山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~

  • ¥0

    無料

東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村ビジターセンター発行のメールマガジンです。ビジターセンター常駐のインタープリター(自然解説員)による自然のお話、園内利用案内、環境教育関連イベント情報などを月2回ほどのペースでお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
山のふるさと村ビジターセンター~湖畔の森だより~
発行周期
月2回
最終発行日
2017年11月30日
 
発行部数
266部
メルマガID
0000199569
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=================================================

山のふるさと村ビジターセンター発行メールマガジン
~湖畔の森だより~Vol.276

==========================2017.11.30=============

紅葉という秋の大仕事を終えた木々は、葉をおとし始め、
すっきりした枝先に鳥たちの姿が目立つようになりました。
鳥たちは寒くなっても生き生きと園内を飛び回っています。

そんな光景をポカポカに暖められた部屋から眺めている私は、
ときどき、なんて怠けた生活をしているのだろうと思ってし
まいます。「あ、私も…」と思った方もそうでない方にも、
コタツを抜け出してわざわざ行きたくなる、山ふるの
とっておきの催しをご紹介します!

ぜひ最後までお付き合いくださいね!
(インタープリター 河合里江/かーりー)


__MENU__________________________

■インタープリター四方山話「たき火マジック」
■山のふるさと村主催行事のご案内
■ビジターセンターおよびレストランやませみからのお知らせ
______________________________

■インタープリター四方山話「たき火マジック」・・・・・・

 11月11日~12日に毎年恒例の「山のふるさと村秋まつり」が
行われました。
伝統芸能の鹿島踊りや郷土料理のふるまい、夜はしし座流星群の
観察会などバラエティ豊かな催しがズラリと並ぶ中、ビジター
センターは新企画「夜だけじゃない!たき火のお楽しみ体験」を
開催しました。

 内容はいたってシンプルで、串にマシュマロや
ソーセージを刺して、あぶって食べる。ただそれだけ。

それだけなのに、いつもの食べ物がおいしさ倍増!
これぞたき火マジック!!
特にバームクーヘン(一番人気)をほおばった瞬間の
「むむっ」と驚いた表情を見た時には、
思わず笑みがこぼれました。

午後からは日陰になり、北風が吹きつけ冬のような
寒さに変わりました。
でも火のそばは暖かく、自然と人が集まってきます。
人が集まれば会話もはずむ。家族同士はもちろん、
顔も名前も知らない人でも「じょうずに焼けたね」
「あ、こげているよ!」と会話に花が咲き、遠慮気味
だった子どもたちもすっかり仲良しになりました。
たき火がコミュニケーションのきっかけとなり、
人と人とのつながりを生む。このブースをひらいた
目的の一つが果たされ、好評のうちに幕を閉じました。
(もちろん美味しさを知ってもらうことも達成!)

日頃、仕事や勉強で忙しいと、身近な人であっても
向き合ってゆっくり話す機会は少なくなってしまう
ように思います。かく言う私もそうです。何かをしながら
相手の顔も見ずに相槌だけをうつ。せっかく同じ空間に
いるのになんだか寂しくはないでしょうか。

そんな日常に「?」を感じたら、
あなたも話したかった人と一緒に火を囲んでみませんか。
ビジターセンター館内でも、寒さの厳しい日には
薪ストーブをつけていますので、ぜひお立ち寄りください。

※秋まつりの様子はツイッターで公開しています!
 興味のある方はのぞいてみてくださいね。


■山のふるさと村主催行事のご案内・・・・・・・・・・

【伝統行事「おくたま小正月」 】
 お餅つきやお団子作り、木の飾りや丸太で出来た
守り神などを作り、奥多摩の小正月を体験しましょう。
  
 日時:2018年1月7日(日)10:30~14:20ごろ
 場所:クラフトセンター
 定員:15名(小学生以上)
 費用:1,500円
 締切:2017年12月16日(土)


【陶芸・自然食教室「陶芸そば打ち あったかツアー」 】
 専門家に教えてもらいながら、自分の食器やおそばを
作りましょう。その後、温泉施設までバスでお送りします。
  
 日時:2018年1月29日(月)10:30~15:20ごろ
 場所:クラフトセンター
 定員:15名(高校生以上)
 費用:1,000円 ※温泉施設利用料は含まれません
 締切:2018年1月5日(金)


<申し込み方法>
 E-mail、官製はがき、またはFAXに以下の【1~7】の項目を記し、
 管理事務所までお申し込みください。
 (締切日必着、応募多数の場合は抽選となります。)
 
【1.催し名 2.郵便番号・住所 3.氏名・よみがな
 4.性別5.生年月日 6.電話番号 7.E-mail】

 〒198-0225
 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
 山のふるさと村管理事務所
 TEL:0428-86-2556 FAX:0428-86-2553
 E-mail:yamahuru@town.okutama.tokyo.jp


■ビジターセンターおよびレストランやませみからのお知らせ・・

<ビジターセンター プログラムのお知らせ>
 ・冬の自然体験プログラム ※土日祝日実施・参加費無料
  10:15 ミニトーク(15分間)
  11:00 スライドショー(15分間)
  11:30 ガイドウォーク(30分間)
  13:30 クラフトガイドウォーク(60分間)
  15:00 ミニトーク  (15分間)
 
 ・宿泊者向けプログラム ※土曜日実施・有料(1人500円、2歳以下無料)
  18:00 ナイトプログラム(60分間)
  ※おはようウォークは4月までお休みです

<レストランやませみ 定休日のお知らせ>
 11月:毎週火曜日
 12月以降:毎週火曜日および水曜日
 ※上記以外にも臨時休業の場合がございます


 今回も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
 街は次第に師走の慌ただしさが色濃くなっていきます。
 忙しさに目が回りそうになったら山ふるに遊びに来て
 くださいね。
 癒し系の森の仲間たち(スタッフ含む)がお迎えします。
 
 なお12月29日~1月3日は年末年始休園となりますので、
 うっかり来園にご注意くださいませ。

 では、次号もお楽しみに!
=====================================================
東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村ビジターセンター
開園時間/9:00~16:30
休園日/12月29日~1月3日 ※その他臨時休園あり
〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
TEL:0428-86-2551 / FAX:0428-86-2316
E-mail:yamafuru@hkr.ne.jp
HP:http://www.yamafuru.com/
Twitterアカウント:@yamafuruvc

*配送協力:「まぐまぐ」 http://www.mag2.com
*読者登録・変更はこちら:
http://www.mag2.com/m/0000199569.html
=====================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ