イタリア文化講座

  • ¥0

    無料

イタリア大好き人間のための総合教養誌。美術、音楽、フード、ファッション、スポーツなど、一流の専門家が超ためになる今日コラムを満載。イタリアファンの他、イタリアビジネス関係の人、語学学習者も必読。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
イタリア文化講座
発行周期
週刊
最終発行日
2018年02月15日
 
発行部数
1,357部
メルマガID
0000124250
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > ヨーロッパ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

─[PR]──────────────────────────────
       地方都市、海外にお住いの方に吉報!
   
     オンライン・トリヴィウムコース 3月開講!
オンラインセミナー・ラジオ講座を駆使して3か国語の翻訳者になろう
詳細は http://www.polyglot.jp/school/online_trivium_course.html

      通常の「トリヴィウムコース」ももちろん健在です
     http://www.polyglot.jp/school/trivium_course.htm      
──────────────────────────────[PR]─
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イタリア文化講座  vol.367     http://www.polyglot.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Ciao a tutti!

2月といえばヴァレンタイン!
店頭には甘い香りのおいしそうなチョコがたくさん!

もともとはイタリアの都市テルニが発祥。
テルニの守護聖人、聖ヴァレンティヌスにちなみ「恋人たちの町」
とも呼ばれているそうです。
なんともロマンチックですね。

 それでは、367号をご覧ください。

━━[INDICE]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.イタリア美術史(27) 降誕と公現(2)    早川伊太郎
2. イタリアごはんの幸せ(138)        山崎由美
3. LA DOLCE VITA (3)        秋吉美夜子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─[PR]───────────────────────────────
2~3月の1日セミナー(東京)のお知らせ 

2月17日 (土・午後)イタリア語TGV(関係詞・接続法など)
2月23日 (金・晩) イタリア語・翻訳演習
3月3日 (土・午後)イタリア語 翻訳演習(森敦子講師)
3月4日 (日・午後)スペイン語初級TGV(超速習)(関係詞・接続法)
3月9日 (金・晩) イタリア語・翻訳演習
3月18日 (日・午後)ポルトガル語初級TGV(超速習)(関係詞・接続法)

☆詳しい内容、3月までのその他の各国語のセミナーの予定は下記を参照
      http://www.polyglot.jp/seminar_info.htm
   お問合せは小川 seminar@polyglot.jp までどうぞ
───────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.イタリア美術史(27) 降誕と公現(2) 早川伊太郎
──────────────────────────────────
今回は公現祭と美術とのかかわりを考えてみましょう。
『マタイによる福音書』(2:1~12)には、星に導かれ東方から
やって来たマギが、キリストを拝んだとされています。この日は1月6日とされ、
キリスト教では公現祭(英:Epiphany、伊:Epifania)と呼び、
重要な祝日のひとつになっています。
福音書には詳細な記述がありませんが、時代を経るにつれてマギは3人、
ペルシア周辺地域出身という考えが固まります。マギはユダヤ人ではない、
いわゆる異邦人であり、古代の神々を崇拝する異教徒でもありました。
しかし、ユダヤ人である羊飼いの次にキリストを拝み、キリスト教に
改宗したことから、ラテン教父の一人であるアウグスティヌスは彼らを「初物」
と称して崇めます。
この考えが発展して、マギは諸民族の代表、さらにはキリストと教会を
結びつける重要な存在と見なされるようになるのです。
キリスト教の教義においてその地位が確立した彼らは、キリスト教美術でも数多く
表現されるようになります。なお、日本ではマギは「東方三博士」や「三王」と
訳されるのが一般的です。

最初期の作例として、ローマにあるプリシッラのカタコンベが挙げられます。
石棺安置所へと続く通路上部のアーチ部分に《マギの礼拝》
https://www.akg-images.co.uk/archive/The-Adoration-of-the-Magi-2UMDHUROS4G1.html
が描かれています。
右側にキリストを膝に乗せる聖母マリアがおり、先が尖ったフリュギア帽を
被ったマギが大股で歩み寄っています。
6世紀にラヴェンナのサンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂に制作されたモザイクには、
捧げ物を携えて聖母子のもとに歩み寄るマギが描かれています
全体:
https://www.akg-images.co.uk/CS.aspx?VP3=SearchResult&VBID=2UMESQ3FNT3ZV&SMLS=1&RW=1366&RH=637#/SearchResult&VBID=2UMESQ3FNT3ZV&SMLS=1&RW=1366&RH=637&POPUPPN=3&POPUPIID=2UMDHUN1XPB5、

細部:
https://www.akg-images.co.uk/CS.aspx?VP3=SearchResult&VBID=2UMESQ3FNT3ZV&SMLS=1&RW=1366&RH=637#/SearchResult&VBID=2UMESQ3FNT3ZV&SMLS=1&RW=1366&RH=637&POPUPPN=4&POPUPIID=2UMDHUVMIF4J
彼らの衣装はやはり東方風で、後ろにある棕櫚の木も異国情緒を高めています。
なお、彼らの持ち物は、黄金、乳香、没薬で、それぞれキリストの王権、神性、
受難を象徴しています。
10世紀以降には、『詩篇』の記述を根拠として、彼らが東方の王である
という解釈が流布し、王冠を被る姿で描かれる作例が登場します。
ヴェローナ大聖堂のティンパヌム(教会入り口の扉の上)には、
中央にキリストを抱くマリアが正面観で表され、左側には《羊飼いの礼拝》、
右側には《マギの礼拝》
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:20110719_Verona_Cathedral_2892.jpg
が表されています。王冠を被る2人のマギは馬に乗り、もう一人のマギは
馬から降りて捧げ物を差し出す瞬間で、彼らの躍動感に富む姿が印象的です。
頭上には彼らをキリストのもとまで導いた星も見えます。

ジョットがパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂に描いたフレスコ連作は、
後期ゴシックからルネサンスへの橋渡しをした重要な作品といえます。
その一場面である《マギの礼拝》
https://www.wga.hu/art/g/giotto/padova/3christ/chris02.jpg
には、厩の下にキリストと聖母マリア、そしてヨセフからなる聖家族がおり、
脇には天使がマギの捧げ物を手にして立っています。王冠を外した
最年長のマギはキリストの足に接吻をしており、背後には2人のマギが
捧げ物の容器を持ちながら礼拝の順番を待っています。
厩の上には星が彗星の形で描かれています。その背後にある大きな岩山は、
キリストの肉体を象徴していると考えられます。
《マギの礼拝》の図像だけでなく、ジョットの革新性についても
少しふれておきましょう。
中世美術では、神の子キリストの神性を強調するために、正面性や
左右対称性を強くし、背景は現実の世界とは異なることを示すために、
金地で覆われるなどの表現が一般的でした。そこには、偶像崇拝を禁じる
キリスト教の根本原則も影響していたようです。
一方ジョットの《マギの礼拝》では、青地の背景に岩山と厩を置いて
現実空間を感じさせる工夫を施し、キリストやマリアは正面向きではなく、
斜めを向いて人間味を感じさせる表情をしています。さらに、
厩とマリアが座る玉座を斜めに置くことで、画面に奥行き感が
出ていることがわかります。
現代の私たちにとってはありふれたように感じる表現ですが、ジョットが
それまでの因習を打ち破り、後のルネサンスの画家たちに先鞭をつける
ことになったのです。

次回は15世紀フィレンツェで《マギの礼拝》がどのように展開したのかを
見ていきたいと思います。


─[PR]───────────────────────────────
アート×語学 PIERIA  http://www.pieria.net/

アート×語学をテーマに翻訳を学ぼう。

やさしいイタリア語翻訳 文法研究・翻訳演習
http://www.pieria.net/seminar.html
───────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. イタリアごはんの幸せ(138)       山崎由美
──────────────────────────────────
Frittura(揚げ物)三昧

 油抜きダイエットの経験もあるほど、オイルのカロリーに戦々恐々だった私。
天ぷらも、コロッケも、唐揚げも、トンカツも好きなのだが“揚げ物”という言葉に
罪悪感を感じてしまう。それが何の因果かオリーブオイルにはまり、それと同時に
禁忌の揚げ物にまで手を出すようになってしまった。
そんな私にとって、南イタリアは誘惑多すぎの土地である。
ナポリのZeppolini(ゼッポリーニ)。海藻入り、塩味の揚げピッツァと
いった感じで、カリッ、ふわっとした食感。海の香りがぷーんとして、日本人なら
大抵の人がハマると思う味だ。
プーリアのカルメラおばあちゃんに習ったPanzerotti(パンツェロッティ)。
中にトマトソースとモッツァレッラチーズ、プロシュットなどを入れた揚げパンで、
嚙みしめるともっちもちの生地の中からチーズがとろ〜り。

 昨年のシチリア滞在でおいしさを再発見したのは、名物のライスコロッケ
Arancini(アランチーニ)。大人の拳ほどもある大きさだが、有名店で食べても2ユーロ、
バールではわずか1ユーロ。お財布にやさしい、庶民の味方のストリートフードなのである。
このライスコロッケはシチリア島の東側(カターニアなど)ではアランチーニ、
西側(パレルモなど)ではアランチーネと呼ばれる。オレンジを模した球形のものと
先端がとがったしずく型があるが、しずく型は東側だけで作られているそうだ。
シチリアの東側にあるヨーロッパ最大の活火山、エトナ山の形なのだという。
アランチーニの中身はいろいろあるが、最もオーソドックスなのはArancine al Ragù。
サフランライスの黄色いコロッケに、グリーンピース入りのラグーと
カチョカバッロチーズを入れたもの。
さすがピスタチオの産地だけあって、ピスタチオクリーム入りのArancine al Pistacchio
なんていう珍しいものもある。こちらはサフランは使わず白いライスコロッケだ。

 12月13日サンタルチアの日、パレルモではこの日をArancina Dayと呼び、
街中にアランチーネがあふれかえるんだとか。
おなかにすごくもたれそうだけど、行ってみたくはあるなあ。


─[PR]──────────────────────────────
    ポリグロット ラジオ語学講座 INOchannel 好評放送中!

  イタリア語翻訳講座、再チャレンジ英語 etc. 盛りだくさん

    詳細は http://www.polyglot.jp/radio/radio_index.html
──────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. LA DOLCE VITA (3)      秋吉美夜子 
──────────────────────────────────
イタリア語で[甘い生活]

この言葉を聞くと昔になりますが1960年に公開された
マルチェッロ マストロヤンニ主演の映画を思い出す方もいるかも知れませんね。
トレビの泉で水浴びをする女優のシーンは印象的です (今は禁止ですが、、、)
そんな甘い生活ですがアパレル用語では甘い生活Dolce vitaというと
タートルネックになります。
結構定着している用語ですが、なぜDolce vitaと呼ばれる事になったのか、、
やはり映画の中でマルチェッロ マストロヤンニが着ていたタートルネックが
あまりにカッコ良かったためにそう呼ばれるようになった様です。
その辺りから、“ジャケットにカジュアルなパンツ、タートルネックは素敵”と
認識されるようになったとか。
ちなみに英語ではタートルネック=亀の首、、、 イタリア語の方が洒落てますね。
ぜひ[Dolce vita ]アイテムに取り入れてみて下さいね。


─[PR]───────────────────────────────
     イタリア語関連のすべての情報は下記で見られます
        http://www.polyglot.jp/school/italiano.htm

通信教育(初級・中級・上級・作文・実務翻訳・ガイド試験対策)
電子書籍(イタリア語参考書) オンライン教材 など
───────────────────────────────[PR]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権はポリグロット外国語研究所に帰属します。
Copyright(C)2003-2018 Polyglot Linguistic Institute. All Rights
Reserved.
発行元: ポリグロット外国語研究所 [ http://www.polyglot.jp/ ]
編 集 : 清岡美佳
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。解除は http://www.mag2.com/m/0000124250.html から
できます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ