ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

  • ¥0

    無料

著者サイト

ピアノ初心者の方や1度挫折された方でも、独学でピアノを演奏する楽しさを感じていただけるような情報を配信しています。音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を持って楽しんでいただける様なお話も紹介しています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第224号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ たのしい音楽小話 ]

音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を
持って楽しんでいただける様なお話を紹介しています。

今回は、ピアノの新しい可能性についてのお話です。

先日、「題名のない音楽会」というテレビ番組で、「反田恭平ピアノリサイタル」を
放映していたので見てみました。

以前、このコーナーで反田さんについて、お話したことがありますが、「情熱大陸」と
いうテレビ番組で取り上げられて以来、あっという間に大人気ピアニストの仲間入りを
されました。よく、タレントさんが、テレビ CM などをきっかけに一気にブレイクして
いく様子と似ていますね。ファンクラブもあり、チケットもなかなか入手が大変なよう
です。

さて、「反田恭平ピアノリサイタル」では、3曲演奏されました。

一番最初に演奏されたシューマン=リストの「献呈」は、反田さんがブレイクするきっか
けとなった演奏です。

ちなみに、作曲者の「シューマン=リスト」という表記は、なかなか見慣れないので、
なんだろうと首を傾げた方も多いと思います。これは、シューマンが原曲を作り、リスト
がアレンジしたというものです。

この曲は、元々シューマンが「献呈」という声楽の曲を作り、後にリストがピアノ用に
アレンジしました。この2つの曲を聴き比べるのも、面白いと思います。

リストの曲は、とても華やかなテクニックのものが多いため、音楽的な内容よりも、
テクニック重視と捉えられてしまう事があります。しかし、反田さんの演奏は、とても
繊細で内容の深い音楽表現をされていて、もちろんリストらしいキラキラした華麗な
テクニックも表現されていますが、これまでよりもずっと、この作品の素晴らしさを
感じさせてくれる演奏でした。

その次には、ラヴェルの「夜のガスパール」より「スカルボ」を、打楽器奏者の池上英樹
さんと共演されました。

演奏前に、ピアノの音色の新しい可能性を探るという事で、「内部奏法」のお話をされ
ました。内部奏法とは、ピアノの弦の上に物を置いたり細工をして、ピアノの音色を
変化させることなのだそうです。

今回は、消しゴムを低音部の弦の間に挟み、ステンレスのマドラーを中音域のピアノの
弦の上に横に並べ、プラスティックの定規とビス(ねじの様なもの)も入れていました。

通常、ピアノの中に何かを入れるのはご法度ですし、触る事さえ弦が錆びるので避ける
のが当たり前と思っていたので、大変驚きました。

現代音楽では、よく使われる手法なのだそうですが、これを使用して近代の作曲家
ラヴェルの音楽を演奏するというのです。

ちなみに、消しゴムを挟みますと、音が響かなくなり、定規を置いたところでは、
ジジジジという感じの音になり、マドラーを並べたところでは、金属的な音になり、
まるでチェンバロのような音にも聞こえます。

この内部奏法を使用して、反田さんの頭の中にある「夜のガスパール」を表現すると
いう事で、とても興味深く聴いてみました。ちなみに、「スカルボ」と言う曲ですが、
スカルボという名の小悪魔が、現れては消えて、人々を怖がらせるという様子を描いた
音楽です。

打楽器との共演だけでも、とても新鮮ですが、内部奏法を使用したピアノと合わさる
事で、より変化に富んだ幅広い表現になっていて、とても面白い演奏でした。最後の方
では、反田さんが演奏しながら、ピアノの中に向かって、カラフルなスーパーボールを
投げ入れていたのも驚きでした。

打楽器も、物凄く大きな太鼓や銅鑼など、色々な楽器を使用していて、シンバルを床に
落とすなど、見た目にも面白いので、小さいお子様や普段あまり音楽を聴く機会がない
方でも、これはとても楽しく聴けるような気がしました。

3曲目のササスの「マトルズ・ダンス」も、同じく打楽器奏者の池上さんとの共演ですが、
ピアノの打楽器としての可能性を探るというものでした。

司会の方が、「まるでレスリングの試合の様な共演です」と話されていて、どういう
ことなのかと思っていましたが、聴いてみるとなるほどと思いました。とてもリズムの
面白い音楽ですが、常にピアノと打楽器が絡み合っていて、両者が共に一歩も引かず、
ある種戦っているかのような感じさえしました。また、ピアノは鍵盤楽器の仲間です
が、音階を伴った打楽器の一種でもあるという事を、改めて感じました。

クラシック音楽のピアノ演奏から、ピアノソロ用の曲をいつもと違う奏法を用いて打楽器
と共演、そして最後は、ピアノの違う一面を楽しめるという3種類のとても魅力的なコン
サートでした。

クラシック音楽のコンサートも素敵ですが、このような遊び心のある見ても楽しいコン
サートも、気軽に足を運べそうでいいですね。



[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第10番「やさしい花」をご紹介
します。

この曲は、タイトルからイメージする通り、繊細で優美な雰囲気の音楽です。

1・2小節目の右手のメロディーは、その後の3・4小節目をはじめ、後半にも出てきますが、
小さいスラーとスタッカートをきちんと表現しましょう。その時に、スタッカートで
弾く音が、まるでアクセントが付いているかのような強い音になりがちですが、そう
ならないように注意しましょう。

スラーで弾く音の方に、少し重みをかけて弾き、スタッカートで弾く音の時に、少し
力を抜いて軽く弾くようなイメージで弾きましょう。この形が、連続して出てきます
ので、全体的にだんだん重たくならないようにしましょう。

2小節目1・2拍目の右手のスラーで弾くフレーズが、その後の3・4拍目の左手に、完全に
同じではありませんが下降系で出てきます。しかし、その時メロディーの右手の音が
伸びていますので、かき消さないように、左手の音を少し弱く弾きましょう。

6小節目の3・4拍目の右手は、2124の指で弾きます。指くぐりがあったりして、滑らか
さがなくなったり、少しテンポが遅くなりがちなので注意しましょう。

8小節目の最後の右手では、これまで単音で弾いてきていますが、この場所のみ重音で
弾きますので、音が強くならないようにしましょう。

9小節目の中間部では、左手の伴奏部分に、この曲の冒頭部分の様なフレーズが出てき
ます。スタッカートが書かれていないのですが、同じように弾いてもよいかと思います。
右手のメロディーは、2分音符の後、タイがあり、8分音符で動く形になっています。
最初の8分音符が、強くならないように、直前のタイをよく意識して弾きましょう。

13小節目から、右手に細かく弾く装飾音符が出てきます。装飾音符が強くならないよう
にしましょう。2拍で一つの塊と意識すると弾きやすくなります。

15、16小節目の右手は、最初の2拍のフレーズが1音ずつ下降してくるように作られてい
ます。この下降系を意識して、段階的に弱くしていくと、デクレッシェンドがつけやす
いと思います。


無料楽譜:ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第10番「やさしい花」
http://imslp.org/wiki/Special:ImagefromIndex/09670

(楽譜はPDF形式で、13ページがご紹介した曲になります)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111020100 (Amazon)


==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2017 con Vivace. All Rights Reserved
==================================================================
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ
発行周期
ほぼ隔週(月曜日)
最終発行日
2017年06月12日
 
発行部数
380部
メルマガID
0000253147
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ