ファーストクラスを狙う陸マイラー通信

  • ¥0

    無料

マイルを使ってファーストクラスを狙う方法を解説していきます。マイルを貯めるためには毎月ルーチン作業をしないといけません。その毎月のルーチンのタイミングをこのメルマガでお知らせします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ファーストクラスを狙う陸マイラー通信
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年03月21日
 
発行部数
107部
メルマガID
0001678840
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > 海外旅行全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

************************************************************
今週の作業
2018年4月以降(新ソラチカルート)の対策版の無償教材の配布を開始しました。こちらを読んで、今後の行動の仕方を勉強して下さい。
https://drive.google.com/open?id=167rSZ5EiHfjto-uddNrfuiMYSJjiQf3J

************************************************************



こんにちは、ファーストクラス陸マイラーの佐藤です。
前回のメルマガの発行から時間が空いてしまいました。

ようやく年始年末にマイル利用をしたファーストクラス世界一周の第一区間
成田ーワシントン ユナイテッド航空ファーストクラスの動画をアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=kAQGeQsoU1Q&feature=youtu.be
今回はANAマイルを利用してスターアライアンスのファーストクラス世界一周を予約しました。
1成田ーワシントン ユナイテッド航空ファーストクラス
2ニューヨークーフランクフルト ルフトハンザ航空ファーストクラス
3フランクフルトームンバイ ルフトハンザ航空ファーストクラス
4ムンバイーデリー エアインディアファーストクラス
5デリーーバンコク タイエアービジネスクラス
6バンコクー羽田 タイエアーファーストクラス

5だけビジネスクラス利用ですが、まあこの路線は短いのでファーストクラス設定がなかったからです。

よく年始年末はマイルでファーストクラスは取れないと言われますが、それは取り方を知らない人が書いてるデマです。
きちんと仕組みを理解すれば年始年末でもファーストクラス世界一周は予約できます。ちなみに私はANAは平会員です。
私のようにお金を払わない会員はいつまでたっても平のままです。
平のステータスでも十分、ファーストクラス世界一周は狙えます。

さて、youtubeにアップした第一区間の成田ーワシントン。ユナイテッド航空利用ですが、
ファーストクラス利用なので成田ではANAのZカウンターが使えます。ZカウンターというのはANAのファーストクラスや
ダイヤモンド会員しか使えない特別なカウンターというか部屋です。
多くのANA修行僧が持ってるスーパーフライヤーズのランクでも使えません。
スイスもしくはユナイテッドのファーストクラスのみ他社利用者でもZカウンターは使えます。
出発は12月29日で出国ラッシュのピークの日でした。いつもでは考えられないくらい各社のカウンターが混雑しています。
でも私はZカウンターが使えるので余裕を持って各種撮影をしてました。
ユナイテッドとANAのラウンジはしごをしようと思っていましたので、出発の1時間30分前にZカウンターに行きました。
いつも、Zカウンターを使うときはANAのファーストクラス利用時です。初めて他社利用でZカウンターに行きました。
やはり出国ラッシュのピークとあり、普段は絶対に待つことのないZカウンターでも2-3分位待つことになりました。
そしてチェックインの順番が回ってきました。家で印刷してきたチケットのバーコードをピッと読み込むと。
「お客様、こちらのカウンターではお受け付けできません」
え?ユナイテッドのファーストクラスってZカウンター使えないの?玄関の所に書いてある受付時間の表示は何なの?
とにかく受付できないからユナイテッドのカウンターに行ってくれというので、ユナイテッド航空のカウンターに行きました。
後日、ANAのお客様センターにZカウンターの利用基準を確認してみると。
それは、それは丁寧な文面で。
ユナイテッドのファーストクラス利用でもZカウンターは使えること。
しかしユナイテッドの職員は常駐してないこと。
ユナイテッドのチェックインシステムは特殊なのでユナイテッドの職員がいないと案内出来ない旨返答がありました。

いろいろがっかり。最近ANAの誕生日を祝ってくれなくて泣けたとかいうブログが炎上してました。
あれは明記されてないサービスの要求ですが、これ(Zカウンターの利用)はwebページ上にも明記されているサービスです。

空港では何の説明もなくただここでは受付出来ないからあっち言ってと言われたのでユナイテッドだからダメなのか?
タダ乗りマイル野郎だからダメなのか?いろいろ考えてしまいました。

そして案内されたユナイテッドのカウンターがまたヒドイ。
クラス分けをしての受付をしてません。なのでかなりチェックインをするまで時間をロスしました。
今回はマイレージ利用、タダなので文句は言いませんでしたが、これはとても正規料金往復220万円も取るような
サービスレベルではないです。


12月29日は年末の出国ラッシュのピークの日でした。
そんな日だからこそ、ファーストクラス利用ですぐに出国できると思っていたのに予定が大幅に狂いました。

ユナイテッドのカウンターで受付を終えるとセキュリティーチェックはスターアライアンスゴールドトラックに
行ってくださいと指示されました。普段ならここもすんなりと通れるところですが、やはり年末の超繁忙期でこのルートも混んでます。

そしてセキュリティーチェックを受けて、出国審査のカウンターに来て愕然とします。あの審査待ちの部屋が超満員です。
いままでこんなに列が並んでる光景は見たことがありませんでした。

この時点で、搭乗締切まで40分。本当に飛行機に乗れるか心配になってきました。もうこの時点で、
ラウンジの「はしご」どころか飛行機に乗れるかどうかすら危うい状況です。

気の遠くなるような出国審査の列に並んで20分。搭乗締切まで20分。かなりドキドキしながら出国審査の列に並んでいます。
その時ユナイテッド航空の職員と思しき人物が
「ワシントン行きのお客様ー」と締切間近でもまだ出国審査が終わっていない乗客を探しています。
私は急いでその職員の元に駆け寄りました。私と同じくまだ審査が終わっていない夫婦とあわせて3名が時間ギリギリの状態です。

助かった、これでなんとか間に合うと思いました。
私はてっきり遅れた人用に特別にこのままクルー専用カウンターかどこかに連れて行ってくれるものだと思っていました。
すると職員から衝撃の一言が。
「私には権限がございませんので、ご自身で交渉して最前列にお並びください」
え?この超満員の皆が先を急いでる中自力で割り込むんですか?

私と、遅れた夫婦は超満員の審査の列をかき分け、最前列に並びます。
「すみません、もう飛行機が出てしまうので入れて下さい」
普通に並んでいる人たちの視線を痛いほど浴びながらなんとか時間を短縮して出国スタンプを貰うことが出来ました。

ここからは、ユナイテッドの職員と夫婦と、私は猛ダッシュで搭乗ゲートに走りました。
そして何かとか出発ギリギリで飛行に間に合いました。

こんな所は余裕が無くてビデオに撮っていません。
空港のカウンターの映像から一気に機内の映像に飛んでいるのはそういった理由がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=kAQGeQsoU1Q&feature=youtu.be




編集後記

2018年4月以降(新ソラチカルート)の対策版の無償教材の配布を開始しました。
https://drive.google.com/open?id=167rSZ5EiHfjto-uddNrfuiMYSJjiQf3J


感想、ご相談は下記まで
発行者:佐藤 容一
メール:info★first-class4free.com (★を@に変えてください)
web: https://first-class4free.com/


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ