山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~

  • ¥0

    無料

東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村ビジターセンター発行のメールマガジンです。ビジターセンター常駐のインタープリター(自然解説員)による自然のお話、園内利用案内、環境教育関連イベント情報などを月2回ほどのペースでお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~
発行周期
月2回
最終発行日
2017年09月30日
 
発行部数
264部
メルマガID
0000199569
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

============================================================

  山のふるさと村ビジターセンター発行メールマガジン

            ~湖畔の森だより~Vol.274

=========================================2017.9.30=========

9月の初め、昭島にあるモリパークアウトドアビレッジのイベントで
「おくたま自然案内所」というブースを出展し、
山のふるさと村を紹介してきました。

たくさんの人に奥多摩の魅力や山のふるさと村を
紹介することができたイベントでした。
そこで嬉しいことが二つありました。
一つ目は、いつも山ふるに来てくれる
ジュニアレンジャーたちとバッタリ会ったこと。
二つ目は、当日ブースで話した方が、
後日山ふるに来てくださったことでした。

SNSなどで情報を共有することも多い時代ですが、
対面で紹介したり、出会ったりするのは数倍楽しい瞬間です。

(岩下和広/いわしぃ)
__MENU_____________________________
■インタープリター四方山話「見たい!クモのあれこれ」
■10月おすすめのイベントの紹介
■山のふるさと村主催行事のご案内
■奥多摩周遊道路通行時間変更のお知らせ
______________________________

■インタープリター四方山話「見たい!クモのあれこれ」・・・・・・・・

 山のふるさと村のインタープリター(自然解説員)は、
 動物好き、粘菌好き、ハチ好きなどなどいろんな事に興味津々。
 その中で、クモに夢中なインタープリターは「いわしぃ」です。

 晴れた日はクモが太陽に向かってお尻を向けていること、
 網の枠はと~っても丈夫なことなど
 いつ見てもわくわくする、クモの生態ですが、
 今回は「いわしぃが見たい!クモのあれこれベスト4」を紹介します。

 第4位 トリノフンダマシの張る網
 トリノフンダマシとは、なんとも不思議な名前ですが、
 見た目が鳥の糞に似ている事から名付けられたクモです。
 昼間は葉っぱの裏でじっとして動かないようで、
 その様子は、湖畔広場などでも見た事があります。
 しかし、夜にはと~っても大きな網を張ると図鑑に書いてあり、
 それはいわしーもまだ見たことがありません。
 どんな大きな網だろうと非常に気になります。

 第3位 ジグモが巣に獲物を引き込む瞬間
 壁際の地面に細長い筒状の巣を作るジグモ。
 網で獲物を捕らえるのではなく、網は住み家兼センサー。
 網に触れたアリなどを捕まえて巣に引き込んで食べます。
 食べられたアリの残骸は見た事があるのですが、
 引き込む瞬間はまだ見た事がないので、その瞬間を見てみたい。

 第2位 カラカラグモの網
 カラカラグモは、円く網を張った後、網の真ん中を糸で引っ張ります。
 獲物が近いたのを察知して、引っ張っていた糸を放すと、
 パーティーで鳴らすクラッカーの様に網が飛び出し、
 獲物を捕らえるというスナイパーのようなクモです。
 7年前、1回だけ山ふるで出会ったのですが、
 その後は見つける事ができていません。

 第1位 ジョロウグモの産卵
 ビジターセンター前の「山ふるクモ銀座」でおなじみのジョロウグモ。
 日々見ているとメスのお腹が大きくなっており、
 産卵の時期が近付いているようです。
 産み終わった後、白い糸に包まれた卵は見たことがあるのですが、
 産卵する様子はまだ見た事がありません。
 今年こそはぜひ産卵に立ち会いたいです。

 こんな「見たい!」を日々探していわしぃは歩いています。
 ビジターセンターの周りを歩くいわしぃを見たら、
 「見つかった?」と声をかけてみてください。
 見つかっていたらガイドウォークやミニトークでご紹介します。
 見つかっていなかったら、一緒にあれこれ探しに行きましょう。


■10月おすすめイベントの紹介・・・・・・・・・・

 【山のふるさと村音楽祭】
 豊かな自然の中で子どもから大人まで音楽を満喫できるイベントです。
 日時:10月15日(10:15~15:00)
 場所:レストラン前広場の東屋に特設会場設営
 費用:無料
 雨天時:小雨実施(荒天時は奥多摩町福祉会館にて一部内容変更し実施)
 なお、主催は山のふるさと村ではなく、奥多摩町観光産業課内の
 音楽祭実行委員会となりますので、内容などのお問い合わせは、
 山のふるさと村音楽祭実行委員会(0428-83-2295)までお願いいたします。

 【子どもパークレンジャー2017】
 環境省が主催する一日パークレンジャー体験です。
 今回の子どもパークレンジャーでは、連続講座として、
 多摩川の上流と下流の環境やそこに暮らす生き物の違いを確かめます。
 第1回目は、住宅街や高層ビルに囲まれた「二子玉川」
 第2回目は、山を登った先、木々に囲まれた「御岳山」で活動します。
 山ふるインタープリターのとむさんもスタッフ参加します!
 開催日:第1回 10月15日(日)世田谷区立二子玉川公園付近 多摩川河川敷
     第2回 10月29日(日)青梅市御岳山 ロックガーデン
 集合・解散場所と時間:
     第1回…二子玉川公園ビジターセンター前 10時頃集合、15時頃解散
     第2回…JR青梅線 御嶽駅 9時頃集合、16時頃解散
 参加対象:小学4年生~中学3年生 
      ※保護者同伴の場合に限り小学3年生も参加可能になりました。
 募集人数:15名(先着順)
 参加費:500円
 申込み締切:10月10日(火)必着
 申込み方法:1.イベント名 2.名前・ふりがな 3.性別 4.生年月日・学年
       5.郵便番号 6.住所 7.電話番号 8.E-mail
       を明記の上、E-mail、FAX、郵送にてお申込みください。
 <申込み・お問い合わせ>
 自然教育研究センター 「子どもパークレンジャー」係
 〒190-0022 東京都立川市錦町2-1-22-2F
 E-mail:event-k@ces-net.jp(お問い合わせはメールでお願いします)
 TEL 042-528-6595 FAX 042-528-6596


■山のふるさと村主催行事のご案内・・・・・・・・・・・

 【山のふるさと村秋まつり】
 日時:11月11日(土)、12日(日)9:30~15:30
 場所:山のふるさと村園内
 費用:入園無料
 秋まつりは、体験する・食べる・遊ぶに加え、
 「紅葉を愛でる」こともできます。
 伝統芸能の上演や地元特産物の販売、特別プログラムなどがあります。
 随時、情報を公開していきますので、ホームページやブログでご確認ください。
 秋まつりは、申し込みは不要です。お気軽にご来園ください。
 昨年の様子はこちら↓
 http://yamafuru.blogspot.jp/2016/11/blog-post_11.html

 【パソコンデスク作りと陶芸体験】
 書斎の勉強机や簡単な作業机にも使えるテーブルとイスを作ります。
 使い込むと段々と味わいが出てきますよ。
 檜原都民の森との合同イベントです。
 日程:11月28日(火)~29日(水)
 場所:クラフトセンターなど
 定員:10名(高校生以上)
 費用:8,000円
 締切:11月7日(火)

 <申し込み方法>
 E-mail、官製はがき、またはFAXに以下の【1~7】の項目を記し、
 管理事務所までお申し込みください。
 (締切日必着、応募多数の場合は抽選となります。)
 【1.催し名 2.郵便番号・住所 3.氏名・よみがな 4.性別
  5.生年月日 6.電話番号 7.E-mail】
 〒198-0225
 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
 山のふるさと村管理事務所
 TEL:0428-86-2556 FAX:0428-86-2553
 E-mail:yamahuru@town.okutama.tokyo.jp


■奥多摩周遊道路通行時間変更のお知らせ・・・・・・・・・・・

 10月1日から通行可能時間が変更になります。
 冬季(10月1日から3月31日まで)
 9時~18時(通行可能時間)
 上記時間以外は、ゲート閉鎖の為通行できません。
 ご来園の際は、お気をつけください。


今回も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
いよいよ、紅葉のシーズンです。
ヤマザクラは赤くなり始めていますが、それ以外はまだまだ青い葉が目立ちます。
紅葉をご覧になりたい方は、事前に電話やTwitterで確認してお越しください。

==================================================== 
    
東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村ビジターセンター
開館時間/9:00~16:30
〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
TEL:0428-86-2551 / FAX:0428-86-2316
E-mail:yamafuru@hkr.ne.jp
H P:http://www.yamafuru.com/
Twitterアカウント:@yamafuruvc

*配送協力:「まぐまぐ」 http://www.mag2.com
*読者登録・変更はこちら:
http://www.mag2.com/m/0000199569.html

====================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ