「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理

  • ¥0

    無料

【社員10人の会社を3年で100人にする成長型労務管理】 社員300名の中小企業での人事担当10年、現在は特定社会保険労務士として活動する筆者が労務管理のコツを「わかりやすさ」を重視してお伝えいたします。 その知識を「知っているだけ」で防げる労務トラブルはたくさんあります。逆に「知らなかった」だけで、容易に防げたはずの労務トラブルを発生させてしまうこともあります。 法律論だけでも建前論だけでもない、実務にそった内容のメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月13日
 
発行部数
588部
メルマガID
0001669357
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-■
「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理

社会保険労務士事務所ワークホリック
特定社会保険労務士 小林 一石
http://goo.gl/JD6zQU
■-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

※お知り合いの経営者、人事担当の方に
このメルマガをご紹介いただけると嬉しいです。
↓こちらから2クリックで登録できます。
http://goo.gl/xlnWNU


ちょっと前に、ニュースアプリを見ていて
気になる記事がありました。

それは、
「電車の優先席」についての記事です。

ある若い女性が優先席に座っていたところ
目の前に立っていた年配の方に

「ここは若い者が座る席じゃない!」

と、厳しい口調で怒られたというのです。

優先席という制度が
良いか悪いかという話はおいておきますが
制度上は「年配、妊婦、障害のある方たち」に
席をゆずるというのがその趣旨であり
(私が言うまでもなくですが)
この年配の方の言っていることが
間違っているわけではありません。

ただ、です。
記事は続きます。

実はこの優先席に座っていた女性は
ある難病をかかえ
ちょうどそのときその発作がでたため
立っていられなくなり
いたしかたなく優先席に座っていた
というのです。

こういう事情だと
おそらく見方が
変わってくるのではないでしょうか。

また、難病ではなくても
体調が悪くて座っている人も
いるでしょうし、
見た目はわからなくても
立っていられない
障害をお持ちの人もいるでしょう。

これらの事情を
「〇〇なので、座ってます」と
申告する制度があれば別ですが
現実には
それらの事情をまわりが判断するのは
非常に難しいでしょう。

では、これが会社の場合は
どうなるでしょうか。

それについて裁判があります。

ある大手電機メーカーの会社で
プロジェクトリーダーを務めていた
社員がうつ病を発症し
休職することになりました。

そして、休職期間が満了しても
うつ病が良くならず、解雇されました。

これに納得がいかなかった社員が
会社を訴えたのです。

では、この裁判はどうなったか?

ここで最初の裁判で
問題になった点があります。

実は、この社員は
「うつ病になったこと」を会社に
報告していなかったのです。

そこで裁判所は
会社の業務量の多さなどの問題は認めつつも
病名を会社に報告しなかったことにも
「一部の責任はある」としたのです。

これは、もしかしたら、
みなさんの中にも同意見の人も
いるかも知れません。

ただ、最終的な裁判所の判断は
どうなったかというと
次のようになりました。

●報告がなかったとしても
会社は体調の悪化に気づける状態にあった
●業務量を少なくするなどの
配慮をするべきであった。

そして、損害賠償として
6,000万円を支払うように
会社に命じたのです。

いかがでしょうか。

みなさんの中には

「本人から報告も無いのに
 (メンタルな面まで)
 わかるわけない」

と考える人もいるかも知れません。

確かにそのとおりです。

ただ、これは

「報告がなくても、何かあったら
 すべて会社の責任が問われる」

という意味ではありません。

実は、この社員は休職前に
不眠症などの不調を訴えたり
業務量を減らすよう上司に頼んだり
していました。

つまり、会社は病状を

「全く予想できなかった
 わけではないでしょ」

というのがこの判決の理由です。

また、一般的には
「うつ病を報告すると
 人事評価に影響してしまう」と考え
会社に伝えずに仕事を続けたいと
思う人も多い、という事情も
裁判に影響しているでしょう。

これらは
非常に重要な点です。

そこで実務上は、

●社員から(うつ病などの)報告がなくても
業務量の適正化を考える
●うつ病などの情報はそもそも本人たちが
報告しづらいことであるという前提で
社員の状況確認を行う
(もちろん報告してもらうのが
 望ましいのは言うまでもありませんが)

ということに
気を付ける必要があるでしょう。

これらを行うだけでも
万が一のトラブルを
回避することができます。

一度、見直してみては
いかがでしょうか。


■「まぐまぐ大賞2017」投票受付中■
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/form.html

いつもご愛読(?)ありがとうございます!


《編集後記》
なんと、ひそかに執筆させていただいていた
小冊子(A5サイズ、全48ページ)が
販売されることになりました。
(共著ですが)

※ご参考(私のFacebookページです)
https://goo.gl/SK6cW8

内容は、最近私もご相談をいただくことが増えてきた
SNSなどのトラブル対策をまとめたものです。

題して
「職場のインターネットトラブル対策」です。

今回はこれを記念しまして
10名様にプレゼントいたします。
(ご希望の方が10名もいらっしゃるか謎ですが汗)

ご希望の方は

●ご住所
●会社名
●お名前

を、「小冊子希望」とご入力の上
このメルマガに直接ご返信いただくか
下記のフォームにご入力の上、お送りください。

https://goo.gl/6YzbJ3

【ご応募締切】
11月30日(木)中


なお、もし万が一ですが
ご希望が10名以上いらっしゃった場合は
抽選とさせていただきます。
(ご希望の方が10名もいらっしゃるか謎ですが汗汗。
 その場合は当選者は発送をもって返させていただきます)

また、もし万が一ですがご購入ご希望の方が
いらっしゃいましたらこちらからご購入ください。

※ご参考「清文社オンライン」
https://goo.gl/Fdu136

また、もし本当に万が一ですが
このテーマについての講演、セミナーをご希望の
奇特なありがたい会社様がいらっしゃいましたら
下記のフォームにご入力の上、お送りください。

https://goo.gl/6YzbJ3


それではみなさんのご応募を
楽しみにお待ちしております。
いつもご愛読(?)ありがとうございます。


■↓読者様アンケートです■
みなさんの感想、すべて嬉しいです。
http://goo.gl/forms/yWkF6pNrpi


※このメールマガジンは
わかりやすさを最優先しています。
そのため、法律等の一部の例外については
省略している場合があります。

また、すべての会社において
同じパターンが当てはまるわけではありません。

このメールマガジンの内容について
実行される場合は、事前に専門家にご相談の上、
行っていただきますようお願いいたします。
(万が一、損害が発生した場合の責任は負いかねます)


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+
■発行者:
社会保険労務士事務所ワーク・ホリック
特定社会保険労務士/人事コンサルタント 
小林一石

〒101-0021
東京都千代田区外神田2-2-17共同ビル10階 1号
ご相談は→ http://work-holic.com/
TEL 03-3525-8371(受付:平日10~19時)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ