公共研究通信

  • ¥0

    無料

千葉大人文公共学府の公共研究センターに関して、シンポジウムのご案内などの最新情報をご提供するとともに、メンバーによる最新の研究動向や文献紹介などもご用意してまいります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
公共研究通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年11月22日
 
発行部数
398部
メルマガID
0000145216
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > 研究・論文

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 《公共研究通信 ReCPA-Letters》

      Research Center on Public Affairs(ReCPA)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/号外(2017.11)_/

▼イベントのご案内
直前のご案内になりまして大変恐縮ですが、公共研究センターに関わる
2件のイベントをご案内させていただきます。

【1】11/23(木・祝)開催
千葉大学リーディング研究育成プログラム「未来型公正社会研究」主催
http://www.shd.chiba-u.jp/kousei/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第4回国際シンポジウム「コミュニティの幸福と公正」
Wellness as Fairness
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日 時: 2017年11月23日(祝/木)
     午後13時30分~16時30分(受付開始13:00)
場 所: 千葉大学人文社会科学研究科系総合研究棟2階
マルチメディア会議室(西千葉キャンパス)
最寄駅: JR総武線「西千葉駅」徒歩8分、
     京成千葉線「みどり台駅」徒歩5分

参加無料・申し込み不要・先着順(定員80名) 日本語への同時通訳あり

Lecture1 プリレルテンスキー 氏 (マイアミ大学 教授)
WELLNESS AS FAIRNESS「公正としての良さ」
Lecture2 小林正弥 氏(千葉大学大学院社会科学研究院 教授)
Communitarianism and Positive Psychology「コミュニタリアニズムと
ポジティブ心理学」

コメント
坪田一男 氏 (慶應義塾大学医学部教授)
廣井良典 氏 (京都大学こころの未来研究センター教授)
秋山美紀 氏 (東京医療保健大学准教授)
福島慎太郎 氏(青山学院大学助教)

【2】11/24(金)・12/1(金)・12/8(金)開催
法案作成講座(倉阪秀史教授主宰)

テーマ:熟議の制度化
  投票前に熟議の日を設けることや、裁判員制度のような市民パネル制度
  を導入することなどを検討する予定です。

開催日程:
第1回 11月24日(金)18:30-21:00
第2回 12月1日(金)18:30-21:00
第3回 12月8日(金)18:30-21:00

会場:キャンパスイノベーションセンター東京(東京・田町駅前)
  4階のエレベーター前の会議スペース
  http://www.cictokyo.jp/access.html

法案作成講座で作成した過去の法案は、http://kurasaka.world.coocan.jp/ 
を参照ください。また、参考書として、倉阪秀史(2012)『政策・合意形成
入門』(勁草書房)をお読みいただければ、法案作成の方法・過去の法案作成
講座の趣旨などを記載してあります。
法案作成講座の目的は、法案作成の方法を体験していただくことにあります。
当講座で作成された法案の内容について、参加者が責任をとることはありま
せん。参加者名簿も公開しません。参加費無料です。

特段の準備は必要ありません。服装も普段の服装で大丈夫です。

何か質問などありましたら、kurasaka@hh.iij4u.or.jp に連絡してください。


▼12/7締切『公共研究』第14巻第1号(2018年3月刊行予定)原稿募集(再掲)

 千葉大学公共学会の研究機関誌『公共研究』は、学会による研究成果を
逐次公開するととともに、公共学及び関連学問の研究者、市民活動を実際
に行っているNPOなどからも寄稿を募り、公共学の理論的思想的バック
ボーンとなる機関誌を目指すことを目的としています。

 本誌は公共学会の学会員のみならず「持続可能な福祉社会」や「公共性」
に関連する研究者、NPO等に開かれた媒体です。次号14巻第1号(2018年
3月刊行予定)に掲載する研究論文等を、幅広く募集いたします。

 なお、ご投稿は採用可否の査読をいたしますので、掲載できない場合も
ございます。予めご了承ください。
 投稿を希望される方は、下記ページにある【投稿規定】および【執筆要項】
をご確認の上、指定された期日までに下記の住所、電子メールアドレスまで
原稿をご送付ください。

・投稿既定:
 http://public-affairs.jp/wp-content/uploads/2014/11/contribution_rule.pdf.pdf
・執筆要領:
 http://public-affairs.jp/wp-content/uploads/2014/11/style_sheet.pdf.pdf

投稿期日:2017年12月8日(金)必着

送付先住所:〒263-8852 千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学人文公共学府公共研究センター 

問合せ先:TEL/FAX 043-290-2337 E-mail:recpa[at]chiba-u.jp(担当:中塚)

 なおバックナンバーは、以下の地球環境福祉研究センターのホームページ
から、すべての記事をPDFにてお読みいただくことが可能です。
http:///public-affairs.jp/magazines

 また、この告知は転送・転載を歓迎いたします。




♯このメールは「まぐまぐ」のシステムで配信をしています。登録の
変更・解除は下記ページからご自由に行えます。
http://www.mag2.com/m/0000145216.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
発行:千葉大学人文公共学府公共研究センター
   Research Center on Public Affairs(ReCPA)
    http://public-affairs.jp/   
    http://blogs.yahoo.co.jp/chiba_recpa
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
       Copyright(c)2004-2017 ReCPA.All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ