メルマガ旅ガイド「日本の城」

  • ¥0

    無料

「日本の城」は、観光名所として、郷土と市民のシンボルとして、日本人であれば、一度は見ておきたいものです。お城ファンだけでなく、一般の方の観光に役立つよう100選を中心に基礎的なことを中心に配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
メルマガ旅ガイド「日本の城」
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月23日
 
発行部数
1,197部
メルマガID
0001006904
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 国内旅行全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■        メルマガ旅ガイド「日本の城」       ■□■
 旅ガイド「日本の古都」 → http://www.mag2.com/m/0000289527.html
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*



子供の視力低下を守る学習用ライト
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



【 鹿児島城(鹿児島) 】



 鹿児島城は、鹿児島県鹿児島市城山麓にあった城です。

 別名「鶴丸城」。城跡は鹿児島県史跡に指定されています。



 写真↓
 http://www.next-digital.com/images/siro/kagosimacas.jpg




 1.アクセス



 JR鹿児島本線鹿児島中央駅~市電/市役所前。

 車:九州道鹿児島北IC~国道3号線。



子供の視力低下を守る学習用ライト
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



 2.見どころ



 江戸時代初期に島津氏によって築かれ、上山城跡である城山とその麓に築か

 れた鶴丸城で構成された平山城です。


 南北朝時代には「上乃山城」および「上山城」という上山氏の居城であった

 が、後に島津氏に明け渡され、上山氏は桜島に移っています。


 その後島津氏は城山の東麓に屋形を築いて居城しました。


 麓の屋形(本丸、二ノ丸、出丸)には石垣が築かれたが、「77万石」の大名

 の城としては天守など高層建築や高石垣などは築かれず、明治時代に城跡を

 訪れた本富安四郎は著書『薩摩見聞記』で「不思議」と評しています。


 本城である鹿児島城は北に本丸、南に二の丸が位置していたが、単純な構造

 で防御には問題のある「屋形造」の城であった。そのため裏山である城山を

 籠城のための「後詰めの城」としていました。



子供の視力低下を守る学習用ライト
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



 3.歴史



 1601年(慶長6年)に島津忠恒(家久)により築城される。四神相応の地

 (東に棈木川、西に出水筋、南に錦江湾、北に城山)として選定された。

 前年の関ヶ原の戦いで薩摩国の島津氏は西軍側に属して敗北し、責を負っ

 て引退した島津義弘に代わり、義弘の実子で義弘の兄の義久の婿養子とな

 っていた忠恒(家久)が新当主となっており、東軍として勝利した徳川家

 康の脅威に対抗する手段として、当時の内城に代わる城として鶴丸城の

 構築を開始し、1604年(慶長9年)に完成します。

 忠恒(家久)の実父の義弘は海岸に近いこの地は防御に問題があり城を築

 くのに適さないとし、最後まで築城に反対していた。家康の薩摩征伐は実

 施されることなく、薩摩藩は外様大名として存続を許されることとなり、

 忠恒の代に鶴丸城が実戦で用いられることはなかった。

 しかし、数百年後、幕末の薩英戦争の時に義弘の懸念は現実のものとな

 り、イギリス軍艦から奥御殿に砲弾を何発か打ち込まれるなど脅威にさら

 されることになる。

 しかし、簡素な造りだったためにイギリス軍艦は寺を天守と間違えて砲撃

 している。



子供の視力低下を守る学習用ライト
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



 4.リンク



 < 所在地 >

 鹿児島県鹿児島市城山町


 鹿児島城

http://www.geocities.jp/shanehashi/Travel/Japan/Oshiromeguri/KagoshimaJyo.html





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

  http://www.next-digital.com/mail_magazine/ 各種人気メルマガ発行

  ご感想・ご意見は、このメールの返信に記載(返信)送信下さい
  発行人 Next Digital   http://www.next-digital.com

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ