年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座

  • ¥0

    無料

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。 最新情報も随時お届けしています。 ※まぐまぐ大賞2016「知識・ノウハウ部門」2位受賞、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEWS賞12位受賞。 まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞2017受賞
 
メルマガ名
年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座
発行周期
ほぼ週間
最終発行日
2018年10月17日
 
発行部数
6,973部
メルマガID
0001666477
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 家計 > 年金

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます!
年金アドバイザーのhirokiです。


最近なんとなく疲れてやる気が無くて、この間発行したこちらのメルマガで「最近疲れてるから応援メッセージお待ちしてます(笑)」みたいな事をお願いしましたらホントにありがたく温かいメッセージをいただきましたm(_ _)m…


とても嬉しく有難く思いました。


支えられてるんだなあ…と思いました。

ちなみに僕の読者様の層は大体50代~60代以上の方が多く、親子ほどの差がある場合が多いので…たまには読者様に甘えてみるのもアリだなって思いました^^;


そしていつも変わらず応援してくださる読者様にもいつも本当にありがとうございます!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは本日の有料メルマガのご案内と概要

毎週水曜日20時に有料メルマガ発行!
・学問としての公的年金講座(クレジットカード決済のみ)

https://www.mag2.com/m/0001680886.html


本日10月17日の第55号は「財政が逼迫してる中どうして年金への国庫負担(税金)を3分の1から2分の1に引き上げたのか」
現代史では一般的な日本や世界の情勢がニュースのメインですが、詳しくは報じられない年金の世界では一体どんな事が繰り広げられてきたのかを知る必要があります。


最近、消費税が10%に引き上げられる!さあ生活はどうなる?みたいなニュースが出ていますが、
消費税を5%から10%に引き上げなんていう事は平成24年の旧民主党の時に上げるって決まってたものです。

簡単に言うと、上げた分は全て社会保障に充てるという事になりました。

それが社会保障と税の一体改革と呼ばれるものです。

消費税が1%上がると税収は2兆7000億円ほど上がります。


この時は確かに日本の財政は危機的状況だったんです(だいぶ前からですし、今もですが)。


まあ、今も危機的状況といえばそうなんですが、民主党政権時は一般歳出(つまり国の支出)が90兆円に対し40兆円しか税金の収入(一般歳入)が無かったんです。


国の借金は既に900兆円を超えていました(今は1000兆円超えてますね^^;)。
平成10年時は300兆円だったのが、10年程度で3倍に膨れ上がってます。


先進国の中で財政が最も最悪の状況だった。




旧民主党時代に一般歳出90兆円の内40兆円しか税金の収入が無いから、足りない分の50兆円は国債やらなんやら発行して借金して予算を賄ってきました。

足りない分は国債で賄うというのは昭和50年から始まった事ではありますけどね。
不景気になってきたから。


ちなみに現在の一般歳出は97兆円に対して、一般歳入は57兆円。

つまり、人で例えるなら毎月57万円の給料が入ってきてるものの、月の支出は97万円だから足りない40万円分は借金という事ですね。
そんな状態。


なお、社会保障関係費はその90兆円の内30兆円近くが社会保障関係費という状態になっていました。


国家予算の中で社会保障関係費はすごく割合が高いのです。


社会保障給付費も平成20年ごろに100兆円を超えてきました。
累計の給付ではなくて、毎年100兆円とかの社会保障給付費ですからね^^;


現在は社会保障給付費(社会保障の全体の給付)は120兆円くらい(年金56兆円、医療39兆円、介護福祉その他25兆円くらい)です。


自民党がなかなか消費税上げなかったものをまさか、悪夢の旧民主党政権の時に決定するとは想定外の出来事でした。


消費税10%への引き上げは、本当は平成27年10月に上がるというものが、平成29年8月に延期されました。


しかし、平成29年8月に10%引き上げる事でその財源を使って、年金受給資格を25年から10年に短縮して年金が貰える人を増やし、また、無年金者を救済する予定でした(その10年短縮は平成29年8月から始まった)。


10年には短縮されたものの、その財源であったはずの消費税8%から10%への引き上げは平成31年10月に延期されたんですね。


正直その平成31年10月というのも、その時何が起こってるかわかんないのであまり信じてません(笑)。
二転三転してきたから。


ちなみに消費税は10%で落ち着くだろうとか、これは高すぎるという話は多いですが他国の比べたら物凄く低い税率なんですよ。

ヨーロッパあたりなんて20%越えなんて普通です。


今後日本は、2025年には社会保障給付費は今の120兆円から150兆円にのぼり、
社会保障関係費(税金から社会保障に回されるお金)も今の30兆円から50兆円までに行くと見込まれています。


なぜ急激に社会保障給付が引き上がるのかというと、2022年あたりから団塊の世代と呼ばれる最も人口の多かった世代(昭和22年~昭和25年生まれ世代の方)が75歳を迎えていくからです。

年金が膨れ上がるのではなくて、医療費が急激に上がってしまう事が要因です。


よって、この消費税10%への引き上げというのは第1弾の改革にすぎず、日本は第2弾、第3弾の改革が避けられないと認識すべきでしょう。


というわけでそんな改革の前に、今までの年金への税金の引き上げの歴史の流れを知ってほしいと思います!

毎度非常にボリュームが多いですが、それは本日の有料メルマガでお話しします^^


・メッセージ等はこちらからどうぞ。

https://www.secure-cloud.jp/sf/1457143141YipAKDPV


・発行者プロフィール
https://profile.ameba.jp/ameba/mattsu47


月額756円(税込)のお手頃価格で登録初月は無料。
なお、月の途中で登録されてもその月に発行した過去分は登録後に全て届きます。

解除はいつでも自由。

毎週水曜日20時に有料メルマガ発行!
・学問としての公的年金講座(クレジットカード決済のみ)

https://www.mag2.com/m/0001680886.html

・有料メルマガバックナンバーリスト
https://www.mag2.com/archives/0001680886/


・有料メルマガ購読ヘルプ
http://help.mag2.com/000209.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ