法政大学建築同窓会ニュース

  • ¥0

    無料

法政大学建築同窓会:同窓会主催のイベント及び大学との共同のイベントの案内。 リレーエッセイの掲載など大学卒業したOBだけでなく在学生との間を取り持つ広報活動を目指します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
法政大学建築同窓会ニュース
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年06月01日
 
発行部数
168部
メルマガID
0001110483
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
□法政大学建築同窓会ニュース[Number097](2018年06月01日発行)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
衣替えの季節を迎えて、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今月も同窓会メールマガジン、第97号をお送りします。
お忙しい仕事の合間に、ひと時手を休めて読んでいただければ幸いです。
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/
----------------------------------------------------------------------
目次
1.6月7日(木)19時より、新見附校舎A305教室において、北山恒先生をお迎えして、法匠セミナー「東京の新陳代謝と都市組織 ―法政大学、江戸東京研究センターでの取り組み―」を開催します。皆さまの参加をお待ちしています。
2. 当メールマガジンで連載中のリレーエッセイをまとめた書籍『「建築」という生き方』が1月24日に刊行されました。これからの建築との多様な関わり方を101編のエッセイにより示した意欲作です。是非ともご購読ください。
3.リレーエッセイ
4.編集後記
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.6月7日(木)19時より、新見附校舎A305教室において、北山恒先生をお迎えして、法匠セミナー「東京の新陳代謝と都市組織 ―法政大学、江戸東京研究センターでの取り組み―」を開催します。皆さまの参加をお待ちしています。
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/event/20180521/kitayama.html
---------------------------------------------------------------------
2.当メールマガジンで連載中のリレーエッセイをまとめた書籍『「建築」という生き方』が1月24日に刊行されました。
 http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/event/20180114/%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdf
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.リレーエッセイ

農家住宅の再生を通じて
須田睿一 (1968年卒業 大江宏ゼミ)
  
卒業後、建築事務所勤務を経て、赤城山を背に関東平野を見渡せる群馬の地に戻って独立。独立して四拾年数年にならんとしているが、その間、多くの分野の人と出会い、助けを得て現在に至る。独立当初は、住宅の設計を中心に活動。多くの仕事に携わってきた。
20年ほど前、生家の改築の話が出た。兄の子供世帯(4人家族)が同居することになったためである。生家はその時点ですでに百三十年~壱百四拾年を経ていて、規模は、桁行十三間(24.518m:1間=1.886m)梁間五間半(10.373m)六間取りである。
柱は礎石の上に立つ「石場建て」「ヒカリツケ」工法による総二階建ての典型的な農家住宅(天窓=櫓が付いていないので養蚕農家の作りではない)で船枻(セガイ)造りである。
大学時代、大江宏先生の計画の授業で「『新奇主義』に走らず『時代の淘汰に耐える』設計が大事である」と、教えられたことが耳に残っていたのと、この地に100年以上変わることなく佇んでいた建物を壊すことは、地域の原風景をも壊してしまうのではないか。更に、建物の素材の迫力と美しさに圧倒されたこともあり、素材を生かした改修を提案した。 概算工事金額は新築しても尚余りある金額となり、「新築であれば現代風で機能的な家ができる」と反対の声もあった。
しかし、兄の「俺の生まれ育った家なので残したい」(小生も生まれ育った家であるが現在は兄が所有)の一言で改修に踏み切った。
2階の床レベルを測定したところ、一本の柱を約二寸弱持ち上げただけで均一になったのは、楔や栓、通貫で作られた建物としては驚きであった。
また、床材を削り直しても充分に再利用できる厚みがあったこと。削り直した板目が美しいだけでなく、埃の中に埋もれていた手斧の跡やその技。丸太の自然の曲りを上手に架構していること。更に、一部解体して驚いたのは、壁散りには隙間風を防ぐために細い縄をめぐらせて有ったこと等。この工事で随所に先達の創意工夫の跡に出会えたことは感謝であった。
竣工後「解体しなくてよかった」と家族の話を聞き安堵したところでもある。
こうした経験を経て、やむなく建て替えをすることになった案件では、出来るだけ住み慣れた家の一部を利活用し、新しい家に組み込むようにしている。
ある案件では、新築お披露目に施主の兄弟(六人)を招いたところ、利活用した扉や床の間、障子を目にし、彼らが子供の時の話しに花が咲いたと伺い、何かホッとしたものである。
昨今、古材活用とか古民家再生と言われているが、こうしたことがベースになっているのだろうか。新たに造り替えることは安易であるが、それらを伝承し続けることも大事であること。単に利便性を求めるだけでなく日本の風土に育まれてきた文化・伝統を如何に次世代に残していけるか、と問いながら日々取り組んでいる。

略歴
1941年群馬県生まれ。1968年卒業(大江宏ゼミ)
1968年~70年創建社建築設計事務所、1970年~79年川上玄建築設計事務所
1979年~89年須田建築計画工房主催、1989年~(株)須田建築計画工房代表取締役

----------------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------------
今月のリレーエッセイは、68年大江宏ゼミ卒業の須田睿一さんに書いていただいた「農家住宅の再生を通じて」です。100年を優に超えるご実家の建物を改修再生する中で、先達の技術を学び、後世に伝えて行くことがいかに大事かということを改めて考えさせられます。
今月7日(木)には久しぶりの法匠セミナーが、北山恒先生を講師にお迎えして開催されます。江戸・東京と、世界に類のない構造を持つ都市のこれからについて、興味深いお話が聴けることともいます。皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 編集部では、広く卒業生からのエッセイを募集しています。どのようなテーマでも結構ですので、我こそはと思われる方はぜひ編集部までご一報ください。 又、メルマガへの購読をまだ登録していないお知り合いがいましたら是非購読を勧めて下さい。このメルマガを通して建築学科卒業生の輪が広がることを望んでいます。(編集後記担当:小島)
----------------------------------------------------------------------
□メルマガ購読・解除はコチラです。
→ http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/mlmg/
□ご意見ご感想を頂ければ幸いです。
→ info@hosei-archi-ob.sakura.ne.jp
□法政大学建築同窓会ニュースは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
そのため、メールに「まぐまぐからのお知らせ」が掲載してある場合があります。
法政大学建築同窓会ニュースに登録すると、『まぐまぐ』からのメールマガジン「ウィークリーまぐまぐ」「まぐまぐニュース」が配信されます。
これらが不要の場合は、こちらから願います。
http://www.mag2.com/wmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行:法政大学建築同窓会メルマガ編集部
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/
問合:info@hosei-archi-ob.sakura.ne.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎法政大学建築同窓会ニュース のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001110483/index.html?l=fyl0c2074b
◎法政大学建築同窓会ニュース の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001110483.html?l=fyl0c2074b
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ