1日2食の健康革命

  • ¥0

    無料

難病のフリーライター松井二郎が、病気を治すために調べまくっているうちに知っちゃったとんでもない健康情報のウソ、隠蔽されている本当のことを、包みかくさずあなたとシェアさせていただきます。常識に殺される前にどうぞ。4年連続まぐまぐ大賞部門賞

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1日2食の健康革命
発行周期
月3回
最終発行日
2018年12月13日
 
発行部数
9,769部
メルマガID
0000134473
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

  提供: まぐまぐ!




―□□□―――――――――――――――――
―――■ 1日2食の健康革命
―□□□
―□―       vol.580 2018/12/13
―□□□―――――――――――――――――




 こんにちは。松井です。

気がつけばもう年末なんですねー。


じゃあ、あの季節だね。

あれとは……


  ◆ お知らせ        [PR]
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「歳末たすけあい」です!


 NHKと赤い羽根(中央共同募金会)が
共催でおこなうこの募金は、

 ・障害のあるひと

 ・介護が必要な一人暮らしのお年寄り

 ・援助を必要とする子どもたち

などのために使われます。


 ことし最後のいいことをしちゃおう♪


 詳しくはこの赤い羽根ホームページを見てね。

 https://www.akaihane.or.jp/nhk/



(クレジットカードで
  今すぐ寄付できますよ~。こちらからどうぞ)

 https://www.akaihane.or.jp/nhk/nhk-kifu/#02





 ではでは 前回の続き。




  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(7)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    「アルミが脳によくない」の誤り




 ピロリ菌は胃がんの原因、

ではなくて、

なんと認知症の原因だった。


 しかし、

ピロリ菌を殺せばいいのでもない。

そうするとピロリ菌との「共生」が崩れ、
人格にまで影響がでてくる。


 そこで!




 「はい、NS乳酸菌」(←ドラえもん風に)




 NS乳酸菌は、ピロリ菌を殺すのではない。

ピロリ菌と「共生」しながら、

ピロリ菌で認知症にならないようにする。




 どうやって?


(以下は引用)


          ◇


 高齢社会とともに認知症の人が増加しています。

NS乳酸菌はこの疾病にどう作用してくれるの
でしょうか。




 アンモニアの生成を抑制すれば、認知症はかなり
改善できます。

前に説明したように、NS乳酸菌は、アンモニアを
つくろうとしてピロリ菌が出した尿素の分解酵素
(ウレアーゼ)を食べてしまいます。

そうやってピロリ菌に都合のよい環境をつくらせません。




 アンモニアの一番の害は血液脳関門(BBB)の
破壊であり、

それを引き起こすのは、さかのぼればピロリ菌です。

ピロリ菌を長くもち感染した人は、血中アンモニア量
の値が高くて、認知症になりやすい。

またイライラもあります。




 じつは、人間の体内のなかにある程度のアンモニア
が出ても、そんなに大きな問題ではありません。

どこでアンモニアがつくられるか、それが問題
なのです。

大腸にアンモニアが出ても、ほとんど尿・糞便と
いっしょに外に出ます。

ですが、小腸や胃など消化道の上部に出ると、

血液に入ります。




 血液中のアンモニア量が通常より2倍、3倍くらい
高くなると、血液脳関門が破壊されるのです。

その結果、脳のなかに入ってはいけないものが
どんどん入っていくことになります。

これが起こると、脳の生物的な変化が始まり、

認知症の症状がだんだん進んでいきます。




 血液脳関門は、脳のなかに鉄やアルミなどは
いっさい入れません。

でも認知症の人の脳を調べてみると、鉄やアルミ
が多く見られます。

「アルミが脳によくない」という説はこうして
広まったのです。

 アルミが悪いのではなく、それは結果です。




認知症にとってアンモニアの害は決定的です。

NS乳酸菌はこれまで述べてきたように、
体内でアンモニアをつくらせません。

乳酸菌が、ピロリ菌が出す尿素の酵素を食べて
しまうからです。




(金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569802567/jironosyosai-22/ )


          ◇


 アルミもまた火事場に居合わせただけの
冤罪だったようだ。

真犯人はピロリ菌だった。




 NS乳酸菌は、そのピロリ菌の武器・ウレアーゼ
を食べてしまう。

これは放火に必要なガソリンや布きれを未然に
取りあげてしまうということ。




 「悪い奴なら悪さをする前に殺してしまえ」
ではなく、

悪さをしたら罰する、のでもなく、

悪さをしないようにさせる。

おお! 
これって防犯の理想的なカタチじゃないかっ!




 「飛べない豚はただの豚」だが、

武器がないピロリ菌は、ただの菌。

いっしょに仲良く暮らしましょ。




  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(8)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    NS乳酸菌でよく眠れる




 ところで、私がNS乳酸菌を飲みはじめて
特に感じたのは、

よく眠れるようになったことだ。




 そりゃ、1日30回だった下痢が、
10回になったんだから、

夜中トイレに起きることも減って、

睡眠不足も改善するでしょ、

と、はじめは思っていた。




 でも、眠りの質じたいが良くなっている
気がするのだ。




 あと、寝つき。これも良くなった。


いままでは、トイレに行って、布団に戻った
ばかりなのに便意があって、

腹が痛くて、

おしりはもっと痛くて、

ウンウンうなって、右に左にもんどり打って
いるうち、

いつのまにか力尽きて落ちている、

というかんじだったが、


「さて寝るか」と横になると、まもなく
スッと意識を失うようになった。


こういった症状もほとんどなくなったのだから、
そりゃ、寝つきも良くなるでしょ、

と、はじめは思っていた。




 ちがうのだ。

 いい睡眠がとれるのもNS乳酸菌の効果だという。


(以下は引用)


          ◇


 世界の統計で、眠りの質が悪い人は40%も
いるそうです。

眠りの質が悪い人とは、一度眠っても、トイレなど
で1回起きると眠れなくなるような人たちです。

不眠人口は日本にも大勢います。

日本の不眠人口は20%くらいだそうです。




 共生性NS乳酸菌を飲むとよく眠れます。

私たちの研究では、NS8株(ヘルペティクス菌)※ が、
眠りによい効力を発揮してくれることがわかりました。


(※引用者註: 「NS8株」などの名称については後日説明するぞ。)




 NS乳酸菌のなかでNS8は、幸せに関係する
セロトニンとドーパミンを多くつくるほか、

アンモニアや硫化水素などの神経毒物質の生成を
抑制しながら、

飲んだ人を精神的な安定へと導きます。

だからよく眠れるのだと思います。




 中国科学院の教授の1人が、私のこの話を
信じませんでした。

そこで私かNS乳酸菌を「飲んでください」と
あげました。




 しばらくしてその教授に会いました。教授は
こういいました。

「このなかに薬(睡眠薬)は入れなかったでしょうね?」

 すごく効果があったのです。




 「睡眠ホルモン」といわれるメラトニンは、セロトニン
からつくられます。

セロトニンが十分でないと、メラトニンもつくれなくなり、
不眠症になります。




 最近注目されている抑制系の神経伝達物質「GABA」
は、人間の精神安定に寄与することが知られていますが、

その多くは睡眠中に生成されます。

NS乳酸菌はGABAの生成を促進させますから、
安眠と精神安定には非常によいのです。




 セロトニンは、朝の光を浴びることを合図にして
つくられます。

そしてセロトニンは、昼間の人間の行動をコントロール
しています。

人間が昼間てきぱき行動できるのは、セロトニンの
おかげでもあります。




 日光を浴びて、乳酸菌が十分あれば、セロトニンは
支障なくつくられて、

夜になればメラトニンの材料となり、「GABA」の生成
にもプラスになるのです。




 セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンが材料
ですから、

それを多く含む大豆、赤身の魚、チーズ、バナナ、
アボカド、ケール

などの食品を積極的に摂ることも大切です。

そのうえで、

セロトニン合成に欠かせないビタミン類を生成する
乳酸菌をきちんと摂ることを忘れてはいけません。




(同)


 ※引用文の「メラトニン」は原書では「メラニン」と
 なっている。僭越ながら修正した。


          ◇


 ――この話はまだ続くのだが、

「だったらNS乳酸菌、飲んでみたい!」

という方もそろそろおられるかも
しれないので、

わたしがいつも購入している楽天の
ショップをご紹介しておこう。


(けっこうお高いですけど……
これでも、検索しまくって
ここがいちばん安かった)
  ↓ ↓

 http://goo.gl/hOCUjh




 引用文は次回につづく~。




  ◆1日2食お役立ちアイテム
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[PR] ̄

  <食品>


【NS乳酸菌】

  ちょっとだけお得になる2個セット
   (amazon)
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B006BQ4E9U/jironosyosai-22/

  かなりお得な6個 +おまけつき。調べたかぎり最安
   (楽天)
  http://goo.gl/hOCUjh


【玄米】無農薬のうえに真空パックで届く、うますぎる玄米

  https://agri-1.com


【青汁】甲田光雄先生が監修された青汁は これだけになってしまいました。買って残そう~

  ▼缶タイプ
   (amazon)
 https://amazon.co.jp/o/ASIN/B004MK608K/jironosyosai-22/

  ▼粉末タイプ
   (メーカー特設HP)
 https://goo.gl/QLUMrL


【調味料その他】すごい塩や醤油、お菓子にいたるまで(笑)、松井が厳選した品を並べてみた

  https://www.2shock.net/mall/




  <電子書籍>


 『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか?』
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B00NBHXDUS/jironosyosai-22/


  『クローン病中ひざくりげ』
  https://www.2shock.net/ebook/


 ※読むときはスマホを「機内モード」にして電磁波を切って読んでね!




  ◆編集後記
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 あと宿便がアンモニアを出すんだよね。

飽食に比例して認知症が激増したのはそのせい。


 年末年始もあまりハメをはずしすぎないで、

むしろ断食して宿便を大掃除するのがおすすめ。




      ◇


 発行者  松井 二郎
 https://2shock.net

 きょうも読んでくださりありがとうございました。

 Copyright(C)2shock.net All rights reserved.


◎本誌は参考となる情報の提供を目的として、発行者独自の見解を述べたものです。必ずご自身の責任と判断においてご利用ください。本誌をご利用の結果生じた直接的または間接的な損害について、発行者は一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。

◎メールマガジンは著作物です。SNS等に転載する際は出典を明記してください。

◎このメルマガに返信するときはメール件名を変えないでください(変えるとフィルタにより届かないことがあります)。原則ご返信はできません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ