赤津雅彦の「賃金改革キーワード」

  • ¥0

    無料

ベストセラー「賃金システム再構築マニュアル」の著者・赤津雅彦がお届けする、1分でわかる賃金制度改革ヒント集。経営者や賃金・報酬制度改革に携わる中・上級者読者向けに、人も企業も活きる賃金制度づくりのヒントを紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
赤津雅彦の「賃金改革キーワード」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年10月02日
 
発行部数
151部
メルマガID
0000191023
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

↑↑↑↑ ↑↑↑↑  ↑↑↑↑ ↑↑↑↑ ↑↑↑↑ ↑↑↑↑ ↑

冒頭広告による売上は、まぐまぐさんの円滑なサイト運営とともに、毎月一定の率
を各種NGO/NPOへ募金されるとのことです。ご理解、よろしくお願い致します。

まぐまぐの配信システムの不具合で、送信が遅れることがあります。ご了承下さい。
**********************************
















**********************************

赤津雅彦の「賃金改革キーワード」2017年10月号

**********************************

 ベストセラー「賃金システム再構築マニュアル: 人も企業も活きるDKモデル導入の手引き」(実務教育出版)の著者・赤津雅彦がお届けする、1分でわかる、賃金制度改革ヒント集。 <人事評価編>

 10月です。読者の皆様、いかがお過ごしでしょう? 台風や大雨、それに地震で被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 ただでさえ自然災害が多いのに、その上、「ロケットマン」の暴走は、ご免こうむりたいものですね。

 今月も、地方へ参ります。私の祖先を育ててくれた会津赤津がある福島県です。
福島県社会保険労務士会の勉強会にも出講しますので、恩返しができればと思います。もし読者の方がいらしたら、研修会の会場で、お声がけ下さいませ。


 今回から、賃金決定にも大きな影響を与える、「人事評価制度」についてのキーワードをヒントに、日本企業の賃金の在り方を御一緒に模索しましょう。
 弊社で提唱する「人事評価十戒」をわかりやすい言葉で説明します。


人事評価 制度設計「十戒」-1
企業の方向性や理想とする人材像を具現化した内容となっていたか?
「人事評価は企業の方向性と社員の行動との相性診断」

 人事評価は、基準との比較で行われます。その基準とは、被評価者が所属する組織の「方向性」です。この方向性は、社是や社訓等で表現されますが、それをさらに行動レベルにまで詳しくした評価要素が評価の基準となります。

 日本には、「人事考課」という用語を「相対評価」と共に使っている企業が多くあります。これは日本国内では通用するものの、諸外国ではあまり通用しないと思って間違いありません。

 「人事評価」は、評価者と被評価者とが相互に値踏みする時代に入っているからです。かつてのように、上司等が、一方的に部下を査定してそれを処遇(賃金)に反映するものでは無くなったのです。

 会社が向かう将来に向かって、ベクトル合わせができる人材が評価されるのです。

 従って、人事評価制度は、「企業や組織の方向性との相性診断」を行うというスタンスが重視されるのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  「賃金改革のプロ」養成セミナー(「赤津塾」)開催 情報!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  <<申し込み受け付け中!>>

2017.11.13(月曜日)午後 第167回 賃金システム研究会(R)

 (主催:賃金システム研究所)

 ~「DKモデル賃金アドバイザー(R)」資格取得講座
   基礎編 11,12

 人事評価十戒「制度運用編」、年末賞与はどうなる 他~

賃金システム研究会(R)は、 正会員(企業対象)様、
または準会員(士業、個人対象)様限定で、志の高い方々が集う
「会員制」セミナーです。詳しくは弊社HP「セミナー案内」欄の下を
ご覧下さいませ。

http://www.paysystem.co.jp/category/1481396.html

どの月からも入会(「入塾」)可能です。
入会後は、会員としての様々な特典が得られます。


◆特別「有料」ご参加お申し込み・お問い合わせ◆

士業(中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士等)が、
個人限定の「準会員」となられています。

お試し参加(初回のみ)は、メルマガ読者は1万円(税込み)
+ 懇親食事会費(4千円)は別途。

※資格認定要件を得るには、30時間以上の講座受講が必要です。

DKモデル賃金アドバイザー(R)として、将来独立されたい方(社友)を
応援しています。(その旨、お書きくだされば、詳しい御案内を致します)

 ⇒ http://www.paysystem.co.jp/category/1481396.html


 東京・新橋にて開催です。申し込みはお早めに!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

       お近くの有名書店又はウエブで! 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

●「赤津雅彦の賃金改革キーワード」

 ~人も企業も活きる人事・賃金ヒント集~
(赤津雅彦著、労働法令刊)

図表入りで、メルマガよりもさらに分かりやすい
http://honto.jp/netstore/pd-book_25571701.html

既刊(在庫僅かです。購入はお早めに!)

● 「伸びる組織のための人事・賃金基礎講座」

●「伸びる組織のための賃金制度改革」
●「伸びる組織のための賃金制度改革:事例編」
● 「伸びる組織のための人事評価・賞与改革」
●「新訂2版 賃金システム再構築マニュアル」(実務教育出版刊)

●「職務評価と役割等級制度」(日本労務研究会刊)
●「賃金制度改善のための賃金システム診断」(日本労務研究会刊)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

            「個別相談」のご案内

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 賃金システム研究所では、弊社「人事・賃金相談室」(東京・赤坂)にて、
経営合理化に関した、初回「無料 個別相談」を開催しております。
制度改革を正しく行う、経営者のための賃金カウンセリングです。

詳細・お申し込みは 
⇒ http://www.paysystem.co.jp/category/1478748.html

 ご要望が多いため、相談日を増やしましたが、
 やむなくお断りすることがあります。
 あしからず。

 遠隔地の皆様向けの、「インターネット 個別面談」もご用意しております。
 お気軽に、お問い合わせください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「賃金システム研究所(R)」、「賃金システム研究会(R)」は、「マトリクス賃金表(R)」、「DKモデル(R)」、「DKモデル賃金アドバイザー(R)」等と同様、

 株式会社賃金システム研究所(R)の登録商標です。

「賃金システム研究所」に似せた会社や「賃金システム研究会」に似せたセミナー
があるようですが、弊社、株式会社賃金システム研究所(創業1976年)とは関係
ありません。

    ご注意ください!

「経営堂」でも紹介中
http://www.keieido.net/pageidx3_catg0_agentflg0_career0_area0_idx308.html

   皆様のご意見・ご感想をお待ちしております。

     ~最後までお読みいただき、ありがとうございました~

赤津雅彦
株式会社賃金システム研究所所長

http://www.paysystem.co.jp(→ブログ型・HPです!)

*********************************

 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ より発行しています。

----Copyright 2006 thru 2017 Masahiko Akatsu, MA, MBA, GRP All rights reserved----
















**********************************
広告による売上は、まぐまぐさんの円滑なサイト運営とともに、毎月一定の率
を各種NGO/NPOへ募金されるとのことです。ご理解、よろしくお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ