ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ

  • ¥0

    無料

ピアノ初心者の方や1度挫折された方でも、独学でピアノを演奏する楽しさを感じていただけるような情報を配信しています。音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を持って楽しんでいただける様なお話も紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ピアノ レッスン コン・ヴィヴァーチェ
発行周期
ほぼ隔週(月曜日)
最終発行日
2017年10月16日
 
発行部数
373部
メルマガID
0000253147
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪
 はじめてのピアノ レッスン con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)

            ( 第232号 )
♪♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪♪


[ たのしい音楽小話 ]

音楽の雑学的な事から、作曲家の話、いろいろな音楽情報まで、音楽を幅広く興味を
持って楽しんでいただける様なお話を紹介しています。

今回は、ピアニスト清塚信也さんのお話です。

最近、テレビで清塚さんのドキュメンタリー番組が放送されました。

清塚さんの名前をご存知ない方もおられると思いますが、そのような方でも、清塚さん
の演奏を聴いたことがある方は結構多いのではないでしょうか。

というのも、一大ブームとなり、クラシック音楽界が注目されるきっかけとなったドラマ
「のだめカンタービレ」で、主人公の「のだめ」が憧れる天才指揮者 千秋先輩のピアノ
演奏の吹き替えを担当したのが、清塚さんなのです。

その他にも、映画「神童」の吹き替え演奏や「エヴァンゲリヲン」のサウンドトラック
演奏、ゲームの演奏提供や作曲などもされていて、幅広いジャンルで演奏をされてい
ます。

また、今月から始まったドラマ「コウノトリ」の音楽監督もされていて、重厚なクラ
シック音楽もさることながら、軽快なポップスまで弾きこなす、エンターテイメント性
のあるピアニストです。

当の御本人は「マルチピアニスト」と思っていらっしゃるそうですが・・・

清塚さんは、1996年に全日本学生音楽コンクール中学生の部で優勝して注目を浴び、
その後も、ショパン国際ピアノコンクール・イン・アジアで優勝、イタリア・ピアノ
コンコルソ金賞という輝かしい実績を残しているピアニストで、桐朋学園大学付属高校を
首席で卒業し、モスクワ音楽院に留学した経験もあります。

5歳の時に、お母様の徹底した英才教育を受けて、言われるがままにレッスンに通って
いたそうです。お母様自身が音楽の道に進めなかったので、子供に夢を託したのですね。

負けることを許さず、ピアノ以外の事をやる事も許さないお母様の厳しい教育方針で、
学校から帰るとお母様と一緒にレッスンに通い、帰宅後も練習ずくめで、友人と遊ぶ
こともなかったのだそうです。

中学生の時から、世界的なピアニストだった 故・中村紘子さんのレッスンを受けていて、
演奏だけでなく礼儀作法なども叩き込まれました。

レッスンの時に、清塚さんがショパン作曲の舟歌を弾くと、演奏が終わっても中村さんが
腕を組んだまま暫く黙り込み、その後、「大したもんよ。あなたは、もうこれひとつ
(ショパン作曲の舟歌)を持って、世界中で演奏できるように頑張りなさい」と言ってく
れて、舞い上がった思い出を話していました。

中村さんの指導を受けた門下生同士のお食事会で、この話をされていたのですが、その
場に同席されていたみなさんは、歓声を上げて大いに驚かれていました。世界的なピア
ニストに、このような事を言われたら、誰でも飛び上がるくらい嬉しいものですね。

また、中村さんから「上手い、下手みたいなところで収まるな」とよく言われ、それが
本当に勉強になったとも話していました。「人を感動させることだけが、ピアニストの
正義」と話していた中村紘子さんのピアニストとしての哲学を感じていたのですね。

番組では、清塚さんがレッスンで使用していた楽譜が映され、そこには中村さん直々の
書き込みがされていました。

ベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」の第1楽章の冒頭部分には、「両手の音の深さ
や奥行きを意識するように」、「もっと低音(左手)に関心を込めて」、「リズムをもっと
厳格に」などと書かれていました。第2楽章には、「全体に重々しく」、「風格ある大き
な骨格をイメージして」と書き込みがあり、ある個所には丸印と共に「リズムが甘い」
という厳しい注意書きもありました。

この曲を練習している方にとっては、とても貴重な演奏のヒントになりそうですね。

中村さんとのレッスンでのエピソードも、お話されていました。

ある曲の箇所について、清塚さんはどうしてもゆっくり静かに弾きたかったので、中村
さんに相談をしたら「それだけ心が入って弾きたいというアイデンティティがあるん
だったら、もう全部無視しちゃいなさい。弾きたいものを弾きなさい。それがピアニ
ストよ」と言ってくれたので、自信を持って弾く事が出来ていると話していました。

中村さんのピアニストとしての信念が伺えると同時に、それを受け継いでいるピアニ
ストがいることも、なんだか少し嬉しいような気持ちになりました。

現在放送されている、産婦人科医を主人公としたテレビドラマ「コウノトリ」のテーマ
曲を依頼されたときの話もありました。

清塚さんは、作曲のヒントを見つけるために、実際に新生児病棟を見学に行き、その見学
のお礼に演奏をプレゼントされていました。病気を抱えた赤ちゃんとそのお母さん、病院
スタッフが清塚さんの演奏を聴いていましたが、赤ちゃんを抱いたまま、涙を流されて
いたお母さんの姿が印象的でした。

清塚さんは、ファンの間では「貴公子」と呼ばれ、順風満帆にピアニストとして活躍さ
れているように見えますが、実は5年前に全くピアノが弾けなくなったことがありま
した。スポーツ選手に多く発症するイップスと呼ばれる原因不明の運動障害です。リハ
ビリをして、驚異的な回復をされていますが、後遺症が今も続いていて、常に手が震え
てしまうそうです。

ピアニストにとって、手は命と同じくらい大切なものですから、発症した時は絶望的に
感じたでしょうし、リハビリも相当大変だったと思います。そして、今でも後遺症と闘い
ながら活躍をされているわけですから、凄いと思わずにはいられません。

「ピアニストになれなかったら、生きていかなくていい」とまでお母様に言われ、寂し
かった清塚さんですが、その厳しさが糧になったのか、今ではピアノを中心に人々と
触れ合う事が出来て、それがなによりも幸せだと笑顔で話していました。

清塚さんの今後のマルチな活躍が、ますます楽しみに感じると同時に、まずはドラマの
テーマ曲をしっかりと聴いてみたいと思いました。



[ ピアノ曲・無料楽譜/有料楽譜 ]

インターネットで見つけた無料の楽譜をご紹介するコーナーです。

今回は、ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第18番「心配(気がかり)」を
ご紹介します。

この曲は、16分休符と16分音符3つという組み合わせでメロディーが作られていて、曲の
最初から最後まで、ずっとこのリズムが続く少し珍しい曲です。同じリズムが続きます
ので、このリズムを正確に演奏することが、大変重要になってきます。

16分休符は、とても短い休符なので、なんとなく弾いてしまいますと、休符が長くなって
しまったり、その後の16分音符が正確に弾けなかったりします。

右手が16分休符の時、左手は8分音符を弾いています。この左手の8分音符と、その後の
右手の16分音符3つという、両手のリズムの合計した並びを意識しますと、右手のメロ
ディーの正確なリズムが取りやすくなってきます。

5・6小節目は、右手の3つ並んだ16分音符の2つ目が高い音に跳躍しているため、アク
セントが付きやすいので注意しましょう。左手は、8分音符の和音が、スタッカートで
弾いていくリズムになっていますが、4分の2拍子と言う拍子感を出すために、2拍目に
弾く和音を少し弱く弾きましょう。1拍目と同じ音量で弾いてしまいますと、表情の無い
まっ平らな伴奏になってしまいます。

7小節目から8小節目に移る時の左手の和音には、スラーが付いていますので見落とさな
いようにしましょう。

2カッコからは、左手に4分音符でスラーで弾くフレーズが登場します。しかし、あくま
でもメロディーは右手ですので、全体の音量のバランスに注意しましょう。


無料楽譜:ブルグミュラー作曲「25の練習曲 Op.100」より第18番「心配(気がかり)」
http://imslp.org/wiki/Special:ImagefromIndex/09670

(楽譜はPDF形式で、23ページがご紹介した曲になります)

有料楽譜
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4111020100 (Amazon)
http://www.print-gakufu.com/score/detail/131573/ (ぷりんと楽譜)


==================================================================
ご意見ご感想は、このメールに返信してください。
info@convivace.jp 宛てにメールが送られます。
(特定電子メール法に基づき、このメールアドレス宛には広告宣伝メール、
迷惑メール等を送信しないようお願いします。)

con Vivace (コン・ヴィヴァーチェ)のWebページ:
http://www.convivace.jp

Copyright(C) 2017 con Vivace. All Rights Reserved
==================================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ