ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

  • ¥0

    無料

著者サイト

ピアノ初心者の方や1度挫折された方でも、独学でピアノを演奏する楽しさを感じていただけるような情報を配信しています。音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を持って楽しんでいただける様なお話も紹介しています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第222号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ たのしい音楽小話 ]

音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を
持って楽しんでいただける様なお話を紹介しています。

今回は、ラ・フォル・ジュルネのお話です。

今やすっかりお馴染みとなったラ・フォル・ジュルネは、毎年ゴールデンウィーク期間
に、東京国際フォーラムを中心に、大手町や丸の内、有楽町エリアで開催されている
日本最大級のクラシック音楽祭です。(日本での正式名称は『ラ・フォル・ジュルネ・
オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭』)

朝9時半過ぎから夜の10時半過ぎまで、一日中コンサートが開催され、世界中から2000人
もの演奏家が参加します。1公演が約45分と短時間で、チケット料金も手頃なので、
一般的なクラシックのコンサートに比べて、気軽に参加できるものとなっています。

0歳から聴く事が出来るコンサートもあり、殆どのコンサートは3歳以上の入場が可能な
ので、小さなお子様にも、本物の生の音楽を聴かせることができる貴重な機会にもなって
います。

以前は、「モーツァルト」や「ショパン」のように、毎年、特定の音楽家にテーマを
絞っていましたが、最近は大きく転換し、普遍的な大きなテーマで開催されるようにな
りました。今年のテーマは、「ラ・ダンス 舞曲の祭典」で、クラシックの有名な音楽か
ら、タンゴ、和太鼓、ジャズまで幅広く多彩なプログラムが用意されました。

そんな中から今回は、いろいろなクラシック音楽家のワルツ作品をまとめて演奏する
コンサート「ワルツ賛」を聴いてきました。

会場は、ホールAという東京国際フォーラムの中でも一番大きなホールで、5000席以上
あります。舞台の左右に大きなスクリーンが設置してあり、ピアニストの指の動きや
指揮者の表情までも、ライブで見られるようになっています。この大きな会場も、開演時
は、ほぼ満席でした。

ロシア屈指の交響楽団であるウラル・フィルハーモニー管弦楽団と、巨匠キタエンコに
師事していたドミトリー・リスの指揮で、ロシアの国民的作曲家グリンカの「幻想的ワル
ツ」からコンサートが始まりました。

ウラル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は、初めて聴きましたが、派手ではなく、落ち
着いた上品な演奏をしていて、どこか素朴さも感じられました。指揮者のドミトリー・
リスは、大きく手を振ってとても情熱的に、演奏をリードしていました。

グリンカの「幻想的ワルツ」の後は、同じロシアの作曲家ハチャトゥリアンの「仮面
舞踏会」よりワルツが演奏されました。この音楽は、先日現役を引退された、フィギュア
スケート選手の浅田真央選手が使用した音楽で有名ですね。

少し怪しい雰囲気の壮大なワルツの後には、元祖ロシア音楽の巨匠チャイコフスキーの
バレエ音楽「くるみ割り人形」よりワルツが演奏されました。ロシアの音楽やバレエ音楽
では、真っ先に挙げられるほど人気がある曲ですね。とてもロマンティックな優雅な音楽
で、まさに夢のような世界でした。

そして、ガラッと雰囲気が変わり、北欧の作曲家シベリウスの悲しきワルツ、ヨハン・
シュトラウス2世のワルツ「ウィーンの森の物語」と続きました。

「ウィーンの森の物語」は、年明けに世界中継されるニューイヤーコンサートでも定番の
音楽で、ワルツと言えばウィンナーワルツと言う通り、ワルツの代名詞と言えるかと思い
ます。

1814年~1815年に、オーストリア帝国の首都であったウィーンで開催されたウィーン
会議をきっかけに、ヨーロッパ中に広まったワルツです。3拍子のリズムであることは、
一般的なワルツと同じですが、2拍目がやや早いタイミングで演奏されるので、独特の
「揺れ」が生まれるところが大きな特徴です。

なかなかの大作ですが、これで終わらず、最後にはフランスの作曲家ラヴェルの「ラ・
ヴァルス」が演奏されました。これまで演奏されたワルツとは大きく異なる独特の世界観
ですが、ワルツの幅広い可能性を感じ、コンサート全体もボリュームのある満足度が高い
ものとなりました。

コンサートを聴いた後は、屋台のお店を見て回りました。東京国際フォーラムの敷地に
は、様々なメニューのお店が並び、ビールやワインなどのアルコール類もありますので、
みなさん思い思いに休憩をされたり、ランチを楽しんでいました。

会場を少し離れて、第一生命保険日比谷本社のロビーで開催された、モーツァルトのコレ
クション展とコンサートも覗いてみました。この建物は、戦後しばらく GHQ の総司令部
として使われていたものです。(現在は、一部を残してタワービルになっています)

国際モーツァルテウム財団所有の貴重なモーツァルトの直筆譜や絵画などが展示されて
いました。

その中でもひときわ注目されたのが、モーツァルトが使用していた2挺のヴァイオリン
です。モーツァルトが愛用していた楽器が、展示されるだけではなく、実際にコンサート
でも使用されるとは滅多にないことです。

8歳くらいの時に使用していたそうで、パッと見ると、「うわ~小さい」と思いました。
コンサートでは12歳の少年が演奏しましたが、やはり楽器がかなり小さく見えました。
演奏も、結構大変だったのではないかと思います。

まるでおもちゃの様に見えるヴァイオリンですが、実際に音を聴きますと、おもちゃと
いうのはとんでもなく、小さくても一般的なサイズのヴァイオリンと同じような、深みの
ある音が出てきて驚きました。さすが、モーツァルト愛用の楽器ですね。

このラ・フォル・ジュルネの期間中、歩行者天国などでもヴァイオリン演奏が聞こえて
きたりと、オフィス街のエリア全体で音楽が楽しめました。

東京では今回が13回目の開催となり、すっかり定着した音楽祭ですが、出店している
お店が以前より少し減っていたり、グッズも少しマンネリ化してきている気もします。
今後どのように改革されていくのかも、楽しみに見ていきたいと思います。



[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第8番「優美」をご紹介します。

この曲の8分音符と32分音符の組み合わせで作られているメロディーは、最初、正しい
リズムで弾くのが難しいかもしれません。

4分の3拍子ですが、1拍を2つに分けるために「と」を間に入れて、「1と2と3と」と
数えると、ちょうど「と」の部分で32分音符を4つ均等に弾く形になります。このように
捉えると、リズムが理解しやすくなると思います。

32分音符4つは、指をくぐらせて弾きますが、音の強さのばらつきが出ないように、均等
に弾く事を心がけましょう。

ちなみに、この8分音符と32分音符の組み合わせは、装飾音の「ターン」のリズムです。
「ターン」は、装飾音符では「S」を横にしたような記号を書きます。テクニックと同時
に、ターンの記号も覚えておきましょう。(以下のサイト参照)

http://楽典.com/gakuten/soshokuon.html

32分音符は、かなり短い長さの音ですが、焦った感じにならないように、曲のタイトル
である「優美」さを忘れないようにしましょう。

左手は、3拍目の8分音符を軽く、テンポを守って弾きましょう。

8小節目は、だんだん弱くして最後にはピアニッシモになりますが、32分音符がかすれ
ない(音が弱すぎない)ように、また音が抜けてしまわないようにしましょう。

9小節目からは、左手に8分音符と32分音符の組み合わせで作られているメロディーが出
てきます。右手の時と同じように弾いていきましょう。

右手は対旋律が出てきますので、8分音符3つが無表情にならないようにしましょう。

11小節目はテンポが速くならないようにしましょう。

16小節目は、左手の低音部分のラインと、右手のドの連打のラインと、2つのラインを
よく聴いて弾きましょう。


無料楽譜:ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第8番「優美」
http://imslp.org/wiki/Special:ImagefromIndex/09670

(楽譜はPDF形式で、10ページがご紹介した曲になります)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111020100 (Amazon)


==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2017 con Vivace. All Rights Reserved
==================================================================
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ
発行周期
ほぼ隔週(月曜日)
最終発行日
2017年05月15日
 
発行部数
377部
メルマガID
0000253147
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ