ホリスティックの“壺”

  • ¥0

    無料

ホリスティックな視点でみた医療周辺にまつわる最新ニュース、科学、生活情報をやさしく教えます。―――併せて月々開催で多彩と評判、ご好評いただいている中部支部ホリスティックイベントも紹介します。ご期待ください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ホリスティックの“壺”
発行周期
週刊
最終発行日
2018年12月11日
 
発行部数
275部
メルマガID
0001287374
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

∽∝ホリスティックの“壺”∝∽…………………2018年12月11日 第394号

ホリスティック医学 ~人間まるごとの医学・科学・技術を考える。情報
は私たち生活者に何を与えてくれるか?~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
【CONTENS】 

★ホリスティックの“壺”の中

○。中部支部NextEvent紹介
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
全覧はhttp://holistic-chubu.org/ 「ホリスティックの“壺”」で
ご確認ください。

★-1 ■不健康な生活様式が重なると女性の糖尿病リスク5倍以上に
~ケアネットニュース2018.12.3~
交替制の夜勤労働と不健康な生活様式はいずれも2型糖尿病のリスクと関
連し、これらが併存すると、個々の要因を単独に有する場合に比べリスク
が相加的に高くなることが、米国の女性看護師を対象とする調査の解析で
示された。2型糖尿病の発症に影響を及ぼす複合的関連のリスクの割合は
、夜勤単独が17.1%、不健康な生活様式単独は71.2%であり、これらの相
加的な交互作用に起因するリスクの割合は11.3%だった。
http://www.carenet.com/news/journal/carenet/47134

【からだに無理な生活は、長い目で見るとよくない。。。】

★-2 ■日本の校長と教頭におけるうつ病
~ケアネットニュース2018.12.6~
教育は、最もストレスの多い職業の1つである。過去10年間で、年間約
5,000人の日本人の公立学校教師が、精神疾患を発症している。校長262人
、教頭268人を対象に、2013年の横断研究のデータを用いて検討を行った
。校長の36人(14%)、教頭の81人(30%)がうつ病と評価された。
校長において、量的作業負荷(オッズ比:6.62)、役割のあいまいさ(オ
ッズ比:4.94)が、教頭において、管理者からの社会的支援(オッズ比:
4.14)、役割のあいまいさ(オッズ比:9.71)が抑うつ症状スコアの上昇
と関連していた。
http://www.carenet.com/news/general/carenet/47124

【先生たちに「おもいやり」を・・・】

★-3 ■「代替医療でがんは治癒する」と4割が回答、米調査
~ヘルスデーニュース2018.11.23~
米国人の10人に4人が代替療法でがんは治癒すると考えていることが、米
国臨床腫瘍学会が実施した意識調査から明らかになった。調査では、米国
民の多くががん患者に対してはオキシコンチンなどのオピオイド系鎮痛薬
の使用を制限する規制に反対しており、医療用大麻の使用を支持している
ことも分かった。そのほかにも回答者の57%が「がんと診断された場合の
心配事は、主に家族の金銭的な負担や治療費」と回答しており、死に対す
る恐怖やがんに関連した疼痛、苦痛よりも金銭的な負担の方が大きな不安
をもたらしていることも明らかになった。
http://www.carenet.com/news/general/hdn/47030

【根拠ある願望に一致する努力が望まれる】


○。中部支部NextEvent
「プレゼン&望年会」:12月13日(木)

年末恒例「望年会」の前に、中部支部役員の方々でショートプレゼンを行
います。今年1年の振り返りに加えて、ホリスティックな医療の実践報告
と今後の展望を語ります。時間の許す限り参加者からのプレゼンも受け付
けます。
何が語られるのか・・・お楽しみに!

●プレゼン 18:30~19:50 会 場:アクシスルーム 名古屋市東区泉一丁目15-6-1階
■会 費 一般 1,000円 (協会員 500円)


●望年会 20:00~21:30 会 場:居酒屋 さのや 名古屋市東区泉一丁目16-15
■会 費 一般/協会員 3,500円

※プレゼン/望年会ともに要予約です。申込み後にキャンセルの場合は前日までに
ご連絡ください。無断欠席は後日に会費を請求させていただきます。


*参加申込みは以下ホームページ「申込みフォーム」から願います。
 申込みフォームに記入して正式申込みとなります。
 http://holistic-chubu.org/event

――――――――――――――――――――――――――――――――
【主 催】NPO法人日本ホリスティック医学協会中部支部
一宮市平和1-2-13(担当 長谷部) TEL0586-46-1273 FAX0586-46-0367
Eメール contact@holistic-chubu.org
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ