教材・授業開発研究所ニュース

  • ¥0

    無料

広く全国の「教材・授業開発研究所各支部」の情報交換や活動状況、そして教育実践などの情報交換をしています。会員以外の方の購読も大歓迎です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
教材・授業開発研究所ニュース
発行周期
不定期
最終発行日
2018年01月07日
 
発行部数
708部
メルマガID
0000196253
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Vol.303 ────────────────────────── 2017.1/ 7(SUN)◆


Mail Magazine 教材・授業開発研究所ニュース


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────── ■ CONTENTS ■ ──────────────
[1]大学院での学びから  連載3/5
    第3回 バランスよく
                               兵庫教育大学大学院
         人間発達教育専攻 学校心理・学校健康教育・発達支援コース 1年
                         篠田裕文(山口市立湯田小学校)
[2]中学年の外国語活動の導入と高学年の外国語の教科化について  連載1/3
                       千葉市立草野小学校 教諭 中畑 翼
[3]【連載:部会情報】笑育部会情報  
                             笑育部会代表 俵原正仁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]大学院での学びから  連載3/5
    第3回 バランスよく
                               兵庫教育大学大学院
         人間発達教育専攻 学校心理・学校健康教育・発達支援コース 1年
                         篠田裕文(山口市立湯田小学校)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大脳半球優位性という言葉を耳にされたことはありますでしょうか?大脳半球機能差と
書かれているものもあります。例えば音声言語を理解したり、言語を話したりするのに主
要な働きをする「ウェルニッキ野」や「ブローカ野」は左半球にのみ存在します。対して
右半球は同時処理能力は優れているものの、単語の意味が統合できないとういう点が指摘
されています。このような機能の違う半球同士を結びつけ、半球間の情報伝達を行うのが
脳梁と呼ばれる部分です。病気の治療のため脳梁が切断された「分離脳」をもつ方への実
験をを通して左半球、右半球の機能差が明らかになってきました。
 感覚を司る部分や運動を司る部分が反対側を支配していることは広く知られているかも
しれません。(右半球の感覚野、運動野が左半身を、左半球の感覚野、運動野が右半身を
支配する)実は視覚情報においても同じことが言えます。右目で見たものがひだりはんき
ゅうに、左目でみたものが右半球に・・・と思ってしまうかもしれませんが、そうではあ
りません。右視野でとらえたものは左半球の視覚野に、左視野でとらえたものは右半球の
視覚野に情報が送られるのです。そしてそれぞれの半球に送られた情報は脳梁を通ってや
りとりされます。文字情報について言えば、読み書き中枢である角回が左半球にあるので、
そこを経由します。
 教室での子どもたちの座席の配置について考えて見ましょう。級友、教師、黒板等見る
べきもの、情報を得るべき対象はたくさんあります。そのような時、子どもたちがそれら
の情報源に対して正対できるような机の配置になっているでしょうか?一日中黒板を右視
野でとらえている子、一日中左視野でとらえている子はいないでしょうか?脳内での調整
作業が入るため、左右の眼球の使い方に差異があると視覚認知に問題が出てくることもあ
ると言われます。脳梁も半球間の情報を連絡しますが連合野間の情報であり、一次感覚野
間は連絡されません。授業中、子どもたちが何をどこから見ているか、脳科学、認知神経
心理学の視点から考えるとても大切なのです。(脳に機能的な障害がある発達障害がある
子どもたちにしてみれば輪をかけて重要です。)
 目に見える部分だけでなく、目に見えない部分で子どもたちに何が起こっているのか。
他の学問領域から学校教育、授業を考えることが今の私にとって大きな学びとなっていま
す。
 今回の内容は「言語病理学」の内容を参考に書いております。今回も最後までお読みい
ただきありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]中学年の外国語活動の導入と高学年の外国語の教科化について  連載1/3
                       千葉市立草野小学校 教諭 中畑 翼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 皆さまの自治体では、来年度から移行措置期間ということで、どのように取り組まれる
のでしょうか?千葉市では、中学年と高学年とも一時間増で、本格実施と同じように行っ
ていくと聞いています。
 今年度は、外国語活動の主任として、英語教育推進リーダーの研修ではありませんが、
様々な研修を受けてきました。同時に、本年度は、校内研修で外国語を研究教科であった
為、全体会(高学年部会)の授業を行いました。このメルマガでは、その実践について書い
ていきたいと思いますので、お付き合いください。
 自分自身も中学校や高等学校の英語の教員免許状を持っているわけではありませんし、
toeicなどのスコアを持っているわけではありません。授業実践を行っていく上で、自分が
あまり英語を話すことができないので、不安が大きかったです。しかし、今まではALT
(外国人講師)がメインで授業を行ってきていましたが、担任が主導で授業を行うという新
たな挑戦ということで、ワクワク感もあり、そんな中でのどのような流れが良いのかなと
試行錯誤をしながら、実践をしていきました。
 今回は、授業実践の概要のみをお伝えしたいと思います。千葉市では、外国語活動全3
5時間のうち、ALT(外国人講師)が授業を行うのは30時間で、残りの5時間は学級担
任が授業を行うという形になっています。今回の授業実践は、その5時間に焦点を当てて、
学習の流れなどを考えていきました。実態としては、英語を学校以外に学んでいる児童が
学級の中で3割いて、残りの7割の児童は、英語に接する時間が短く、英語の意味がよく
分からずに、意欲的に外国語活動の授業に参加することがという現状です。ゲームを中心
にたくさん英語を話す時間を確保するということに重きを置いて授業実践を行いました。
ゲームは3つ行いました。1つ目は、フルーツバスケットの英語バージョン、2つ目は、
ビンゴ、3つ目は、フルーツカード集めです。ゲームの内容やルールなどについても、次
回書きたいと思います。長文にお付き合いしていただき、ありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3]【連載:部会情報】笑育部会情報  
                             笑育部会代表 俵原正仁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「信用持ち」は現代の錬金術師だ。
 ここからは、信用が力を持ち、「信用持ち」が時代を獲る。
 「好感度ランキング」なるものがあるが、これからの時代は、あんなものには何の価値
もない。これからは、「信用度ランキング」の時代だ。
 まもなく、物質ではなく、サービスでもない、個人の信用そのものが売り物となる職業
が世に出てくるだろう。
 当然の流れだ。
 面白そうなので、個人の信用を売り物にする職業の第1弾は僕が作る。
「革命のファンファーレ 現在のお金と広告」(西野亮廣 幻冬舎)

 いやいや、西野さん。
 個人の信用が売り物になる職業なんて、今までもわんさかありますよ。
 そう、教師という職業もその一つです。
 前に立つだけで、子どもたちが話を聞く姿勢になっている。
 懇談会で同じ話をしているのに、保護者からの受けが全く違う。
 「なんで、自分の時とは違うんだ。」
 若い先生なら、ベテランの先生に対して、このような思いを持った人は数多くいるはず
です。それは、これまでの教師としての信用度があなたと違うからです。
 2018年は、教師としての信用を貯金していきましょう。
 教師の場合、この信用貯金(西野さんの造語)をためるためには、次のことができれば
オッケーです。ジャンジャン信用貯金がたまります。
 
◇「子どもたちの力を伸ばす。」

 そのためには、教師の力量をあげること、つまり、研究と修養のみです。
 まぁ、言うがやすし、横山やすしなんですけどね。
 一朝一夕で達成できるものではありません。
 でも、簡単にできることもあります。

◇「まず、教師が笑顔で学校生活を送ること。」

 そうです。笑顔の教師が笑顔の子どもたちを育てるのです。
 3学期の始業式、笑顔で子どもたちを迎えてください。
 では、最後になりましたが、2008年も、あなたにとっても、クラスの子どもたちにと
っても、いい年になりますように、祈念いたしまして、新春のご挨拶とかえさせていただ
きます。(あかん、行政職臭が強くなっている。)
 以上、笑育情報、俵原がお送りいたしました(笑)。
 最後に、教師の力量を上げるために研修の告知を3つ。
 みなさん、是非おいでください。
 今年もよろしくお願いいたします。

<ネバー・エンディング・セミナー IN 熊本 学び続ける教師>
 日時:2月11日(日) 09:30〜16:50
 講師:古川光弘 俵原正仁 波戸内勝彦 高本英樹
 会費:4000円
 場所:桜の馬場 城彩苑 多目的交流施設
 申込:http://www.kokuchpro.com/event/486b2eba6f8d8ddce4471f582bddb2f1/

<有田実践継承者VSミニネタ社会授業>
 日時:3月21日(水)10:00~16:30
 講師:俵原正仁 土作彰
 会費:3000円
 場所:八尾市プリズムホール 研修室
 申込:http://kokucheese.com/event/index/499824/

<第18回clover『幸せでモモイロな教室にしよう!〜タワセンの学級づくりスタートダ
ッシュSP〜』>
 日時:3月31日(土)10:00~17:00
 講師:俵原正仁(兵庫)
 会費:3000円
 場所:さいたま市民会館うらわ(予定)
 申込:http://kokucheese.com/event/index/488853/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ メーリングリストのお知らせ ◇◆◇
─ 教材・授業開発研究所ML ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 教材・授業開発研究所各支部の情報交換や活動状況のお知らせのために,メーリングリ
ストを開設しています。皆様の積極的な利用をお願いします。
 くわしくは下記のアドレスから。
・Group URL   http://www.egroups.co.jp/group/kj-kaihatsu/
・Group Owner: mailto:kj-kaihatsu-owner@egroups.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 購読者増加作戦にご協力ください。下記のアドレスをコピーして紹介メールをあな
  たの友人などに送っていただければたいへんうれしいです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Magazine Magazine 教材・授業開発研究所ニュース
http://www.mag2.com/m/0000196253.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
  ■ 教材・授業開発研究所ニュース  発行責任者:島原 洋
  ■ 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
  ■ 配信中止はこちら     http://www.mag2.com/m/0000196253.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ