若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン

  • ¥0

    無料

製造業に従事する若手技術者育成に対する人事、人材開発、育成担当の方々の悩みとその解決法をお教えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン
発行周期
隔週月曜日
最終発行日
2018年02月05日
 
発行部数
26部
メルマガID
0001644040
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

技術者を指導する方へおくる


 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」Vol.054 2018/2/5


                        (隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。



<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・今週の「製造業の若手技術者育成ワンポイントアドバイス」

・お知らせ

・編集後記




<今週の「製造業若手技術者育成ワンポイントアドバイス」> ━━━━━━━━━━━━━━━━


- 若手技術者が仕事を他人事としてとらえている

という悩みについて考えてみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のワンポイントは、

「若手技術者が仕事を他人事としてとらえている」

という時には、

「さらに若手を一人付け、任せる」

ことにより自らがやらなくてはいけない状況を作ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


若手技術者の中には自らの興味を持つもの以外は取り組まない、
というタイプの人材もいます。

本人はそのつもりはないのかもしれませんが、
外から見ると


「どうしてこの仕事を自分がやらなくてはいけないのだ」


というぶぜんとした態度に見えることも度々あるようです。


このような状況を打破するためにはいくつかやり方がありますが、
一つのやり方としては、


「さらに若手を一人つけて、任せてみる」


ということが効果を発揮することがあります。


この時に付ける若手は、


「積極的に質問をする」


という人物が好ましいです。



自分よりさらに若手から色々質問されると、
それにきちんと答えなくてはいけないという技術者のプライドに火が付きます。

そうすると、それまでの上からの指示でやらされているという考え方から、
若手の見本にならなくてはいけないという上司の目線へと変化します。


技術者の考え方の根底には職人気質が含まれていることが多く、
上記のアプローチはその職人魂に火をつけるやり方の一つといえます。



そして職人気質を発揮してもらうためにも若手技術者が下に行う指導に口出ししてはいけません。

任せられることで自らの指導方法も確立されていくからです。

下手に外から口出しをすると若手技術者だけでなく、
何よりその若手技術者から指導を受けている技術者が混乱してしまいます。



当事者意識を芽生えさせる一つの方法としてご参考になれば幸いです。




<お知らせ> ━━━━━━━━━━━━━━━━


以下の予定で、栃木県庁にて講演を行います。

 テーマ:「ものづくり企業の成長に必須の技術者の企画力」~技術者が0を1にする力を身につけるために

日時
 平成30年2月23日(金曜日)13時00分~17時00分
 (交流会:17時30分~19時00分)

場所
 栃木県庁 研修館4階 402研修室
 (交流会:栃木県庁2階 生協食堂)

お申込み・お問合せ先
 とちぎ産業振興協議会 事務局(栃木県産業労働観光部 工業振興課)
 担当:秦
TEL:028-623-3249 FAX:028-623-3945
 E-mail:kougyou-gobunyakyotsu@pref.tochigi.lg.jp

詳細は以下のURLをご覧ください。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/f02/houdou/houdou/29_dai3kaiwakamono.html




<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

先週の2月3日は節分。

我が家も豆まきをしました。

夜は所要があったため昼間に行いましたが、
ほんの少しの豆で鬼は外、福は内という掛け声で各部屋を回りました。

その後は恵方巻。
今年は南南東(のおよその方向)を向きながら、
家族で食べました。
恵方巻は完全に全国の市民権を得たと思います。

今年も早いものでもう2月。
健康第一に残りの1年を大切に過ごしたいと思います。


・ 著書情報━━━━━━━━━━━━━━━━

”技術報告書”書き方の鉄則 独り立ちを目指す技術者の盲点 Kindle版
https://goo.gl/ARozMd

技術者が「自分の名前」で輝くための自己マネジメント力 企業に勤める技術者に必須 Kindle版
https://goo.gl/35EaQm

技術者が自信を取り戻すための7つの思考法 仕事に行き詰まりを感じた技術者必読 Kindle版
https://goo.gl/iV8iun


・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。


まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001644040.html

==================================
・メルマガ名 「若手技術者人材育成の悩み解決メールマガジン」
・責任者名  技術者育成研究所代表 吉田 州一郎
・責任者メール info@engineer-development.jp
・オフィシャルサイト http://engineer-development.jp/
==================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ