教育プラスアップ1

  • ¥0

    無料

『子どもの「いいところ」を伸ばすほめ言葉ブック』などの著者中井俊已が、私立小学校・中学校教職23年間の経験をもとに、子どもが将来伸びる育児・しつけ・勉強法・学力向上など子育てのヒントをご紹介します。よい家庭、よい学校、よい社会をともに作っていきましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
教育プラスアップ1
発行周期
毎週火曜日
最終発行日
2017年08月22日
 
発行部数
1,908部
メルマガID
0000181659
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからのものです。


★日本の親と子を応援する教育メルマガ★
**********************************************************************

教育プラスアップ1
                     2017.8.22   Vol.593
   教育評論家 中井俊已
http://www.t-nakai.com
**********************************************************************

こんにちは! 中井です。 

「教育プラスアップ1」をご覧くださってありがとうございます。

このメルマガでは、子どもを伸ばすヒントをご紹介していくとともに
教育全般についての様々な情報をご提供していきます。

何か皆様のプラスになることを1つでも見つけられご活用くだされば
嬉しく幸いに思います。

互いに協力し合いながら、
よい家庭、よい学校、よい社会を作っていきましょう。


《内容》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.【今日のテーマ】 家庭を子どもの安らぎの場所にしよう2
                      
2.【子どもの本】   『はやくはやくっていわないで』

3. 【編集後記】    絵本『ながさきアンジェラスのかね 』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のテーマ】 
──────────────────────────────────

●家庭を子どもの安らぎの場所にしよう 2

子どもの心を育む教師と親の専門誌『児童心理』2017年9月号(8月12日発売)
                http://u0u0.net/Fh8a
特集

「自分の居場所」がない子 

に、

子どもが安心して過ごせる家庭の提言として、
拙稿が掲載されています。

その記事を敬体文でご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家庭を子どもの安らぎの場所にしよう


 どの子どもにも安心して過ごせる家庭が必要です。

 子どもが生きるのに疲れても傷ついても、
 自分の居場所がある家庭です。

 そのような家庭はどのようにしてできるのでしょうか。
 五つほど、提案をします。



2. 子どもがほめてもらえる家庭


ほめられると、うれしいものです。そして、自尊心が育っていきます。

自分には良いところがある、
自分は親から大切な存在だと思われていると感じるようになります。

親から受け入れられ愛されているという思いを
強くもてるようになってくるのです。


このような子どもは、たとえ日常生活で傷づくことや失敗することがあっても、
大丈夫です。

ほめられ、認められ、愛されてきたことで、
自分自身の生きる力の源となる心の拠りどころをもっているのです。


それに、親が子どもをほめるとき、たいていは笑顔です。

「よくがんばったね」「えらいね」などと、
子どもに笑いかけながら、ほめ言葉を言うものです。


すると、子どもからも笑顔が返ってきます。


ほめ言葉や笑顔を通して、親子間に温かなコミュニケーションが成立し、
親子関係がより親密なものになるのです。

                          つづく


★今日のプラスアップ1★

    ほめ言葉や笑顔のある家庭にしよう。 (^.^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【子どもの本】507
───────────────────────────────────

●『はやくはやくっていわないで』 益田ミリ (著), 平澤一平 (イラスト)
 http://amzn.to/gMz1pe


お母さんの口ぐせで多いのは

「早く、早く」

「ちゃんとしなさい」

子どもはどう思っているのでしょう。

この絵本には子どもの願い、
大切なメッセージが描かれています。

親や先生が読めば、
ずんずん心に響いてくるでしょう。



★ブログ「子どもの本・絵本を読もう!」http://hon114.blog51.fc2.com/

 子どもの良書や大人も楽しめる絵本をご紹介しています。

★いま人気の子どもの本ならこちら http://tinyurl.com/2m3qgu

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★お知らせ★
───────────────────────────────────

◆月刊誌『PHPのびのび子育て』10月特別増刊号(8月18日発売)
    http://u0u0.net/Fh8y

◆『ねこ天使とおかしの国に行こう!』 (PHP研究所)好評発売中!
http://www.t-nakai.com/nekotenshi1.html
電子書籍も発売されました。

◆『歴史をつくった偉人のことば366 新装版』(WAVE出版)好評発売中!
 http://ur0.link/AOLh
 お求めやすくなりました。

◆『男の子って、どうしたら勉強するの?』(学研)好評発売中!
 http://www.t-nakai.com/gakken.html
 電子書籍も発売されました。

◆『女の子って、勉強で人生が変わるんだ!』(学研)好評発売中!
http://www.t-nakai.com/gakken0401.html
 韓国でも出版されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記★
───────────────────────────────────

絵本『1945年のクリスマス ながさきアンジェラスのかね 』が
9月1日、発行されるそうです。

いま印刷中で、まだ手元にはないのですが、
絵が素晴らしいですよ。

こちらにサンプル頁を少しアップしています。予約もできます。
http://www.t-nakai.com/nagasaki.html

                             (^.^)


ご覧くださり、ありがとうございました。
今日も良いことがありますように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:作家・教育評論家 中井俊已(なかいとしみ)
(23年間、私立小中学校で教えた後、執筆・講演活動をしています)
───────────────────────────────────

ご連絡先: toshiminakai@gmail.com HP:http://www.t-nakai.com/
登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000181659.html
メルマガ「心の糧」http://www.mag2.com/m/0000141254.htm 
メルマガ「聖書・聖人の名言」 http://www.mag2.com/m/0000280661.html

***********************************

◆中井俊已の本はこちらです!http://www.t-nakai.com/tyosho.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までご覧くださり、ありがとうございました。(^.^)
まぐまぐさんにも感謝!


メルマガ上下のPRは、まぐまぐさんからのものです。





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ