1日2食の健康革命

  • ¥0

    無料

難病のフリーライター松井二郎が、病気を治すために調べまくっているうちに知っちゃったとんでもない健康情報のウソ、隠蔽されている本当のことを、包みかくさずあなたとシェアさせていただきます。常識に殺される前にどうぞ。4年連続まぐまぐ大賞部門賞

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1日2食の健康革命
発行周期
5日に1回
最終発行日
2019年02月15日
 
発行部数
9,624部
メルマガID
0000134473
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

  提供: まぐまぐ!




―□□□――――――――――――――――――
―――■ 1日2食の健康革命
―□□□
―□―    vol.590 2019/2/15
―□□□―――――――――――――




 こんにちは。松井です。




  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(18)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    NS乳酸菌はつくられる工場がすごい




 「私たちが最優先に考えるのは、まず安全性です」

と金博士は言う。

うん、たしかに、どんなスゴイ菌だといっても、
たまに人体に悪さをするというんじゃ、

とくにわたしのような病人は、気が気じゃない。

たとえ善玉菌といわれているものであっても、
菌は菌だから、

どんなふるまいをするかわからないからね。




 しかし善玉菌のなかでも乳酸菌がすばらしいのは
人体のいたるところ、

口から食道、胃、腸、肛門にいたるまで、

消化管すべてに生息していること。

だから、誰でも、どんな病気のひとでも、
乳酸菌なら安心して飲めるのだ。




 それと菌を選ぶさいに大事なことが、
もう1つあるという。――


(以下は引用)


          ◇


 安全性の問題でもう1つ大事なことは、

どのような環境で、どのような培地で、乳酸菌
を培養しているかということです。




 NS乳酸菌の故郷はモンゴル高原ですが、

数千年、数万年のあいだ、遊牧民族の健康と
生活品質を守ってくれた乳酸菌は、

その栄養の単一、単純な暮らしのなかに、
共生生命体をつくり上げてきました。




 その貴重な財産を、私たちは微生物の研究室
から分離して、安全性と効能を確定しながら、

秋田県酒類卸本店に属している横手市の雄物川
酒蔵の工場で培養しています。

秋田県酒類卸本店は、秋田県の酒造会社が
共同出資している会社です。

発酵学、醸造学はもちろんのこと、乳酸菌の
精髄まで理解している会社です。




 私の知人や乳酸菌事業者たちがこの工場に
来ると、とても驚きます。

工場は古く、蜘蛛の巣がいたるところにあり、

「乳酸菌の培養は大丈夫ですか?」

とたびたび質問されます。




 でも、私はこの工場が大好きです。

秋田はもともとお酒どころですが、この工場
にはむかしからのアジア文化を受け継ぐ生産
道具も残っていました。

私は数年前、この工場を初めて視察したとき
感動して、数秒間絶句しました。

古代文化のような感じが湧き出していて、

「ここはNS乳酸菌の誕生地ではないか」

と思ったほどです。




 古い板と粗いコンクリートだけ、海の
なかの珊瑚のような構造で、

環境バクテリアがたくさん棲んでいて、

われわれの身体とわれわれの製品を守って
くれるだろうと思いました。




 それまでは、さまざまなステンレスおよび抗菌
材料でつくられた工場をよく視察しました。

その抗菌状態の工場で、生きているNS乳酸菌を
生産できるのかと思いますと、鳥肌が立ちました。

北京の私の研究室にも無菌室はありますが、

無菌という言葉は英語で、ジャームフリー(Germfree)
といいます。

ジャームフリーとは、生命のないところという意味です。

こんなところで生命体をつくるのはとても考えにくい。

さまざまな実験のために小さな実験室では
ジャームフリーは必要ですが、

工場全体がジャームフリーの材料でつくられて
いるところは、われわれも入りたくありません。




 横手市の沢射にある工場は、おそらく数年間は
お酒を生産していなかったところです。

しかし私には、粗い床と壁、天井の感じが理想的
な状況だと思いました。

殺菌してきれいにするよりも、

よいバクテリアが壁や天井や床などに付着している
状況は、

安全な共生乳酸菌工場になるだろうと確信しました。




 「もしお使いになるんでしたら、これを全部
きれいにしますから……」

と、工場長の小柳さんは申し訳なさそうにいいます。




 「いいえ、これがすばらしいです。生きている
共生バクテリアをつくるためには、この環境が必要
なのです」

と私は答えました。




 そして、秋田県酒類卸本店の協力で、

横手市雄物川町の沼館にNSバイオジャパン
乳酸菌培養工場がつくられました。

私はここに中国科学院の行為生物学研究室の
分室を設け、

研究員と技術者を数名常駐させ、

さまざまな実験や製造試験を行なっているのです。




(金鋒著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569802567/jironosyosai-22/ )


          ◇


 ――いい醤油も、つくられている蔵はやはり汚い。

テレビで老舗の醤油店が紹介されているのをみたが、

うす暗い蔵のなかは
あちこちカビのようなものが生えていた。

シロウト目には、

おいおい、こんな汚いところで
だいじょうぶかよ、

と心配になるが、

「この天井やら壁やら床やらに、
いい菌がすみついているんです。
この蔵がなくなったら、終わりです」

と店主は言っていた。




 NS乳酸菌の工場も、これなら、安心だ。


(つづく)




 ※この工場で作られているNS乳酸菌がこちら
  ↓ ↓ ↓

 (楽天)
  http://goo.gl/hOCUjh

 いちばん安いショップを
 必死こいて探しました(笑)


 Amazonのかたは、
 この2個セットだとちょっと安いです

 (amazon)
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B006BQ4E9U/jironosyosai-22/




  ◆1日2食お役立ちアイテム
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[PR] ̄

  <食品>

【玄米】真空パックがうれしい有機玄米(amazon)

  有機JAS認定 あきたこまち 2.5kg×2
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B00CJQ0BTI/jironosyosai-22/

  有機JAS認定 <発芽玄米>あきたこまち 2kg
 (はじめから発芽玄米になってて便利! 信頼のオーサワ)
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B00131IYMG/jironosyosai-22/


【青汁】甲田光雄先生が監修された青汁はこれだけになってしまいました。買って残そう~

  缶タイプ (amazon)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/B004MK608K/jironosyosai-22/

  粉末タイプ (特典つき メーカーHP)
 https://goo.gl/QLUMrL


【調味料その他】すごい塩や醤油、お菓子にいたるまで(笑)、松井が厳選した品を並べてみた

  https://www.2shock.net/mall/




  <電子書籍>

 『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか?』

  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B00NBHXDUS/jironosyosai-22/


  『クローン病中ひざくりげ』

  https://www.2shock.net/ebook/


 ※読むときはスマホを「機内モード」にして電磁波を切って読んでね!




  ◆編集後記
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 前田慶次「きたねえ工場だ。だがそれがいい!」


  ※「だがそれがいい」とは
  (ピクシブ百科事典)
 https://dic.pixiv.net/a/%E3%81%A0%E3%81%8C%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84




      ◇


 発行者  松井 二郎
 https://2shock.net

 きょうも読んでくださりありがとうございました。

 Copyright(C)2shock.net All rights reserved.


◎本誌は参考となる情報の提供を目的として発行者独自の見解を述べたものです。必ずご自身の責任と判断においてご利用ください。本誌をご利用の結果生じた直接的または間接的な損害について発行者は一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。

◎メールマガジンは著作物です。SNS等に転載する際は出典を明記してください。

◎このメルマガに返信するときはメール件名を変えないでください(変えるとフィルタにより届かないことがあります)。すべて発行者が拝読しますが原則としてご返信はできかねます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ