名古屋発!授業で教えてくれない戦国武将と歴史の話

  • ¥0

    無料

毎週金曜日に愛知県と近県で行われる戦国関連のイベント、展示会などの情報を紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
名古屋発!授業で教えてくれない戦国武将と歴史の話
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月22日
 
発行部数
265部
メルマガID
0001349112
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 東海
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

──────────────────────────────────―――――
■観光ガイドが教えてくれない愛知戦国史跡巡り裏ワザの旅
──────────────────────────────────―――――
愛知県(尾張・三河)の戦国史跡を2000以上巡った戦国史跡ナビゲーターのメルマガ
☆メルマガ発行人 愛知戦国史跡ナビゲーター・みかわのひで プロフィール
http://ameblo.jp/mikawa-hide/theme-10041555494.html
──────────────────────────────────―――――


~~ 目次 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】今週の現場   森蘭丸よりイケメン?!信長の弟・織田秀孝 (守山城)
【2】めぐワザ!   ディープでキレイな戦国資料を無料で手に入れる!
【3】編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【1】 今週の現場 (守山城) 名古屋市守山区守山字市場
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛知県内の戦国史跡を知られざるエピソードで紹介する(今週の現場)のコーナー!



今回の現場は(守山城)です。

戦国時代には森蘭丸をはじめ、イケメンのエピソードがたくさんありますよね。

そんな中、織田信長の弟に織田秀孝という人がいました。この人が意外と
知られていない【超】が付くほどイケメンなんです。

諸説もありますが、信長は男が12人、女が12人の24人兄弟でした。秀孝は
8番目(もしくは9番目)の男子。

この秀孝は、守山城主・織田信次との不慮の事故で、若くして亡くなって
しまうのです。

以下は信長公記に出てくるエピソードです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ織田信長が尾張を統一しきれていない、弘治元年(1555)頃の事。

信長の叔父に織田信次という人がおり、守山城(名古屋市守山区)に居城
していました。

ある日の事。

信次は家臣達と近くの龍泉寺下の松川の渡しで、川漁をしていたのですが、
そこへ一騎の武者が通りかかりました。

『城主様の御前をアイサツも無しに素通りしおって!』

信次の家臣・洲賀才蔵という武士が、矢を騎馬武者に射掛けました。すると
矢は武者に当たり、武者は馬から転げ落ちました。ちょっと驚かすつもりが、
運悪く当たってしまったんですね。

信次たちは落馬した武者をよく見ると、なんと信長の弟・信孝だったのです!

信長公記の著者・太田牛一は、その時の死顔を次の様に描写しています。

『年は15~16で、肌はおしろいを塗った様に白く、朱い唇で柔和な姿、
顔かたちは人にすぐれて麗しく、その美しさはなんとも例えようのない若
武者だった』

太田牛一がこの様に人物を描写するのは珍しく、よほどの美男子だった
のでしょう。

さて、大変な事をしてしまった信長の叔父・信次。 ( ̄□ ̄;)

とにかく慌てて居城・守山城にも立ち寄らずに、その場から馬に乗ってどこか
へと逃げ去ってしまいました。

この報せを聞いた同じ信長の弟・信勝(信行)は、弟のカタキと言わんばかりに
手勢を率いて守山城下を焼き払いました。

しかし同じく守山城へ向かった信長は、

『我らの弟ともあろう者が、共も連れず、馬一騎で駆け巡るとはあきれた所業だ!
例え生きていても許す事はできない』

と、アッサリ清洲城に帰っています。

この辺が信長のサッパリした性格なのでしょうか ^^;


守山城は、徳川家康の祖父・松平清康が暗殺された城でもあります。有名な
(守山崩れ)ですね。

城跡は宝勝寺と周辺の住宅地。

今でも大きな堀跡が残り、櫓台の様な土盛りと石碑、案内看板が建っています。
また周辺より高い場所にあり、高低差からも城跡の雰囲気が伝わリます。




・・・・・・・・・・・・・・
【2】 今週の(めぐワザ!)
・・・・・・・・・・・・・・
史跡巡りでの疑問、そして使えるワザを紹介するコーナー(めぐワザ!)

毎回、読者の方からのお便りにお答えします。

今回は、このワザだ!




【質問】 

史跡巡りをする時、資料を集めていますが歴史本って高いです。できるだけ
安く資料を集めるために、ブックオフとかに行きますが、ひでさんは、いくら
くらい資料代を使っていますか?




【答え】

御質問ありがとうございます。

私は一ヵ月に本代として毎月1万円前後使っています。ですが、それは
歴史本だけではなく、ビジネス書とか、自己啓発の本、戦国系の漫画本
とかにも使っています。

もちろん、ブックオフもよく行きますよ ^^

でも史跡巡りの資料なら、ディープでキレイな資料を無料でたくさん
手に入れる方法があります。

それは、市町村が発行している観光パンフレットです。

最近はどこの市町村も観光パンフレットに力を入れており、その内容は
非常によく出来ています。

中には小冊子みたいなものを発行したりしていて、ハッキリ言って、単なる
観光パンフのレベルを超えているものが多いです。

しかも区役所、町村役場に行けばタダでもらえるんですね。

私も愛知県の史跡巡りをしようと決意した2004年頃、史跡を巡る前に
愛知県の全市町村の役所・役場を周り、観光パンフを集めました。

今でもそれらは保管してあり、ブログを書いたり講演会や史跡散策会の参考
資料として重宝しています。

ちなみに愛知県で一番観光パンフに力を入れているのが、徳川家康生誕地
である(岡崎市)です。

岡崎市役所に行けば、無料のディープな観光パンフがたくさんあります。

また名古屋市緑区、豊明市では、それぞれ桶狭間古戦場のパンフが
豊富にあります。

新城市では長篠合戦関連ですね。

ところでこのパンフレットをもらうときに、ちょっとしたコツがあるんです。

それは窓口に、『観光パンフレットもらっていいですか?』と、声かけ
すること。

すると、中には歴史に熱心で、少しお節介な職員さんがいたりします。

『これも持っていく?』

みたいに、どこからか探してきた非売品の郷土史本や、印刷停止になった
旧パンフがもらえたりするんです。

私もこの『声かけ作戦』で、かなりレアな資料を頂きました。

そしてこの観光パンフの件は、何も愛知県(尾張・三河)に限ったことでは
ありません。

2010年に参加した、滋賀県の(近江路・歴女ブロガー旅紀行)で感じ
たのですが、滋賀県もかなり観光パンフに力を入れています。



ということで、歴史資料としても十分に活用できる観光パンフ。

お金を使う前に、まずは無料のモノからチェック!

まずはあなたが住んでいる市町村の役所から周ってみましょう。




・・・・・・・・・・・・
【3】 編集後記
・・・・・・・・・・・・



さて、いよいよ秋の歴史祭りシーズンの到来です!

私は(静)の活動である史跡巡りも大好きですが、(動)の活動である歴史祭り、
歴史イベントにもよく参加します。

戦国ゆかりの地で甲冑を着ることができるのが楽しい ^^

私は自前甲冑(マイ甲冑)を持参してこれらに参加していますが、甲冑が
無くとも、甲冑を用意してくれる祭りはたくさんあります。

とりわけ、最近では岐阜県の関ケ原町で毎年行われている、関ケ原古戦場での
祭りですかね。

この祭りは有料で、役柄によって料金が違ってきますが、一般公募を行なっている
祭りとして、全国から毎年参加者が訪れます。

イキナリ甲冑は買えません ^^;

なのでこういった祭りで、まずは御貸具足でもいいので、歴史祭りに触れて
みてはいかがでしょうか?



───────────────────────────────
メルマガの感想を聞かせてください。
 
どんなことでもいいので。短くてOKですよ。

史跡巡り、歴史祭りに関する質問も大歓迎です!お気軽に。

出来るだけ質問に答えられるようなメルマガにしていきたいと思っています!

また、史跡巡りに関する疑問、質問も受け付けています。

こちらまで → http://my.formman.com/form/pc/bG3mGaUg1P64VdlU/


───────────────────────────────
■■観光ガイドが教えてくれない愛知戦国史跡巡り裏ワザの旅■■

発行人    : 愛知戦国史跡ナビゲーター・七種英康(みかわのひで)
住所     : 〒448‐0862 愛知県刈谷市野田新町1丁目‐608番地
公式ブログ  :  http://ameblo.jp/mikawa-hide/
お問い合わせ : http://my.formman.com/form/pc/bG3mGaUg1P64VdlU/
プロフィール : http://ameblo.jp/mikawa-hide/theme-10041555494.html

───────────────────────────────


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ