出たっきり邦人【北米・オセアニア編】

  • ¥0

    無料

カナダ・アメリカ・ニュージーランド・オーストラリア在住の邦人もと邦人が週交代で綴るエッセイ。欧州編、アジア編、中南米・アフリカ編、出戻り邦人もよろしくね。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
出たっきり邦人【北米・オセアニア編】
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年08月10日
 
発行部数
1,709部
メルマガID
0000031654
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 海外 > 体験記

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■□                              □■□
■□■出たっきり邦人■北米・オセアニア編■18□08□10□1270 ■□■
□■□                              □■□ 

=-=-=-=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-===-===-==


          世界のどこからでも単発投稿OK!
          出た邦Extraの登録はこちらから
       http://detahome.daiwa-hotcom.com/wordpress/                            

=-=-=-=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-===-===-==
            オークランド通信

159号

New Zealand International Film Festival



ここ最近、8月末に開催される花のイベントの準備で、今回は配信パスしようかな、
と思っていたのですが、簡単に書きます。

花のイベントのためのやりとり、自分の責任を考えると非常にストレスが高くて、
燃え尽きそうになるので、時々息抜きしてます。


オークランドでは7月19日から8月5日まで New Zealand Film Festival
がありました。
私は、二つの映画に行きました。

一つ目は、是枝監督の万引き家族でした。
この映画は日本で上映されているし、ここで私が書かなくてもいいと思います。


二つ目は、Rebeca Tansley監督の “The Heart Dances -the Journey
of The Piano: the ballet”です。
これはドキュメンタリーで、ニュージーランドのマオリ文化と西洋人のぶつ
かりあいを考えさせられる、非常にいい映画でした。

1993年の製作された” The piano”の映画をもとにしたバレーの完成するまで
のドキュメンタリーです。
日本では”ピアノレッスン”という表題だっとと思います。

これがあらすじです。
After a long voyage from Scotland, pianist Ada McGrath
(Holly Hunter) and her young daughter, Flora (Anna Paquin),
are left with all their belongings, including a piano,
on a New Zealand beach. Ada, who has been mute since
childhood, has been sold into marriage to a local man named
Alisdair Stewart (Sam Neill). Making little attempt to warm
up to Alisdair, Ada soon becomes intrigued by his Maori-
friendly acquaintance, George Baines (Harvey Keitel),
leading to tense, life-altering conflicts.


New Zealand Royal Ballet は、チェコから有名な振り付け師で双子の
Jiri & Otto Budenicekを迎えます。

この二人のよる練習風景、オーヂィデョンの様子などはウェリングトンの
New Zealand Royal Balletで撮影されました。

http://rnzb.org.nz/shows/the-piano-the-ballet/


一番印象に残ったのは、振り付けのJiri Budenicekとマオリ文化の
アドバイサー Moss Pattersonとのやりとりです。
Moss Pattersonは、このバレエにマオリ文化を正しく表現することを
主張します。
しかし、Jiriはオペラ、蝶々夫人を例に挙げ、反論します。
蝶々夫人は舞台が日本で日本人という設定になっているが、必ずしも日本人
が蝶々夫人を演じる必要はない、とJiri言っていました。
Mossの主張がとおり、Adaがやってきた船はマオリのワカ(マオリ人のカヌー)
のデザインに変えられます。
しかしながら、マオリのダンサーがひとりもいないなどの不満から、Mossは
バレーの完成を見ずにプロダクションを去ったのでした。


ダンサーの体全体動きで感情を表現する素晴らしさ、演技のうまさに
見とれました。
3月の実際のバレー公演を見逃したのが悔やまれました。


映画祭ということもあり、映画が終わるとRebeca Tansley監督と
バレリーナ4人が舞台に登場し、観客の質問に答えました。
実際に映画に登場した人、監督に会えるのは映画祭ならではの楽しみです。


Rebeca Tansleyは2015年に”Crossing Rachmaninoff”という
映画も製作しています。
主人公となったイタリア人のピアニストは現在もオークランドで活躍して
います。

これまであまりバレエファンではなかった私ですが、肉体でアートを
表現するバレエを見てみたいと思いました。
New Zealand Royal Ballet、来年はぜひ見に行きたいと思います。



Tamaki
Auckland


お便りは
tamakiraro@hotmail.com

過去の配信はこちら
http://blog.goo.ne.jp/tamakiraro

=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-===-==

 北米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドにお住まいの方、一緒に
 メルマガを書きませんか?
 原稿料はでませんが、書くことが好きな人、あなたの貴重な現地体験を伝え
 たい人、ぜひご応募下さい。お待ちしています!
 現在1名募集中。応募はこちらのメルアドへ。
 kita-ocean@hotmail.co.jp

=-=-=-=-=-==-=-==-=-==-=-==-=-==-=-===-===-==

          世界のどこからでも単発投稿OK!
          出た邦Extraの登録はこちらから
       http://detahome.daiwa-hotcom.com/wordpress/

=-=-=-=
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ