親力で決まる子供の将来

  • ¥0

    無料

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
親力で決まる子供の将来
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月22日
 
発行部数
44,949部
メルマガID
0000119482
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●保育園にいくと乱暴な言葉を覚えてきます
http://benesse.jp/blog/20051124/p4.html
●給食が食べきれず登校拒否するわが子への正しい対処法
http://mama.bibeaute.com/article/70335/
●パパママ必見! ちょっとの工夫で子どもの忘れ物を減らす方法
http://iko-yo.net/articles/2282
●親力講座 ぞくぞく更新中
http://oyaryoku.blog.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              2017/07/22
「親力で決まる子供の将来 」・・No2053
                             発行者・・・親野智可等
                             http://www.oyaryoku.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【同調NG】クラスの問題児に悩む我が子への正しい励まし方
http://mama.bibeaute.com/article/70341/
                                    ママテナ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


日々、わが子の友だち関係がうまくいっているかは、親としては気になることのひとつ。
例えば、こんなことがあったとき、親としてどう対処しますか? 

問題行動のあるクラスメイトに日ごろから嫌なことを言われたり、授業を邪魔されたりと
悩まされていたわが子が、ある日“あんな奴、どっかいっちゃえばいいのに!”“ウザい!
”などと好ましくない発言をしていたら…。

実は、こういうときの対処の仕方は、とても慎重でなければならないそうです。
そこで、教育評論家の親野智可等先生にお話をうかがいました。



「親御さんとしては、わが子が“あんな奴どっかいっちゃえばいい!”なんて言っていた
ら、“そんなこと言っちゃダメでしょ!”と、いいたくなりますよね。確かに、言ってい
い言葉ではありませんから、親としてきちんと教えたいと思うのは当然のことです。ただ、
今それを言って聞くでしょうか? むしろ今の子どもの状況はそういった正論をそのまま
素直に受け入れることができない状況。つまり、それほど悔しい気持ちなのです」(親野
先生、以下同)



このときに、一方的に叱ってしまうと、子どもは心を閉ざして何も言わなくなってしまう
ので注意が必要だという。



「お母さんは自分の気持ちをわかってくれない。どうせ言っても仕方がないから言うのを
やめよう…と、肝心なことを話さなくなってしまう可能性もあるので、決して叱ってはい
けません」



まず、その気持ちを受け止めてやることが大切だという。

「お子さんは、そんな言葉を言ってはいけないことくらいわかっていますし、本気で“い
なくなっちゃえばいい”なんて思っていません。そう言いたいくらい悔しかったのです。
だから、まずはその気持ちに共感することが大切なのです。『そんなこと言われたんだ。
それはイヤだったね』『悔しかったね』と」



悔しい思いに十分に共感してもらえれば、それだけで子どもの気持ちはかなり落ちつくと
いう。

ただし、決して“そうだよね、そんな子いなくなっちゃえばいいよね。みんなで無視しち
ゃえば”などと、余分なことを言い過ぎてはいけないという。
それは“安易な同調”だからだ。



「共感と安易な同調は違います。ここはしっかり区別しなければならないポイントです。
このような安易な同調をされてしまうと、子どもは気持ちが落ち着くどころか、火に油を
注がれたように余計に激しくなってしまう可能性があります」

例えば、以下のようなケースのとき、共感と安易な同調の違いとは?


つづく
http://mama.bibeaute.com/article/70341/


────────────────────────────────────────

これは面白い!^^ページをめくる手が止まらない
↓↓↓↓↓
●どうなっているの?だんめん図鑑
http://amzn.to/2eDahDo

断面で丸見え!物の仕組みは美しく面白い。野球ボール、サッカーボール、ボーリング玉、
スマートホン、炊飯ジャー、カメラ、ダンプのタイヤ、歯ブラシ、シャチハタのハンコ…。
普段の生活で見ている「物」の断面の写真絵本。物を切断して見ることで工夫や仕組みを
解明。自然科学系の能力を伸ばしたいと願う親御さん、探求心のある児童にお薦め


●星座カルタSP
http://www.rakuben.com/星座カルタsp-星座-理科/

●同音異義ゲームカード
http://www.rakuben.com/同音異義ゲームカード-国語/

●百までトレンプ
http://www.rakuben.com/百までトレンプ-算数トレンプ/

●日本地理カルタ
http://www.rakuben.com/日本地理カルタ-地理/


●頭がいい子の図鑑の読み方・使い方

図鑑の活用例がとても参考になります
アイデアいっぱいで、すぐにでも試してみたくなるものばかりです
どんな図鑑を選んだらよいか、注意点も必見です。(レビュー)
http://tinyurl.com/bdrujf8


親野智可等のベスト・ロングセラー
↓↓↓↓↓
●「叱らない」しつけ

叱りたくないのに叱ってしまう
叱らない決意をしても、やっぱり叱らずにはいられない
こういう人は、『「叱らない」しつけ』をぜひ読んでください
http://www.oyaryoku.jp/books/sikaranai.html


●歴史人物ゲームカード

読み札にはその人物に関わるキーワードを織り込んだ五七五が、取り札にはその人物の特
徴をよく表す印象的な場面が描かれています
http://www.rakuben.com/歴史人物ゲームカード-歴史/

────────────────────────────────────────

「バックナンバーの見やすいインデックス」があります
http://www.higeusagi.com/oya/o-index.htm
                     作:ひげうさぎさん @「親力」私設応援団
                            http://www.higeusagi.com/
子どもと本をつなぐ Facebookページ「おふぃす ひげうさぎ」
            ひげうさぎさん管理 ⇒ http://www.facebook.com/o.higeusagi
────────────────────────────────────────
Copyright(C)2003-2017  Oyaryoku All Rights Reserved
『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています

メルマガの登録と解除はご自身でお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0000119482.htm

親力講座
http://oyaryoku.blog.jp/

親野智可等のHP
http://www.oyaryoku.jp

講演についてのお問い合わせとご依頼
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html

親野智可等の講演実績
http://www.oyaryoku.jp/lecture.html#kouen-jisseki

取材、執筆、その他、お仕事のご依頼
http://www.oyaryoku.jp/contact.html

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

◎慢性的にメールの返信が追いつかない状態です。いろいろなお申し込みに返信し切れま
せんことを、心よりお詫び申し上げます

◎メルマガやHP等の内容及び紹介している物等に関するトラブル等につきましては、一
切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断ください
────────────────────────────────────────
◎ご感想や激励のメールをいつもありがたく読ませていただいております。いつも本当に
励まされ心が温かくなり、私の最大のエネルギー源になっております。個別でお返事を差
し上げられなくて、申し訳ありません

◎読者の皆さんからのメールは、事前の告知なくメルマガやHP等に匿名で掲載させてい
ただくことがあります。また、その際、文意を損なわない程度の編集をさせていただくこ
ともあります。掲載をお望みでない場合は、その旨ご明記ください

◎個人的なご質問ご相談に返信できませんことを、心よりお詫び申し上げます

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ