メールマガジンカテゴリ分類 (2021/08/04 04:21:05 更新)
  1. マネー

  2. 家計

  3. 年金

PR

{{ ad.magazine.title }}

ID: {{ ad.magazine.idView}} 価格:無料 発行元:{{ ad.magazine.publisherName }}
{{ ad.magazine.description }}
「登録する」ボタンを押すと発行元が配信する上記のメールマガジンに登録されます。 ご利用者様のメールアドレスは登録日時情報とともに、発行元の上記メールマガジンの配信を目的として、ご利用者様に代わって当社から発行元に提供され、 発行元のプライバシーポリシーによって管理されます。 ※ 提供後のメールアドレスの扱いについては当社は関知いたしません。メルマガの配信停止等のお問い合わせは発行元へお願いいたします。
上記内容に同意して {{ ad.magazine.publisherName }}によるメルマガに登録されます

このカテゴリのメルマガです(1~/3誌)

無料メルマガ登録規約 登録前に必ずお読みください。登録した方には、まぐまぐの公式メールマガジン(無料)をお届けします。

39歳から考えるセカンドライフの道しるべ
  1. マネー
  2. 家計
  3. 年金

人は誰でも「セカンドライフ」を迎えます。多くの方がセカンドライフは『安定・安心して充実した生活を過ごしたい』と思っているでしょう。そのためには早めに『セカンドライフのシナリオ』を描き始めることが必要です。当シリーズは日本の生命保険業界に『ライフプランニングの考え方』を導入し啓蒙し続けてきた筆者が、現役の皆さん方に『本質的なセオリー・コンテキスト・プロセス』を投じる『一石』です。39歳以上の方、生命保険業界や金融業界に携わる方、ファイナンシャルプランナーの方にぜひ読んで戴きたいシリーズです。

  • 0001608001
  • 無料
  • 63部
  • 2021/08/02
  • PC向け/テキスト形式
  • 毎週月・木発刊
殿堂入り 年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座
  1. マネー
  2. 家計
  3. 年金

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。
※まぐまぐ大賞2016知識ノウハウ部門で2位、2018年5位、2019年2位、2020年6位、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEWS賞12位の5年連続受賞。
まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

  • 0001666477
  • 無料
  • 7,160部
  • 2021/08/01
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 不定期配信
事例と仕組みから学ぶ公的年金講座
  1. マネー
  2. 家計
  3. 年金
表紙
発行者経歴
佐賀県出身。<br>1979年生まれ。<br>佐賀大学経済学部卒業。<br>民間企業に勤務しながら、2009年社会保険労務士試験合格。<br><br>その翌年に民間企業を退職してから年金相談の現場にて年金相談員を経て統括者を務め、相談員の指導教育に携わってきました。 
このメールマガジンに対してひとこと
年金は国民全員に直結するテーマにもかかわらず、とても難解でわかりにくい制度のためその内容や仕組みを一般の方々が学ぶ機会や知る機会がなかなかありません。<br>私のメルマガの場合、よく事例や数字を多用します。<br><br>なぜなら年金の用語は非常に難しく、用語や条文を並べ立ててもイメージが掴みづらいからです。<br><br>このメルマガを読んでいれば年金制度の全体の流れが掴めると同時に、事例による年金計算や考え方、年金の歴史や背景なども盛り込みますので気軽に楽しみながら読んでいただけたらと思います。 
発行者プロフィールを閉じる

まぐまぐにて公的年金に特化したメルマガ。

制度の仕組み、年金計算の流れ、年金の歴史、考え方、年金と関連して把握しておかなければならない社会の出来事など幅広く主に事例形式で考察していきます。

年金はその時だけの制度を見ればいいものではなく、様々な事が複雑に絡み合っています。

このメルマガを読んでいれば自然と年金に対する理解を得る事が可能です。

高齢者から子供まで全国民の生活に直結する年金制度を一緒に考えていきましょう。

まぐまぐ大賞2020知識ノウハウ部門4位受賞。

  • 0001680886
  • 770円/月(税込)
  • 2021/07/28
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 毎週 水曜日
購読にはクレジットカードやVISAデビットがご利用いただけます。