世界街角通信

  • ¥0

    無料

世界各地の街角から国際情勢、主にユーラシア、を読む!生レポート、出張で滞在している国や地域の政治、社会経済情勢、安全保障、歴史文化、生活情報、対日関係等をレポートします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
世界街角通信
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月23日
 
発行部数
104部
メルマガID
0000283202
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第280号 2017年9月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

神の思し召しにより2015年10月中旬より「アフリカの角」地域、エチオピア高原
のアジスアベバに滞留しています。バックログながら半年ほど時間を巻き戻しつ
つ「アフリカの角にて」を備忘録的に筆者の琴線に触れたことをお届けします。

今号はアフリカの角 No.29です。

▼目次

■二つのジブチ-エチオピア間の鉄道、その1
■エチオピア読本
■オモ川流域のGIBE3ダム
■アムハラ州北部での鉄鉱石採掘
■■後記

★本文★

■二つのジブチ-エチオピア間の鉄道、その1

ジブチとエチオピアのアジスアベバを結ぶ鉄道には、時代を経て20世紀初頭に完
成した鉄道と、近年完成した(運営はまだ)の二つの路線が存在する。

1)エチオ・ジブチ鉄道 Ethio-Djibouti Railways
2)アジスアベバ・ジブチ鉄道 Addis Ababa-Djibouti Railway

今回は、その1として、19世紀から建設が始まり、20世紀初頭にアジスアベバま
での全線が完成したエチオ・ジブチ鉄道について説明します。

▼エチオ・ジブチ鉄道 Ethio-Djibouti Railways

1894-1917年に建設された植民地規格である狭軌(1000mm 3ft 3 3/8inch)の鉄
道で全長784km、ジブチ国内は約100kmでほとんどがエチオピア国内を走る鉄道で
ある。

ジブチ港からエチオピアの首都アジスアベバまで、ジブチの標高0mからアジスア
ベバの2300mまでの高低差を運行した。その間、187カ所の橋梁と1カ所のトンネ
ル(Gol du Harr)があり、鉄道の運行に伴い、Dire Dawaという都市が鉄道の建
設に伴い、建設された。機関車は蒸気機関車、そして、ディーゼル機関車が使用
された。

この鉄道は数年前まで運行されていたが、2008-2014年の間に徐々に運行が停止
され、公式には2016年末で廃線となっている。他方、中国の支援により標準軌の
アジスアベバ・ジブチ鉄道が旧線のエチオ・ジブチ鉄道の路線に概ね並行して建
設された、これは後述する。

2008年以降、全線の鉄道の運行が停止されたが、ジブチ-ディレダワ間は2010年
まで運行していた。2013年8月に一度再開されたが短期間で終了した。その後、
機関車や車輌は放置され、現在に至っている。

DireDawaの車輌修理工場は、2010年、新たな鉄道建設のための新会社へ移行した。
メタル・エンジニアリング会社(Metal and Engineering Company: METEC)は2011
年から2016年に貨車500輌を製造し、旧鉄道の遺産を引き継いで新鉄道へ貢献す
ることとなった。

▼エチオ・ジブチ鉄道の歴史

エチオ・ジブチ鉄道は、フランス・パリに本社を置くImperial Railway Company
of Ethiopia(仏語:Compagnie Imperiale des Chemins de fer d'Ethiopie)、
エチオピア帝国鉄道会社が、ジブチ港とアジスアベバを結ぶ鉄道を建設する目的
で、1894年にAlfred Ilg/Leon Chefneuxにより設立されたことから始まる。

その構想は、Alfred Ilgが、前皇帝や政治家の関心を集めて、ジブチ港からアジ
スアベバまでの6週間かかるロバの行程を鉄道に置き換える企画を、彼がメネリ
ク2世の顧問であったときに行った。

1889年、メネリク2世が皇帝になった時でも進捗していなかったが、具体的な鉄
道建設の交渉が始まり、鉄道建設の法令が1893年2月11日に発布され、1894年3月
に鉄道建設の調査がIlgとフランス人技術者のチームが編成され行われた。

1894年3月9日に帝国令が発布され、鉄道建設を開始することが可能となった。メ
ネリク2世皇帝は、自らの鉄道建設ベンチャーへの出資を躊躇したが、Ilgと彼の
会社に99年のコンセッショネアー(期限付き割譲)権と一定の株式保有、さらに、
3百万フラン以上の全ての利益の50%を受け取る権限を付与した。さらに、鉄道
会社は、鉄道路線と並行して通信網の整備を行うことを義務とした。

鉄道会社は、鉄道建設に関する許可をフランス政府から取り付けるのに、エチオ
ピアでの鉄道建設の反対派が形成される1897年まで時間を要した。メネリク2世
は、鉄道建設への融資に関してフランス政府が関係することに怒りを表し、鉄道
建設に反対するデモが発生した。

さらに、アジスアベバの英国公館が、英国領ソマリアのZeila港からの輸送量が
減少することに懸念した。これは後に証明されることになる。鉄道の半分が完成
した段階で、鉄道輸送は、ハラルとアジスアベバ方面のどちらか一方のキャラバ
ン輸送貿易を駆逐した。

鉄道会社の株式は、欧州市場での販売に苦戦し、会社はフランス全国の市の商工
会議所で販売促進を行った。しかし、投資家の関心は自制的であり、メネリク2
世はフランス政府の直接的な融資に反対し、資金調達に苦慮した。

鉄道建設は1897年10月、ジブチから始まり、マイナーな港であったジブチが鉄道
建設により第一の港となった。アラブ系の乗務員やソマリアの労働者は、ヨーロ
ピアンより多く見られ、彼らは内陸へ向かって、通信線とともに工事を進めて行
った。エチオピア人の多くは、鉄道建設資材の盗難防止のために治安部隊として
雇用された。この建設工事の状況は、労働者によるサボタージュや地区のチーフ
による前金の要求など、フランス人による初期の運営への重要な不正のソースと
なった。

鉄道がエチオピア国境の到達する前でさえ、鉄道会社は深刻な資金不足に陥って
いた。そのため、New Africa Companyと呼ばれる英国系の投資グループは、鉄道
会社を数年、支配下に置き新たな資金を提供した。1901年までにフランスの投資
家はInternational Ethiopian Railway Trust and Construction Companyを組織
し、資本参加を行った。そして、鉄道会社の経営を担い、その後の資金調達を行
い、1901年7月にジブチ-ディレダワ間の鉄道が営業運転を開始した。

▼エチオ・ジブチ鉄道の全線開通

英仏の混成した関心は鉄道建設継続に不安定な状況を生み出し、それぞれのグ
ループの投資家はそれぞれの国家と商業を重視するようになり、そして、両国の
政府はエチオピアの貿易を独占することに強い関心を抱き、陰謀を他者に対して
企てた。

この両国の状況を見てメネリク2世は、1902年、鉄道のハラルへの延伸を禁止し
た。フランスの交渉再開は、メネリク2世のフランスの増幅しつつある活動を警
戒してブロックされた。その結果、全線が開通していない中でのさらなる限定的
な鉄道のサービスは、融資の返済に必要な十分な収入を得られなかった。

1904年、英仏は可能な限りこの事態を解決すべくEntente Cordialeを締結し両国
は解決策を提案したが、具体的な進展には至らず、1906年、鉄道会社は公式に倒
産した。

ジブチからハラールの手前まで完成していた鉄道は、既存のエチオピア南部の商
業の集積地となった。

メネリク2世の時代、ソマリ系Issa族とGadabursi族は、アジスアベバまでの鉄道
建設期間中の労働力であり、鉄道建設を通して多くの利益を得た。また、ディレ
ダワは、鉄道駅が設置されたことによりハラールよりも大きな都市となった。

1906年の英仏伊の三国条約、続いて、1908年の仏とエチオピアのKlobukowski条
約が締結され、メネリク2世はその後の鉄道の延伸に同意し、1908年1月30日、新
たな鉄道建設に関するコンセッショネア契約がメネリク2世の仏人顧問医との間
で締結され、新たな鉄道会社であるFranco-Ethiopian Railway (Compagnie du C
hemin de Fer Franco-Ethiopien)が設立された。この時、インドシナ銀行が融
資に参加している。

旧会社の資産は新会社へ譲渡され、アジスアベバまでの鉄道建設を担った。前会
社への投資家や政府との1年に亘る調整の末、鉄道建設が再開された。1915年ま
でに鉄道はAkakiまで到達し、2年後の1917年に残りの23kmを敷設してエチオ・ジ
ブチ鉄道全線の鉄道が完成した。

▼第2次世界大戦後のエチオ・ジブチ鉄道

エチオ・ジブチ鉄道は、1960-63年に、Adama-Dilla間310kmの延伸計画の調査を
実施し、エチオピア政府は、Nazareth-Dilla Railway Development Corporation
を設立した。1965年、フランス政府は融資をエチオピアへオファーし、ユーゴス
ラビアの専門家が調査した。事業は妥当性(実施する価値がある)が確認された
が実施には至らなかった。

エチオピア政府の鉄道会社のシェアは、第二次エチオピア・イタリア戦争の結果、
イタリア政府に召し上げられたが、第二次世界大戦後にエチオピアに返還された。

1977年にジブチが独立し、フランスの持ち分はジブチ政府に移譲され、1982年、
鉄道会社は、その後、Ethio-Djibouti Railways (Compagnie du Chemin de Fer
Djibouto-Ethiopien)に再構成された。

鉄道建設に携わった労働者は、1947年、エチオピアで最初の労働組合である「デ
ィレダワ鉄道労働者組合」を設立し、鉄道事業は、エチオピアの労働運動のパイ
オニアを醸成したが、1949年、労働組合が組織したストライキは、政府により強
く弾圧された。この時期、政府機関労働者によるストライキは反政府運動として
多く見られた。

▼エチオ・ジブチ鉄道の衰退

第二次世界大戦後、エチオ・ジブチ鉄道の長期の衰退が始まった。それは道路建
設が進展し、貨物輸送が鉄道から道路輸送に転換していく過程であった。1953年
から1957年には鉄道の貨物輸送量が半減した。また、オガデン戦争(1977/78)
の発生により、ソマリア軍がディレダワへ侵攻し、鉄道を占領したことから、更
に影響を受け、半減した。

戦争終結後、鉄道は運行が再開されたものの、維持管理の不足やOLF(Ogaden Lib
eration Front)による攻撃により、更に衰退していった。そのため、エチオピア
政府とジブチ政府は外国援助による鉄道リハビリテーションを求めた。2003年に
EUが40mil EUROの無償資金協力を実施、その後、2006年に50mil EUROへ増額して
いる。

2006年11月29日、イタリア企業であるCONSTAコンソーシアムと契約締結、オガデ
ン戦争でダメージを受けた箇所のリハビリが2007年から開始された。

また、運営に関して南アフリカの鉄道運営会社である、COMAZAR(仏系企業である
Bolloreが出資し、Eric Peiffer and Patrick Claesが南アTransnetとベルギー
の Transurb ConsultとのJVで設立、ヨハネスブルグに本社を置く)が25年の運
営権を獲得したが、これは実施されなかった。

そして、2008年はじめに、クェートの企業Fouad Alghanim and Sons Groupが鉄
道の経営権について交渉中とのアナウンスがあった。

EUの融資事業は、停滞し、2009年までに約5kmがリハビリされただけであった。
その後、鉄道は部分的に放置された。リハビリテーションに失敗したジブチ・エ
チオピア両国政府は、新たなアプローチによるジブチ・アジスアベバ間の鉄道近
代化を目指して、既存鉄道の終焉から新たな標準軌による鉄道建設へと判断が移
っていった。その陰には中国政府のアプローチがあったに違いない。

2017年はエチオ・ジブチ鉄道が全線開通して100周年にあたる、イベント情報は
聞こえてこない。

もう一つの鉄道が標準軌のアジスアベバ・ジブチ鉄道です。これは次号以降にて
説明しようと考えています。

■エチオピア読本

これは、見逃していた本、同僚から教えられアマゾンで検索したらありました。
なぜ漏れたのかわかりませんが、1976年の発行です。

エチオピア絵日記 (1976年) (岩波新書)
松枝 張
固定リンク: http://amzn.asia/2arUShZ

■オモ川流域のGIBE3ダム

エチオピア高原は、ナイル川の70%、トゥルカナ湖の14%の水源を供給し、再生可
能エネルギーである水力発電のポテンシャルが45,000MWと非常に高い国である。

2016年12月に公式に運開したオモ・ギベ川流域のGIBE3、1870MW、は、総事業費U
SD1.75 bil. エチオピア政府と中国輸銀が融資、堤高が243mとアフリカで最も高
いダムであり、ケニアの発電設備容量2295MW(2015)に迫る規模である。

発電した電力は、GIBE3からナショナルグリッドに接続され、国際連携送電線を
経てケニアへ400kV(建設中)、スーダンへ230/220kV、ジブチへ230/220kVで送電
している。環境への影響で指摘されているのは、

1)GIBE3により、トゥルカナ湖の生態系が、今後、永続的に変化し、漁業に影響
を与える。

2)GIBE3は45万haの灌漑地を提供し、サトウキビとコットンのプランテーション
を外国投資を導入して実施している。この上流域におけるプランテーションによ
る化学肥料を含んだ水の流入と、既に塩性化が見られる湖水の更なる塩性化が懸
念されている。

3)GIBE3によりトゥルカナ湖の水位が急激に低下し、水深約30mのトゥルカナ湖の
水位が10-20m下がると予測されている。

https://www.timeslive.co.za/news/africa/2017-09-14-fears-over-ethiopian-
dams-costly-impact-on-environment-people/

■アムハラ州北部での鉄鉱石採掘

イタリア資本と中国金属企業CBRF Technology GroupとのJVであるSekota Mining
PLCが20年間のコンセッショネア契約を鉱物石油資源省と締結した。

鉄鋼製品は非鉄金属と同様、輸入代替産業となり得るが、高炉が必要である。

http://hornaffairs.com/2017/08/28/sekota-mining-extract-iron-ore-wag-him
ra-zone/amp/

★本文ここまで★
前号 世界街角通信MM No.279の目次
▼目次
■エチオピア東部のオロミア州とソマリ州で民族間対立激化
■BBC、エチオピアの3言語のウェブを開設
■エチオピア虎
■エチオピア、顕著な外貨不足
■財務経済協力省の副大臣と道路公社総裁が不正で逮捕
■■後記

■Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

★CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)
http://www.facebook.com/groups/298398100231283/

★R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)
https://www.facebook.com/groups/436215346470056/

▼Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)
https://www.facebook.com/sekaimachikado

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

★klubnika's photo blog
http://klubnikaphoto.blog.fc2.com/

★photo blog 世界街角通信
http://worldcityimg.blogspot.com/

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録
http://gostinitsa.blog.fc2.com/

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング
http://residencewatch.blog.fc2.com/

■■後記

今号で29号なのでかなりスローペースということがおわかりになると思います。
2年前に始めたので、1年55週、2年で110週、110/29=3.8週に1号の発行となる。

書き掛けの原稿を一度上書きしてしまったこともスローダウンした要因でもある。
基本的なエチオピアの社会経済情勢に関してメモしていたからだ。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第280号 2017年9月23日
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ