ココロにしみる読書ノート

  • ¥0

    無料

つらいことが多い世の中ですから、ホッと一息ついたり、元気が出たりするような、ジーンと心に沁みる本にめぐり合いたいもの。そんなあなたにお勧めの本の書評をおとどけします。 このメルマガがきっかけになり、書評集『泣いて 笑って ホッとして…』を2007年に発刊し、それがきっかけになり月刊「宝島」誌に書評を隔々月連載し、それがきっかけになり日経ビジネス本誌&オンライン版「超ビジネス書評」に書評連載し……。 セミプロ書評ライターのお勧めを参考に、ココロにしみる本をお選びください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ココロにしみる読書ノート
発行周期
不定期
最終発行日
2018年01月15日
 
発行部数
1,826部
メルマガID
0000148203
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【読書ノート】No.615 浅田次郎著『おもかげ』

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓第615号
┃コ┃コ┃ロ┃に┃し┃み┃る┃読┃書┃ノ┃ー┃ト┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛2018/01/15(Mon)

◇ 今日の一冊
  書名:おもかげ
  著者:浅田 次郎
  出版社:毎日新聞出版  2017年12月刊  \1,620(税込)  377P
  ISBN:4620108324

--------------------------------------------------------------------

     みんなが不幸なときの不幸と、
       みんなが幸福なときの不幸はちがう
    ────────────────────

小説家浅田次郎氏の最新刊である。

本の内容に入る前に、今日は余談からスタートさせていただく。

僕の生まれ故郷は北海道の山奥で、学校は小中学校あわせても生徒数が
十数名という小さな学校だった。

3つのクラスには1人ずつ担任教師がいて、校長先生を加えて全部で4人
の先生が教えてくれていた。

小学校3年のとき、担任のI先生が街へ買い物にいくときに、一緒に
つれていってもらったことがある。

街まで12キロ離れているので、買い物といっても一日がかりだ。

午前中の用事がおわり、お昼どきになった。

I先生は農協ビルに入ると階段を上がり、3階のちいさな食堂に入った。
もしかしたら、一般向けではなく職員用の食堂だったのかもしれない。

「何か食べたいものある?」と聞かれたが、メニューに載っている料理が
どんな料理か、僕にはよく分からなかった。

なかなか答えない僕の様子をみて、I先生は、「じゃ、親子丼2つ」と
注文した。

はじめて聞く料理の名前だった。

しばらくして、フタ付きのどんぶりが運ばれてきて、フタを開けると
フワフワの玉子とじが乗っているのが見えた。

おそるおそる食べはじめた僕に、I先生は「おいしい?」と声をかけた
あと、

「親子どんぶりっていうのはね、親子で食べる料理なんだよ。
 だからお店の人は、先生とヒロシ君のことを親子だと思っているかも
 しれないね」

と言って笑った。

僕はもうしわけない気持でいっぱいになった。

先生をひとりじめして街に連れてきてもらった上に、職員専用の食堂に
特別に入れてもらい、お昼ごはんをごちそうしてもらう。
それだけでも申し訳ないのに、親子でしか食べちゃいけない「親子どん
ぶり」を注文し、お店の人にナイショで食べている。

I先生はニコニコしているけど、イケナイことをこんなにたくさんやって
も大丈夫なんだろうか?

ドキドキしながら食べ終わったあとも、I先生は「親子どんぶり」の
種明かしをすることはなかった。

その後、I先生が別の学校に転任してしまい、しばらく交換していた
年賀状も途絶えた。

ほとんど思い出すこともなくなったI先生だが、昨年、実家に帰省した
ときに父親と昔の話をしていて、I先生が亡くなったことを知った。

「もう何年も前に、I先生は亡くなったんだ。
 ヒロシは知らないかもしれないけど、I先生は子どものころ浮浪児
 だったんだって。終戦後、親を亡くして家もない浮浪児がたくさん
 いたけど、I先生も苦労したんだねぇ」

戦後十年以上すぎて生まれた僕には「浮浪児」のことはよく分からない。
しかし、戦争で親を亡くし、住む場所もなく、助けてくれる人もいない
なかで、教師になるまでの道のりはたやすい道ではなかっただろう。

子どもたちを教えながら、家庭を築き、子どもに恵まれたI先生は、
誰よりも幸せを噛みしめていたに違いない。


余談はここまでにして、本題に入ろう。

本書の主人公「竹脇正一(たけわきまさかず)」は、定年退職をむか
えた商社マンである。
大手商社の子会社に出向し、子会社の役員で定年を迎えた。

悠々自適のリタイア生活に入ろうとした矢先、定年祝賀会の帰り道、
地下鉄の車内で倒れた。

救急搬送された病院で、意識不明のまま集中治療室に横たわっている。

親会社の社長に昇りつめた同期社員が見舞いにかけつけ、正一の妻と
言葉を交わす。

同じ社宅に住んでいたころ正一の子どもが交通事故で亡くなって
しまったこと、
もう一人の娘が結婚し、孫が2人いること、
脳内出血がひどく、脳圧も高いので手術ができないこと。

同期社員が帰ったあと、娘の夫や、正一の幼なじみが登場し、正一の
人となりが明らかになってくる。

このまま、本人以外の登場人物が正一の人生を語っていくのかと思って
読み進んでいたところ、突然、第二章で正一本人が目を覚ます。

「ここはどこだ」と意識をとりもどして記憶をたどる。
地下鉄車内で頭が痛くなり、救急車の担架に乗せられたところまで
思い出し、自分が病院のベッドに寝ていることを理解した。

ベッドの横で看病してくれている見知らぬ女性に声をかけ、名前を
尋ねると、

  「マダム・ネージュとお呼び」

と言われた。

妻の知り合いと思って言葉を交わすうちに、マダムは
「何か食べに行きましょう」と言い、正一の肩を支えて起き上がらせた。

点滴のチューブやコードが次々とはずれ、ベッドから下りたつと、
着替えもしないのに正一はスーツ姿に変わっていた。

夢とも幻想ともつかないまま、正一はマダム・ネージュと病室の外に出る。

タクシーで新宿へ向かおうとするマダムを制し、正一は地下鉄に乗り
たい、と申し出た。

地下鉄の入り口に向かうと、救命士が患者を搬送しながら、
「竹脇さあん、がんばれぇ、病院は近いからねぇ」と呼びかけている
ところに出会った。

自分が搬送されている幻をみながら、正一は
「迷惑をかけて申し訳なかった」と周囲の人に心で詫びた。

地下鉄で新宿に向かい、高層ビルのレストランでマダム・ネージュと
ゆったりと食事をしたあと、正一は病院に戻る。


深い眠りのあと、気がつくと正一は陽光に照らされた海岸にいた。

かつて家族と夏の1日を過ごしたリゾート地のようだ。

妻の友人と思われる女性が話しかけてきて、正一は言葉をかわす。

「思い出して」とうながされるまま、会社の保養所が近くにあった
こと、息子を亡くして間もなかったこと、せっかく楽しみにしていた
のに妻が息子の遺影を取りだして、早く忘れようという正一と諍いに
なったことを思い出した。

忘れてしまわなければ、先へ進めないできごとだった。

しかし、もう定年退職という人生の区切りをこえた。

「もう思い出してもいいんじゃないかしら」という女性のことばを
すなおに受入れ、正一は思い出さないようにつとめていた過去の
できごとを語りはじめる。

こうして、正一は目を覚ますたびに新しい案内人と一緒に病院を
抜け出して、人生をふり返った。

3人目の案内人は、脳梗塞でとなりのベッドに寝ている80歳の
「カッちゃん」だった。

病院近くの銭湯で湯につかりながら、カッちゃんは自分が戦災孤児
だったことを話しはじめる。

仲間といっしょに銭湯の板場荒らしや、クツ泥棒、カサ泥棒をして
飢えをしのいだことを聞き、正一も、幼少時代の辛い思い出を語る。

焼け跡から歩き出した戦災孤児のほうがたいへんだったはずなのに、
カッちゃんは言った。

  「俺がガキの時分にァ、世間はみんながみんな腹っぺらしで、
   ボロを着てた。だから、てめえが不幸だとも思わなかった。
   マーちゃんは最初っからきつかったはずだ」


カッちゃんの境遇を読んで、僕は担任のI先生を思い出した。

I先生がやさしかったように、カッちゃんも心優しい人だった。

戦災孤児として苦労しながら人生を切り開いてきた自分よりも、
周りが幸福になっていくなかで、辛い幼少時代を送った正一の
ほうがきつかったに違いない、と言うのである。

正一は、このあとも案内人と一緒に人生をふり返る旅をつづけ、
最後にどんでん返しが待っているのだが、あとは読んでのお楽しみ
とさせていただく。

帯に、

  「忘れなければ、生きていけなかった」

と書いてある。

歯を食いしばって生きてきた男が、定年と同時に倒れたときに
心にうかべた「おもかげ」とは誰だったのか。

題名の意味がわかって本を閉じたあとの余韻は格別である。

ご購入は、こちら(↓)から。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620108324/hatenanejp0d1-22/ref=nosim

====================================================================

◇ 今日のひとこと

案内人と一緒に人生をたどるスタイルは、ディケンズの『クリスマス・
キャロル』を思わせます。
(私の書評参照 → http://d.hatena.ne.jp/pyon3/20070118 )

「過去のクリスマスの霊」、「現在のクリスマスの霊」、「未来のクリス
マスの霊」が現れる手法をなぞるのかな、という予想をしてみましたが、
さすが浅田次郎。

私の単純な予想に反し、どんどん過去にさかのぼっていきました。

しかもこの小説は、主人公の正一の人生をさかのぼるだけでなく、著者
自身が辛かったころの自分をふり返る意味も持っているようです。

というのは、この小説、「舞台が地下鉄」ということと、「時空をさか
のぼる」という手法が、浅田次郎本人の出世作
  『地下鉄(メトロ)に乗って』
と同じなのです。

『地下鉄(メトロ)に乗って』は、浅田次郎にとって、特別な作品です。

少し長いですが、本人の解説『「地下鉄《メトロ》に乗って」縁起』の
一部を引用します。

------------ ここから ------------

 そのころの私の著作といえば、極道エッセイと競馬の指南本、小説
は『きんぴか』シリーズと『プリズンホテル』の第一巻、『日輪の遺
産』の青樹社版初版があるきりで、まったく無名の、しかも正体の定
まらぬ作家であったと言っていい。
 ときに四十二歳、不惑は過ぎているというのに、「ときどきお笑い
小説を書いたりする競馬評論家」というレッテルを貼られていたので
ある。
(中略)
  とにもかくにも小説が日の目を見たのは嬉しかったが、一方では
「この路線のままではまずい」とも思っていた。そこで、『日輪の遺
産』というしごくまでめな、しかも七百枚余の長編をむりやり上梓し
たのだが、極道系両著の好評にもかかわらず、こちらは初版六千部ポ
ッキリで終わってしまった。
 さて、流れに逆らわず極道路線をつっ走るか、あるいはもういちど
路線変更を試みるかというこのとき、私の上に小説の神様が、『地下
鉄に乗って』という物語を投げて下さった。

------------ ここまで ------------

小説の神様が投げてくれた作品は、第16回(1995年)吉川英治文学新人
賞受賞作となり、路線変更に成功しました。

『おもかげ』で同じ手法を使って過去をさかのぼることにより、
浅田次郎氏は、「まったく無名の、しかも正体の定まらぬ作家」だっ
た自分を励ましてあげたのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
書評集『泣いて 笑って ホッとして…』発売中。
 ・本の内容紹介は http://d.hatena.ne.jp/pyon3/20070730 を参照ください。
 ・購入の際は、こちら(↓)をご利用ください。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901611011/hatenanejp0d1-22/ref=nosim
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行者:浅沼ヒロシ(1957年生まれ、東京都在住のITエンジニアです)
 ・ブログ http://d.hatena.ne.jp/pyon3/ もご覧ください。
  (身辺雑記・読書ノート等を載せています)
 ・日経ビジネス コラム「1分間で読める超ビジネス書レビュー」
  2010年11月~2011年9月 不定期連載
 ・月刊「宝島」コラム「書評アルファブロガー厳選2冊」
  2008年12月~2009年9月 隔々月連載
 ・日経ビジネスオンライン「超ビジネス書レビュー」に寄稿(2009年6月~2011年9月)
  http://qq3q.biz/osbd
 ・技術者を応援する日経BP社「Tech-On!」の書籍レビューに寄稿(2011年7月~2014年3月)
  http://nkbp.jp/pXNkEJ
 ・IT系情報サイトTechWave「BookReviews」に寄稿(2010年3月~2011年6月)
  http://techwave.jp/?s=%E6%B5%85%E6%B2%BC%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%B7
◆ツイッターアカウントは https://twitter.com/syohyou です。
◆本メルマガへのご意見、ご感想、質問などは、本メールに返信するか、
 asanuma.hiroshiATgmail.com までお送りください。
         ↑
 (スパムメール防止のため、“@”を“AT”に変えてあります)
◆このメールマガジンは「まぐまぐ」http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。(現在の読者数は 1,834 名です)
 配信登録・中止・バックナンバーは
 http://archive.mag2.com/0000148203/index.html を参照ください。
◆本メルマガ内容の無断掲載・無断転載はお断りいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ