新労社が贈る、人事のツボ!

  • ¥0

    無料

著者サイト

労務管理事務所 新労社の社会保険労務士、深石圭介が贈る、企業活動に不可欠な「ヒト」の問題解決のヒントを分かり易い法律の解説はもちろん、実践的なたとえバナシや歴史になぞらえてお伝えいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新労社が贈る、人事のツボ!   2017年5月 第188号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-- 目次 -- 
1、ごあいさつ
○ セミナー始まる!

2 お知らせ
○ 出だしは鈍そう。

3 人事のツボ!
○ 永遠に続く平和とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ セミナー始まる!

新労社の深石です。
皆様はお元気でお過ごしでしょうか。
春ですが、暑くなったり寒くなったり、
調節に失敗してカゼをひいたりしています。

そんな中で中小企業福祉事業団のセミナーを皮切りに、
助成金セミナーが始まりました。
今年度は「小物の助成金」が多く、
それを選ぶ事務所ごとのマネジメントが必要です。

その結論目指して、必要な改正点を述べました。
セミナーとしてはやりやすいのですが、
お役に立てたでしょうか?

そんな中、著書「助成金マニュアル」7訂版の
発刊が決まりました。大急ぎで執筆しなければなりません。

新労社 おりおりの記
http://ameblo.jp/frenchfrrigate/

フェイスブック個人ページ
http://www.facebook.com/shinrousya
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 出だしは鈍そう。

新年度の助成金は、最後まで
残っていた企業主導型保育事業と、業務改善助成金も、
要綱が公開されました。

企業主導型はさっそく募集が始まり、
売り切れそうな勢いです。

しかし他の助成金はとなると、
あまり勢いはなさそうです。
弊事務所も例年のルーティン業務に忙殺され、
しかし他の助成金は勧めても反応があまりありません。

というのは、今年度は「制度」の助成金が多いからです。
しかもその制度の自由度が高いからです。
今年度を象徴するのは以下の助成金です。

人事評価改善等助成金のキモ
http://ameblo.jp/frenchfrrigate/entry-12268717203.html

評価制度と言っても、どんな評価を入れろ!
というものでなく、当局は「会社が何をやりたいか」相談に来い
という感じなのです。それで当てはまれば・・・という態度です。

鳴り物入りで出た、
職場意識改善助成金 勤務間インターバル導入コースでも・・・
http://nlsroumu.com/jk/archives/2016/12/post_157.html

厚生労働省から出たひな型は2か条。
これでは会社のイレギュラーな扱いがどうなるか、
分かったものではなく、助成金を気にす場合、
専門家は慎重にならざるをえません。

そんな感じで、今年度の助成金窓口は
平穏さを保っているようです。
むしろ以前の助成金バブルの処理に追われている感じがします。

セミナーでも言っていますが、今年度は
当局の法改正に政治が介入してきて、また、
各種の事件の影響も大きいのです。
それらが相まって、
当局も申請には慎重で、大いに申請してくださーいなどと、
進軍ラッパなどは吹きにくいのです。

件の人事評価の助成金も、新助成金ですが
思ったより計画申請は少ないようです。

じゃセミナーにでも出てみて、
ちょっと聞いてみようか、という段には、
私のセミナーでは雇用関係助成金全体の動きを、
なるべく当局の情報に載っていない実務を
お知らせしていこうと思います。

雇用助成金相談室・労務管理事務所 新労社
http://nlsroumu.com/jk/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 人事のツボ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 永遠に続く平和とは?

日本はイラクやソマリアのように戦争のある国ではなく、
不戦状態を何十年も続けています。そういう平和な
状態が続くと人々の風俗はどうなるか、
世界史にその答えの一端を求めることができます。

パックス・ロマーナと言われた超ロングの
平和時代のことです。人々の生活は…

・穀物の無料配給。自分一人なら充分に食べていけるだけの食料が配られる。
・剣奴の試合、競馬、戦車競争、演劇が盛ん。
・市民サービスの充実。「公衆浴場」を始め、たくさんあった。
・前70年頃のローマ市人口50万。そのうち四分の三が奴隷もしくは解放奴隷。
・奴隷もそれなりに幸せ。金持ちは散財する事がステータス・シンボル。
・ある金持ちは10億円財産があるのに、貧乏では生きがいがないと言って自殺。
・浮気・不倫の流行。しかし出生率はどんどん低下。名門貴族の家が断絶する。
・生まれた子が誰の子か分からないと、それに財産を譲るのもあほらしい。

実に今の日本社会に良く似ています。しかし
ローマ帝国は東ローマも入れたら千数百年も続きました。
なぜでしょうか?

一言で言うと統治技術のうまさ、柔軟さです。
ローマ人は公正を求めて常に法を尊重する文化を
維持し続けたからだといいます。また建築技術と並んで、
哲学も流行しました。

本職の哲学者はおろか、皇帝までもが哲学者で、
著書まであります。ローマの貴族達は
贅沢三昧で滅茶苦茶ですが、そんな生活をしながらも
心の奥底ではすきま風が吹いていた状態でした。

贅沢で精神の平安は得られなかったのです。
皇帝が哲学者であるということは、まさしく彼らの心を
象徴している気がしてなりません。

奴隷でも皇帝でも求めているところは
「心の平安」です。その後から、
あっという間にキリスト教がローマ帝国に広まったのは、
こういう状態であったからです。

日本も今後メンヘル的にしっかりした状態を欲するならば、
キリスト教並みの納得できる日本独自の思想が出てきて、
世の中を覆うことから始まるのかも知れません。
そこから教育も政治も改良されるでしょう。

人事制度研究室    
http://nlsroumu.com/jj/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      労務管理事務所 新労社からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 助成金の無料診断を行っております!
現在の雇用関連の助成金をすべて分野別に掲載しています。
雇用助成金相談室 http://nlsroumu.com/jk/

○ 著書「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」
6訂版、1月20日刊行されました!現在法改正情報を更新中です。
書籍HP http://jyoseikinn.exblog.jp/

労務管理事務所 新労社では、賃金・人事制度をはじめ、
労働社会保険事務のアウトソーシング、人事労働問題、助成金に関するご相談
など随時受付けております。お問合せ・ご相談は、お気軽にどうぞ。

(発行)労務管理事務所 新労社 特定社会保険労務士 深石圭介
雇用助成金相談室   http://nlsroumu.com/jk/
社会保険一般相談室   http://nlsroumu.com/js/
人事制度研究室    http://nlsroumu.com/jj/
E-Mail   :info@nlsroumu.com
電話     :03-6300-7780 FAX  :03-6300-7781
お手紙・来所:〒151-0053東京都渋谷区代々木2-23-1 
ニューステイトメナー1351

-- * -- * -- * -- * -- * -- * --
その他サイト
☆ 新労社 おりおりの記   http://ameblo.jp/frenchfrrigate/
☆ 著書「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」紹介サイト
http://jyoseikinn.exblog.jp/
☆ フェイスブック 個人ページhttp://www.facebook.com/shinrousya
☆ 雇用関係助成金 法改正ルームhttp://www.facebook.com/jyoseikin
☆ ツイッタ─ https://twitter.com/shinrousya
☆ バヌアツ社労士     http://nlsroumu.livedoor.biz/
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
新労社が贈る、人事のツボ!
発行周期
月刊
最終発行日
2017年05月20日
 
発行部数
312部
メルマガID
0000263588
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ