阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  • ¥0

    無料

著者サイト

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。 このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こっていること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。 ブログでは書くことがない、音楽のことについて深く書いていこうと思っています。 メールマガジン内では、いろいろな質問にも答えていこうと思っていますので、どんどん質問してきてくださいね!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

阿部竜之介 『Pepeの視点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽の世界で今何が起こっている??

    阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  May / 12 / 2017 # 50
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。

このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こって
いること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。

またメルマガ内でもいろいろな質問に答えていこうと思っていま
すので、どんどん質問してきてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


INDEX

[1] 旬な話題、気になる話題
  『吹奏楽』
[2] Pepeのひとりごと
  『この方法、知ってました?』
[3] おすすめ動画
  『The Bone Society - Air - Johann Sebastian Bach - Håkan Björkman』
  『Roland Szentpáli: Pearls II.』
[4] 演奏のヒント!
  『タンギングの練習』
[5] 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[1] 旬な話題、気になる話題

  『吹奏楽』

今年の3月から今月まで、これまでにないペースでいろいろな
コンサートを聴いています。
ちょうどタイミングが合うことが多かったり、オーケストラが忙しく
ない時期だったこともあってのことなのですが、いろいろとそれら
全てから吸収しています。

僕はヨーロッパにいたときにも吹奏楽での演奏はよくしていましたが、
演奏レヴヴェル以外のところでの違いというのもけっこうあって、
それらのことを再確認することもできました。

何にせよ、『音楽』をすることができると楽しいですよね!

これからの季節、吹奏楽コンクールへ向けての活動が本格化してくると
思いますが、どの団体も『音楽』を創る作業から脱線しないように
してもらいたいと切に願います。

僕自身も、『音楽』をしっかり堪能して過ごしていこうと思います!! :)



[2] Pepeのひとりごと

  『この方法、知ってました?』

今日はひとりごとというか、先日あった出来事について。

少し前、音楽大学受験生(Euphonium)のレッスンの後に、質問を
受けました。
そのときの質問はこういうもの。


『水抜きのために4番管を抜くとき、4番ピストンを押さえる代わりに
1、2、3番ピストンを半押しの状態にして抜いてもいいんですか?』


ほうほう。 :)
僕自身は思いつかなかった方法ですが、たしかに、コンペンセイティング
システムの楽器を使っている人は、この方法でも4番管を真空状態に
しないで抜くことができますね!! :D

僕自身は4番ピストンを押さえて抜く動作がもう体に入っているので
代えることはないと思いますが、興味のある人、または
「この方法、イケてるね!!」と思う人はやってみてはどうですか?(笑)

別にオススメするわけではありませんが、1番管や2番管を抜くような
感覚で4番管を抜くことができますよ〜(笑)。 ;)



[3] おすすめ動画

『The Bone Society - Air - Johann Sebastian Bach - Håkan Björkman』
https://www.youtube.com/watch?v=Zo8zDYmWX4M&index=15&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

今月1つ目の動画は、先月載せようと思っていたけど急遽白水さんの動画と
差し替えになったこれです。

演奏は、僕がいろいろな面で刺激を受けた名奏者、ストックホルム放送響、
首席トロンボーンのHåkan(Björkman氏)です。

この曲をソロで演奏するのはとっても大変なのですが、僕が注目して
もらいたいのは、この曲を循環呼吸を使いながら演奏している点です。
これ、口への負担は半端ではないと思います(汗)。

このくらいのスタミナが欲しいなぁ、とこの動画を見ながら思いました。 :)
あと、こういうシビアな曲でも循環呼吸を使いながら演奏できるように
なりたいなぁ、とも思いました。
練習頑張ろっと! ;)


『Roland Szentpáli: Pearls II.』
https://www.youtube.com/watch?v=Tk1cTv2nvg0&index=1&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

2つ目の動画もTromboneです。 :)
僕もEuphoniumで演奏したことがある曲、「Pearls II」です。

作曲は、僕の親友の1人、Roland(Szentpáli氏)です! :D
演奏も友達の演奏なのですが、今やスローカー・カルテットのメンバー
として有名となったGyörgy(Gyivicsán氏)です。

もともとはピアノ伴奏として書かれた曲なのですが、ここでは
オーケストラ伴奏で演奏しています。

この曲、すごく大変ですが「Cool」です!!
チャレンジ精神のある人は、ぜひやってみてくださいね〜! :D



[4] 演奏のヒント!

 『タンギングの練習』

今月はタンギングの練習について、ひとつポイントを。

よくタンギングの練習で使われるパターンに、音価を少しずつ
小さくしていく練習がありますよね(2分音符ー4分音符ー
8分音符ー3連符ー16分音符という感じで)。


この練習をする上で注意をしてもらいたいことがあります。
それは、『息を吸うタイミング』です。

テンポにもよりますが、よくあるパターンとして3連符や16分音符
(音価の小さくなった=速いタンギング=)の直前に息を吸うことが
多いのではないかと思います。

タンギングをする上で息はたくさん吐くことが必要なので、息を
吸うこと自体はとても重要なのですが、速いタンギングの直前に
吸うと、身体に力が入ってくることが多いんです。

なので、僕からの注意ポイントとして、ブレスは小節線(音価の
変わるタイミング)『以外』でやるようにしてみてください
(1拍音を抜いて、1拍の時間を使ってブレスを取るように
してください)。
そうすると、ブレスを取ることによっての力みを避けて、
タンギングの練習に取り組むことがやりやすくなりますよ。 :)

速いタンギングの練習をするときは、その少し前に息をしっかり
吸ってからやることを、いつも忘れないで下さいね!

来月も、タンギング練習についてのポイントを書こうと思います。


-----------------------------------------------

編集後記

珍しくこの春はオーケストラにお休みが続いていて、いろいろと
普段できないことをすることができました!

パソコンの中の整理や部屋の片付け、自分の練習などがしっかり
できて、いろいろとスッキリしました〜! :D

でも、今月からはハードな生活のスタートです。
これから約10ヶ月ほどはハードな日々が続く予定・・・。

僕は、先月40歳になりました。
ムリをしないように休息のとり方を工夫して、これからも毎日元気に、
充実した日を過ごしていこうと思っています。 :)

これからもよろしくお願いします!! :)

-----------------------------------------------

阿部 竜之介(Pepe) オフィシャルウェブサイト
http://www.pepeabe.com
  ご意見、感想、質問などはメールでどうぞ!
info@pepeabe.com
-----------------------------------------------

◎阿部竜之介 『Pepeの視点』
のバックナンバー、配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001601194.html
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
阿部 竜之介 『Pepeの視点』
発行周期
月刊
最終発行日
2017年05月12日
 
発行部数
134部
メルマガID
0001601194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > アーティスト・歌手

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ