法政大学建築同窓会ニュース

  • ¥0

    無料

法政大学建築同窓会:同窓会主催のイベント及び大学との共同のイベントの案内。 リレーエッセイの掲載など大学卒業したOBだけでなく在学生との間を取り持つ広報活動を目指します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
法政大学建築同窓会ニュース
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年09月01日
 
発行部数
163部
メルマガID
0001110483
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
□法政大学建築同窓会ニュース[Number088](2017年09月01日発行)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一年の真ん中は6月ですが、何となく8月が中心のように感じている方は多いのではないでしょうか。8月はいろいろと行事が多いせいかもしれませんが、その8月もいつの間にか終わり、今日から9月に突入です。今年の後半(?)も頑張ってゆきましょう。
というわけで、今月も同窓会メールマガジン、第88号をお送りします。
忙しい仕事の合間のひと時、手を休めて読んでいただければ幸いです。
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/
----------------------------------------------------------------------
目次
1.建築同窓会50周年記念、リレーエッセイ集出版のお知らせ
2.第20回法匠展のご案内
3. リレーエッセイ
4.編集後記
----------------------------------------------------------------------
1. メルマガ、同窓会HPで掲載中のリレーエッセイをまとめて、建築同窓会50周年記念として出版する計画が進められています。
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/event/20170802/50essayshu.html
----------------------------------------------------------------------
2. 第20回法匠展が9月19日(火)~20日(日)の予定で、エコギャラリー新宿で開催されます。
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/houshou/2017/houshou2017.html
----------------------------------------------------------------------
3.リレーエッセイ
----------------------------------------------------------------------
「日本統治時代の歴史遺産を訪ねて~台湾~」
   1981年修了 川原ゼミ 稲葉 佳子
ここ数年、新宿・歌舞伎町で昭和の娯楽文化(名曲喫茶やキャバレーなど)を支えてきた台湾人華僑の足跡を追っている。
その多くは、戦前の日本統治時代に内地(日本本土)留学して、東京で敗戦を迎えることになり、戦後はヤミ市から再スタートをきった人びとである。
歌舞伎町の雑居ビルに彼らの同胞組織がある。台湾人古老から、いろいろな話を聞かせてもらううちに、彼らが少年時代を過ごした故郷(台湾)へ行ってみたくなった。
日本の統治は日清戦争による台湾割譲以来五十年間続いた。
その間に日本は、植民地統治の一環として、行政・農政・教育など様々な分野で体系的整備を行い、鉄道敷設やダム建設・治水工事などを進めた。そのため台湾には、日本統治時代の建築や産業遺産が数多く残っている。
2015年秋、台北駅から特急列車に乗って4時間余り、昭和初期の駅舎が今も使われている「台南駅」(1936年)に降り立った。白い駅舎のなかは天井の高いコンコースになっており、その2階の回廊奥には、かつて国内外の賓客を迎えた「台南鉄道ホテル」があった。
台南は、懐かしい台湾らしさに出会える街として人気がある。屋台が多く食べ歩きも楽しい。2013年に「林百貨店」がリニューアル・オープンした。山口県出身の林方一が、1932年、台南一の目抜き通りに開業した百貨店である。
そのモダンな外観は台南の人びとを驚かせた。しかし太平洋戦争中に米軍の空襲を受けて廃業。戦後は国民党政府等に利用され、やがて空ビルとなって長らく放置されていた。
そして現在、オシャレな雑貨やカフェが入るセレクトショップとして甦っている。旧式エレベータで屋上に出ると、商売繁盛を祈願する社跡があった。百貨店の壁面には爆撃跡が当時のまま残っている。
次に高雄で、帝冠様式の「高雄市立歴史博物館」(1938年、旧高雄市役所)や、木造の老駅舎を利用した小さな博物館「打狗鉄道故事館」を訪ねた。
ここは初代の高雄駅だったが、その後は貨物駅として利用されてきた。
台北に戻って、「建成尋常小学校」(1919年)を訪ねた。赤煉瓦と白い窓枠が美しい2階建ての建物である。
現在は、台北市当代芸術館(モダンアート美術館)として利用されている。小学校の教室や廊下が雰囲気のある展示スペースになっており、ときどきワークショップなども行われているようだ。
最後に、日本による統治を象徴する「台湾総督府」(1919年、現・台湾総統府)へ向かった。中央にそびえる塔が印象的な煉瓦造の建物である。
日本人を案内するボランティアガイドは、戦前に日本語教育を受けた高齢の男性である。「中国大陸から逃れてきた国民党政府は空襲被害を受けた総督府を取り壊そうとしたが、台湾人(本省人)が『東洋に誇るこの美しい建築を残すべきだ』と主張して修復された」と聞き感動した。
このような人びとのお陰で、日本時代の歴史的遺産が現代まで保存・活用されてきたことに、あらためて感謝したい。

1954年東京都生まれ。1981年修了(河原ゼミ)博士(工学)
都市計画コンサルタントを経て2003年より (有)ラディアン・ワークス代表。
1996年法政大学大学院デザイン工学研究科兼任講師
2008年NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事就任
著書に『オオクボ 都市の力-多文化空間のダイナミズム』(学芸出版社)、『外国人居住と変貌する街』(共著、学芸出版社)、『郊外住宅地の系譜』(共著、鹿島出版会)など

----------------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------------
今月のリレーエッセイは、81年河原ゼミ卒業の稲葉佳子さんに、日本統治時代の台湾の建築について書いていただきました。私事ですが今月末、台湾へ行く予定なので、見るものリストに参考にさせていただきました。
9月19日(火)からは第20回法匠展が新宿西口のエコギャラリー新宿で開催されます。卒業生、先生方、在校生による美術展です。皆様ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。
 編集部では、広く卒業生からのエッセイを募集しています。どのようなテーマでも結構ですので、我こそはと思われる方はぜひ編集部までご一報ください。 又、メルマガへの購読をまだ登録していないお知り合いがいましたら是非購読を勧めて下さい。このメルマガを通して建築学科卒業生の輪が広がることを望んでいます。(編集後記担当:小島)
----------------------------------------------------------------------
□メルマガ購読・解除はコチラです。
→ http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/mlmg/
□ご意見ご感想を頂ければ幸いです。
→ info@hosei-archi-ob.sakura.ne.jp
□法政大学建築同窓会ニュースは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
そのため、メールに「まぐまぐからのお知らせ」が掲載してある場合があります。
法政大学建築同窓会ニュースに登録すると、『まぐまぐ』からのメールマガジン「ウィークリーまぐまぐ」「まぐまぐニュース」が配信されます。
これらが不要の場合は、こちらから願います。
http://www.mag2.com/wmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行:法政大学建築同窓会メルマガ編集部
http://www.hosei-archi-ob.sakura.ne.jp/
問合:info@hosei-archi-ob.sakura.ne.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです
◎法政大学建築同窓会ニュース のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001110483/index.html?l=fyl0c2074b
◎法政大学建築同窓会ニュース の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001110483.html?l=fyl0c2074b
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ