OCFCメールマガジン

  • ¥0

    無料

小児科・アレルギー・免疫等を中心とした最新医療情報を優しく説明してお届けします。またインフルエンザ等流行する病気の最新情報や大川こども&内科クリニックの診療情報についてもお届けする予定です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
OCFCメールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2018年08月13日
 
発行部数
1,388部
メルマガID
0000135787
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━<大川こども&内科クリニック編集>━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆☆☆☆   OCFCメールマガジン 【第730号】  ☆☆☆☆
平成30年8月14日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
酷暑が続く8月です。水分を取り、ゆっくろ休みながら生活しましょう
それでは皆様の健康のために今週もOCFCメールマガジン730号をお届けします。
───────────────────────────────────
(目次)
◎ 8月9月10月の診療予定
◎流行中の病気、注目の病気


◎OCFC病児保育室 うさぎのママだより
 編集後記
───────────────────────────────────
◆◆8月9月10月の診療予定 ◆◆
外来診療体制の担当及び変更(外来担当表はクリニックのご案内、診療体制に表示しています。)

担当医師の指名について
診察を行う医師のご希望があれば受付にてお申し込みください。
午前11時以降、午後17時以降及び混雑時の医師のご指名はお受けできませんのでご了承ください。

8月13日  副院長休診(午前・午後)→ 山岸(午前)、院長(午前・午後)
8月14日  副院長休診(午前・午後)
8月30日  副院長休診(午前・午後)→ 院長(午前・午後)
9月28日  山岸先生休診(午前・午後)→ 院長(午前・午後)
9月29日  山岸先生休診 → 宮本先生
9月29日  副院長休診 → 院長
12月14日  副院長休診(午前・午後)→ 院長(午前・午後)

じっくり外来のお知らせ
ご予約は受付にお問い合わせ下さい。インターネット予約は承っておりません。
夜尿症・禁煙外来についてはじっくり外来の枠でご予約下さい。
土曜日以外をご希望の方は受付にて御相談下さい。

8月は平日に行います。
9月1日(午前のみ)、15日(午前のみ)、29日
10月6日。13日、20日(午前のみ)、27日

休日診療
急患対応ですので薬の処方は1-3日以内に限らせていただきます。

9月2日副院長、廣木 9日山岸、西村 16日副院長、酢谷 17日院長、山内 23日副院長、山岸 24日院長、梶原 30日院長、宮本
10月7日、8日、14日、21日、28日

専門外来
アレルギー外来 (大柴先生):8月25日(午前)、9月8日、9月22日
神経外来  (山内先生): 8月25日、9月1日、
内分泌外来 (酢谷先生):8月18日(午前)、9月15日、
発達外来   (三木先生) :8月18日、9月22日
       (金子先生) : 8月14日、9月11日

休日夜間診療
8月18日  午後4時より10時まで蒲田医師会休日診療所(院長)
8月31日  午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(院長)
9月14日  午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(副院長)
9月30日  午後4時より10時まで蒲田医師会休日診療所(副院長)
10月 7日  午後4時より10時まで蒲田医師会休日診療所(院長)
10月19日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(院長)
11月 2日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(副院長)
11月25日  午後4時より10時まで蒲田医師会休日診療所(副院長)
12月14日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(院長)
1月 4日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(副院長)
2月 1日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(院長)
2月22日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(副院長)
3月29日 午後8時より11時まで東邦大学平日夜間診療(院長)



--------------------------------------------------------------------------------------------------
風しんワクチン、風疹の抗体検査が公的補助により無料です。
大田区にお住まいの方で(確認できる3書類が必要です。健康保険証など)19歳以上から50歳未満の方を対象に
抗体検査:抗体の保有が不明で妊娠を希望する女性と配偶者(パートナー)
予防接種:抗体検査が低いと判断された妊娠希望の女性(男性は対象外です。)
平成31年3月31日まで実施されます。

 風しん抗体申込書、風疹ワクチン問診票はクリニックにあります。
 健康保険証等住居の確認が出来る物をご持参のうえ御来院ください。(2015/3/7)

おむつ使用中の乳幼児の健診、診察では必ずテープ式オムツをご使用ください。
  予防接種、乳児健診の方は予約時間の15分前にお越しください。問診票、身体計測に時間がかかります。
受付後は問診票などの準備が出来た方から診療いたします。
診察まで戸外あるいはお車にてお待ちいただく方にはポケットベルをお貸ししております。
--------------------------------------------------------------------------------
ケータイ母子手帳 子どもの成長が記録できます。
忘れやすいワクチンのお知らせが受けられます。
無料サービスです。
http://www.ynavi-dsc.info/kbtc/index.html
--------------------------------------------------------------------------------
急な子どもの病気についてどう対応したらよいのか便利なサイトがあります。
夜間救急病院を受診した方がいいかどうかの判断に参考にしてください。
日本小児科学会の作成です。
http://kodomo-qq.jp/

----------------------------------------------------------------------------------------------------
# 流行中の病気・注目の病気(7月22日から7月28日)

感染性胃腸炎 26人、ヘルパンギーナ 19人、マイコプラズマ感染症 9人、RSウイルス感染症 6人、
インフルエンザA感染症 4人、水痘 2人、手足口病、アデノウイルス感染症、溶連菌感染症 各1人

ヘルパンギーナが流行中ですが、例年と比べ同じぐらいです。インフルエンザAが特定の施設で流行中です。
海外旅行する際は十分に注意しましょう。9月から所属施設を公開いたします。


☆彡 OCFCマガジンニュース ☆彡

#1.アトピー性皮膚炎乳児のステロイド持続投与の有効性

 アトピー性皮膚炎に対してステロイドを長期使用するプロアクティブ療法が提唱されている。
これは保湿剤の使用と一緒に、急性期では1日2回塗布、改善されれば1日1回塗布として、次に隔日投与、
最終的には週に2回塗布にて維持する方法です。しかし持続使用ではステロイドの副反応が心配な様です。
ステロイド継続使用幼児(PP)と保湿剤に転換幼児(PR)で比較したところ副反応の頻度は差がありませんでした。
また持続群ではADの状態が重い方が多く、保湿剤のみに転換できない方となっています。
また早期にステロイド持続投与することにより、重症度の改善、ステロイドからの離脱が出来るようです。
ステロイド持続しようのプロアクティブ療法はAD治療の基本となっています。

成育医療センターアレルギー科山本貴和子談

#2.ビタミンD摂取で急性気道感染症が減少

 ビタミンDのサプリメントを摂取すると風邪にかかりにくくなりそうです。
25の文献的報告より、11,321例を抽出して検討しました。
どのような摂取の方法でも摂取群は非摂取群に比べて、急性気道感染症にリスクは0.88(95%CI:0.81-0.96)でした。
連日又は週一回摂取群では0.81(0.72-0.91)でした。

Martineau AR. et al: BMJ 2017;356:i6583

**OCFC病児保育室 うさぎのママだより**
8月第1週 お預かり人数 50名
上気道炎 23名、ヒトメタニューモウイルス 7名、感染性胃腸炎 5名、RSウイルス感染症 4名、
溶連菌感染症・ヘルパンギーナ 各3名、マイコプラズマ感染症 2名、気管支炎、アデノウイルス感染症・咽頭結膜熱 各1名

第2週 お預かり人数 88名
上気道炎 65名、気管支炎 11名、ヒトメタニューモウイルス 5名、ヘルパンギーナ 3名、
感染性胃腸炎・溶連菌感染症・RSウイルス感染症、マイコプラズマ感染症 各1名

定員増によりご利用の方が増えています。前日までのご利用希望の方はキャンセル待ちとなることがありますが、
全員お預かりできているようです。
───────────────────────────────────
@編集後記.。o○.。o○
熱中症の記事が絶えません。駐車中の車に乳幼児を置いておくことは危険です、気温が高くなくとも、車内は高温になります。
乳児は肌を離してはいけません。幼児は手を離してはいけません。
OCFCメールマガジン730号如何でしたか。
このメールマガジンについてのご感想ご意見をお待ちしています。
発行者の励みとなりますので是非メッセージをお願いいたします。
⇒ info@ocfc.jp


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★*。・’☆。・’*.★*。・’☆。・’*.★*。・’☆。・’*.★・’*.☆
───────────────────────────────────
 発行者: 大川こども&内科クリニック Okawa Children & Family Clinic
───────────────────────────────────
★*。・’☆。・’*.★*。・’☆。・’*.★*。・’☆。・’*.★・’*.☆ 

 発行者WEBサイト: http://www.ocfc.jp
 バックナンバー: http://www.mag2.com/m/0000135787.htm
 登録・解除はこちらから→ http://www.ocfc.jp/mailmagazine.htm
 
お問い合わせ: info@ocfc.jp

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このマガジンは『まぐまぐ』http://www.mag2.comを利用して発行しています。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ