JWCS WILDLIFE NEWS!

  • ¥0

    無料

NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)の発行するメールマガジン。ここでしか読めない海外発ニュースなど、国内外の野生生物保全に関するニュースをいち早くお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
JWCS WILDLIFE NEWS!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年09月04日
 
発行部数
658部
メルマガID
0000131580
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            メールマガジン
     JWCS WILDLIFE NEWS !

       【vol.139  2018年9月4日】

          http://www.jwcs.org
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 今回はイベントのお知らせが3つあります!当会が主催する、
高松でのセミナーは小豆島名産のお醤油から世界の生物多様性を
考えてみようという企画です。いつも東京で活動をしているので、
8月に開催した札幌に続き視点を変えての第2弾です。その後は
当会が後援するワシントン条約常設委員会直前のアカデミックな
シンポジウム、そして当会もメンバーになっているIUCN(国際自
然保護連合)の70周年を記念するシンポジウムと続きます。
 どれも無料ですので、ぜひご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇セミナー 「地域の活動とSDGs
~お醤油を出発点に、持続可能な生産・消費を考える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人のくらしと自然は強くつながっています。
 例えば、小豆島の特産の醤油は、地域の自然や社会の状況から
生まれてきました。そして昔の人々のくらしは地域の自然を変え
てきました。
 現在では、食品をはじめ多くの生活必需品やその原材料を輸入
に頼っています。しかし消費を通じて海外の生産地の自然とつな
がっていることは、なかなか意識できません。

 それらを踏まえ、これからの自然と人々のくらしが持続可能で
あるためには、地域でどのような活動をめざしたらよいのか、
とくに『美談』とされる活動で生物多様性を損なっていないかを、
一緒に考えてみませんか。

「地域の活動とSDGs
~お醤油を出発点に持続可能な生産・消費を考える」

日時:2018年9月15日(土)13:30-16:00(13:00開場)
会場:香川県社会福祉総合センター(JR高松駅より徒歩約15分)
参加費:無料
対象:一般 定員40名

〈プログラム〉
四国の生物多様性と持続可能な消費・生産  
谷川 徹  (四国生物多様性ネットワーク)
グローバルな問題と地域の活動のつながり  
鈴木 希理恵(野生生物保全論研究会(JWCS))
『美談』とされる活動を考える       
小川 潔  (東京学芸大学名誉教授/JWCS副会長)
ディスカッション

お申込:参加人数把握のため、ご参加を希望される方はメール
または電話・ファクスでお知らせください。件名に「高松セミナ
ー」とお書きいただき、お名前と参加人数をお知らせください。
お申込み締切は9月13日です。また定員になり次第締め切らせてい
ただきます。

主催・お申込先:認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
下記のアドレス宛にお申込みください。
mail:event@jwcs.org Tel&Fax:0422-54-4885

後援 四国環境パートナーシップオフィス
平成30年度 独立行政法人 環境再生保全機構地球環境基金
助成事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇シンポジウム
「海洋水産資源の持続可能な利用とワシントン条約:
グローバルな規範形成と日本の対応」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2018年9月26日(水)10:00-17:30
会場:早稲田大学3号館401教室
主催:早稲田大学地域・地域間研究機構グローバル・ガバナンス研
究所
後援:トラ・ゾウ保護基金/日本自然保護協会/日本野鳥の会
/野生生物保全論研究会/グリーンピース・ジャパン/イルカ&ク
ジラ・アクション・ネットワーク
参加費:無料

《プログラム》
〈挨拶〉ORIS/グローバル・ガバナンス研究所
〈趣旨説明〉真田康弘(早稲田大学客員准教授)
〈講演〉
1. 海部健三(中央大学准教授)
「ニホンウナギの保全管理:現状と課題」(仮)         
2.石井敦(東北大学准教授)
「ワシントン条約海産種附属書掲載提案に関する近年の動向」
3. エリカ・ライマン(ルイス&クラーク・ロースクール教授)
「ワシントン条約と海からの持ち込み イワシクジラ問題を中
心に」(仮)
4.遠井朗子(酪農学園大学教授)
「環境条約の国内実施/ワシントン条約の変容と日本における
国内実施」
5. 真田康弘(早稲田大学客員准教授)
「ワシントン条約における日本の多国間外交と今後の展望:
海産種(クジラ・ウナギ・サメ)を中心に」(仮)

〈パネルディスカッション〉             
太田愼吾 水産庁審議官/井田徹治 共同通信社
/佐久間淳子 フリージャーナリスト

〈閉会挨拶〉ORIS/グローバル・ガバナンス研究所

●お申込 メールでお名前をお知らせください
  citesmarine975@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇IUCN70周年記念シンポジウム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年、国際自然保護連合(IUCN)は設立70周年を迎えます。これ
に伴い、世界各地で記念イベントが開催されており、日本でも
日本委員会(IUCN-J)が国連大学と共催で記念シンポジウムを
開催します。
IUCN事務局長のインガー・アンダーソン氏が来日し、IUCNプログ
ラム2016-2020や、SDGsに向けた動き、SDGs(2030)の先に向けた
ビジョンの講演をします。ぜひご参加ください。

「自然を基盤としたSDGsの達成 
~日本から世界に発信する新しい協働~」
(IUCN70周年記念シンポジウム)

日時:2018年10月2日(火)
シンポジウム 13:00-17:00(or17:30)
懇親会 18:00-
場所:国連大学エリザベスホール (150名)
主催:国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)、国連大学サス
テイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
共催:野生生物保全論研究会、日本野鳥の会、ラムサールネット
ワーク日本、国立環境研究所、日本自然保護協会、コンサベーシ
ョンインターナショナルジャパン、地球環境パートナーシッププ
ラザ
協力:環境省
後援:ESD活動支援センター


参加申し込みフォームはこちらのリンクから!!
https://goo.gl/forms/cNJ3i2XERbJNuJN42
お問い合わせ用連絡先
にじゅうまるプロジェクト事務局(bd.20.contact@iucn.jp、
TEL: 03-3553-4109)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JWCSとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間にとっての自然環境を守るためにも、野生生物界が健全に維
持されることは必要不可欠です。野生生物は多様なので、人間との
共存を達成する方法もさまざまであると考えられます。
中でも日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危
うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と
理論の構築を行っています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
★当会への寄付金・正会員会費は所得税・都民税・相続税・
法人税の優遇措置の対象になります。
ご入会・ご寄付のご案内(クレジットカードがご利用になれます)
→https://www.jwcs.org/donation/
 Tel/Fax 0422-54-4885
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

=================================================
JWCS WILDLIFE NEWS! / Vol.139 2018.9.4
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
URL :http://www.jwcs.org
メール :info@jwcs.org
Twitter:https://twitter.com/JWCSJWCS
Facebook:
https://www.facebook.com/JapanWildlifeConservationSociety/
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL: 0422-54-4885
発行人:安藤元一  編集人:鈴木希理恵
=================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ