阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  • ¥0

    無料

著者サイト

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。 このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こっていること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。 ブログでは書くことがない、音楽のことについて深く書いていこうと思っています。 メールマガジン内では、いろいろな質問にも答えていこうと思っていますので、どんどん質問してきてくださいね!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

阿部竜之介 『Pepeの視点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽の世界で今何が起こっている??

    阿部 竜之介 『Pepeの視点』

  June / 9 / 2017 # 51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Trombone & Euphonium奏者の阿部竜之介(Pepe)です。

このメールマガジンでは、僕から見た今の音楽の世界で起こって
いること、また演奏に関するヒントなどをお届けしていきます。

またメルマガ内でもいろいろな質問に答えていこうと思っていま
すので、どんどん質問してきてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


INDEX

[1] 旬な話題、気になる話題
  『オペラ』
[2] Pepeのひとりごと
  『レッスンも好きです』
[3] おすすめ動画
  『Windy City Heartbreak - Glenn Van Looy』
  『Achilles Liarmakopoulos plays Trombonsillo by Carolina Calvache』
[4] 演奏のヒント!
  『タンギングの練習 Part 2』
[5] 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[1] 旬な話題、気になる話題

  『オペラ』

今年度はオペラの公演がとても多くなっています(中にはTromboneの
出番のない曲もあるのですが。笑)。
今も、オペラ公演の準備をしている最中です。 ;)

オペラのときに、オーケストラはオーケストラ・ピット
(ステージ手前の半地下のようなところにオーケストラが演奏する
場所があるんです)で演奏をするのですが、ステージの上で
演奏するのとはいろいろと違いがあります。


オペラの曲の中での役割の違いと、ステージ上とピット内との違いの
両方があるのですが、多くの場合、オペラでの演奏には、ステージ上
での演奏とは少し違った演奏の仕方があります。

僕は、これまで運良く何人かの歌劇場オーケストラの奏者からの
レッスンを受けることができて、そういうことも学ぶことが
できました。 :)


日本には残念ながらパリのオペラ座などのような歌劇場専属の
オーケストラ(クラシック・オペラ専門の)がないためそういう奏者が
いなく、そういうレッスンを受ける機会もほとんどありません。

僕のできることのひとつとして、そういうことも少しずつ次の世代へと
引き継いでいきたいなぁ、と思っています(もちろん、僕もこれから
学ぶ機会を作っていろいろと勉強していくつもりですよ!!)。



[2] Pepeのひとりごと

  『レッスンも好きです』

数か月前から、嬉しいことにいろいろなつながりからEuphoniumでの
レッスンが増えています。
Tromboneでのレッスン(学校などでの吹奏楽のレッスン以外)は
今のところ機会がないので、今はTromboneで演奏活動をして、
Euphoniumで後進の指導にあたっている、というような状況です。

演奏も大好きなのですが、レッスンも同じくらいやりがいを感じていて
好きなので、これからはTromboneのレッスンの機会も増えていけばなぁ、
と思っています。


アマチュアの方や初心者の方ほど、プロからのレッスンを受けることに
対して大きな壁を感じているようです(ある程度は仕方のないこと
なのかもしれませんが。笑)。

でも、僕の意見としては、専門的な教育(レッスン)を受けないで
今まできている人ほど、一度しっかりとしたレッスンを受けるといいと
思っています。

きっと、これまで演奏上のことで諦めていたことや、できないことを
自分の実力不足だと思っていた人ほど、ふっと楽になったり、
できなかったことができるようになったりしますよ! :)


最初はいろいろな緊張や恥ずかしさ(?)があるかもしれませんが、
一度勇気を振り絞ってレッスンを受けてみるといいですよ。
僕の場合は、個人レッスンでもグループレッスンでもいつでも
お引き受けしますし、見学の方がいらしても全く問題ありません。
どなたにでも、興味のある方にはレッスンをやっています。

少しでも興味のある人は、ぜひ気軽に連絡くださいね! :)



[3] おすすめ動画

『Windy City Heartbreak - Glenn Van Looy』
https://www.youtube.com/watch?v=SUgxmMnmKUc&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg&index=7

今月1つ目の動画は、久しぶりにEuphoniumの動画を! :D
ベルギーのEuphoniumソリスト、Glenn(van Looy氏)の最近の
演奏です。
僕が強く刺激を受ける若いプレイヤーの中でも特に印象が強いのが
Glennです。

こうして他の国にいても、いろいろと刺激を受けるプレイヤーの演奏を
聴くことができるのは、本当にいいですね!! ;)


『Achilles Liarmakopoulos plays Trombonsillo by Carolina Calvache』
https://www.youtube.com/watch?v=gqovLihFO4Y&list=FLMnqqdLPBhh36yGuKu08PSg&index=2

2つ目の動画はまたTromboneです。 :)
これは、Achilles(Liarmakopoulos氏)の新しい曲の動画です。
Achillesとは、2008年(たしか・・・笑)のスペインであったソロの
コンクールで出会いました。
その時の彼の演奏が僕はすごく好きで、話しかけたのが最初です(笑)。

その数年後、新しいカナディアン・ブラスのTrombone奏者として彼が
出ているのを見てすごく驚いたと同時に、嬉しかったことを
よく覚えています! :D

この曲、きれいでいい感じなので、早速リンク先で購入しました!
機会があればどこで演奏したいなぁ、と思ってます!! ;)



[4] 演奏のヒント!

 『タンギングの練習 Part 2』

先月に続いて、今月もタンギングの練習について。

タンギング練習のとき、みなさん最後の音はどうしてますか?
伸ばす人(もしくは、最後の音だけ少し長めに吹く人)が
多いのではないかなぁ、と思うのですが、どうですか??

そのようにしていると、意外と細かいタンギングが続いた
最後の方の音が平らになってきちゃうことがあると思うんです
(そんなこと、ありませんか?)。


そこで、タンギング練習の時の最後の音を長くしないで練習して
みてください。
16分音符でタンギングをする場合、最後の音も16分音符の音価で。
あとメトロノームを使って練習をすると思うのですが、最後の音は
拍(もしくは小節)の頭の音にしないようにしてみてください。
*4/4拍子でいうと、16分音符を16個(4拍分)だけ吹く、と
いうことです。

気にしてみるとすぐにわかると思うのですが、最後の16分音符の
長さが長くなっていませんか?
最後の音が長くなってしまわないように、吹き終わった次の拍を
完全に無音状態にするように練習してみてください。


これができるように(最後にかけて遅くなったりしていない状態に)
なると、本当にタンギングがコントロールできるようになった
(そのテンポで吹けるようになった)ということだと思います。

こういうことに気をつけてみると、意外と自分のできていないことが
別の視点から見えてきたりします。 :)

ゆっくりのテンポから、こういうことにも気をつけて少しずつ
練習してみてくださいね!


-----------------------------------------------

編集後記

一時期ものすごく暑い日が数日続きましたが、その後は暑さも
落ち着いて過ごしやすい日が続きましたね。
僕の住んでいる近畿地方も梅雨入りしたようですが、今日は朝から
とってもいい天気です!! :D

今月は動画紹介のところで久しぶりに Euphoniumの動画を紹介
しましたが、やっぱり世の中にはTromboneの動画のほうが
多いのでしょうかねぇ?
動画紹介のところでの動画も、どうしてもTromboneのものが多く
なっているようです。

世の中にはやっぱりTromboneの動画のほうが多いのでしょうね
(演奏者の総人口も含めて)。・・・Tromboneの動画の紹介が
多くなってしまうことのいいわけ??(笑)


今月の「ひとりごと」のところで書いたレッスンですが、
興味のある方は、気軽にメールで問い合わせてくださいね!
(メールアドレスは下記にあります)

-----------------------------------------------

阿部 竜之介(Pepe) オフィシャルウェブサイト
http://www.pepeabe.com
  ご意見、感想、質問などはメールでどうぞ!
info@pepeabe.com
-----------------------------------------------

◎阿部竜之介 『Pepeの視点』
のバックナンバー、配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001601194.html
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
阿部 竜之介 『Pepeの視点』
発行周期
月刊
最終発行日
2017年06月09日
 
発行部数
135部
メルマガID
0001601194
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > アーティスト・歌手

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ