新労社が贈る、人事のツボ!

  • ¥0

    無料

労務管理事務所 新労社の社会保険労務士、深石圭介が贈る、企業活動に不可欠な「ヒト」の問題解決のヒントを分かり易い法律の解説はもちろん、実践的なたとえバナシや歴史になぞらえてお伝えいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
新労社が贈る、人事のツボ!
発行周期
月刊
最終発行日
2017年09月20日
 
発行部数
323部
メルマガID
0000263588
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新労社が贈る、人事のツボ!   2017年9月 第192号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-- 目次 -- 
1、ごあいさつ
○ 秋になりつつ

2 お知らせ
○ 雇用関係助成金、平成30年度予算要求。

3 人事のツボ!
○ 美人の効用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 秋になりつつ

新労社の深石です。
皆様はお元気でお過ごしでしょうか。

ようやく執筆が一段落し、
さまざまな私の細事に目が向くようになりました。

たまっていた請求書やら、メガネの更新やら、
健康診断やら、歯の治療やら、
セミナーの参加すら
おぼつかなかった状況から、
だんだん抜け出しつつあります。

久々に社労士会セミナーで講師を務めました。
ほとんどは助成金をやっていない方だったのですが、
どうやら好評は得られたようです。
助成金に対する関心の高さを示すものです。

新労社 おりおりの記
http://ameblo.jp/frenchfrrigate/

フェイスブック個人ページ
http://www.facebook.com/shinrousya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 雇用関係助成金、平成30年度予算要求。

来年の助成金の行く手を指し示す厚生労働省の
予算要求が出ました。去年度は補正予算もあって、
にぎやかだったのですが、今年度はそれがないので
静かです。

新労社おりおりの記 雇用関係助成金、平成30年度予算要求
https://ameblo.jp/frenchfrrigate/entry-12306597898.html

助成金関連の大雑把なところは以上のリンクですが、
以下のように細かい点も出てきています。
ブログのリンクに付け足したものです。

・キャリアアップ助成金
773億円(592億円)

非正規雇用労働者と正規雇用労働者の賃金規定や
諸手当制度の共通化を図った際に、その人数に応じて
助成額を加算する拡充等を行うこと等により、
非正規雇用労働者の正社員転換・処遇改善を推進します。

・人材開発支援助成金
(人材確保対策の総合的な推進) 268億円(232億円)

事業主の雇用管理改善に対する助成や相談支援を通じて、
福祉分野のほか、警備業、運輸業などの人手不足分野における
総合的な人材確保対策を推進。

人材開発支援助成金に組み込まれる建設労働者技能実習コースは、
17年度に助成金メニューを35歳未満の若年者や女性の
労働者確保と生産性向上に役立つものに重点化したこと
を踏まえ、従業員21人以上の中小建設企業への助成を見直します。

現行は、3年間で6%(年平均2%)の生産性向上要件を
満たすと75%、未達だと60%の助成率。

これを35歳未満の労働者の場合、生産性要件達成で85%、
未達では70%に引き上げ。一方で、35歳以上の
労働者の技能実習に対する助成率を、生産性要件達成で60%、
未達では45%に引き下げる。労働者の年齢で区分して助成率を変えます。

大企業も助成対象となる女性建設労働者の技能実習に
対する助成率も引き上げ。現行の生産性要件達成の
助成率60%を75%に、未達の場合の45%を60%に
それぞれ引き上げ。こうした見直しを通じて
若年者や女性の技能労働者の入職と定着につなげます。

・人材開発支援助成金
(スキル習得機会の拡大)【一部新規】【一部推進枠】759億円(481億円)

専門実践教育訓練給付による自発的な能力開発支援、
人材開発支援助成金を活用した企業内訓練や
ITリテラシーの習得等、労働者の能力開発に向けた取組を進めます。

・職場定着支援助成金 
雇用管理改善による「魅力ある職場づくり」242億円(216億円)

労働人口の中長期的な減少が見込まれ、全般的に
雇用失業情勢が改善し、人材不足分野が顕在化している中、
事業主の雇用管理改善に対する助成や相談支援を行い、
「魅力ある職場」の創出を図ります。

介護労働者の身体的負担軽減に資する
介護福祉機器の導入を促進し、労働環境の改善を図る。
介護・保育分野における人材確保のため、
賃金制度の整備を行う事業主に対する助成を通じて職場定着の促進をします。

・職場意識改善助成金
(時間外労働の上限規制など長時間労働の是正)【一部新規】72億円(36億円)

生産性を高めながら労働時間の縮減等に積極的に
取り組む企業を支援するため、時間外労働の上限設定や
勤務間インターバルの導入等を行う中小企業に
対する助成金を拡充するとともに、
時間外労働の上限規制に対応する
傘下企業を支援する事業主団体に
対する助成を行う等の取組を進めます。

「時間外労働上限設定コース」で、
月80時間・年720時間超の残業時間だったところが
一気に達成した場合、助成金を同100万円に引き上げ。

月80時間・年720時間以下にした場合でも
同50万円を助成する方向で、増額とあわせて支給の条件も緩和します。

加えて新たに週休2日制を導入すると上乗せする措置を設けます。
1カ月当たりの休日を4日増やすといずれも最大で100万円、
3日増で75万円、2日増で50万円、1日増で25万円。
残業時間の抑制とあわせ、企業は最大で200万円の
助成が受けられます。助成金の名称は
「時間外労働等改善助成金」(仮称)に変更。

・人事評価等改善助成金等 
(最低賃金や賃金引上の生産性向上等の支援)【一部新規】269億円(202億円)

人事評価制度や賃金制度の整備を通じて賃金アップ等を実現した企業に対する
助成など、雇用管理の改善に取り組む事業主に対して支援を行う。
また、金融機関と連携し、生産性向上に資する設備等への投資により
雇用管理改善を図る企業に対する助成を行います。

・両立支援等助成金 
(多様な女性活躍の推進)【一部推進枠】292億円(160億円)

企業の女性活躍状況を検証し、改善に向けて
必要な支援を実施すること等により女性活躍推進法の
実効性の確保を図るとともに、仕事と家庭の両立支援に向け、
男性の育児休業の取得促進、子育て等により離職した
女性等の復職の推進のため、こうした取組に積極的な企業に
対する助成金の拡充やイクメン企業表彰等を行います。

・65 歳超雇用推進助成金 
高齢者の就労促進 262億円(220億円)

継続雇用等を行う企業への助成の拡充等65 歳以降の
定年延長や継続雇用制度の導入を行う企業に対する助成措置を拡充します

・受動喫煙防止対策助成金 
受動喫煙防止対策の推進【一部新規・推進枠】 55億円(10億円)

飲食店等における喫煙専用室等の整備に対する助成や
自治体が行う公衆喫煙所の整備への支援、国民や施設の
管理者への受動喫煙防止に関する普及啓発を行います。

・両立支援等助成金 
仕事と家庭の両立支援の推進 285億円(151億円)

男性の育児休業の取得促進、育児・介護等により
離職した者の復職を支援するため、助成金の支給等により、
仕事と家庭の両立支援に積極的に取り組む事業主等を支援します。

・障害者雇用安定助成金等 
平成30 年4 月の法定雇用率引上げ支援の強化【一部新規】156億円(139億円)

精神障害者等に対する就労支援の強化を図るため、
精神科医療機関とハローワークとの連携の強化や、
トライアル雇用における支援の充実等を行い、
中高年齢層の障害者の安定的な職場定着に向けた
取組を行う事業者に対して、新たな支援措置を構じます。

・企業主導型保育事業 
企業主導による多様な就労形態等に対応した多様な保育の支援

「子育て安心プラン」に基づき、企業主導型の
事業所内保育等の保育を支援する。

・人材確保等支援助成金(仮称)新設
(建設労働者確保育成助成金の建て替え)

人事評価制度や賃金制度の整備を通じて賃金アップ等を
実現した企業に対する助成など、雇用管理の改善に取り組む
事業主に対して支援を行います。

また、金融機関と連携し、生産性向上に資する設備等への
投資により雇用管理改善を図る企業に対する助成をします。

建設労働者確保育成助成金が整理統合され、
名称はなくなる。現行の9コースの助成メニューは、
目的別に6コースに整理統合されるもので、
実質的に廃止となるメニューはありません。

全般的に構成は変わらず、しかし額は増えるという感じです。
今後細かいところがボツボツと出てくるかと思いますが、
今年度の踏襲で、新規も少なそうですね。
ただ実務の審査が厳しくなっているので、計画を出した後の長丁場の
管理がキツイ状態は続くでしょう。

衆議院の解散で「働き方改革」諸法案が、先延ばしになるでしょう。
そうなるとますます、助成金は今年度の構成で来年度も
行く可能性が高くなります。

今後1か月で以下の助成金が停止になります。

東京都正規雇用転換促進助成金・・・9月29日(金)限り
職場意識改善助成金 職場環境改善コース・・・10月16日(月)限り
他の職場意識改善助成金は12月15日(金)までです。

今後は依存の助成金の消化、さらに教育関連の助成金などが支給申請の
時期に入り、さらに生産性要件の具体的実務化が
10月1日から始まることになります。4月の法改正の具体的な運用が始まるのですね。

選挙で法改正ひいては助成金の変化はなさそうですが、
徐々に明らかになる予算要求の内容など、注視していきたいと思います。

雇用助成金相談室・労務管理事務所 新労社
http://nlsroumu.com/jk/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人事のツボ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 美人の効用

どちらの社会が住みやすいでしょうか?

・整形を隠す社会…日本
・整形を強制される社会…韓国

男でも女でも、主観的に考えればそりゃ顔が
良い方が良いに決まっています。
しかしそれが天然モノか、
そうでないかは賛否ありでしょう。

韓国で整形が多いのは、それでメリットがあるからです。
しかし近年韓国で、今をときめく若い有名女優の
自殺が多いのはどういうわけでしょうか。

日本が韓国ほど整形に寛容でないのは、
むしろ「外見より内容」という感覚が尊重されるからです。
この辺りは速攻よりも継続が重んじられる
農耕民族所以でしょうか。

まあそれはともかくとして、
外見がイイとどういうメリットがあるでしょうか。

1、美人といえば愛さぬヒトはない。
2、地味な場所でも美人がいるだけで明るくなる。
3、「キモい」顔と比べ、ヒトを癒す効能がある。

といったところでしょうか。問題があるとすれば、
それを利用しようとする側の態度でしょう。
中国の王朝の衰退の原因となった美人や
クレオパトラから、江青女史まで、
運命に翻弄された美人は数多くあります。

いくらメリットがあっても、人工モノはいかんよ、
フェアじゃないよという空気が日本にはあります。

これはカネを儲けることについての反感と共通するものです。
それはやっぱり「外見より内容」で、急ごしらえの美人や
金持ちはヤバイよ、やっぱり内容がにじみ出た美しさがイイよ、
という堅実な考えなのかもしれません。

韓国人女優の自殺が相次いだのは、
美人の「責任」に押しつぶされたのではないでしょうか。
美人は美人なりの生き方があります。
そうでないヒトがいきなり環境が変われば、
精神がもろくも崩れることもあるでしょう。

美人もしかしゾーンは広いですけどね。
どんなタレントでもファンとアンチがいるように、
美人の定義もなかなか難しいものです。
タレントは容姿よりも自信というように、
日本的な「内容」次第なのかもしれません。
内容が出来ていれば責任も果たせて、
自殺などしなくなるというものです。

人事制度研究室    
http://nlsroumu.com/jj/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      労務管理事務所 新労社からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 助成金の無料診断を行っております!
現在の雇用関連の助成金をすべて分野別に掲載しています。
雇用助成金相談室 http://nlsroumu.com/jk/

○ 著書「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」
7訂版鋭意執筆中です。あと少しです!
書籍HP http://jyoseikinn.exblog.jp/

労務管理事務所 新労社では、賃金・人事制度をはじめ、
労働社会保険事務のアウトソーシング、人事労働問題、助成金に関するご相談
など随時受付けております。お問合せ・ご相談は、お気軽にどうぞ。

(発行)労務管理事務所 新労社 特定社会保険労務士 深石圭介
雇用助成金相談室   http://nlsroumu.com/jk/
社会保険一般相談室   http://nlsroumu.com/js/
人事制度研究室    http://nlsroumu.com/jj/
E-Mail   :info@nlsroumu.com
電話     :03-6300-7780 FAX  :03-6300-7781
お手紙・来所:〒151-0053東京都渋谷区代々木2-23-1 
ニューステイトメナー1351

-- * -- * -- * -- * -- * -- * --
その他サイト
☆ 新労社 おりおりの記   http://ameblo.jp/frenchfrrigate/
☆ 著書「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」紹介サイト
http://jyoseikinn.exblog.jp/
☆ フェイスブック 個人ページhttp://www.facebook.com/shinrousya
☆ 雇用関係助成金 法改正ルームhttp://www.facebook.com/jyoseikin
☆ ツイッタ─ https://twitter.com/shinrousya
☆ バヌアツ社労士     http://nlsroumu.livedoor.biz/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ