古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾

  • ¥0

    無料

陰陽道とは? この世の中の物質は陰質と陽質に分類される、すべての動植物における性別、季節、食物、言葉に至るまで万物が陰陽に大別されます。さらに、自然界の物質に類別を試みると五行(木、火、土、金、水)に分かれていると考えられるのです。そして、この五行は、宇宙の天体と密接な関わり合いを持ち存在するとともに影響を受けながら存在を維持しているのです。この摂理を体系化した論理こそが陰陽道の基礎を形成しているのです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年08月20日
 
発行部数
232部
メルマガID
0001277151
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

陰陽 自然暦
平成参〇戊戌年文月日甲申日きのえさる(本暦7月10日)            
[西暦](ユダヤ暦)2018年8月20日)
歳徳神(恵方)南南東  
九紫火星 平地木                      
七曜日   木曜日                  陽の気   
月印象     十日月
陰陽 自然暦
(本日の運勢暦)
二十八宿  西方白虎      畢(アメフリボシ)宿       大吉日
 万事吉日                                     
十二直神  建神(たつ)   神仏祭祀、婚姻、新規事業開始、移転。上棟吉  
吉凶度    100点 (100点満点)大大吉日 
二十八宿    大吉日
十二直     大吉日
宇宙エネルギーは非常に強くなり、地上エネルギーも非常に強くなります。全体
的に極陽性を帯び強く大きく膨張的に働くでしょう。
運気は最強運です。心身ともにエネルギーが極陽性的に働き極めて安定的傾向に
作用するでしょう。
判断力は鋭敏最良状態になります。行動は積極果敢に取り組みましょう。
古来の占いとは、自然界の原理原則を論理的かつ経験的に習得したものが総合的
に判断した事象であり、情緒的、空想的に判断したものではありません。従って
出た結果を見て努力目標や留意点として活かして頂きたいのです。
自分の運勢は自分で作っていくものであり何かに任せたり頼るものではありませ
ん。無心に意見を求める事は大切な事です。その時のベストを尽くすことが運気
を上げる最良の方法です。妬み、嫉みや悲観的行動は運気を最も下げるマイナス
行動にほかなりません。

(運気安定の鎮魂法)
両手の親指と人差し指どうしを付け丸に近い三角を作り額に当て太陽の光を導き
ます額から太陽の熱を感じたら目を閉じ熱を臍下丹田に下しながら「トホカミエ
ミタメ」と唱えながら息を整えます。そして、自らの気を気になる場所に下し
「祓い給ひ浄め給へ」と三唱します。その間常に太陽を脳裏にイメージしましょ
う。これは他人に施すことも可能です。その後に呼気八拍子吸気三拍子で息を整
えます。
上記とは対照的に月の力を内に入れる法は両手で輪を作り臍下の位置に持ってい
き月の光を取り込む気持ちで月の力を全身に引き込みます。日月それは、光と鏡
そのものであり、天の陰陽のリズムの原点なのです。
朝拝の一例をここに紹介しましょう
1.口をすすぎます(歯磨きは朝拝の後で大丈夫です)
2.部屋か屋外の庭に立ちます。気が散る場所は避けましょう
3.東天に向かい太陽の印を組みます
4.「トフカミエミタメ・カン・コン・シン・ソン・リ・コン・ダ・ケン 祓え給
え浄めで給う」を唱える(三種の祓い)
5.「天地大自然の限りなきカミの恵みに感謝し今在る我を慶びます」と唱えます
6. 願い事を具体的に祈願する
7.「オン・ロキニ・ノウキャシャタラ・ソワカ」(畢宿真言)三唱
8. 「オン・バザラ・ダト・バン」(大日如来金剛界真言)三唱
9. 空に星を描き「オン」と結ぶ
自らの誠を捧げる祀り事には呪詞(ノリト)は不可欠な言葉です。自然(カミ)
に通じる胆力をつけましょう。私たちの三次元個体は能動体ではなくあくま
でも受動体なのです。素(す)になりましょう。ただひたすら素(す)になりま
しょう。
10. 両手を重ね空間を作り中に慣れるまでは実際に勾玉や水晶玉を入れ転がすよ
うに手を振ります。これを振り玉といいます。手を止め玉を手の中に挟み合
掌する。
息を整え半眼半口状態で足は楽で安定した座法を取ります。大和座(正座)、
結跏趺坐、半跏趺座のいずれでも構いませんしいずれも無理な場合は椅子に
座っても大丈夫です。一番楽な座法を取って下さい。結跏趺坐とは右の腿に
左足を左の腿に右足を乗せて取る座法、半跏座は右の腿に左足を乗せて座る
方法です。頭の線をイメ―ジします。5分から10分程行いましょう。
唱える言葉の意味が解らずして何の呪詞と言えるでしょうかシンプルかつ自
らが理解できている言葉で唱えてこそ呪詞です。旧来の祝詞は、帝や首長な
どを神に置き換えに申し上げる言葉であり天の神にささげる直接の言葉では
ありませんでした。
首長に対する謁見儀礼が現在の神社参拝の作法原型です。神への祈りに正式
も何もありません。在りのままの自分で祈りましょう。もし、敢えて正式とい
うのなら古代巫女の降神祈祷儀礼になるでしょうか。
自身の自然治癒力が自らを病から解き放ってくれるのです。
朝一番と就寝前の1杯の水は寿命に一日の光をそそいでくれる命の水となりま
す。

(自然暦)
亥の刻(午後10時)体測
北斗七星は第五星に異変が見られます。洪水、地震、地崩、噴火に注意し特に干ば
つの危険性が高く注意して下さい。つまり今の列島はあらゆる天災に対処すべく用
意が必要なのです。他国との侵略戦争など現代には起こり得ません。
我国においては、今年1年間を通し風害に注意です。風による気のぶつかりは雷の
発生を呼び起こします。そして、自律神経失調症を誘発し様々な心身のトラブルの
原因となっていくのです。
現在の気象状態は異常でも何でもありません。ましてや地球温暖化などあり得ませ
ん正当な研究者はパージされ原電推進国の力に押され結局、資本家主体の結果あり
きで御用学者の理論は結論付けられるしマスコミはこれに協力しマスコミ絶対の視
聴者信者はすべてそれを鵜呑みするのです。今回の西日本大水害も元はと言えば利
権優先の河川改修工事の甘さと数字優先の設計と利潤主義の不動産販売の結果なの
です。自然は征服できません、自然と共に生きる為には自然を熟知するのみです。
天気が寒龍、暖龍のぶつかりによる乱気の発生が気にかかります。精神錯乱による
凶悪事件なども増加するのです。ゲームに夢中になっている子供も大人も体調を崩
し精神的不安定を強くするのです。
免疫強化のために高麗人参にはちみつを加えたものの飲用や昆布やモズクなどの海
草は非常に有効です。冷房に当たりすぎたと感じる時は必ず腰湯につかりましょう
日光も浴びず、室内にこもり添加物いっぱいの食事をして、スナック菓子三昧と夜
更かし三昧の日々ここに病の蔓延のすべてがあるのです。
そして、滅菌剤散布し放題の環境が次第に身体を蝕んでいるのです。生活環境の在
り方を今一度見直す時がやって来ているのです。そうでなければ、我国を恐ろしい
感染大国になってしまうでしょう。医学界、薬学、製薬会社、薬品会社の為の番組
を垂れ流しする健康番組を安易に信じてはいけません。自然界の摂理を打ち砕き我
々の健康を奪うからです。和平の道が開かれれば武器商戦は下降気味になります。
一方で医療ビジネスが興隆を始めます。どのような病気の流行が到来しても身体の
免疫力を強くしなければいけません。自然と融合しなければ、医療ビジネスの餌食
となってしまうのです。除菌、滅菌生活が引き起こす恐ろしいアレルギー病変が子
供達を襲い精神まで蝕んでいくのです。安易なサプリメントや医薬品で得られる健
康などありません。そして、テレビの医学、薬学の宣伝番組や間違った美を伝える
通販に心移さない事です。今や医学、薬学会の狙いは美白という名の究極の危険美
を無批判な女性をターゲットに死のキャンペーンを展開しているのです。色白は死
に近づく恐るべき策略なのです。メラニン色素の乏しい白色人種が免疫力強化のた
め日光浴を心がける一方、我国の女性達は免疫力を犠牲に美白になるため有毒薬剤
を塗り、メラニン組成阻止薬剤を飲み、日光を避ける。何故この時期に日照時間が
長いのかを今一度考えるべきです。シミや後を残す皮膚のトラブルは外因ではなく
内因が大きなウェートを占めていることを理解して下さい。皮膚は内臓の一部です。
私達の身体もまた自然であり宇宙エネルギーの産物なのです。いらないものは排出
し必要な者は自然物から合成し吸収するという過程を踏むのです。従って、外部か
ら要素を取り出したり植物を無造作に加工したものを摂取したところで何の役にも
立たないのです。咀嚼によって作り出される酵素が我々の身体に大切な栄養素の情
報を伝えてくれるのです。口中は雑菌の坩堝ではなく、有効酵素の発酵室である事
を忘れてはいけません。従って、マウスウォッシュや溶解性成分を含む歯磨きの使
用には注意が必要になります。何もかも滅菌、除菌そして環境改善のみが身を守る
手段ではなく、本能的対応能力の復旧こそ生命維持に必要なことなのです。
二十四節気というのは気温で語るのではなく気の在り方を示すのです。これより
処暑を経て確実に秋へと向かいます。朝夕の風は既に秋風と成り、予想通り北海
道の山地では雪が降りました。季節は進んでいます。寒龍は確実に列島にその姿
を見せているのです。
今年の台風は、小笠原近海や八丈島近海で成長します。テレビでは地球温暖化に
よって太平洋北部の海底の水温が上がったためと解説します。もう救いようのな
い馬鹿さ加減に辟易とします。単純に温暖化が原因であれば南方は更に水温が上
がりより膨大な力の台風が発生して然るべきです。地龍が太平洋中部に蜷局を巻
いています。ここから来年の年の地龍の動きを予測しなければならないのです。


(自然の様相)
本日の気圧配置は高気圧が大陸北部に存在します。
低気圧がオホーツク海に双頭で存在し、さらに大陸中部、南部に存在します。
台風19号は父島の南西部に在り、台風20号が南鳥島近海に在り二つの台風が地
龍の流れに沿い南九州に向かいます。
天候は全国的にほぼ晴れとなります。
マスコミは北半球の異常な暑さ特に我国の暑さを一斉に報じ、地球温暖化が原因
であるかのように報じる。南半球の寒冷は一切伝えない、程なく南極はマイナス
100℃の世界が迫っているのです。報道は利権のかかることだけ全社同時に報じ
同時に隠す。これでは、地球は救えない。経済界に忖度する民放こそ最大の悪情
報機関なのかも知れません。
寒波は確実に迫ってくるのです。天候不穏の原因は自然破壊である事を思い知る
べきです。自然軽視は地球の破壊の根源です。
人工甘味料のノーカロリードリンクの飲用とスポーツドリンクの飲用は禁忌です
熱中症で犠牲になる方の殆どは血行障害による急性血栓症による急性心筋梗塞等
疾患が原因です、某製薬会社の営業政策で進められるスポーツドリンクや経口補
水液を有効だと信じるのは自殺行為です。化合したナトリウムやカリウムは人体
にとって有毒物質としての認識が働き水分と融合して共に排出されるので結果脱
水症状を悪化させる結果となります。普段から適度に汗をかく習慣を作りミネラ
ルウオーターに少量の自然塩を入れた物を摂取することをお薦めします。喉が渇
くという現象は水分そのものが不足しているのではなく生命維持のための物質の
不足もしくは阻害物資の摂取過多により排出作用としての給水要求であり真水の
給水が安全無難なのです。
地龍は強く動き出しているのです。フォッサマグナ沿いと中央地溝帯の混在地域
は特に強い警戒が必要です。特に西日本と日本海側に強い龍動が感じられます。
首都圏には常に落ち込み型の地震の危険があります。現在の状況から危険度は30
%です。その他震度5以上の地震発生確率は北海道地方20%、三陸沖から北関東
では20%となり房総半島付近20%となり東海地方は10%です。九州地方は30%
となります。日本海側に不安材料が広がり北信越は20%となります。特に新潟は
20%となり、近畿、四国地方は20%となり,中国地方は40%となります。
南海トラフに気を取られてはいけません。他の地域の方がはるかに高い確率で大
地震の危険性を持っているのです。地震に特異日などと云う概念は絶対に存在し
得ません。地龍の動きに規則性はあり得ないからです。

(今日の一言)
背伸びをする者は、長く立っていられない。
大股で歩く者も長くは歩けない。
                           「老子」の言葉より
   
己の身の丈を知り、その中で精いっぱいの努力と結果を出す事だ
無理をすれば利用されるだけ利用され挙句に奈落の底へ突き落される。
                           「和孝語録」より

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ