箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン

  • ¥0

    無料

箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジンです。ONE MORE HAKONEを合言葉に、月に1回もう一度訪れたくなる箱根の観光情報をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2018年05月24日
 
発行部数
316部
メルマガID
0000249260
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関東

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

箱根の観光情報ならおまかせ!
http://hakopro.com/wordpress/

■■■☆☆■■■

【箱根の観光情報】ONE MORE HAKONE INFO Monthly
箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン
《2018.5.24 第128号 毎月(原則)第3or4木曜日発行》

■■■☆☆■■■

爽やかな5月~6月の箱根。
山全体に新緑が艶やかに輝き、皆様をお迎えしています。
新芽の息吹はまさに自然のエネルギーそのもの。
そして、間もなく訪れる梅雨の季節に、たっぷりと水と栄養を蓄えます。
美しくエネルギッシュな箱根に、ぜひお越しください。
今月もONE MORE HAKONEを合言葉に、箱根の観光情報をお届けします。

◆━━━━━━━◆
目次
◆━━━━━━━◆

1.箱根の観光施設5~6月のオススメ情報♪

2.編集後記

◆━━━━━━━◆
1.箱根の観光施設5~6月のオススメ情報♪
◆━━━━━━━◆

★輝く苔庭に癒されて★

【箱根美術館】

梅雨の時期を迎えました。
当美術館の庭園「神仙郷」(国登録記念物)の苔庭では、苔が生き生きとして緑に輝いているように見えます。
霧に包まれた苔庭は霧にモミジの緑が溶け込んだようで幻想的な雰囲気になります。
晴れた日は輝く緑と木漏れ日、雨の日は苔とモミジの緑に包まれて心癒されてはいかがでしょうか。
苔庭の奥の茶室からは、庭を見ながらお抹茶(和菓子付、有料)も楽しむことができます。

本館の展示は、特別展示「人間国宝の工芸を中心に」(4/1~6/12)を開催しています。
併せて、現在は「桃山時代の茶陶」もご覧いただけます。
また、縄文土器から鎌倉・室町の壺など、六古窯を中心とする日本古陶磁器の展示もございます。
この季節ならではの心癒される庭園とともにお楽しみください。

■開館時間:9:30~16:30(最終入館は4時)
■休館日:通常は毎週木曜日(祝日は開館)
■観覧料:一般 900円 高・大学生 400円 中学生以下無料
満65歳以上 700円 団体割引は10名様以上800円
■交通:箱根登山鉄道強羅駅よりケーブルカー「公園上」駅前
東名高速「御殿場I.C」より国道138号線を経て約25分

箱根美術館
〒250-0408 神奈川県箱根町強羅1300
TEL0460(82)2623
URL:http://www.moaart.or.jp/japanese/hakone/index.html


★《彫刻の森 宝探しラリー》スタート!★

【彫刻の森美術館】

美術館をもっと楽しむためのプログラム、
《彫刻の森 宝探しラリー》が始まります!

彫刻の森美術館に眠っている7つのお宝(彫刻)を探してください。
見つけたら、マップにシールを貼っていきます。

小さいお子様も、おじいちゃん&おばあちゃん世代も!
ご家族みんなで、楽しみながら美術館内を回るプログラム。

いちばん大きな本当のお宝をつきとめられたら大成功です。
ミッションコンプリートで美術館オリジナル缶バッジを手に入れましょう。

■販売価格:300円(税込)
■販売受付時間:9:00〜15:30(最終報告時間 16:30)
http://www.hakone-oam.or.jp/about/?id=865804


★特別展『初公開 田中一村の絵画 ―奄美を愛した孤高の画家』★

【岡田美術館】

強烈な印象を放つ「白花と赤翡翠(はっかとあかしょうびん)」「熱帯魚三種」。
そのほか当館収蔵の田中一村作品を初公開中です。
最高傑作と名高い「アダンの海辺」も、特別に展示します(展示期間8/24~9/24、個人蔵)。

奄美時代に制作された一村の稀少な作品。
そのほとんどが、田中一村記念美術館奄美大島(奄美大島)か個人蔵です。
奄美の地以外で鑑賞できる、数少ない機会です。ぜひお見逃しなく!

併せて、伊藤若冲や、東京美術大学の同級生であった東山魁夷、
一村が学んだ中国絵画、文人画などの名画を展示し、一村の世界を辿ります。

■会期:開催中~2018年9月24日(月・祝)

☆田中一村展 講演会☆

日 時:2018年7月29日(日)13:00~14:30
演 題:田中一村と生命の輝き
講 師:小林 忠(岡田美術館 館長)

日 時:2018年9月16日(日)13:00~14:30
演 題:一村の愛した奄美
講 師:宮崎 緑氏(千葉商科大学 教授・田中一村記念美術館 館長)

※いずれも会場は岡田美術館5階ホール/定員80名/参加費無料(要入館料)
お申し込み:電話0460-87-3931(岡田美術館)
http://www.okada-museum.com/exhibition/


★ローズスイーツを期間&数量限定で提供!★

【星の王子さまミュージアムレストラン「ル・プチ・プランス」】

2018年5月26日(土)~7月8日(日)まで、「ローズフェア2018」を開催中です。
名作『星の王子さま』にちなんだ赤を基調としたバラの咲くローズガーデンが、
作者サン=テグジュペリが生きた20世紀初頭のフランス風の街並みを背景に、
1年でいちばん美しい時期を迎えています。

期間中、レストラン「ル・プチ・プランス」では、1日20皿限定で
ローズスイーツ「バラのわがままプレート」を提供します。
内容:ローズベリータルト、ローズソースのミルクプリン、バニラ&カシス ソルベ
単品 950円、コーヒー・紅茶セット1,200円、ローズティーセット1,300円
※レストランのみのご利用の場合、星の王子さまミュージアムへの入園料は不要です。

http://www.tbs.co.jp/l-prince/restaurant/

星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
TEL:0460-86-3700


★『新名称スタート記念 往復割引キャンペーン』★

【アネスト岩田ターンパイク箱根】

箱根ターンパイクは、2018年3月1日より「アネスト岩田ターンパイク箱根」という名称になりました。
これを記念し、6月1日(金)から30日(土)までの1ヶ月間、
往復通行料金が最大30%オフになる「往復通行券」(片道券2枚組)を販売します。
箱根小田原本線の小田原料金所にてお求めください。
往復通行券をお買い求めいただいたお客様へは、スカイラウンジでの特典もあります。

例年6月中旬より、沿線のあじさいが次第に開花いたします。
標高差によって低地から段階的に開花が進む「あじさいレインボーロード」をご覧いただきながら、
箱根や伊豆へおトク&便利にお出掛けください。

※ご案内:2018年3月1日、道路名称を変更しました。
『アネスト岩田 ターンパイク箱根』
今後ともよろしくお願いいたします。

刻一刻の状況をtwitterで発信中です。
http://twitter.com/turn819

アネスト岩田 ターンパイク箱根
http://www.htpl.co.jp/


★オパールとオパルセント展が大好評です!★

【箱根ラリック美術館】

ただいま開催中の「オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて」。
おかげさまで大変ご好評をいただいています。

光によって七色に煌めくオパール。
心を惑わすような魔性の輝きは、19世紀になると忌み嫌われたイメージをもたらしました。
しかしラリックは、その妖しい光に魅せられ、オパールを使用した独創的なジュエリーを次々と発表。
新たな美の価値観を生み出しました。

ガラス工芸家に転身してからも、オパールの色彩を追求。
光による色の変化で、幻想的な雰囲気を醸し出す、オパルセントガラスに辿り着いたのでした。
本展では、ミステリアスな煌めきを放つラリック作品の数々とともに、
貴重なオパールの原石も展示し、知られざるオパールの世界へと誘います。

夏休みには、オパルセントにちなんで、楽しいワークショップも計画中!
☆夏休みワークショップ「プチプチ♪穴をあけて作ろう、オパルセントスコープ」☆
●開催日:2018年7月14日(土)~9月2日(日)

■開催期間:開催中~2018年12月02日(日)
http://www.lalique-museum.com/museum/event/detail.html?id=41

箱根ラリック美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
Tel: 0460-84-2255
http://www.lalique-museum.com/


★開館30周年記念 特別展~戦後日本画の山脈 2 ~★

【箱根・芦ノ湖 成川美術館】

成川美術館は、2018年4月25日、開館30周年を迎えました。
「和の文化」である日本画の素晴らしさを国内外に広めてまいりました。
節目の年として4回にわたって特別展を開催致します。

7月11までは、第2回目の企画展として「戦後日本画の山脈 2」を開催中。

第1室 現役作家の代表作(岡信孝、木村圭吾、栗原幸彦、黒光茂明、小林済、齋正機、稗田一穂、平岩洋彦、平松礼二、安田育代、芳澤一夫)
第2室 現役作家の代表作(石踊紘一、田渕俊夫、手塚雄二、中野嘉之、堀文子、前本利彦、牧進、森田りえ子、柳沢正人)
第3室 物故作家の輝き(麻田鷹司、石本正、牛尾武、黒光茂樹、小泉淳作、近藤弘明、関口雄揮、髙山辰雄、毛利武彦、矢谷長治)
第4室 物故作家の輝き(上野泰郎、大藪雅孝、奥村土牛、加倉井和夫、加山又造、杉山寧、平山郁夫、森田曠平、山岸純、山本丘人、吉岡堅二、吉田善彦)

http://www.narukawamuseum.co.jp/exhibition/ongoing.html

成川美術館
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根570番
Tel:0460-83-6828
http://www.narukawamuseum.co.jp/

◆━━━━━━━◆
2.編集後記
◆━━━━━━━◆

新緑が太陽の光を受け、山全体がキラキラとしています。
大きく深呼吸したくなるこの季節が大好き。
毎年この季節は特に、箱根に関わるお仕事ができることに感謝の念がわいてきます。

大型の旅館やホテルが、改築などの理由で休業する一方で、
魅力的な中規模の宿泊施設が続々誕生している箱根。

グローバルな視点でのプロモーションにも長けている印象で、
新施設の発信する箱根から新たな箱根の魅力を発見できておもしろいです。
箱プロも発信力で負けないようにしないとですね!

次回は2018年6月28日(木)に発行を予定しています。

皆様からのご意見、ご感想、ご要望などWELCOME!
info@hakopro.com
まで、ご遠慮なくお寄せください。

発行者:箱根プロモーションフォーラム
事務局:〒250-0631
     神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1100-15-101
     TEL.0460-84-6009
     e-mail:info@hakopro.com
     URL:http://www.hakopro.com/

このメールマガジンはメルマガ発行スタンド「まぐまぐ」
を利用して配信しています。 http://www.mag2.com/

利用規約および、プライバシーポリシーへ同意いただいた方へ
お送りしています。

◆━━━━━━━◆
Copyright (c) 2007-2018 Hakone Promotion Forum
All rights reserved.

掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
お友達への転送は大歓迎♪よろしくお願いします。

配信解除:http://www.mag2.com/m/0000249260.html
◆━━━━━━━◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ