数学月間SGK通信

  • ¥0

    無料

7月22日~8月22日は数学月間です.日本数学協会は,2005年に,7月22日-8月22日を数学月間と定めました.この期間は,数学の基礎定数 π(22/7=3.142..) とe(22/8=2.7..) に因んでいます. 「数学が社会を支えているのを知るとともに,逆に,社会の課題を数学が知る」機会でもあります.数学と社会の架け橋=数学月間.SGK通信では,数学への関心を高揚する話題,日,米,英の数学月間活動の紹介などを行います.

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
数学月間SGK通信
発行周期
週刊火曜日+α(土曜日)
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
48部
メルマガID
0001633088
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
数学月間SGK通信 [2018.09.18] No.233
<<数学と社会の架け橋=数学月間>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様お変わりありませんか.
AI人工知能,ビッグデータ解析というのがどんどん人間に近づいていて,
気持ちが悪いですね.基礎になるベイズ確率というのは,別途言及しようと思っています.
「千倍変わると世の中が変わる(新しいパラダイムになる)」といわれます.
例えば,肉眼→光学顕微鏡→電子顕微鏡,この段階は1000倍づつ変わりますが,
光学顕微鏡で初めて細菌が見え,電子顕微鏡で初めてウイルスが見えます.
全く別の医学のパラダイムです.光学顕微鏡でウイルスを探すのは無駄なことでした.
(濾過性病原菌という言葉が生きていた時代のことです)
回路の集積度も,トランジスタ→IC,LSI(ムーアの法則通りに)進んできました,
そして,コンピュータの速度もどんどん速くなっている.
しかし,千倍を達成するのは容易いことではないが,計算速度が速くなれば,
AIもどんどん人間に近づいて行くのは間違いない.
機械は絶対に人間の心がわからないという人もいるが,人間だって自分をわかっているとは言えない.
少なくとも,村上春樹程度の小説は,AIが書くようになると私は思います.

そして,行着くところはシンギュラリティなのか?そこまで行着けないのか?
人間が誰もいなのに普段と同じ世界が続いているなら,私という存在は何なのだろうか.
これは,選挙のたびに私が感じることです.私たちの投票が開票されていないのに
結果が分かっているとは何と理不尽なことか.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想やコメントを以下のブログあるいはメールにお寄せください.
☆数学月間の会(SGK)
 連絡先:sgktani@gmail.com
 ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/tanidr/
 公式HP: http://sgk2005.sakura.ne.jp/
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ