公共研究通信

  • ¥0

    無料

千葉大人文社会科学研究科の地球環境福祉研究センター(通称:公共研究センター)に関して、シンポジウムのご案内などの最新情報をご提供するとともに、メンバーによる最新の研究動向や文献紹介などもご用意してまいります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
公共研究通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年10月02日
 
発行部数
400部
メルマガID
0000145216
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > 研究・論文

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 《公共研究通信 ReCPA-Letters》

      Research Center on Public Affairs(ReCPA)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/第81号(2017.10)_/

*目次*********************************

 ▼『公共研究』第14巻第1号(2018年3月刊行予定)原稿募集
 
 ▼11月4日(土)「人口減少下でいかに地域を持続させるか――地域ストック
  マネジメント研究(OPoSSuM)総括シンポジウム」開催

************************************

▼『公共研究』第14巻第1号(2018年3月刊行予定)原稿募集

 千葉大学公共学会の研究機関誌『公共研究』は、学会による研究成果を
逐次公開するととともに、公共学及び関連学問の研究者、市民活動を実際
に行っているNPOなどからも寄稿を募り、公共学の理論的思想的バック
ボーンとなる機関誌を目指すことを目的としています。

 本誌は公共学会の学会員のみならず「持続可能な福祉社会」や「公共性」
に関連する研究者、NPO等に開かれた媒体です。次号14巻第1号(2018年
3月刊行予定)に掲載する研究論文等を、幅広く募集いたします。

 なお、ご投稿は採用可否の査読をいたしますので、掲載できない場合も
ございます。予めご了承ください。
 投稿を希望される方は、下記ページにある【投稿規定】および【執筆要項】
をご確認の上、指定された期日までに下記の住所、電子メールアドレスまで
原稿をご送付ください。

・投稿既定:
 http://public-affairs.jp/wp-content/uploads/2014/11/contribution_rule.pdf.pdf
・執筆要領:
 http://public-affairs.jp/wp-content/uploads/2014/11/style_sheet.pdf.pdf

投稿期日:2017年12月8日(金)必着

送付先住所:〒263-8852 千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学人文公共学府公共研究センター 

問合せ先:TEL/FAX 043-290-2337 E-mail:recpa[at]chiba-u.jp(担当:中塚)

 なおバックナンバーは、以下の地球環境福祉研究センターのホームページ
から、すべての記事をPDFにてお読みいただくことが可能です。
http:///public-affairs.jp/magazines

 また、この告知は転送・転載を歓迎いたします。

▼11月4日(土)「人口減少下でいかに地域を持続させるか――地域ストック
  マネジメント研究(OPoSSuM)総括シンポジウム」開催

2017年11月4日(土)  14:30~17:00
千葉大学人文公共学府棟2階
マルチメディア会議室

入場無料・申し込み不要

●第1部
14:40-15:25
基調講演「人口減少社会を希望に」
広井良典 京都大学教授


●第2部15:25-16:30
プロジェクト報告(発表順)
倉阪秀史 千葉大学教授
「人口減少社会での資本基盤マネジメントに向けて-未来シミュレータと未来カルテ」
宮崎文彦 千葉大学特任研究員
「未来カルテデータを用いた未来ワークショップ-公共的市民育成のための新しいプログラム」
栗島英明 芝浦工業大学教授
「人と人とのつながりを把握する-リソースジェネレーターの手法を用いた社会関係資本へのアプローチ」
松橋啓介 国立環境研究所室長
「未来の地図を作成する-将来の空き家状況の視覚化手法について」

16:30-17:00 総合討論


主催:JST/RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域
「多世代参加型ストックマネジメント手法の普及を通じた地方自治体での持続可能性の確保」
http://opossum.chiba-u.jp/


♯このメールは「まぐまぐ」のシステムで配信をしています。登録の
変更・解除は下記ページからご自由に行えます。
http://www.mag2.com/m/0000145216.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
発行:千葉大学人文公共学府公共研究センター
   Research Center on Public Affairs(ReCPA)
    http://public-affairs.jp/   
    http://blogs.yahoo.co.jp/chiba_recpa
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
       Copyright(c)2004-2017 ReCPA.All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ