/1sXgMz6

この本の1・2年生版を、子供が楽しんで何ページもしていたので、続編も購入しました。

子供は小学校の3年間、子供自身が選んだドリルを100冊以上してきましたが、実際取り組
んだ時に子供の食い付きが良かったベスト3に入るのではないかと思います。(レビュー)

────────────────────────────────────────

「バックナンバーの見やすいインデックス」があります
http://www.higeusagi.com/oya/o-index.htm
                     作:ひげうさぎさん @「親力」私設応援団
                            http://www.higeusagi.com/
子どもと本をつなぐ Facebookページ「おふぃす ひげうさぎ」
            ひげうさぎさん管理 ⇒ http://www.facebook.com/o.higeusagi
────────────────────────────────────────
Copyright(C)2003-2017  Oyaryoku All Rights Reserved
『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています

メルマガの登録と解除はご自身でお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

親力講座
http://oyaryoku.blog.jp/

親野智可等のHP
http://www.oyaryoku.jp

講演についてのお問い合わせとご依頼
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html

親野智可等の講演実績
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html#kouen-jisseki

取材、執筆、その他、お仕事のご依頼
http://www.oyaryoku.jp/contact.html

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

◎慢性的にメールの返信が追いつかない状態です。いろいろなお申し込みに返信し切れま
せんことを、心よりお詫び申し上げます

◎メルマガやHP等の内容及び紹介している物等に関するトラブル等につきましては、一
切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断ください
────────────────────────────────────────
◎ご感想や激励のメールをいつもありがたく読ませていただいております。いつも本当に
励まされ心が温かくなり、私の最大のエネルギー源になっております。個別でお返事を差
し上げられなくて、申し訳ありません

◎読者の皆さんからのメールは、事前の告知なくメルマガやHP等に匿名で掲載させてい
ただくことがあります。また、その際、文意を損なわない程度の編集をさせていただくこ
ともあります。掲載をお望みでない場合は、その旨ご明記ください

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
親力で決まる子供の将来
発行周期
不定期
最終発行日
2017年05月23日
 
発行部数
44,887部
メルマガID
0000119482
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ