食べるな危険・食べたい安全 食品と暮らしの安全基金

  • ¥0

    無料

「安全な食品を選びたい」「健康に暮らしたい」方に。NPO「食品と暮らしの安全基金(日本子孫基金)」発行の信頼の情報です。有機(オーガニック)、農薬、電磁波、シックハウス、放射能対策などもりだくさん。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
食べるな危険・食べたい安全 食品と暮らしの安全基金
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年07月30日
 
発行部数
3,516部
メルマガID
0000124309
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

当団体が発行する月刊誌『食品と暮らしの安全』に関する情報を、
編集スタッフが毎月お届けしています。
調査における苦労話、取材先でのアレコレ、最新情報などをお伝えします。

--------------------------◆◆月刊誌2018年8月号No352◆◆-----------------------
今月の記事・・・
【環境とお肌を守る洗剤革命】新タイプ洗濯用洗剤
【私が「教育講演」!…?】第41回日本栄養アセスメント研究会
【「耐震住宅」の弱点】大地震の被害を防ぐ
【ミネラル実測データ (46)】コンビニ「もつ煮込み」「牛すじ煮込み」
------------------------------------------------------------------------------------------------
【食品と暮らしの安全・2018年8月号】記事内容はこちらからどうぞ。
http://tabemono.info/gekkan/saishin.html


豪雨に猛暑
ニュースでも野菜の高値が話題になっていますが、
野菜の産直・宅配を続けてきた山形の全国有機農法連絡会さんから
農家の実情を伝える次のようなメールが届きました。

豪雨災害は、生産基盤への打撃が大きく、
現役世代は再借金を抱えて、再起するしかありませんが、
引退間近の人は農業をやめるでしょう。
夏野菜とはいえ35度を超えると光合成すらできないのです。
この猛暑も厳しいものとなっています。

旬は北からの折り返しとなっており、
まもなく秋冬野菜の定植がはじまります。
畑は乾燥しており、大変厳しい状況です。
昨年は、8月からの低温、連続の雨、日照不足、台風、
そして冬は超低温。
今年はどうなるか。
猛暑が一段落することを祈るばかりです。

昔、私が子どものころ、
台風が過ぎ去った後の八百屋さんの店先に野菜は少なく、
「農家の人は大変だね」と
母の言葉とともに被害を実感したものです。
今は、スーパーの店先に野菜は溢れ、
問題になるのは値段だけ。

生産地に思いを馳せるのは難しい時代です。

全国有機農法連絡会
http://zenyuren.shop14.makeshop.jp/ 


●環境とお肌を守る洗剤革命

ベビーマグちゃんの袋の中には、純度99.9%以上の、
マグネシウム粒が入っているだけ。
マグちゃんは泡が出ない新タイプの洗剤です。
マグネシウムが極微量 水に溶け、弱アルカリ水になって、
汚れ落ちのレベルは通常の洗剤と同じ。
仕上がりも柔らかです。

洗剤を量る手間も必要ないし、
洗濯からすすぎ、脱水、乾燥まで、洗濯機に入れっぱなし。
界面活性剤で汚れを落とす合成洗剤や石けんと違って、
衣類に、かぶれの原因となる脂肪酸などが残留しないので、
赤ちゃんや肌が敏感な方におすすめです。

マグネシウムは「にがり」の主成分なので、海に出ても汚染しませんし、
マグネシウム排水が田畑に流れ込めば、
作物を収穫して減ったマグネシウムが補われ、
作物が豊かに実ります。

ベビーマグちゃんのパンフレットができました。
欲しい方はお申し込みください。無料です。


●私が「教育講演」!…?

「さまざまな病気を起こしているミネラル不足の市販食品」と題して
7月1日、栄養評価研究の進歩と普及を図っている
「第41回・日本栄養アセスメント研究会」の学術集会で
小若代表が講演してきました。

プログラムに「教育講演」とあったのにはビックリと、小若代表。
発達障害児や病人を救うため、
実態と乖離した推定値で研究している専門家に、
実測値と、改善すべき点を話してきました。

それにしても、市販食品のミネラル不足を実測で明らかにし、
多数の病人をミネラル補給で治してきたのに、
質問主意書に対する政府の答弁書は
「確立した知見ではない」とゼロ回答。
子どもや老人が不調になって困り果てていても、
摂食障害の女性が死に続けていても、
役人は仕事を増やさないよう、放置しています。


●「耐震住宅」の弱点

阪神・淡路大震災、熊本地震クラスの震源地で、
2000年5月の現行法に従って造られた家の倒壊率は19%、
新耐震基準での倒壊率も7%。
「倒壊した家には、それなりの理由がある。
問題は、その弱点が、未だに規制されていないこと」と、語るのは
耐震エコ住宅を実践してきた建築家の相根昭典氏。

新築の際に気を付けたい地震に強い家の条件と、
リフォームでも弱点を直す方法があることを伺いました。

※相根昭典氏:住宅での化学物質汚染に危機感をもち、健康住宅を提唱。
現在、循環型社会を目指した森林復興とエコ建築や
エコヴィレッジの推進・実現、耐震住宅に重点を置き活動。
一般社団法人「天然住宅」代表。<http://tennen.org/>
株式会社 アンビエックス代表。<http://ambiex.jp/>


●ミネラル実測データ (46)
コンビニ「もつ煮込み」「牛すじ煮込み」

「もつ煮込み」や「牛すじ煮込み」は
素材を無駄にせず、やわらかく煮込むので、
肉や野菜の成分が汁に溶けだして、消化吸収しやすくなり、
おいしい汁を飲むと、栄養を丸ごと摂取できるので、本来は健康食です。

2010年の第5回B-1グランプリで、
ゴールドグランプリに輝いた「甲府鳥もつ煮」。
検査すると、すばらしい値が出ました(2010年12月号)。

見かけは同じコンビニのパックを検査すると……。


【食品と暮らしの安全・2018年7月号】記事内容はこちらからどうぞ。
http://tabemono.info/gekkan/saishin.html

☆お問い合わせ
http://tabemono.info/qa.html
☆月刊誌のご購読
http://tabemono.info/gekkan/gekkan.html


【編集後記】
猛暑! 本当に暑い!
体温より高い気温が続いています。
「今年の熱波は未体験ゾーン。危機的状況にある」と、
日本救急医学会が警告を発し、
「命にかかわる危険な暑さという認識を」と気象庁。

子どもや高齢者は、水分をためておく筋肉の量が少ないため
熱中症になりやすいとか。
どうぞ、皆さん、水分補給と同時に塩分補給もお忘れなく。

手軽でおススメなのが、『無添加白だし三合わせ』を
水で薄めて飲むこと。ミネラル補給できるのでいっそう効果があります。

読者からのお便りに「うまく睡眠がとれない昨今、
『無添加白だし』をミネラルウォーターに入れて飲むと
この1ヵ月不眠知らず」とありました。
不眠対策にもいいようです。
ただし水で薄めると、保存料代わりの塩分が薄まって
傷みやすくなるので、長く置かないようご注意を。

どのメディアも「冷房をつけよう!」と呼びかけていますが、
電気が不足というニュースは見かけません。
東京電力管轄で稼働している原発は一基もありません。
今さら原発を動かす必要がどこにあるのでしょうか。

『無添加白だし三合わせ』
https://ansuta.jp/64_149.html

  (メルマガ担当 丸田)


自分たちで調査した情報を掲載する月刊『食品と暮らしの安全』。
広告を取らない雑誌なので、どこにも遠慮することなく情報発信しています。
そして、私たちが活動する財政基盤は、購読料です。
購読していただかないと、調査も発信もできません。
心身を健康にする新情報を手に入れて、暮らしを守りながら
私たちの活動を支えてください。

『食品と暮らしの安全』のご購読をよろしくお願い致します。

年間購読のほかに、クレジットで申し込める毎月払いもあります。
どうぞ、ご利用を。
http://tabemono.info/gekkan/keizoku.html

「食品と暮らしの安全基金」の活動がすべてわかる合本は、
月刊『食品と暮らしの安全』を綴じ込み、製本した全9巻。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://tabemono.info/gekkan/gappon.html

多くの方に読んでいただくために、
ぜひ、図書館へのリクエストもお願い致します。

-----------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ