阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  • ¥0

    無料

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。 このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こっていること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。 ブログでは書くことがない、音楽のことについて深く書いていこうと思っています。 メールマガジン内では、いろいろな質問にも答えていこうと思っていますので、どんどん質問してきてくださいね!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
阿部 竜之介 『Pepeの視点』
発行周期
月刊
最終発行日
2018年01月12日
 
発行部数
137部
メルマガID
0001601194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > アーティスト・歌手

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

阿部竜之介 『Pepeの視点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽の世界で今何が起こっている??

    阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  January / 12 / 2018 # 58
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。

このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こって
いること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。

またメルマガ内でもいろいろな質問に答えていこうと思っていま
すので、どんどん質問してきてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


INDEX

[1] 旬な話題、気になる話題
  『大きすぎる』
[2] Pepeのひとりごと
  『アンサンブル(室内楽)』
[3] おすすめ動画
  『François Thuillier/ Tuba Bb solo』
  『The Danish String Quartet & friends - Herfra min verden går』
[4] 演奏のヒント!
  『金管楽器奏者の悩みの代表格』
[5] 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[1] 旬な話題、気になる話題

  『大きすぎる』

あけまして、おめでとうございます。
2018年も、よろしくお願いいたします。 :D

12日にもなると、もうこういう挨拶もしなくなりましたね(笑)。


最近というか、1、2年前から気になっていたことなのですが、
トロンボーンや、トロンボーン・セクションでの音量について、
まだまだ日本では大きく吹き過ぎる傾向があるのだなぁ、と感じる
ことがあります。

僕はヨーロッパで勉強、そして活動をしていたのでヨーロッパの
ことしかわかりませんが、ヨーロッパの人たちは大半が「音」を
常に「総合的に」意識しているように思います。

言い換えると、「音量だけ」を考えた音を出さない、ということです。

先日、New York Philharmonicの副首席奏者、Colin Williams氏が来日して
オーケストラ・スタディのレッスンもしていました。
その時も、「そんなに大きな音で吹かなくていい」と言っていました
(僕は動画で覗いただけなのですが)。


僕も、音色や響きがコントロールできないほど大きな音で吹くことは
ナンセンスだと思います。
ffやfffは、全力で吹くということではないと思うんですよねぇ。
大きな音量+アルファ(強さや硬さ、色など)があると思うんです。

それらも含めて音楽表現ができるようになりたいと僕自身は常に
思っていますし、そういう人たちが日本にも増えてもらいたいと
願っています。



[2] Pepeのひとりごと

  『アンサンブル(室内楽)』

僕は、これまで「アンサンブルをたくさんやる」という環境には
いませんでした。
フランスにいた頃はいろいろとコンサートでやってはいましたが、
必要があるからやっていたという感じで、好きで集まっていろいろな曲に
チャレンジしてレパートリーを増やす、といった活動とは、
残念ながら縁がありませんでした。

個人的に、アンサンブルは好きなんですよ。 :)
いろいろな楽器で集まってやるのも、同属楽器でやるのも、
どちらも好きです!
*今月の2つ目の動画で紹介したようなものをみると、自分もやってみたい!
っと強く思います。

先日も、少しだけですがTrombone仲間と急遽集ってアンサンブルを
やって、とっても楽しい時間を過ごしました。 :D

今専門的に音楽を勉強している人たちには、ぜひアンサンブル(室内楽)の
経験をたくさん積んで、アンサンブル能力を上達していってもらいたいと
思います。


残念ながら、プロの中にもアンサンブルができない人がいるのが
現状です・・・(涙)。
アンサンブル能力(センス?)は、経験で培っていくものだと思います。

最初からうまくできる人なんていませんよ!
怖がらないで、どんどんと経験を増やしていってくださいね!!



[3] おすすめ動画

『François Thuillier/ Tuba Bb solo』
https://www.youtube.com/watch?v=yflwniIEi2E&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg&index=2

今回1つ目の動画は、フランスのTuba奏者、François Thuillier氏の
即興演奏です。

久しぶりにこういうのを聴きましたが、格好いいですよねぇ〜! :D
僕は自分でこういうのはできないので「聴く」専門なのですが、
こういうのも大好きです!

ちなみに、フランスのTuba吹きには、こういうのがすごく上手な人が
多いんですよ。
パリ管弦楽団のStephaneも、すっごくかっこいい即興演奏をします! ;)


『The Danish String Quartet & friends - Herfra min verden går』
https://www.youtube.com/watch?v=9P042gwDm_U&index=18&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg

2つ目の動画は、室内楽の動画です。
このように、弦楽器と一緒のアンサンブル(室内楽)にはとっても
興味があります。

金管楽器と弦楽器、合うんですよねぇ。 :D
機会があればぜひいろいろなことをやってみたいと思っています!



[4] 演奏のヒント!

 『金管楽器奏者の悩みの代表格』

金管楽器吹きの人にとって、一度はみんな経験したことのある悩みの
代表格は、高音域のことだと思います。
もちろん僕も例に漏れず、これまでに数えられないくらい高音域に
ついては悩み苦しみ、いろいろなことを教えてもらっていろいろなことを
試していきました。

先日のレッスンのときにも、高音についての質問があり、それについて
一緒にやっていきました。

ここで高音の練習について書くとすごく長くなるし、なかなかうまく
伝えられる自信がないのでやりませんが(笑。気になる人は、ぜひ
レッスンを受けに来てくださいね)、高音域については、感覚的な、
そして肉体的な「慣れ」も重要になってくると僕は考えています。

先日のレッスンのときにも、この考えに基づいてレッスンを進めて
いったのですが、レッスンを受けに来てくれた人は、「これまで
ほとんど出したことのない高い音を、連続して吹き(当て)続ける」
という、人生で初めての経験をしてくれました。 :) ;)


極端に吹き方がよくない場合などを除いて、多くの場合は高音は
出せる状態にあるんだと思います。

やることは、その音をまず出すこと。
「どのような音を出すか」といきなり考えないで、まずはただ
「その音を出す」ことを考えてやってみましょう。

どのような音(たとえば汚い音)であろうが、その目的とした音が
出れば、あとはそれを続けて出してください。

そうすれば、感覚的にも肉体的にも「慣れ」てきて、その先で
そうすればいいのかも自ずと見えてきたりしますよ。 :)


-----------------------------------------------

編集後記

2018年、最初のメールマガジンです。
みなさん、年末年始はどのように過ごしましたか?

僕は、自分の理想通り、特別な感じは特になく、「平和」な
過ごし方ができました。 :)

あ、楽器もこの期間に洗うことができました〜。
なんだか毎年箱根駅伝をやっているときに洗っている気がします
(今年は箱根駅伝ではなく「逃げ恥」の再放送を見ながら
洗いましたが。笑)。

今年の1月はじめはゆったりと過ごすことができましたが、今週から
2月いっぱいまではかなりハードなスケジュールとなっています。

手洗い、うがいをしっかりとして体調管理に気をつけながら、元気に
乗り越えていこうと思っています。
みなさんも、体調には気をつけて、楽しく過ごしていきましょうね〜!

-----------------------------------------------

阿部 竜之介(Pepe) オフィシャルウェブサイト
http://www.pepeabe.com
  ご意見、感想、質問などはメールでどうぞ!
info@pepeabe.com
-----------------------------------------------

◎阿部竜之介 『Pepeの視点』
のバックナンバー、配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001601194.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ