クラシック音楽ぶった斬りプラス

  • ¥0

    無料

著者サイト

クラシック音楽評論家が言えない真実を語る。クラシック音楽CD・DVDレビュー、名曲名盤紹介、コンサート情報など。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  クラシック音楽ぶった斬りプラス         2017/5/27

           発行部数1824部(まぐまぐ304部 独自配信1520部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ゲヴァントハウスSQのハイドン:十字架上のキリストの最後の7つの言葉


作曲者をして「この曲が生涯で最も大きな成功を収めた自作のひとつである」
といわしめた名作の弦楽四重奏版による最高の名演奏である。


ズスケが加わった新編成のメンバーによるゲヴァントハウスSQの初のレコー
ドだった。


この曲はオラトリオとして書かれただけに、弦の動きは弦楽四重奏曲風でなく
弦楽合奏風。


つまりきめの細かい動き、軽快な素早い動きといったものはない。


ドイツ古典、ロマン派に優れた演奏を聴かせるゲヴァントハウス管弦楽団を母
体とするこのカルテットは、ここでも伝統に基づいた穏健な解釈と地味ではあ
るが落ち着いた運びで、じっくりとこの作品を再現しながら、熱のこもった演
奏が展開される。


ただ熱気だけで押しきったものではなく、いかにもゲヴァントハウス管弦楽団
のがっちりとしたまとまりを思わせるような整然としたアンサンブルの中で、
表現への意欲を積極的にみせている。


こうした意欲があるだけに、全体がロマン的な傾向をおびてくるのも当然のこ
とだが、それでいて、そこに作品に適した様式と節度があるために、古典的な
格調が維持されている。


オラトリオ版ではなかなかこれほどの劇的求心力の強い演奏は生まれなかった
だろう。


お求めはこちら
http://classicalmusic.livedoor.biz/archives/51183588.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラシック音楽ぶった斬りプラス
 発行人: 和田 大貴
 ホームページ: http://wadadaiki.com/furtwanglerweb/
 ブログ: http://classicalmusic.livedoor.biz/
 メール: このメルマガに返信してください。
 購読解除: まぐまぐの方は上記ブログで、独自配信の方は
wada16@gmail.comまでメールアドレスを付記してお知らせ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
クラシック音楽ぶった斬りプラス
発行周期
週3回位
最終発行日
2017年05月27日
 
発行部数
304部
メルマガID
0000252469
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > クラシック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ