水平通信

  • ¥0

    無料

人権のふるさと水平社博物館から特別展・企画展など催し物情報を発信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
水平通信
発行周期
月刊
最終発行日
2017年08月03日
 
発行部数
35部
メルマガID
M0056326
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続きますが、ご自愛ください。

■ホームページ・リーフレットの英語版、中国語版、韓国語版ができました
当館は外国人利用者に向けた国際情報発信をめざして、人権ネットを活用した地域活性化事業実行委員会を立ち上げ、文化庁の平成28年度文化芸術振興費補助金を申請し、ホームページとリーフレットの多言語化を進めました。
できあがったのは、ホームページ、リーフレットとも、英語版、中国語版、韓国語版です。お問い合わせは、水平社博物館まで。
人権ネットを活用した地域活性化事業実行委員会(構成団体):奈良県立同和問題関係史料センター、おおくぼまちづくり館保存事業運営委員会、公益財団法人大阪人権博物館、一般財団法人奈良人権部落解放研究所、NPOほっとねっと、人権資料・展示全国ネットワーク、公益財団法人奈良人権文化財団・水平社博物館

■2017年度第1回公開講座、安田浩一さんが「ヘイトスピーチと表現の自由」と題して講演
7月22日(土)午後2時から御所市人権センターで、2017年度第1回公開講座を開催し、40名の方が受講しました。
講師にジャーナリストの安田浩一さんをお招きし、「ヘイトスピーチと表現の自由~社会が守るべきものは何か」と題してお話しいただきました。
講演では、ご自身が「差別と排外主義の現場」を取材する中で見えてきた、ヘイトスピーチとはなにか、差別の「発信者」は誰か、
「敵」として吊るされるヘイトスピーチの被害者、「ヘイトスピーチ解消法」成立と「表現の自由」などについて解説。
「表現の自由」を端的に表したヴォルテールのことば「私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」を挙げながら、
「抗弁できない属性を攻撃するのがヘイトスピーチである」とし、「その対象とされる人々は、ただ黙している。彼らの自由はどうなるのか。差別を拡散する表現の自由はない」と断じました。
さらにヘイトスピーチをめぐるメディアの責任にも言及。最後に、差別と偏見を再生産させないために、「差別を学んでいくこと、私たち自身が委縮しない、社会を委縮させないことが大切。また被差別の当事者でない人たちの反差別のために果たす役割も大きい」と語られました。

■「部落差別等撤廃と人権確立を目指す奈良県民集会」開催、奈良人権文化選奨表彰式も
7月31日(月)、「部落差別等撤廃と人権確立を目指す奈良県民集会」が橿原文化会館で開催されました。
また、第8回奈良人権文化選奨の表彰式が行われ、池田士郎様、「NPO法人 かかしの会(理事長 向野幾世様)」、「おてらおやつクラブ(代表 松島靖朗様)」、「NPO法人 DEAR DEER-あおによし(理事長 平田恵美子様)」の受賞者・団体の皆さまにご出席いただきました。
受賞された皆さま、おめでとうございます。

■今年度「“熱”と“光”のショートレター」表彰式、9月24日「第44回奈良県人権・部落解放研究集会」の全体会で
「おもいやり」や「希望(夢)」をテーマとした「“熱”と“光”のショートレター」を募集しておりましたが、6月30日をもって今年度の募集を締め切らせていただきました。たくさんのご応募をいただきまして、ありがとうございました。
なお、表彰式を、9月24日(日) やまと郡山城ホールで開催される「第44回奈良県人権・部落解放研究集会」の全体会で行います。(各部門受賞者の皆さまには8月中にお知らせします)。
受賞作品は、当館機関誌ルシファー20号(2017年10月31日発刊予定)に掲載します。

■『水平社博物館研究紀要』第19号、3月31日発刊
内容は、手島一雄さん/「水平社の糾弾闘争はどうみられたのか」、当館事務局/「『水平社と衡平社の交流』ユネスコ アジア太平洋地域『世界の記憶』登録」です。
A5版40頁。定価1,000円。お問い合わせは水平社博物館まで(TEL:0745-62-5588)。

☆水平社運動関係一口メモ☆
1930年8月
18日、奈良県高市郡八木町中和事業連合会、電灯使用料金の値下げ運動を決議、合同電気奈良支社に申し入れ。
25日、大和同志会主催のもとに奈良県高田警察署で大和表業組合設立委員会開催。

☆これからの予定☆
●第20回特別展「表現の自由と差別」開催中、開催期間:2017年5月2日(火)~9月10日(日)。
●臨時開館:8月7日(月)、開館いたします。
●第15回人権のふるさと柏原納涼まつり、8月27日(日)午後5時~8時30分、人権のふるさと公園(当館前)※雨天の場合中止。
●開館:9月11日(月) 毎月11日は人権を確かめあう日。
●「“熱”と“光”のショートレター」表彰式、9月24日(日)「第44回奈良県人権・部落解放研究集会」やまと郡山城ホール。
●特別巡回展「熊本震災と障害者を受入れた避難所―熊本学園大学・激動の45日」主催:熊本学園大学・大阪人権博物館・水平社博物館、後援:部落差別等撤廃と人権確立を目指す奈良県民会議、開催期間:2017年10月3日(火)~2017年11月19日(日)。
●第18回企画展「水俣病 公害認定から50年」(仮題)、2017年12月4日(月)~2018年4月8日(日)開催予定。
●人権教育支援事業「出前博物館」(「はじめての部落問題」、完全予約制、有料)の注文はおまへんか????

************
水平社博物館
〒639-2244奈良県御所市柏原235-2
TEL0745-62-5588 FAX0745-64-2288
http://www1.mahoroba.ne.jp/~suihei/
suihei@mahoroba.ne.jp
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ