長尾一洋の「顧客創造マガジン」~明るい未来を見える化する【戦略的経営】~

  • ¥0

    無料

■25年・4000社超の実績で培ったノウハウをお届け。  例1)戦わずに勝つ!戦略的経営にシフトするには?  例2)安定的に高業績を生み出す営業手法とは?  例3)最強の兵法『孫子』を企業経営に活かすには? ★人と企業の明るい未来を見える化する「経営レベル高度化」マガジン

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
長尾一洋の「顧客創造マガジン」~明るい未来を見える化する【戦略的経営】~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年01月17日
 
発行部数
397部
メルマガID
0001117263
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<Vol.272>━■□■

        長尾一洋の【 顧客創造マガジン 】

    ~人と企業の明るい未来を見える化する「戦略的経営」~
              http://www.ni-consul.co.jp

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
       発行部数:17,274部(自社配信+まぐまぐ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「見積から始める働き方改革」 SQAでいつでも、どこでも、見積書作成

AI搭載で見積作成をアシストする新製品『Sales Quote Assistant』
⇒ http://www.salesforce-assistant.com/mtm

エクセルでの見積書作成・管理 10の問題点とは・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「先に戦地に処リテ、敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて戦い
 に趨く者は労す。故に善く戦う者は、人を致して人に致されず。」
(虚実篇)

仮説思考を持って戦略実行を進める際には、「先行指標」という先
回りストーリーを考える。


たとえば、1ヶ月に10件の受注という業績目標がある場合。

先行指標として20件の提案書提出が必要だと仮説を持つと、
20件の提案書提出のためには30件の見込先が必要であり、
30件の見込先を確保するためには50件の訪問が必要だ、と、
段階ごと一歩手前の指標を設定していきます。

これはすべて仮説である。仮説に過ぎない。

しかしこの先行指標があることで、デイリーにこの仮説を検証して
いける。すなわちPDCAを回していくことができるようになるのだ。


1か月に10件の受注が取れたかどうかは、1か月経ってみないと検証
できないので、これではバックミラーを見ながら経営をしているよ
うなものだ。

そこに先行指標があることで、1日に2~3件の訪問が必要であり、1
日に1件のペースで提案書を提出しなければならないことが分かる。

これによって、たとえば最終的な受注数がクリアできていたら、仮
説は正しかったとなるし、もしクリアしていなかったら、この先行
指標の数字が甘かった、もしくは先行指標として設定していたもの
が役に立たなかった、といったことが分かってくる。

そこで、仮説に修正を加えていき、戦略実行の精度を上げていくこ
とができるのだ。


今は1か月単位の例で説明したが、自社が扱う商材の商談期間が長
期になる場合には、3か月先、半年先までの先行管理をしながらデ
イリーに仮説検証していくことになる。

これを「先知先行管理」と呼ぶ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆営業生産性も顧客対応力も高める営業改革セミナー 1/24(水)品川

『営業部門の「働き方改革」成功の鍵は移動時間にあり』
 ⇒ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_workstyle.html

営業部門の働き方改革を業績アップにつなげる方法と武器を一挙公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社NIコンサルティング
 代表取締役 長尾 一洋(中小企業診断士/孫子兵法家)
--------------------------------------------------------------------
◯ブログではない雑記 ⇒ http://www.kazuhiro-nagao.com
◯ブログ「経営風林火山」 ⇒ http://blog.livedoor.jp/niconsul
◯会員制コラム ⇒ https://www.ni-consul.co.jp/app-def/S-101/member/
◯拙著一覧 ⇒ http://www.ni-consul.co.jp/msg/c3books.html
◯おすすめBOOKS ⇒ http://www.ni-consul.co.jp/books/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◯バックナンバー ⇒ http://archive.mag2.com/0001117263/index.html
◯配信停止 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001117263.html
◯ご意見・感想・質問等 ⇒ ni-mag@ni-consul.co.jp
──────────────────────────────────
発行元:(株)NIコンサルティング http://www.ni-consul.co.jp/
──────────────────────────────────
『まぐまぐ』ならびに自社配信システムを利用しています。
──────────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧を歓迎します。
その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。
Copyright(C) NI Consulting Co.,Ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※NIコンサルティング教育研修&セミナー情報

■【全国】オープン参加型研修会(社員研修・公開講座)
「戦略構築からリーダー育成、営業マン教育まで」
→ http://www.ni-consul.co.jp/etp/

■【東京】営業改革セミナー 1/24
「営業部門の働き方改革 成功の鍵は移動時間にあり」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_workstyle.html

■【東京】営業改革セミナー 2/22
「営業部門の働き方改革 成功の鍵は移動時間にあり」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_workstyle.html

■【東京】営業改革セミナー 3/15
「営業部門の働き方改革 成功の鍵は移動時間にあり」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_workstyle.html

■【名古屋】Sales Quote Assistant発売記念セミナー 2/7
「見積から始める働き方改革」
→ https://www.ni-consul.co.jp/seminar/18_sqa_nagoya.html
 
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ