大学・専門学校への進学マネー講座

  • ¥0

    無料

著者サイト

家庭の事情(経済的理由)で大学への進学を諦めていましたが、奨学金などの学費支援制度を活用して、私立大学に自力進学しました。その経験を活かし、首都圏を中心に年間70校以上の高校で進学マネー講演会を行っています。生活保護世帯から高所得者世帯まで、本当に知りたい進学費用や工面の方法についての情報をお届けします。特に、高校の先生や高校生の保護者には役立つ内容です。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  大学・専門学校への進学マネー講座 2017/6/10 143号      
     http://shingaku.jimdo.com/           
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【小冊子無料進呈】⇒ http://www.single-mama.com/education-reader2016/
「2016年版子どもの教育費どうする?教育費サバイバル準備読本」を無料で
お届けしています(PDFダウンロード版)。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆通学生と同じように学べる通信制大学をご存じですか?
しかも、通学制大学1年分相当の学費で4年間学ぶことができます!


4年間の学費総額(入学金、授業料、施設設備費、実験実習費など)は、国立
大学で約243万円、私立大学文科系で約416万円、私立大学理科系で約570万円
かかります。

多くのご家庭では子どもの大学の学費を負担するのは厳しいのが現実で、大学
生の2人に1人が何らかの奨学金を借りて進学しています。

大学へは高校生の2人に1人が進学していますが、ひとり親家庭では、4人に1人、
生活保護家庭では5人に1人しか進学していません。

親の経済力が大学進学率に影響を与えていることがわかります。特に生活保護
世帯の子どもは、生活保護を受けながらの大学進学は認められていません。

そのため、世帯分離して、学費のみならず生活費も自分で稼がなければならな
いので、学修の意欲も能力もありながら大学への進学を諦めざるを得ません。

今年度から日本学生支援機構(国)の給付奨学金がスタートしましたが、私大
自宅通学者で月額3万円、私大自宅外生で月額4万円と不十分です。

経済的困難にある子供たちは大学進学を諦めなければならないのでしょうか。

お勧めしたいのが、通学生と同じように学べる通信制大学です。

日本大学の通信教育部の年間通学コースは、通学生と同じように学べる通信制
大学です。


スクーリング(面接授業)が充実していて、たとえば124単位のスクーリング
込みで、卒業までの学費(4年間総額)は115万円と通学制大学1年分相当の学
費で4年間学ぶことができます。

しかも、年間通学コースでは、日本学生支援機構の奨学金3万円~12万円/月
も利用できます。

大学の通信教育部のデメリットは一般的に、独学でテキストで学ぶ部分が多
いのでモチベーションの維持が難しく途中で挫折しがちである点です。

通学生と同じように学べる日本大学の通信教育部であれば、このデメリット
は解消できます。

ただし、学べる学部は、法学部、文理学部、経済学部、商学部だけです。

いくら学費が安くても地方の生徒にとっては、生活費のことを考えると躊
躇するかもしれません。

生活費を安くあげるには自治体の学生寮(県民寮)を利用する手があります。

すべての自治体が学生寮を運営しているわけではありませんが、たとえば、
福井県の学生寮(明倫学舎)の寮費は月額2万4千円又は2万6千円と安く、食
費(夕食のみ)も月額1万2千円と割安です。

ほかにも、経済的に苦しいご家庭の子どもたちの大学進学を後押しする様々
な制度がありますので、調べてみましょう。


★進学マネー講演会のご依頼はお気軽にお問い合わせください。
講演風景  https://www.facebook.com/fpmasaya.niimi

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆プロフィール
―――――――――――――――――――――――――――――――――― 
新美昌也(にいみ・まさや)
家庭の事情(経済的理由)で大学への進学を諦めていたが、奨学金などの学
費支援制度を活用して、私立大学に自力進学した。その経験を活かし、首都
圏を中心に年間70校以上の高校で進学マネー講演会を行っている。また、進
学情報誌を発行している進研アドや学研の取材などにも協力している。

★フェイスブック
https://www.facebook.com/fpmasaya.niimi

<その他の無料メルマガ>
『お金を殖やす、貯める、今日からはじめる節約テク!』
⇒ http://www.mag2.com/m/0000144979.html
『民間介護保険120%活用法』
⇒ http://www.mag2.com/m/0001621004.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行責任者:ファイナンシャル・プランナー 新美昌也

発行者ホームページ: http://shingaku.jimdo.com/

メルマガ登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001622462.html

※メルマガへのご意見、ご感想は ⇒info@fp-trc.com

※取材、講師の依頼もお気軽にお問い合わせください。⇒info@fp-trc.com

※当メルマガの情報によって生じたいかなる損害についても補償はいたしか
ねます。

※広告などでご案内しているサービス等をご利用になられてのトラブルにつ
いて、当方では一切責任を負いかねます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
大学・専門学校への進学マネー講座
発行周期
随時・月4回以上
最終発行日
2017年06月10日
 
発行部数
138部
メルマガID
0001622462
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ