「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅

  • ¥0

    無料

「日本から飛行機を使わずにケープタウンまで行ってみよう」それが当初の旅の目的だった・・・3年4ヶ月世界一周半。累積訪問国120ヶ国以上。アジア、中東、アフリカ、中南米、中央アジア、ロシア。「辺境」を好んで旅した著者による記録。是非ご登録下さい。(完全無料)【相互紹介歓迎】

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月21日
 
発行部数
231部
メルマガID
0000206271
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > 海外旅行全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

SHIZA旅(メキシコ再び5)
2018.05.20 20:44貼付:日本
2018.05.21 10:00配信予定(日本時間):時差0時間
まぐまぐ:233部 melma!:472部
Vol.1135
--------------------------------------------------------------
【このメールマガジンについて】
これは、2003年4月から2006年8月まで旅をした経験などを元に
旅の思い出などを中心に語るメールマガジンです。

現在は、日本で再就職をしていますので、
お間違いないようにお願い致します。
--------------------------------------------------------------
【重要なお知らせ】

万一メルマガが届かない場合は、
お手数ですが再登録をして頂きます様お願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【目次】
1.メリダ
2.翌朝
3.雨の神
4.コンビニ
5.編集後記
--------------------------------------------------------------
【1.メリダ】

ユカタン州の州都が、メリダである。
チチェンイツア―遺跡から、バスで3時間。

このメリダで一泊した。
69ペソだったから、当時のレートで700円程度。

バスで、ここに着き、宿を探して歩いていると、
「ソカロ(中心部)に安宿がある」
と声をかけてきた人もいた。

私がバックパックを担いでいるので、
旅行者だと分かったのだろう。
だが、付いて行くのはやめた。

その代わり、以前会った旅人からの情報を頼りに、宿を探す。
旅をする仲間たちの情報の方が信頼できる。

宿にチェックインしてコンビニにジュースを買いに行く。

ソカロでパイナップルのアイス食べ、
またコンビニでジュースを買って帰ってきた。

暑い遺跡を歩いて来たのだ。
まるで、東京の夏のような気候。

今日は、やけに喉が乾いた。
ジュースが非常に、美味に感じられる。

--------------------------------------------------------------
【2.翌朝】

夜風があって涼しく、よく眠ることができた。

翌朝、メリダのカテドラル(大聖堂)を見学して、
ウシュマル遺跡に向かう。

メリダからバスで、1時間半程度。
このウシュマルも、マヤの遺跡だ。

ウシュマルは、7世紀に創建され、
雨の神である「チャック」を崇拝していたと伝わる。
だから、遺跡にある神殿は、チャック像が祀られているのだ。

チチェンイツア―よりも規模が小さいためか、
人も少なく、ゆったりと見学することができた。

見学途中で、雨が降った。
まさに、「雨の神」の遺跡である。

雨が止み、太陽が顔を出すと、凄まじい湿気だ。
まるで蒸し風呂。

それに、巨大な蚊が飛び交う。
まさに、ジャングルという気候である。

--------------------------------------------------------------
【3.雨の神】

この遺跡のある地方は、川が少ない。
石灰岩の大地だから、水が大地に染みこんでしまうのだ。

「雨の神」を祀るのは、こういう訳がある。
川が少ないので、生活用水は、雨に頼るしかない。
だから、雨乞いのため、「雨の神」を祀るようになったと。

マヤの遺跡を幾つも幾つも見ていると、
共通点も多く、同じような印象が残ってしまう。

ここ、ウシュマルの特徴としては、
例の雨の神「チャック像」で埋め尽くされた尼僧院の壁。
この尼僧院は、多くの小部屋がある。

尼僧院とされてはいるが、
実際は、宮殿であった可能性もあるという。
つまり、よく分かっていないのだ。

あとは、美しい建造物である「総督の宮殿」
マヤ建築でも、「最も調和の取れた建物」といわれている。

そういうものを、ゆっくり見ながら、
そして、雨宿りをしながら、ウシュマルで午後まで過ごした。

--------------------------------------------------------------
【4.コンビニ】

1時間半かけて、メリダに戻り、OXXOというコンビニの2階に行く。

机とイスがあり、店で買ったものを食べることができる。
どこかの国でも同じだと思うが、ここの光景が面白い。

ダラダラと話をする人。
勉強しているはずだったが、
雑誌を読み始めている高校生風の人など。

見ていて飽きない。

やはり、何か日本と共通するものがあるなと感じる。
人々の風貌も、言語も、文化も全く違うのに・・・

クロワッサンとオレンジジュース、
そして、カップヌードルを買った。

クロワッサンとオレンジジュースをここで食べる。

カップヌードルは、宿に戻って食べた。

宿は、既にチェックアウトしているが、キッチンを貸してくれた。
そこで、お湯を貰う。

この日の夜行バスで、パレンケという街に向かう。
パレンケも、マヤの遺跡がある。

--------------------------------------------------------------
【5.編集後記】

始まった。

ラマダンが。

2018年は、5月15日(火)から6月14日(木)がラマダンだとされている。
つまり、イスラーム諸国の断食のことだ。

断食と言っても、日中の時間帯のみで、夜は飲食が可となる。

ムスリム(イスラーム教徒)にとっては、極めて重要な期間である。

--------------------------------------------------------------
もしよかったら推薦してください。「読者さんの本棚」(まぐまぐ)
(melma!と「まぐまぐ」ではIDが異なりますのでご注意ください)

http://www.mag2.com/wmag/osusume/form
【「SHIZA旅」3年4ヶ月 世界一周ひとり旅】ID:0000206271
--------------------------------------------------------------
・SHIZA旅のページ(発行者サイト)
http://www.geocities.jp/shizatabi/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ