私が一番受けたい「ココロの授業」

  • ¥0

    無料

著者サイト

「まぐまぐ大賞2008 教育・研究部門第2位」、「まぐまぐ大賞2006」で「まぐまぐスタッフ賞」受賞!「人として大切なこと」について語る今どき珍しいアツい授業の実録です。2008年8月、みなさまからのご要望で書籍化され、2010年には2作目出版。あわせて18万部突破のベストセラーに!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 ウエジョビメルマガ          5,618 部
   私が一番受けたいココロの授業  第79号
                  2016.9.16
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 「ココロの授業」by比田井和孝 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ココロの授業 教師編」で、
主に先生達を対象に行った講演より
お届けします!

----------


■人間性を高める「ココロの授業」
 ~「3つの約束」でウエジョビは変わった!~ ■


私は長野県上田市の上田情報ビジネス専門学校、
通称「ウエジョビ」で副校長をしています。

ウエジョビは、専門学校です。
専門学校と言えば、普通、目的は「資格と就職」です。
専門的に技術や資格を身につけて就職するんだと。

だけどウエジョビは、
「資格を取ってほしいんじゃない」
「就職してほしいんじゃない」って言っています。

じゃあ、何が目的かというと、
「将来幸せになってほしい」なんてね、
ちょっと臭いことを結構堂々と言っているんですよ。

でも、本当にそうなんです。
幸せになってほしいんですよ。

もちろん、
資格や就職がいらないって言っているわけじゃないですよ。
正直言って、ウエジョビの実績はものすごいですから。

ただ、そこが目的じゃないんです。
資格や就職のための勉強を通じて、
人間性を高めて、幸せになるっていうことが
目的なんです。

だから私はいつも言っているんですよ。
「就職はゴールじゃない」って。

例えばですね、
ウエジョビには「公務員科」という
公務員試験合格を目指す科があります。

でもね、
公務員になったからといって、
その学生が必ず将来幸せになれるかっていうと、
そうじゃない場合もあるわけなんですよ。

たとえば、職場で嫌われてしまったり
「お荷物」になってしまったりしたら
それはいくら夢の公務員になれても
「幸せ」とは言えないでしょう。

私は、学生たちにそんな人生歩んでほしくないんです。
誰だって幸せになりたいんですよね。当たり前ですけど。

今日、今ここにいらっしゃる100人以上の方、
全員が幸せになりたいんです。全員が。

ところがですね、
幸せになりたいと思っているはずの人でも、
中には、

「そんなことしていったら不幸に向かっていっちゃうよ」って、
…そんな生き方を
全力でやってしまっている人がいるわけですよ。

「幸せになりたい」と思っているにも関わらず、です。

これ不思議だと思いません? 
なぜこういうことが起きるんですかね。

それはきっと、間違っているんですよ。
「何が幸せか」の定義が。
これを間違えた時に、
幸せからは離れていってしまうんじゃないでしょうか。

わかりやすい間違いは、
例えば、

「結局、人生なんてお金でしょ」
「お金さえあれば…」というような考え方。

別の言い方をすれば、

「公務員にさえ受かれば」
「あの会社にさえ入れれば」
「資格さえ取れれば」。

…これね、多分間違いです。
間違いなんです。

じゃあ、ウエジョビが考える「幸せ」って
何かということですが、

…その前に、逆に
「この世の中の最悪の不幸」って、
なんだと思います? 

例えば、
お金がなくて食べるものがない、
着る服がない、住む家がない
…これ不幸ですよね。

でもね、
そんなことをはるかに超える不幸があると
マザーテレサは言っています。

「この世の中の最悪の不幸は、
 誰からも必要とされなくなること」だと。

私、これね、初めて聞いた時に、
ああ、確かにそうかもしれない、
と思ったんですよ。

だって想像してみてください。
例えば、お金は山ほど持っている。
欲しいものはなんでも買える。
行きたいところにも、いつでもどこでも行ける。

でも、自分のことを必要としてくれる人が
誰ひとりいない。
…ひとりもいない。

そんな人生を、
ちょっと想像してみてください。

私はゾッとします。

そんな人生だったら、
それこそ生きていても意味がないんじゃないかと
思っちゃうんですよ。

…ということはですよ、
この世の中の「最高の幸せ」、
それはきっと「その逆」だと。

つまり、周りのたくさんの人から、

「君が必要だ、
 君じゃなきゃだめだ、
 君の代わりはいない」と、

そう言ってもらえるような人生のことを
「幸せな人生」と言うのだと、
そう思うんですね。

今、「周りのたくさんの人から」と言いましたが、
もしかしたら、
たった1人でもいいのかもしれません。

まずは、たった一人でもいいから、
心から「あなたが大切だ。必要だ」
と言ってくれる人がいるかどうか

…それが大事だと思うんですね。
さらに、それが、
2人になり3人になりと増えていったら嬉しいですよね。

今日は「ココロの授業 教師編」ですから、
先生向けのお話なんですが、
「先生」という職業は幸せですよね。

先生が本気でやったら、
たくさんのお子さんから
「先生が必要だ」って…

「先生に出会えてよかった」
「先生が担任で良かった」
って言ってもらえるわけですよ。

ただね、
すぐに言ってもらえるとは限らない。

先生たちが本当に伝えたいことを
生徒にわかってもらえるのは、
卒業して、もしかしたら、
5年後や10年後かもしれないです。

人の上に立つようになってとか、
親になって初めて、

「あぁ、あの時、
 先生の言いたかったことはこういうことだったんだ、
 先生に育ててもらったおかげで、
 今の自分がいるんだ」と

わかってもらえるのかもしれません。

私は「教育の真価は10年後に問われる」
と思っていますからね、

だから、
その時はうまくわかってもらえなかったとしても、
いつか、そんな風に必要としてもらえて
「あの先生に出会えてよかった」って思ってもらえたら、

こんなに嬉しいこと…
こんなに幸せなことはないですよね。

だから、ウエジョビは、
卒業生が就職したその先で
「君がこの職場に来てくれて本当によかった」
…と言ってもらえるような、
そんな「いい仕事」ができる人を育てることが
使命だと思っているんです。

そして、そう言ってもらえるような人なら
必ず幸せになれると、
そう信じているんです。

そのために、
3つの約束「あいさつ・そうじ・素直」に
本気で取り組んでいて、
私は全クラスをまわって「就職対策授業」をしているんです。

「就職対策授業」っていうと、
「就職させるための授業」と思われちゃうんですけど、
違うんですよ。

「就職したその先で、
 君がいてくれてよかったと言われる人になるためには、
 どういうことが大事か」と、
そういう「人として大切なこと」を
話しているんです。

(続きます)

━━━━━━━━━━━━━━
■ 比田井和孝 講演会情報  
━━━━━━━━━━━━━━

■10/22(土) 長野県上田市【入場無料】 

 第12回ココロの授業講演会
 木下晴弘先生×比田井和孝

今年もココロの授業の季節がやってきました!
今回のゲストは
ヒダカズ「人生の師匠」の一人、
感動講演で有名な木下晴弘先生です!

思い起こせば12年前…
ヒダカズが木下晴弘先生の講演で号泣したことから
「ココロの授業」が始まりました…。
まさに人生が変わった出会いでした。

木下さんに「ココロの授業」で登壇していただくのは
3回目となります。
毎回毎回、大人気の木下先生、

今年も1,500人定員の所、
すでに1,200名を越えるお申し込みが来ています!

お申し込みはお早めに!

1.日時 平成28年10月22日(土) 12:30~16:30(11:45開場)
     第一部 比田井和孝講演会
     第二部 木下晴弘講演会

2.場所 上田市サントミューゼ
     JR上田駅徒歩5分

3.入場料 無料

4.申込が必要です。
  上田情報ビジネス専門学校 0268-22-0255
  詳細&ネットからのお申し込みはこちら!
  http://www.uejobi.ac.jp/2016/06/2016kokoro/


■9/22(木・祝)千葉県成田市

 比田井和孝講演会、テーマは「子育て」。
 あの「我武者羅應援團」が前説に駆けつけてくれます!

1.日時 9/22(木・祝)12:30~15:00

2.場所 もりんぴあMORI×MORIホール

3.入場料 1,000円 (中学生以下500円、未就学児無料)

4.申込 豊かな生き方応援団 070-3149-2379
  詳細はこちら!
  http://furefure-watashi.com/kokoro/

こちらは、成田市にお住まいの岩城智子さんが中心となって
主催してくださっています。

毎日のようにブログにヒダカズの話をアップしてくださり、
ネット番組をつくって配信してくださったり
いろんな場所にお願いに行ったり…
本当に一生懸命に動いてくださっています。


岩城さんは2児の母。
10年前に離婚して以来、
仕事に子育てにと忙しい日々を送ってきました。

子育てに悩み苦しみながらも、
子どもはドンドン大きくなっていく…

そんな中、昨年、ヒダカズの子育て講演を聴いて
「この話をもっと早く聴きたかった!」と感じました。
「もっと早くこの話を聴いていたら、
 もっと子育てを楽しめたんじゃないか…」

そんな思いから、
子育てに奮闘中のママのお役にたちたいと
このイベントを企画してくださいました!

笑顔がキラキラしていて、行動力あふれる
素敵な女性です。

子育てはしていない、という方でも
「幸せになるあり方」という部分は一緒です!
ヒダカズも気合いを入れてお話ししますので、
ぜひお越しくださいませ!!(*^-^*)

あ、この日は私、比田井美恵も
一緒に行きます!
我武者羅應援團の前説も楽しみです!^^

  http://furefure-watashi.com/kokoro/


■H28/9/19(月)埼玉県坂戸市
 13:00~16:00/坂戸市文化施設オルモ/入場料500円/
 パイルララの会 山口様080-6814-3128

■H28/9/25(日)神奈川県海老名市
 18:30~20:00/海老名市文化会館小ホール/
 入場料2,000円(大学生以下・保護者は無料)
 株式会社TripleWin 0463-75-9941

 ↓詳細はこちら
 http://kokucheese.com/event/index/406111/

■H28/10/6(木)長野県松本市
 13:00~14:00/梓川高校 小体育館/
 入場無料/梓川高校教頭 中村様 0263-92-2119

■H28/10/7(金)長野県中野市
 13:40~15:10/中野市立高社中学校
 入場無料/中野市立高社中学校 藤澤様 0269-22-3412

■H28/10/18(火)長野県北佐久郡立科町
 9:45~11:15/立科中学校/入場無料
 立科中学校 0267-56-1076

■H28/10/23(日)長野県長野市
 14:00~16:20/ホテル国際21千歳の間
 入場無料/長野青年会議所 山口様 080-5757-2214

■H29/1/15(日)長野県佐久市
 13:30~15:30/佐久市交流センター
 入場無料/佐久市教育委員会中央公民館 0267-66-0551


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ヒダカズ公式ブログ 反響が高かった記事…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・緊急事態です!
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1940960.html

・取り返しがつかないことを…
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1974140.html

・子どもはたくさんの●●に触れてこそ、豊かに成長する
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1967345.html

・「心の持つチカラ」はすごい!
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1981850.html

・自分が蒔いた種の場所で咲くんだ…
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1944824.html

・悔しさを力に変えろ
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1952818.html

・カンタ独り立ち!? その1
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1921278.html

・カンタ独り立ち!? その2
http://hidakazu.naganoblog.jp/e1921838.html


━━━━━━━
■ 編集後記  
━━━━━━━

■「たった一文字」を加えるだけで「愛」が伝わる
  …我武者羅應援團 武藤正幸さんコラムより

ヒダカズの公式ブログでは、月に一回
我武者羅應援團の武藤正幸さんのコラム「子育つ」を
掲載させていただいていますが、
先月の「子育つ」が、ものすごい反響でした。

記事がシェアされ、広まり…
連日、普段の5倍以上の方がブログを見に来てくださり
ブログランキングでも過去最高の3位を記録!

これはぜひメルマガ読者のみなさんにも…と思い
ここに掲載させていただくことにしました。(*^^*)


-------

【子育つ】 ~我が子を応援したいなら~

我が子を応援したいと思った時に、
あなたは何と声をかけるでしょうか?

この質問に対して多くの方はこう答えます。

「がんばれ」

どんな場面であっても、
相手を応援できる魔法の言葉。

確かに「がんばれ」は素敵な言葉です。

でもそこには落とし穴があるのを
ご存知でしょうか?

以前、PTAの集まりで、
応援させていただいた時のことです。

一生懸命に子育てをしている皆さんへ、
ありったけの気持ちを込めて、
「がんばれ」とエールを送りました。

すると前列に座っていた女性が、
涙をボロボロこぼして泣き出しました。

その姿を見て、

「応援が伝わったんだ」と

とても嬉しく思いました。

応援が終わり、
お客様をお見送りをしていると、
あの前列で泣いていた女性が私達に気づき、
こちらに向かってきました。

私は感謝を伝えたくて、
「真剣に見てくださり、ありがとうございました」
と言いました。

しかし彼女は何も応えず、
じっと私を見たまま、こう言いました。


「応援を聞いていて、ツラかったです」


予想外の言葉に、
私は戸惑ってしまいました。

重い沈黙が流れた後、
その女性は涙ながらにこんな話をしてくれました。


彼女は旦那さんを早くに亡くし、
女手一つで子供達を育てている。

そんな彼女に対して、周りはこう言いました。

「がんばれ」

もちろんみんな彼女を応援したいんです。

でも彼女はその言葉を聞くたびに、
心の中でこう思っていたそうです。

…もう、がんばれない…。

私は子供達のために、
朝から晩までずっとがんばっている。

なのに、まだがんばらなければいけないの?

だから「がんばれ」と言われる度、
胸が締め付けられるように痛くなる。

彼女はそう言っていました。

このお母さんは、
私達の「がんばれ」に感動していたのではなく、
苦しくて泣いていたのです。

その時、自分の間違いに気づきました。
「がんばれ」は魔法の言葉なんかじゃなかった。

使い方を間違えたら、
応援するどころか、
相手を傷つけてしまうことだってある。

そこで私は、
今も苦しんでいる
このお母さんを、
どうにか応援できないかと、
必死に考えました。

そして悩んだ末に、
一つの言葉を彼女に伝えたんです。

「がんばれ」

でも今回はそこに1文字だけつけ足しました。


足した言葉は……「る」



「がんばれる」


私は続けて言いました。

「僕らは、もっとがんばれと、
 あなたを追い込みたい訳じゃないんです。

 あなたはがんばれるって、僕らは信じてます。
 そう伝えたいです」

すると泣いていた彼女の表情が、
ふっと柔らかくなりました。

そして小さくうなづきなら、
「もうちょっとがんばってみようかな」

そう言いました。

今度こそ応援が伝わったと感じました。


この時、私は学びました。

応援とは、
「相手をがんばらせよう」とするのではなく、
「私は信じている」と伝えること。

信じる気持ちが伝わった時に初めて、
相手は自らの意思で、
がんばろうと思うのだと。

その日から、応援する時に、
「る」を意識するようになりました。

なぜ「る」が大事なのか。

「がんばれ」と応援する場合、
がんばれの主語は誰でしょうか?

あなたが、がんばれ。

そうです、言われた相手です。

応援するつもりが、
「がんばるのはあなた」と、
プレッシャーや命令のように、
受け取られることもあります。

逆に、
「がんばれる」という応援だったら、
主語は誰でしょうか?

がんばれると信じているのは、
私です。

「る」を付け足すことで、
主語が「あなた」から「私」に変わるのです。

主語が私になると、
相手に投げっぱなしだった応援の言葉が、

自分の想いを表した、
意思のある言葉になります。

そんなアイメッセージでこそ、
信じてるという愛(応援)が伝わるだと思います。

なのであなたがお子さんを応援する時も、
「る」をつけてみてください。

がんばれ以外でも、

「やれ」ではなく「やれる」

「いけ」ではなく「いける」

いろいろな言葉に「る」はつけられます。

それだけであなたの信じる気持ちは、
何倍にもなって我が子に伝わるでしょう。

私も我が子を信じて、
がんばれるとエールを送り続けようと思います。

我武者羅應援團 総監督 武藤正幸

※注

 アイ・メッセージとは、
 「私はあなたが頑張れると信じる」
 「私はあなたが●●してくれて嬉しい」等、
  主語が「私(= I(アイ))」のもの。

  対義語はユー・メッセージ。
  「あなたはもっと頑張れ」「あなたは間違っている」
  「あなたはいい子だ」等、
  主語が「あなた(=You(ユー))」のもの。


----------

(ここから下は、比田井和孝のコメントです)

実は、
先日、奈良県のある幼稚園で先生たちに
講演をしました。

いつものように
ディズニーランドの
「約束のお子様ランチ」の話と
「命のサイン帳」のお話をしました。

講演終了後、司会の先生が、

「今日のお話を聴いて、
 必然だったんだ…と思いました。

 6年前の今日、
 私は息子を亡くしました…」

って言うんです。
私…、「わぁ…」って思ったんです。
一瞬にいろんなことが頭を駆け巡りました。

ご存知の通り、
ディズニーランドの二つのお話は
子どもが亡くなる話なんです。

そんなお話を
子どもを亡くしたお母さんが聴いたら
どう思いますか?

私は、
「嫌な事を思い出させてしまった・・・」
って思ったんです。

「うわぁ・・・どうしよう・・・」って
思ったんです。

でもですね、
その後、その方は
こう続けました。


「今朝、仏壇に手を合わせて
 『もう、6年も経ったんだ…』と思いながら、

 それでも、その時のことを思い出すと
 悲しくて悲しくてたまらなくなる。

 それでも、
 『そんないつまでも悲しんでいちゃいけないよね』
 『元気出して、頑張らなきゃいけないよね』って

 思って今日来ました。

 でも、講演の中で比田井先生が、

 『我が子を、自分より先に亡くすことほど
  辛いことないですよね。
  それこそ、人生最悪の不幸ですよね』っておっしゃった時、

 私、涙が止まらなくなったんです。

 『比田井先生、わかってくれてる』って思ったんです。

 だから、嬉しかったんです。
 
 今日、このお話が聴けたことは
 私にとって必然でした」 と。


…私、ホッとしたんです。

その数日後に届いた
正幸さんの今回の「子育つ」です。

正幸さんが言う通りで、
「がんばれ!」という言葉は、
ときに、自分の都合を押し付けてしまう
そんな言葉かもしれません。

でも、

「あなたは、がんばれる」という言葉は
相手に寄り添っていなくては
言えない言葉ですよね。

「寄り添う」というのは
「共感」ってことかもしれません。

人は「共感」してもらうと
ホント嬉しいですよね。

そして、「また、がんばろう!」と
エネルギーが出てきます。

勇気が湧いてきます。

先日の講演がその
お母さんの勇気や元気になったとしたら
こんな嬉しいことはありません。

そんなことを今回の「子育つ」で学びました。


で・・・・、
ここで終わってしまうと
まるで、「がんばれ!」という言葉が
悪い言葉のように思えてしまう人がいるかもしれません。

そんなことはありません。
正幸さんも言っています。

「がんばれ!という言葉は
 使い方を間違うと・・・・」と。

言葉というのは、
誰が、
誰に対して
どんな思いで伝えるかによって
まったく意味が変わってきます。

使い方を間違えなければ
「がんばれ!」という言葉は
最高の応援の言葉にもなります。

それはこの動画を観たらわかります↓

 https://www.youtube.com/watch?v=GbMgNfyxS8Q

この映像は
数年前に正幸総監督が

ウエジョビの卒業式で
卒業生に送ってくれた最高の
「がんばれ!」のメッセージです。

久しぶりに観ましたが、
メチャメチャ、感動しました。

----------

(比田井和孝のコメントは以上です。
 ここからは比田井美恵が書いています)

私、思うんですよね。

武藤正幸さんは、
本当に人を応援する生き方をしているんだと。

一生懸命に相手の立場に立って
どんな言葉なら相手に伝わるかと
必死に考えて
…考えて考えて考え抜いて…

だからこそ、たった一文字の違いに
気づくことができるんだと。
…素晴らしい「あり方」ですね。

そんな武藤正幸さんですが、
今、「講師オーディション」にエントリーしています。

10分程度の講演動画が見られるのですが、
武藤正幸さんは、
「プロ応援団が伝える あなたの本気を伝える極意」
というテーマで語っています。

上に書いた「たった一文字で…」の話も
してくださっていますが
これまた、文字で見るのと
映像で観るのとでは
やっぱり伝わり方が違います。

ですので、動画を観ていただき、
いいと思ったら、
正幸さんに投票していただけませんか。

12/17(土)に本選があり、
得票数で本選に出場できるかどうかが決まります。

…きっと、今日のこの記事の
正幸さんの言葉や動画に励まされた、という方が
たくさんいらっしゃるでしょう。

正幸さんへの応援返しの気持ちで
投票してもらえたら嬉しいです。(o^-^o)

↓全国・講師オーディションのページ
 現在の得票数順に表示されています。
 今現在、正幸さんは3位です。
 https://akoshi.com/primary/

どうぞ、よろしくお願いします。(*^-^*)


■Facebook、楽しんでいます。

 友達申請も受け付けていますが、
 最近、広告目当てのものも多いので、

 「顔写真がないもの」
 「本名ではないもの」
 「メッセージのないもの」は、

 友達申請をしていただいても承認しません。
 ぜひ「メルマガ読んでます」と一言メッセージを送った上で
 友達申請してもらえたら嬉しいです!(o^-^o)

 比田井美恵
 http://www.facebook.com/mie.hidai

 ヒダカズも楽しんでFacebookをやっています。
 良ければ「いいね!」してみてくださいね!

 比田井和孝
 http://www.facebook.com/hidakazu


以上、今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました~!(^-^*)

━━━━━━━━━━━━
■ ヒダカズ書籍・DVD等 
━━━━━━━━━━━━

★おかげさまで、
 ココロの授業の文庫本版、「奇跡の授業」シリーズも、
 あわせて、10万突破しました! ありがとうございます!

 「あなたの人生が変わる奇跡の授業」…11刷です!
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4837966500/mag12-22/ref=nosim/

 「一瞬であなたが輝く奇跡の授業」
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4837966780/mag12-22/ref=nosim/

 「ココロの授業」も3冊あわせて19万部突破しました!
 ありがとうございます!!!(^-^*)

 「私が一番受けたいココロの授業シリーズ」最新作は「子育て編」
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4341131656/mag12-22/ref=nosim/
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4341131907/mag12-22/ref=nosim/
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4341132474/mag12-22/ref=nosim/

 DVDも好評レンタル中です! 
 http://www.discas.net/netdvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=1173986796

 ヒダカズ&我武者羅應援團のコラボDVD
 「私が一番受けたいガムシャラな授業」
 http://www.synthese-records.com/gamushara_onlineshop/


━━━━━━━
■ お願い 
━━━━━━━

■お願いです。ぜひとも感想を送ってください!
 いただける感想が私の命の水です!
 ぜひとも送ってくださいね!お待ちしています!^^
 このメールに返信して下さい。

 いただいた感想は、匿名で掲載させていただくことがあります。
 掲載不可の場合は、明記していただければ、掲載しません。


■このメルマガは、転送(全文をそのまま別の方に送ること)自由です。
 気に入ったお話があったら、
 ぜひお知り合いの方に転送してあげてください。
 良ければ紹介してください^^
 →登録 http://archive.mag2.com/0000199548/index.html

■メルマガの一部を掲載したい場合は、お手数ですが、
 引用部分をわかるように明記し、
 メルマガ名「私が一番受けたいココロの授業」と、
 バックナンバーのURLの掲載をお願いします。
 http://archive.mag2.com/0000199548/index.html


■登録を解除したい方
 http://archive.mag2.com/0000199548/index.html


■相互紹介、広告掲載、セミナー・講演会・イベント紹介は
 行っていません。
 ご依頼メールはご遠慮くださいますようお願いします。
 ご期待に添えず、申し訳ございません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    【 私が一番受けたいココロの授業 】

 ブログ【ヒダカズのココロの授業比田井通信編】
     http://hidakazu.naganoblog.jp/
 ブログ【ウエジョビの日常。校長ブログ】
     http://hidaimie.naganoblog.jp/

      ──すべては学生のために。──
 上田情報ビジネス専門学校 http://www.uejobi.ac.jp/
 〒386-8691 長野県上田市中央3-7-5 0268-22-0255
          比田井美恵

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
私が一番受けたい「ココロの授業」
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2016年09月16日
 
発行部数
5,481部
メルマガID
0000199548
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ